北海道を代表する建築屋創造を夢見る社長のブログ

北海道を代表する建築屋創造を夢見る社長のブログ

内池建設、ハウスクリエーション、エコアイズ、3つのブランドで建築全般を北海道で展開する会社の社長ブログです

 まち×産業×芸術 =ムロランアートプロジェクト:MAP

 

[MAP]は鉄、ものづくりのまち室蘭の魅力をアートの力で再発見し、

   まちで暮らす人、観光客、アーティスト、参加者みんなで
  「室蘭の新しい文化地図」をつくることを目的とします。

 

こんな活動に実は参加しており

そのMAPが主催となるイベント

明日、前夜祭

明後日から10月末まで

鉄と光の芸術祭

が開催されます!
 
正直、今までの人生でアートに興味を持てなかった私ですが
この機会に少しでもその可能性を見つけることが出来ればと思っております。
 
アートなんて、私には敷居が高いなんて思われているあなた!
これを機会に新たな自分の可能性に気づく機会にしてみてください!
ぜひぜひ来場よろしくお願い致します!
 

 

 

本日、2021年9月15日

記念すべき東北設計契約1棟目が調印されました!

 

準備室開設から1年半

社員常駐から半年。

長かった。。。

 

正直、甘く考えていました。

なぜか妙な自信から1年以内の受注を予想しており

この半年は随分長く感じられた。

 

そして

9月、この1ヶ月だけでゼネコン事業の設計契約が4件。

今迄では考えられない数です。

 

全社方針としてゼネコン事業の設計を伸ばすと掲げたのが

仙台準備室開設と同じタイミング。

 

まさに投資の1年半。

どちらも少しづつ成果に繋がりつつあり有難し。

 

投資回収のタイミングとしてまだまだ先で

課題ばかりですが、目指す山頂が高いのだから当たり前です。

この山頂に登った時に見える景色は

今迄見たことない景色であることは間違いありません。

その景色を楽しみに、これからも地味に一歩づつ登り続けます。

 

実は室蘭でシェアオフィスを建築しようと思っています。

その内容が先日、室蘭民報でご紹介いただきました!

 

 

一面でのご紹介

ありがとうございます!!!

 

ところでシェアオフィスとは何ぞや?

と思われた方もいらっしゃると思います。

 

シェアオフィスとは

1社だけが自社のオフィスとして1か所のオフィスを使うのではなく、複数社で同じオフィスを共有するオフィスを指す。

デザイン事務所や弁護士事務所などの独立自営業者の間では古くから盛ん。

レンタルオフィスや一定期間複数社が参加するプロジェクトオフィスなどもこれにあたる。

 

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

というもの。

 

なぜ内池建設がシェアオフィスなの?

と思われるかもしれませんが

それはここで少しづつ説明させていただこうと思っています。

 

なぜ少しつづかと言いますと

 

『シェアオフィス 室蘭』

 

でグーグル1ページをすべて

弊社の情報で埋めたいからです笑。

 

ちなみに既に民報HPで1つゲットしております。

 

なぜそんな面倒なことをしようとしているのか!

と言いますと正直ニーズがあるか全くわからないので

少しでもプロモーション展開をしなければという焦りでございます。

 

オープンは9月を予定しています。

ご興味のある方はぜひお問い合わせください!