子育てなんて無駄と失敗の連続ですショボーン
成果や結果なんて、出たらラッキーなオマケみたいなもんです。
そんなものは求められても困ります。

これが仕事との最大の違い。

仕事は必ず結果を求められるます。
どんなに頑張っても、結果が出なきゃダメ。
サラリーよりも利益が上げられないとクビってこともあります。


子どもが幼い頃、仕事してたらみんなが評価して褒めてくれたのに、育児では誰にも評価されないどころか、周りに謝ってばかり……ガーン

お店でご飯を食べることもままならず、クズったら即退散。
バスに乗ったら、泣かれて謝りながら次のバス停で下車なんてこともありました。

謝ることは嫌ではなかったけど、一生懸命やっても結果が出ない育児に疲れていました。
元サラリーマンの習性で、結果を出さないとって思い込んでいたんだと思います。

育児なんて、簡単に結果が出るもんじゃないって、気が付いたら、フッと楽になりました。

それからは、子どもなんてすぐに大きくなってしまうし、言葉も道理も分からない状態はほんの短い期間で、一生続きはしない。
だったら、今を楽しもうと意識を変えることができました。

その後、保活も幼稚園のお受験も(ご近所園でさえも恐ろしい倍率)経験し、誰でも入れる公立小学校へ入学しました。
そして、今、中学受験です。

中学受験はシビアな世界です。
塾に通えば、すぐに順位が付けられてしまいます。

でも、あの頃の誰にも評価されず、結果も直ぐに出ない育児期を経験しているから、細かい成績にはこだわり切れないです。
2月1日にベストを尽くせれば、その他はどーでも良いです。
※矛盾してますが、この日1日だけは結果にこだわります(苦笑)
でもダメなら、直ぐにセカンドベストを求めちゃいますけど。

今は、わが子は何が出来ていないのか?
それは、どうしたら出来るようになるのか?
にフォーカスしたら、
点数とか、成績とか、順位とか、偏差値とかを心配する暇がないです。

御察しのとおり、ワンオペ育児に近い状況でしたので、育児に対する開き直りかもしれません💦
だけど、あの頃の経験は悪くなかったと思います。
育児に対して、仕事との違いを知ることが出来たのはよかったです。


仕事をしながら中学受験に関わると、仕事と育児との価値判断がごちゃ混ぜになりがちです。
点数や順位や偏差値に異常なこだわりを持っている方もいるかと思います。
それで、お子さんを叱責したりしないで下さい。
そのような関わり方は、是非、やめていただきたいと思います。

このブログを読んでいるような方には当てはまらないとは思いますが、周りにそういう方がいたら、
子育ては、すぐに結果が出ないし、利益が出る事業ではない事をお伝えください。
結果が出なくても、利益がでなくてもクビにはなりませんから。

中学受験の結果も大事です。
やるからには結果が、欲しくなるのも事実。
でも、それで終わりではありません。
その先がまだまだ続きます。

育児の結果なんて、自分が死んでもわからないかもしれませんね。

こんな見えないところでも多大な労力を投入していますキョロキョロ



結果を求めずに、やるべきことをする❗️
これって凄い修行です。



↓よろしければ是非ポチッとお願いいたします。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村