「進撃の巨人 Season3」なんとNHKで、 あの!NHKで 7月から放送しています。 巨人が全てを支配する極限の状態で、 若者たちが必死に生き抜こうとする姿を描き、 累計発行部数が7100万部を超える 大ヒット漫画のアニメ版。 平和が突然奪われ、 巨人に人間が食われる 残虐な 衝撃シーンがオンパレード ということで避けていたのですが、 ちょうど初回放送の数分前、 何気に目を覚まし、 つけっぱなしだったテレビのチャンネルはNHK。 「これは観ろ!と、何かメッセージ? 社会現象巻き起こし半端ないし、 やっぱり観るか…。」 と、 大好きな宮崎駿ワールドからジャンプして 、 初回と2回目も真夜中にリアルタイムで観ました。 そして、 7月20日放送も 次の展開がどうなるのか待っています。 それから、皆がどんな感想、 書き込みをしているのだろうと ざっくり検索してみました。 「私と同じ感想の人が居ないかな~ 」 なんて考えたわけです。 今のところ見当たらなくて、 寂しい思いしているのですが、 これって!人間が既に! 世の中にしていることですよね。 逆の立場で観れば、 あちこちで既に、 人間がしていることです。 例えば、 あのボケ~っとしているオジサン巨人、 オバサン巨人は、表情豊かに、 悪気もなく人間の巣?に侵入して、 人間を襲って食べちゃうわけですが、 例えば、 ハチの巣だって、 オッチャン、 オバチャン人間(巨人)が来た~! 人間(巨人)来た~!って、 大騒ぎになって、 ハチは必死で人間と戦っているだろうし…。 その他、人間同士だって、 自然破壊だって、 み~んなアレコレと当てはまるところだらけ。 逆の立場、社会から見たら、 どっちが正義で悪かなんて、 実は無くて、 どっちも正しくて、 どっちも悪で…。 だから、結局、 宮崎駿ワールドと観方は一緒で、 と~っても複雑な気持ちで、 且つ、 人間の力や愛を信じた~い! 思いで観ているのですが、 なので、 この作者さんは、 どこに最後は落とすのかな? と、興味深々でございます。 何故なら、何故なら、 大ヒットアニメは、 “予言や警告要素が含まれる と、言われているから。 天から書かされているんですって。 よく、「降りて来た===!」 なんて 言いますしね。 アニメに限らず、 偉業を為す人は、 何かに動かされているんじゃないでしょうか。 (怪しいブログになってしまった) そんな観方も面白いですよ(^^)/ ★五感フル稼働、アンテナが立って、 ビジネス等にも役立つと思います皆さんが ハマったアニメや漫画から 何か感じるものはありますか? 私はたくさん有り過ぎて ピックアップしきれません。

 

13日は新月で日食でした。 しかも特殊な。(次の満月、新月も) 家族や家族同然の仲間や 大事なコミュニティ、 つながりを意識し、 それに関する願い事をしてみましょう。 日本、世界、地球、宇宙で考えれば、 全てが大事なコミュニティ、つながりですよね♪   ※本日の11時半頃まで。 今回はボンドタイム関係なし☆彡
 

 

いつか行こう、
いつか行こうと思っていた
大分県の「宇佐神宮」へ
や~っと、行って来ました♪
 
と言っても、少し前で、
アップのタイミングを
逸してしまいました。
あちこち、参拝しているのですが、
アップが追いつきません。。。
 
大分県内でも人気観光地から少し
離れた場所にあるため、
神社仏閣巡り目当てでもない限り、
観光コースから外す方も多いでしょうが、
 
ここはお勧め。
 
特に女性にお勧め!
たぶん、女性に力を下さり、
守ってくれるはず。
グズグズしていたら、
喝!が飛んでくると思うけれど、
それで前進できるはず。
 
また、良い意味で強く逞しい(心)
女性との良縁やアゲマンを
求める男性にもお勧め!
男性の運気を上げるのは、
女性の力といっても
過言ではありませんし、
男性は一人じゃ上手く開運できないから。
遠い、遠い…。
宇佐駅まで、
小倉駅からなら特急1時間。
大分駅からなら特急40分。
 
更に宇佐駅から
タクシーで10分の宇佐神宮。
 
でも、来た甲斐がありました。
 
ひと言、ここすご~~~い!
びっくり!
 
皇室からも伊勢神宮に次ぐ、
第二の宗廟として扱われているとのことで、
規模はもちろんのこと、
 
ちょっと、ちょっと、

他の神社と何か、

何かが違う~!

かなり、かなり神秘的というか、
怪しい話、
霊力抜群???( ゚Д゚)
 

えっ?ここ神社なの?

って感じなんです。
 
悪い意味じゃなく、
 
今まで感じた事のない、
雰囲気です。
 
 
宇佐神宮は4万600社あまりある、
八幡様の総本宮。
 
全国約11万の神社のうち、
八幡様が最も多いのです。
 
平安時代に、京を鎮護する
石清水八幡宮が、
鎌倉時代には幕府の鎮守として
鶴岡八幡宮が勧請、
創建されたそうで、
これが分社の始まりで、
八幡宮は全国へと拡大。
 
こんなことから、
全国展開、世界制覇したい!なんて言う、
願いがある方にもピッタリらしいです。
 
あと、私が思うに、
 
宇佐神宮のご神託によって、
歴史を左右する出来事が
起こった舞台でもあり、
 
だから、
究極の選択に迫られた際、
ここに来ると良いかも。
 
また、
ここに来れたら(呼ばれたら)
人生の大転換期に突入しているかも!

 
じゃ、私は?
いつもチャレンジなので、
いつも大転換期です"(-""-)"
 
 
お参りの仕方は、
出雲大社や新潟の弥彦神社と同じで
二礼四拍手一礼
これまた、謎、不思議…。

 

ご祭神は↑
 
比売大神が一緒って、
他の八幡様から考えると不思議。
なんでだろ~なんでだろ~
古っ!
 
創建は、なんと!
725年(神亀2年)
 
約1400年前に比売大神が
宇佐の地に降臨。
 
ちなみに、比売大神とは、
宗像大社の宗像三女神と同神。
関東なら江ノ島、
広島宮島なら厳島神社。
 
でも、なんか、なんか、違わない?
一緒の雰囲気じゃない?!
 
斧を入れてはいけない深い緑の森
(国定)と、朱色がとても美しい
大きな大きな鳥居。
 
広い境内には国宝の本殿の他、
重要文化財等、多くの社殿があり、
見所がたくさんあります。
 
歩きやすい靴でどうぞ。
 
なんだか、今回は、
とんでもないところに来た!
という感じがしました。
 
武者震いというか、そんな感じ。
 
ひや~、この「気」は何でしょうか?
とにかく、神秘のベールの中へ…。
 
お参りの順は上宮→下宮。
片参りにならないように。
 
 
平成27年は74年ぶりで実施された
本殿遷座祭という神事の年でした。
伊勢神宮の式年遷宮のようなものです。
 
国宝の本殿。
 
もちろん御許山山頂の奥宮にも、
遥拝所からお参り。
比売大神が元々、降臨した場所。
 
 
タクシーの運転手さんに
超パワスポの山頂奥宮参りを
勧められましたが、
今回は天候、時間を考え
諦めました(T_T)
 
 
この遥拝所の横に南大門があります。
多くの参拝者は西大門から
本殿に向かいますが、
ここは本殿の真正面。
ここも、だぶん特別な場所。
 
さ~~~っと、
なんとも言えない冷たい、清浄な
瀧のような風が流れます。
さ~~~っと。
さ~~~っと。
 
右手の大楠(樹齢800年)はEXILEの
USAさんがミリオンセラーを
祈願したご神木だそう。
晴れ間が出ないかな~
天照様、顔を出してくれないかな~
と空を眺めていたら、
パ~っと、
やっぱり晴れてくれました。
さて、不思議だらけの宇佐神宮。
 
何故、八幡様、しかも総本社なのに、
本殿の中央が比売大神なの?
 
正式参拝にプラスして、
昇殿参拝を申込すると、
本殿内をお参りできるそうで、
 
こりゃ、昇殿参拝でしょ♪
ということで、
お財布がスッカラカンにして、
 
その三御殿、中央、
三御殿を囲む
そうそうたる神様に
お近づきさせていただいた
 
にも、関わらず、
 
ド~~~ンと、
迫りくるものがあり、
(嫌なかんじではない)
緊張して、
見れなかった!
柏手も上手く出来ず、
 
トホホ…。
 
お参りの順は、
神宮の案内図に記載されています。
社務所でいただきましょう。
※お勧めパワースポットも
楽しく説明書きがあります。
 
その他、
境内には28の摂社、末社が
祀られています。
 
ご縁がある神様にも、
是非、お参りを♪
 
 
ちなみに、宇佐神宮の参道の外れに、
一生に一度だけ願いを叶えてくれる
願掛け地蔵がいらっしゃるそうです。
 
一生に一度叶えたい願いがあれば、
是非足を運んでみられてください。
 
宇佐神宮は御神輿発祥の地。
そして、神仏習合の先進的な
思想が成立した地。
古に想いを馳せる1日でした。
 
 

私、博多でセミナー開催中なため、

弊社役員の日比野和美が

レインボータウンFM

「大井川晴美のプレシャス塾に出演します。

テーマ「自分を信じる大切さ」について。

 

本日、7月7日(土)AM8:35~

お楽しみに♪

今日は6月30日!
半年に一度の邪気払い、
祓い給え、浄め給え日。


6月30日は
「大祓の日、夏越の祓」

古くから12月の大祓と共に
全国の神社でも行われている
祓い清める儀式です。


7月から年末まで、
より良く過ごすために、

是非、今日は近くの神社へ、
感謝の気持ちと共に
お参りされて下さいませ。


茅の輪をくぐって、
祓いたまえ、清めたまえ、
綺麗さっぱり♪しましょうね(^^)/


今日、都合が悪いなら、
部屋を掃除をする。
特に寝室。

いつもより長くお風呂に入る。
できれば、塩や日本種を少し加える。


大祓い祝詞を唱えてみる。
長いけれど、読めます。
カナがふってあるものを
ググってみて下さい(^^)



私は明日、
札幌でセミナーです。

満席御礼‼

札幌の皆様、
宜しくお願いいたします。



6月10日も満席でした!

北海道で働く女性のための、
プロジェクト!
HATAJYOラボの、
不動産とマネーセミナー(*^^*)
約2ヵ月前に初参りさせていただきました♪
 
 
奥能登最端部に位置し、
石川の鬼門(東北)の
守護神とされる須須神社。
 
 
創建は紀元前79年-29年!2100年前!
とんでもなく古いです。
もちろん平安中期にまとめられた
延喜式神名帳にも名前があります。
 
 
さて、
須須神社は、
金分宮、高座宮と
山伏山頂上の奥宮からなっています。
 
 
時間の関係で、残念ながら、
今回は金分宮と高座宮のみの参拝。
 
 
御祭神は諸説ありますが、
Wikipediaを抜粋すると、
 
・天津日穂瓊瓊杵尊(高座宮)
天孫降臨神話の主人公。
昨年の秋にお参りさせていただいた、
大好きな箱根神社と、
霧島神宮のご祭神です。
 
・木花咲耶姫命(金分宮)
皆が大好きな富士山に鎮座する
とても美しい女神様で、
天津日高穂瓊瓊杵尊の妻→ご夫婦。
箱根神社や霧島神宮はもちろんですが、
富士浅間神社の御祭神です。
 
 
・美穂須須美命(奥宮)
建御雷命
経津主命
 
奥宮は伺えなかったので、
こちらの神様は、また別の機会に。
というか、何度もブログに出現していますが…。
 

この神社の森は、
千古の昔から神域とされ、
国の特別天然記念物になっています。
 
 
海岸線にある光溢れる鳥居から、
空気がガラリと変わり、
緊張感漂う木々に覆われた
暗く静かな参道を登ると、

怖いくらい威厳のある
高座宮の拝殿(裏が本殿)に到着。
 
 
なんだか、じ~~~っと、
何かに見られているような、
値踏みされているような?
感じでビビりました。
 
 
が、
 
 
拝殿に手を合わせると、
ほわっと明るく暖かくなり、
「よく来たな~、ヨシヨシ」
と、歓迎された?気がしまして、
 
首をググ~っと伸ばし、
ろくろ首か?!怖

本殿をまじまじと
覗き込んでしまいました。
私以外、誰も居ません。
 
 
拝殿の写真は
遠慮させていただきます。
気になる方はググって下さい。
 
こんな不思議ちゃんな内容を
公開して仕事が無くならないか心配(+_+)
神社側から見た鳥居。
日本海ではなく富山湾に面しています。
 
 
光溢れる入口から、
木々に覆われた、静かな参道を登って、
静と動、陰と陽を感じる
タイムスリップしたような?
とっても神秘的な高座宮。
 
 
宝物殿には「弁慶の守り刀」や
「源義経の蝉折れの笛」などが
収納されていますよ。
 
 
最後に、
ここで、残念な話を一つ。
 
 
高座宮から5分程歩いた場所にある金分宮。
荒れ放題です(T_T)
びっくりするくらい汚い。
粗大ごみ置き場のようでした。
 
妻神の木花咲耶姫命がご祭神です。
 
痛々しくて、悲しくて、
も~痛々しくて…。
 
いったい
どうしっちゃったんでしょうか???
 
運営が厳しいとかの問題じゃないような(T_T)
 
あんなところを見たのは初めてです。
 
どうしっちゃったんでしょうか???
 
なので、記事タイトル、
パワースポット???
?付けました。
 
高座宮:◎
金分宮:???
奥宮:参拝していないからわからない
 
キレイになったら、
すっごいパワー全開で、
北陸の鬼門を守ってくれると思うのです。
 
すっごいパワー全開で('◇')ゞ
日本海側を
守ってくれると思うのですが…。
 
だから、
何とかして~
 
私のヒラヒラ参拝じゃ、
何の足しにもなりませんが
 
お掃除、なんとかして~
 
 
 
 
須須神社 高座宮 鳥居入口
 
 
神社は清浄であるべし。
「あなたもね」と、言われるな(/ω\)
 
日本海側をより良くしよう!
 
 

「何があっても大丈夫、運が良い!」

起こることは全て、

幸せになるためのプロセスです。

 

~わたしの可能性を眠らせない~

プレシャス塾 大井川晴美