こんにちは

美姿勢インストラクター新田仁美です

 

 

「最少の動きで最大の効果」が出る

姿勢改善について発信しています。

 

 

おかげさまで多くの方から日々

効果報告をいただいております

 
 


​最近、ブログに貼ってるInstagramのエクササイズがうまく表示されないことがあるようです。リンクを押さないと見られなかったり、Instagramの投稿は存在してるのに「削除された可能性がある」と出たり赤ちゃん泣き

過去記事は特に、うまく表示されないことがあるかもしれませんが、ご容赦くださいませ


なので今日は古ーい写真を使って投稿ニヤリ


 
・お正月の運動不足をいまだに引きずってる
・お正月太りで身体が重い
・お正月関係なく、運動不足を感じている方へ
 
 
最小で 最大の 効果を出す
エクササイズです!
 
 
 
というのも、私、
お正月に体調を崩しまして
いまだに引きずって
 
絶賛 運動不足中(というか運動ができない)
 
 
身体がガッチガチガーン
 
 
全身が凝りまくってます。
 
 
 
で、久しぶりに
 
自分の本でも紹介したことがある
 
着替えなくても、いつでもできる
簡単ストレッチをやったら…
 
 
 
めちゃ身体がスッキリーキラキラ
 
 
 
 
肩こり解消
疲労回復
運動不足解消
呼吸力アップによるリラックス効果
 
などがありますよ照れ
 
 
 
見たことがある方もいらっしゃると思いますが
 
寒い季節、凝り固まりやすいお体のケアに
 
ぜひ皆様も、一緒にお試しください!
 
 

 



長距離移動中や パソコン仕事中におススメ!

肩こりほぐし ねじり運動



椅子に浅めに座ります。




体をねじって振り返り、

背もたれに肘をつけます。

(背もたれが なければ、空中に浮かせて)



肘の高さは痛みのない範囲で。
低くてOKです!





肘を軸に 手を上げ下げします。


体の中で肩甲骨が

ぐりぐり動くのが分かると思います。




もし、肩に痛みがあるようでしたら



DSC_0558_20130809141436921.jpg

DSC_0559_20130809141514987.jpg


手を固定して

肘を上げ下げしてみてもオッケーです。

 

 
ねじりのエクササイズを意識せずに行うと
 
から大きくねじってしまって
肋骨のあたりは板の状態のまんま…
 
ということがよくあります。
 
 
 
 
他にも、たとえば側屈にしても
肋骨がカチカチだと…
 
 
肋骨がカチカチの一つの大きな塊になってしまい、脇腹が伸びません。
 
 
 
肋骨部分が動かせないと
動きに偏りが出てくるのです。
 
 
 
肋骨がカチカチの
一つの大きな塊になってしまうと
 
 
姿勢も悪くなりがち!
 
 
 
肋骨がかたいまま
 
背筋を伸ばしたり
首・腰を立てようとしても
 
体に負担がかかるだけです。
 
 
 
 
肩が凝るからといって
肩だけをなんとかしようとしても
解決しません。
 
 
 
 
ぜひ、肋骨部分からねじって
肩甲骨をゴリゴリ動かす!
 
意識してやってみてくださいねおねがい
 
 
 
 
 
この方も実践した「メルマガ」には
肩甲骨からびっくりするくらい
ねじれるエクササイズも含まれます。
 
姿勢をよくする使い方ができれば、どんどん痩せ体質に変わります。

(詳しくは→こちら

 

※【ザクザク体操をうまくやるコツ】などもプレゼントあります。

※3日と言いながら15日間続くんですけど、よかったら最後まで見てみてください。プライベート満載の裏メルマガの入り口もどこかに

 

 

 

 

コラボブランドが立ち上がります!皆様と一緒に作っていきたいです飛び出すハート