どんなバカでもどんなクズでもでも、ちゃんと収入を得ながらかっけー生き方ができる そんな人のためのブログ

ダンサー、シンガー、ダイエットパーソナルコーチ
そして対面営業コンサル・店舗コンサル

あなたの人生が変わるきっかけを
作りたい。


テーマ:
どーも
YUUです。


お久しぶりです。


最近、本当にいろんな飲食店のお店を
みさせていただく機会が増えてとてもうれしいし

直近ではテレビのPRで番組のネタに
取り上げてもらえるように
飲食店をテレビ局に売り込みにいったりして

紹介したお店が爆発的に
集客増えるみたいなことも
やってるんだけど

やっぱり繁盛していくお店を見るのは
とてもうれしい。



そんな中でまったくもって
"うまくいかない"お店もある。


これって僕は正直
飲食店の経営者に言うべきことではないと思っていたし
もともと持ち合わせてるものだと思ったことがある。


ただ、この考えを経営者でもありながら
持ち続けてることがやばい...


僕は飲食店を経営したことはないから
でかいことは言えないが
ここだけはブレてはいけない。



それは


「やらない理由」だ



僕は通称これを
「クズ3ない」と
言っている



・時間がない
・お金がない
・できる自信がない



これを言い続けてる飲食店の経営者が
多すぎる。


経営者でしょ?
何言ってんの?
って感じ


時間がないとか
お金がないとか
自信がないとか

「そんなのなんとかしろ!」
と思う。


そんなものなんとでもなる。


そしてこういうことを僕が発言すると
決まってこういうコメントがやってくる
「ないものはない」とか
「お金もう借りられません」とか


ふざけてる笑
本気だせよ
方法がわからないなら必死に聞けよって思う


こんなことを僕は経営者にいちいち
言いたくないし、
もう備えておいてほしい。


このやらない理由を言い続けてるから
人も集まらないし、人も育たない。
スタッフが働くモチベーションも描けないし
それが客に伝わる

そんな店に行きたいって思えるか?


無理でしょ。


ってことは集客がうまくいかないわけだ
リピートも増えない。


こういう当たり前のことが
当たり前にできていない状態で
お店はうまく回るはずがない。



やらない理由自体ネガティブだから
そんなくだらないことを言う前に
どうやったらやれるのかっていう
ポジティブに問題を捉えていったほうが


よっぽど見てて応援したくなる。


人って陰気な人には近寄りたくないじゃん
それは店も同じ

だからそういう考え方から
お店を経営している経営者さんは
意識しなければならない。



もしこれを読んで
「そんなん知ってる!」
「わかっとるわ!」

と思うなら一言。


わかってるのとできてるは違う。


YUU
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。