2022年明けましておめでとうございます。
今年は、元旦から数日が過ぎた一月五日にちょっと不思議な夢を見まして、その夢とその後目が覚めて間もなくにチャネリングを通じてわたしが受け取った情報によれば、元旦の一月一日にネサラゲサラが発動されたそうです。

そして発動された時間は、アメリカ東海岸側のEST時間(Eastern Standard Time)でちょうど元旦の零時になった瞬間なのだろうと思われますが、これはあくまでもわたしがチャネリングを通じて受け取った情報によればということになります。そしてわたしのチャネリングは通常の意識を保ったまま行われるコンシャスチャネリングと呼ばれているもので、トランス状態で行われるチャネリングに比べ受信精度が劣ると思われ、またわたし自身の思い込みや先入観などが混入している可能性もないとは言い切れません。


とは言いながらもわたしの中ではもうネサラゲサラは発動されてしまっているのですけれども、表面的に見えるアライアンスの作戦はまだ続いていくのでしょうか、この様子では。


わたし自身の理解では、ネサラゲサラ法の発動が全てであり、地球の次元上昇もすでに完了していると思っているのですが、人それぞれですから、こういった人間が居てもいいかなと。




わたしは、2021年の間ずっとケネディ大統領やジュニアのことを考えることがとても多かったのです。


資料として、自分の大切なライブラリーのためにケネディ家に関する書籍を見ることも多くなっていました。




大晦日が近づいた去年12月下旬には、青い鳥を見かけて、それはオオルリという鳥のようだったけれども、しばらく隣の家の屋根に止まっていたのです。

わたしは廊下に椅子を持ってきて、三十分ほど鳥の鳴きまねをしたり、眺めたりして楽しい時間を過ごしながら、きっといいことがある前兆に違いないと思っていました。



この世界にきっといいことがある。トランプさんやジュニア、Qムーブメントを起こしたケネディ大統領、ホワイトハット、地球同盟軍に神の祝福を!と感謝の気持ちしかありません。



ケネディ大統領がどこかで生きていて欲しい、天使と共に・・・。そう思ってしまう今日この頃なのです。
 

 

 

 

 

夢とチャネリングを通じてわたしが受け取ったネサラゲサラ発動に関する情報はチャネリング動画でも公開しているので、参考にリンクを張っておきました。