日本一の若手職人育成企業を目指すコテ山のブログ

日本一の若手職人育成企業を目指すコテ山のブログ

株式会社バウビオジャパン代表のら山川です。 建てていただいたお客様と生涯のお付き合いをどうやって達成するか日々真剣に考えています。

おはようございます!

お恥ずかしい話です。

どんなにボロボロになっても手放せないモノってないですか?

私は筆箱?ペンケースです(^^;)

確か高校の時に買ったやつだと思います。


昨日何気に見ると穴もあいて汚らしくなってきてたのに気付いたので買い換えようかなと思ったのですが…ちょっと洗ってみようかなと思い立ってしまったので優しく重曹でツケおき洗いしてもらいました。


しばらくほっとくと


うわっ(;゚∀゚︎)

汚っ

てことですすいで


少し垢抜けて生まれ変わりました。

自分の身の回りにあるものでコイツがなんだかんだで30年近く一番付き合い長いような気がして(^_^;)

そんなに高いものでもないんですが、一生使ってみようかなと思ってます。破けたとこはもうちょい酷くなったらあて布?か縫うかして。

それもチャックやデニムの生地が強くてメンテナンスができるからできることですよね。見た目が良くても素材が悪かったり、メンテができないと捨てるしかありません。

日本の住宅はスクラップアンドビルド。交換や張り替え。住宅の平均寿命は32年と言われてます。もちろん木造であり、地震、台風、シロアリなどの要因もあります。私はもう一つは素材が大きく影響していると思います。

昨日は朝からお客様とタイルの打合せ。
サンプルを取り実物を見ながら打合せをします。


見かけを優先して、タイルを使わずタイルをプリントしてある床板や壁紙。軒を出さずに柄柄したコーキングだらけの外壁。どれも見かけ優先で建てる時は安価で見た目は良いものの必ず後々張り替えやリフォームが必要になってきます。しかしそれに慣れてしまっている日本の住宅文化。

建てる時だけでなく建てた後が本当に大切なんですよーーーーー!と声を大にして言いたいところです。

日曜日、16年前前職時代に担当したお客様から連絡があり、少しお願いことか゛あるとのことなので久々にお伺いさせていただきました。もちろん当時の工務店さんに許可をいただいての事です。

久々に行くと当時2歳くらいのお嬢さんが高校3年生になってました(;゚∀゚︎)まあ当然な事なのですが歳とりますね〜(lll-ω-)


さて当時私も記憶にあった一枚板のテーブル。
ソファを友人からもらったのでこの座卓をダイニングテーブルにリメイクして欲しいと。


このテーブルで子ども達が宿題したり、みんなで食事したり、家族で喧嘩したり思い出がたくさん詰まっているのでどうにかできますか?とのこと。

本物の一枚板だからできることですよね。
張り物なら処分して新しいものを買い替えるところです。

それはそれで否定はしないのですが、やっぱり家って形にのこるハードの部分とその形に対しての記憶や思い出のソフトの部分との両輪が詰まって愛着になると思うんです。

だとしたらやっぱり本物の素材選びが大切。その為にその素材を扱える職人の育成が大切になってくるのです。

今のザファンハウスの家はほぼほぼうちの社員大工、社員左官でメンテナンスができます。電気や設備は免許がいるんで扱いませんが、壁や床や天井や造作ものなどはほとんどできます。私は長く使うにはメンテナンスフリーではなくメンテナンスできるモノ選びが大切だと思います。

だから元々この地域にあるものを素材の中心に置く事が大切。地産地消の考え方にたどりつくのです。
これまで50年、100年あるものはこの先50年、100年在り続けるというのが私の考えです。

家づくりは本当にそのご家族とのご縁づくり、こうやって何十年もお付き合いをさせていただく事のどれだけありがたい事なのかと常々思います。

だから、一生面倒みれる家をつくり、お客様と一生お付き合いをさせていただく組織をつくる。そして次の世代へきちんとバトンをつなぐ。本当に最近は建ててからが本当のお付き合いだなとしみじみ思います。沢山のご縁に囲まれてこれからの人生が賑やかになっていくのが楽しみです。

その為に。

自分を愛し、隣人を愛し、今在ることの感謝の気持ちを忘れずに、誠実に仕事と向き合い、挑戦の人生を歩んでいきたいと思ってます。

さあ、今日はコロナワクチン2回目(lll-ω-)熱出るやろなーやだなー

その前に柳川で今度新築される現場のお父様から呼び出しがあったのでサクサクっといってきたいと思います!元製材所にご勤務されててモデルハウスみんなの家を見ていただいて気に入っていただいた、業界の大先輩です!喜んでお伺いします!

さあ、もう時間だ(;゚∀゚︎)

皆様にとって今日という日が素晴らしい1日になりますように(。-人-。)