ワーク・ライフ・ストラテジー ~Work・Life・Strategy~      

ワーク・ライフ・ストラテジー ~Work・Life・Strategy~      

人生はもっとすばらしい。

自分本来の能力を生かし、自分らしい生き方を追及する。
何かに挑戦する人 を応援する。

すべては”ひと”からはじまる。


当世挑戦者気質人 
ベンチャー
ART OF LIVE
障がい者支援
モノづくり日本、地域活性化

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
今、進めているプロジェクト。
やりたいこと×できること×やるべきこと、のバランスと出会いのタイミングで進行状況が
変わります。

短期的なプロジェクト
・企業のM&A
・メンタルヘルスチェック関連
・就活支援
・在宅勤務のしごとづくり
・絵本出版準備



中長期的なプロジェクト
・新会社立ち上げ支援
・後継者となって事業推進
・起業家ストーリー他
・介護企業連携促進
・障がい者関連事業
・「Na●●● Works」活動
・起業家育成プログラム
・リーダーシップ×●●×●● ワークアウト
・新ワークスタイル創生

    などなど。

出会いのタイミングで進捗が変わります。


会いたい人は・・・
・あたらしい価値観、しくみ、などをつくっていきたいひと。
・スジの通せるひと。
・プロとしての優先順位を守ることができるひと。
・平気でうそをつかないひと。


ただの事業を立ち上げることは、既にやってきたので
これからは、長期間一緒にビジョンを共有して推進していくことが
できるひとを探しています。



【対象者】
・新規事業立ち上げ経験者
・もしくは希望者。
既に起業している方は、コラボ内容を調整いたします。

※新規事業立ち上げ希望者には
今まで300人以上起業家を輩出してきた
実績をベースに育成プログラムをつくりました。


興味がある方は、2015年9月25日(金曜日)19:00~開催する
C-CLASS×起業家 ワークにも参加してください。
http://e075.dgblog.dreamgate.gr.jp/e118634.html

【年齢】
不問

【学歴】
不問

【会社概要】
本社:東京都新宿区本塩町21-14カーサ四谷5階
事業内容:ビジネスディベロップメント等

http://e075.dgblog.dreamgate.gr.jp/e115119.html
をアクセスしてエントリーしてください。
・希望職種
・氏名
・生年月日
・学歴
・住所
・連絡先
を修行(しゅぎょう)までメールしてください。

本プロジェクトリーダー【修行憲一プロフィール】

株式会社ジェイブレイン代表取締役。
リクルートグループ、グッドウィルグループで不動産開発、事業企画開発などを経て現職。
グッドウィルグループ、グッドウィルキャリア代表取締役就任。
EAP事業、メンタルケア事業を展開する。
介護企業コムスンの全国展開プロジェクトをリード。

(参考)株式会社ジェイブレインホールディングス
http://jbhd.jp/
修行ブログ(ドリームゲート内)起業家100人挑戦日記
http://e075.dgblog.dreamgate.gr.jp/

ビジネス・プロデューサー、起業家輩出300人以上。

ビジネスミッションは、『経営者、経営幹部の支援やビジネス開発、ビジネスプロフェッショナルの育成活用を通じて日本を活性化すること。』

ライフワークミッションは、『お金がなくても住める社会づくり』
経営者、ビジネスマンをビジネスワーク×ライフワーク×ソーシャルワークの切り口で約5000社のクライアントと3万人以上のビジネスマンをサポートする。
ビジネスワークでは、大きく2つのアプローチで解決する。
一つ目は、独自の『ミリタリーコンテンツメソッド』をベースとして経営戦略、事業戦略、人材戦略、組織戦略のソリューション提供。
二つ目は、『人間心理』アプローチのコンサルティングマインド、ヒューマンリソースマネジメントの組織設計や教育。
独自のカウンセリングスタイル経営者やビジネスマンそれぞれの生き方のこだわる。
過去のキャリアにこだわることなく「本当に自分がやりたいこと」にフォーカスしてその実現に最大限最適な状況を創りだして提供していく。学生起業家をはじめとして200人近くの経営者を輩出。

「日本を元気に世界を豊かに!」をテーマに戦略的事業展開、グローバル展開、起業家教育、ソーシャルワークでは、地域活性化、農業支援、障がい者支援、就活学生支援などを軸とする。
仕事を創りだしてステップを踏むことでプロになる『ZEROpro』プログラムの運営や事業協同組合運営をする。
ベンチャー企業立ち上げ、新規事業立ち上げ時にファウンダー、役員、事業推進者、メンターとして関わる。将来、自発型人材育成の学校設立を企画中。

デジタルハリウッド大学准教授(クライアントマネジメント)として学生へマーケティング講義する。

【過去のプロジェクト実績】
・介護企業コムスンの全国展開
・特許者のアイデアの実現『ソリッドコンタクツ』
・上場企業の新会社設立
・プロジェクト組成化粧品会社、健康食品会社、

【著書等】
『ベンチャー企業で働くということ』(大和書房)
『プロフェッショナル・ストラテジー』(しののめ出版)
成功の法則(アントレ出版)
監修:株式公開への道(ダイヤモンド社)著デビッドスミス
共著:『MOT』(丸善出版)『診療所の開設と運営Q&A』(株式会社じほう)

http://www.c-class.jp/

テーマ:
プロフェッショナル・ストラテジー vol.3














『リアクション人材とイノベーション人材そして今後』
について。

具体的な例では、

過去の経験したことについては対応できるが
新しい課題に直面すると思考停止する人。

常に自ら考えて、仮説・検証・実行から成果を生み出していく
人。

のような違いがあります。


学校で学ぶケースは、ただの小さな小さなケースを知っているに過ぎません。

実社会では、予測不可能な事象がいろいろな組み合わせで起こる
複雑な環境が通常です。

市場の変化、社会の関わり、多様人材の関わり、また立ち会場の違う生産者、消費者など
複雑です。

しかも時間での状況変化が付きまといます。
昨日の価値観が、今日は正反対になることだってあります。

問題解決方法も多岐にわたります。
どのタイミングで、一番大切にしたい価値観を優先させていくか
など判断も必要になってきます。

昨日も海外の友人とビジネスミーティングして感じましたが、
国レベルでは、また価値観が変わります。

組織の運営もさらに難易度が増します。
いかに感情を抜きにして、機能的な組み合わせで
淡々と業務をこなすことで高収益を上げていた時代では
あまり個々のパーソナリティーはそれほど問題ではなかったのですが
これからの時代は変わります。

事業によっては、人数に比例してある程度の売り上げや利益の確保が
できた時代から、それぞれの人材の思いやコミュニケーションやセンスなど
コントロールや予測が難しいものを考えていかなければならない面もあります。

今までは、経験値がスキルアップと同じだったのですが
複雑な時代になると、すべてのことを経験をしつくすことは
無理な話です。

過去の成功体験は一つの事実ですが
その体験の普遍的なエッセンスを今にどう生かしていくか
が重要になってきます。

複数の人が、同じ環境に対面したときにそれぞれの
能力、経験、センス、価値観などによって
状況の受け取り方と解釈、判断は違ってきます。

これからのビジネス環境は既存事業を推進していても
新規事業を立ち上げるのと匹敵するような
難易度があるように思います。

そのような状況では
なかなか成果を上げていくことは
困難になります。

解決の一つは
仮説⇒戦略⇒実行⇒検証
の繰り返しをどれだけ短期間に低コストで
展開するか、です。

それを継続するための
思いや資金、プロ意識も重要な要素になります。

・物事を俯瞰的にとらえることができること。
・仮説・戦略・検証を繰り返し実行できること。
・一つの答えではなく複数の回答らしきものを次々と生み出すこと。
・失敗を恐れずに挑戦すること。
・プロ意識を持つこと。
・プライド高く行動できること(プライドと気位は違うと思っています)
・できれば私心がないこと(プライベートと私心は違うと思っています)






こちらで購入が可能です。
中古本は情けない値段ですが
これから魂を吹き込んでいこうと思います。

プロフェッショナルストラテジー

テーマ:
















既存概念や思い込みを捨てる
今回はこれをテーマに話をしてみます。


たまたま将来の仕事に悩んでいる20代の相談に乗っていました。


20代のビジネスマンでも
まだ自分が何をしたいかがわからないまま仕事についている人がいます。

なんとなく学校に進学し、なんとなく会社に入社して。

『将来どうなりたいの?』

と質問してもなかなか答えが返ってきません。

今までの生活習慣、思考習慣は根強く、
本当に何をしたいのかわからなくなってきた人たちは多い。


ある共通点は、リアクションだけで
なんとなく過ごしてきた人ということ。



その会話の中で、気になったことがあるので
ピックアップしてみます。


例えば、
『頭がいい人ってどんな人?』
って質問してみました。

Aさん:『頭の回転スピードが早い人です。』

修:『ちなみに頭の回転スピードでどれだけ違いがあるのかわかる?』

Aさん『わ、わかりません』

そこで可視化してみることにした。

ある問題を100問用意したとしよう。
自分がそれを一時間で解けることができたとしたら、
頭の回転が速い人はどれだけのスピードで回答することができるか?

100問の内容にもよりますが、感覚値で考えて、仮に10分間で回答できるとすると
回転スピードは、自分よりも10倍速いことになります。

この10倍の意味を考えさせてみることにして

『この10倍がどれだけの意味があるのか、考えてみたら?』
と質問してみました。



今までの物量、処理能力の時代が
これがパソコンなどの処理スピードの速いものに変わっていくので
人間の価値はどこにあるのでしょうか?

発想力やアイデア、思いを時間で計測するとどうなりますか?

例えば、ある人は1分かもしれないし、ある人は1週間かかるかもしれません。
仮に1分と比べてみると

1週間は24時間×60分×7日=10080分
1か月は24時間×60分×30日=43200分

いづれも1万倍以上の差が出ることになります。

今まで処理スピードに価値があったものが
ほかのモノにとって代わってしまいます。

ここでいうと『処理能力』が価値を失い、『発想力』が高い価値を生み出していること。
(こんなに簡単ではないですが・・・・)

これからの時代はそのようなパラダイム転換が
起こることになります。

(ここでの事例はちょっと偏りがあるかもしれませんが
それを含めた事例だと考えください。)

自分がどう生きるか、どう働くか真剣に考えないと
いけない時代になっています。




ここでついでに、注意点として、
ビジネスワークとライフワークは
違うということも考える必要があります。
混在するとわけが分からなくなってきます。

どんなに好きなこと、わくわくすることをするように
といわれてもプロとして価値があるのかは別です。

また、逆説ですが
ライフワークだからといってあきらめる必要も
ありません。
視点や状況を変えてビジネスワークを創りだすことも可能です。


20代のビジネスマンと話して
思ったことをつれづれと書いてしまいました。

もう一度自分の人生や働き方を
考えましょう。 自戒の念もこめて。





















以前出版した本『プロフェッショナル・ストラテジー』の
内容の解説も進めていきます。













こちらで購入が可能です。
中古本は情けない値段ですが
これから魂を吹き込んでいこうと思います。

プロフェッショナルストラテジー

テーマ:
















経営幹部になれる人、なれない人
今回はこれをテーマに話をしてみます。




普通のサラリーマンから経営者、経営幹部にステップを踏みたい方向けです。

自らも経営者として、経営者の方々と経営戦略、事業戦略、人材戦略などを
プランニングし、組織組成を進めてきた経験から
付け焼刃ではそうそう簡単に経営幹部になれないということを体感してきた。

まず、大きなハードルは

『自分の給与は自分で稼ぎ出すということ』


これがなかなか理解できない第一歩になります。

毎月決まった日にちに給与がもらえて当たり前と思っている、この概念を
打ち崩さなければなりません。

そう話していると
『それだと自分で会社を立ち上げるのと同じじゃないですか?』

と言われたことがあります。

『経営幹部だから当たり前でしょ』

というのが答えになります。


経営者になれる人かどうかは

ある意味、超人でなければなりません。


・どんなことがあっても自分はできるという思い込み。
・社会のために挑戦するしかない。
・思ったことが実現するというミラクルを起こす。
・シンクロなどのタイミング。

など普通の常識人では考えないことをやる
普通でない人でなかった方が多かったです。


これからしばらく
学生向け、ビジネスマン向け、経営幹部向けに情報を
発進してみようと思います。

以前出版した本『プロフェッショナル・ストラテジー』の
内容の解説も進めていきます。













こちらで購入が可能です。
中古本は情けない値段ですが
これから魂を吹き込んでいこうと思います。

プロフェッショナルストラテジー

テーマ:








就活プロフェッショナルストラテジー
のプロジェクト名を

『プロフェッショナルストラテジーZERO』

としました。


社会人のスタートをきるために
まずは0の素直な自分の状態を
見つめ、振り返るためことから始まるので
いったん0リセットで考える機会としました。

来る3月11日15:00~18:00
までパートナーとの独自開発のあるツールを使った
ワークを実施します。

参加人数5人程度とかなり
クローズな状況でのワークとなります。

興味があり、参加希望の方は
こちらにアクセスしてください。

http://e075.dgblog.dreamgate.gr.jp/e115119.html

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス