わずか8ヶ月で退職に追い込まれた私が○○しただけで発達障害を克服し、社会に居場所を作ることができた発達障害改善法

テーマ:

会社で上手くなじめず、

ミスを繰り返し

周囲から孤立をしていても

薬を使わず食事を変えるだけで

発達障害を克服することは

可能でしょうか

 

はい、可能です。

 

以下の内容に心当たりのあるあなたなら、これからお話しする食事改善マニュアルがあなたの人生を大きく変える可能性があります。

  • 会社で同じミスを繰り返している
  • ADHDもしくはアスペルガー症候群と診断され、処方された薬を飲んでいる
  • 処方された薬の副作用は辛いが、薬がないと仕事ができない
  • 会社で孤立をしてしまっている人
  • これから上手く生きていけるのか漠然と不安を感じている人
  • 相談する人が周りにいない人

 

これからあなたにお届けする食事改善マニュアルは発達障害の研究では歴史のある食事療法です。

 

実際に、この食事療法を実践することで発達障害が改善した例は多数報告されています。

 

今回、発達障害の症状で苦しんでいるあなたを助けるために無料プレゼントを作成しました。

 

この無料プレゼントを読むことであなたはこんな未来を引き寄せることができます。

 

 

反対に無料プレゼントを読まなければこんな未来を引き寄せてしまうかもしれません。

 

  • 薬の副作用が辛いと感じている、または副作用を抑えるためにさらに薬に頼っている
  • 誰からも尊敬されず、バカにされたまま死んでいく
  • 毎日が憂鬱で気分が上がらず、疲れた気がしている

 

今回は無料プレゼントを読んだ人の体が軽くなる実感を持てるように作成しました。

 

実は内容も簡単なんです。

 

いつもの食事に無料プレゼントで紹介する内容を1品加えるだけ。

 

しかも今の食習慣を変える必要もなく、3カ月も続ければ効果は実感できます。

 

こんなお手軽な方法ですが、この文章を読んでいるあなたにだけ無料でお届けします。

 

こちらをクリック

 

お早めにお申し込みください。

-----------------------------------------

Porty プロフィール

 

    名前      : Porty

    生年月日  :1991年5月11日

    出身地     :茨城県

    趣味     :読書、気持ちをノートに書く

                     健康について実践すること

 

大学生時代からアルバイトや卒業論文でミスを繰り返し、さんざん周りの人から怒られている学生でした。

 

大学生になって人間関係で失敗をし、組織や社会から孤立をするような人生を送っていました。

 

  しかし…

 

-----------------------------------------

こんにちは。Portyです。

 

あなたの食習慣を改善していく秘訣を紹介!

 

  • 発達障害とグルテンやカゼインの関係とは?
  • 発達障害と腸内環境の関係とは?
  • 少ない労力で食習慣を変える秘訣とは?

 

実は、発達障害での制限食については長い歴史があります。

 

このグルテンフリーやカゼインフリーの食事は世界的にも知られています。

 

欧米では実際に多用もされているのです。

 

研究も様々な結果が報告されています。

 

自閉症やアスペルガー症候群に関する結果として以下のようなものがあります。

ノルウェーのオスロー大学カール・ライヘルト教授(Dr.Karl Reichelt)は、20年にわたる研究で、自閉症児の尿中のペプチド(麻薬様物質)の排泄量が高く、その原因は小麦粉や穀物に含まれる「グルテン」と全ての乳製品に含まれる「カゼイン」が消化されない為であることを発見。

 

『カゼイン・グルテン完全除去』する療法で、尿中のペプチドが減るとともに、言語学習能力診断検査が改善する『逆相関関係』を発表しました 
Two Candidate Genes for Autism Identified in NAAR-Funded Research Projects-Autism Speaks

 

カナダ発!”たんぽっぽ”自閉症療育支援の~と

また、フロリダ大学のケイド教授らの研究には次のような引用もあります。

フロリダ大学ケード (Robert Cade) 教授も、少なくとも1年以上通常の治療(精神療法と薬物治療)で効果がみられなかった70例の広汎性発達障害(自閉症・アスペルガー症候群)に、カゼインとグルテンを除去する治療を1~8年間行い、「社会的隔離・視線接触,・緘黙症・学習能力・活動過多・常同活性,・清潔状態・不安発作・自傷など」の症状の程度を判定しました。

 

その結果、3ヵ月以内に57人(81%)に顕著な改善が見られ、3ヵ月ですべての症状の改善がみられました。

 

この改善は、検査継続後1年間見られました。

改善しなかった13人(19%)のうち5人は、尿中の麻薬様物質の量が多いままで、自宅での家族による食餌療法のため、不完全であったと思われます。 
⇒[PDF]No 38 Cade Autism and Schizophrenia Paper.pdf

カナダ発!”たんぽっぽ”自閉症療育支援の~と

 

 

グルテンやカゼインなどを含む食事をやめたとたんに、発達障害の症状が軽くなった

 

そんな事例が多数あります。

 

実は発達障害はグルテンやカゼインの摂取を止めるだけで改善するのです。

 

発達障害を抱えている人ほど食べたものに反応しやすいのです。

 

これらには腸内環境が関係しています。

 

発達障害の二次障害としてうつ病がありますが、

うつ病と腸内環境に関して、国立精神・神経医療研究センターとヤクルト本社が実施した研究がこちら。

 

43人の大うつ病性障害患者と57名の健常者を対象に、被験者の便を採取して、ビフィズス菌と乳酸桿菌(ラクトバチルス)の菌量を測定し比較した。

 

 その結果、ビフィズス菌およびラクトバチルスの菌数のそれぞれの単純な比較では、うつ病群は健常者群と比較してビフィズス菌が有意に低下しており、ラクトバチルスの総菌数も低下傾向が認められた。

 

 ビフィズス菌の便1グラム当たりの量は、うつ病患者で約32億個、健康な人では約100億個だった。うつ病群と健常者群とを区別する最適の菌数(カットオフ値)を求めたところ、ビフィズス菌が約34億個以下だと、うつ病の発症リスクは3倍に上昇することが判明した。

 

 ラクトバチルス菌については、うつ病患者が79万個、健康な人が398万個だった。ラクトバチルス菌が約309万個以下であると、うつ病の発症リスクは2.5倍になった。

出典:http://tokuteikenshin-hokensidou.jp/news/2016/005346.php

 

この結果から分かるように、うつ病患者は善玉菌が健常者と比べて少ないのです。

 

 

このように発達障害と腸内環境は関係しています。

 

 

 

今回の無料プレゼントでは発達障害を抱える人の腸内では何が起きているのかを解説しているのでお楽しみください。

 

また、いきなり腸内環境を整えようとしても難しいことです。

 

現代は美味しいものであふれかえっていますね

 

例えば、ラーメン

 

 

他には、パスタ

 

 

 

このような美味しそうな食べ物が家を出たとたんに並んでいます。

 

バランスよく食べないといけない

 

分かってはいてもなかなかできないのが人間の性。

 

よく分かります。

実は私もそうでした。

 

ラーメンが好きでよく食べに出かけていました。

週に2,3回ラーメンを食べに行くほどラーメンを愛していました(笑)

 

そんな私でしたが、

この無料プレゼントにある方法を続けただけで身体の中をキレイにしていくことができました。

 

腸内にある老廃物をしっかりと出してスッキリした体を手に入れることができたのです。

 

野菜を食べるってこんなに気持ちいいのか

 

そう感じるようになってからは、

先ほど挙げたような食材よりも野菜に興味を持つようにもなりました。

 

それからは体の健康を意識して食材を選ぶようにもなりました。

 

やり方も簡単です。

いつもの食事に無料プレゼントで紹介している内容を1品加えるだけです。

 

いつも食べているものは変える必要はないのでストレスはほとんどないです。

 

今回の無料プレゼントを読むことで

 

①.糖質や脂質の吸収が抑えられる

②.味覚が敏感になる

③.野菜本来の味が分かるようになる

④.自然と脂っこいものや甘いものが避けられる

⑤.腸内がきれいになっていく

 

このような流れで自然と食習慣を変えられるようになります。

 

もし、食習慣を変えることなく薬などに頼った薬物療法を選択するとどうなってしまうか。

 

その一例として日本でも販売されているコンサータという薬があります。

 

この薬の適応症は注意欠陥・多動性障害です。

実はこの薬は塩酸メチルフェニデートです。

 

 

いわゆる覚醒剤です。

 

もしコンサータを服用しているとすれば、覚醒剤を飲んでいることと同じことなのです。

 

実際飲んでいる人の話を聞いてみても

  • 命を削っている気がする
  • 自分が自分ではなくなる気がする
  • 副作用で吐き気や食欲不振

などを感じる人がいます。

 

この記事を読んでくださっている人の中には、

コンサータによって一時的に症状を抑えている人はいると思います。

 

しかし、コンサータやストラテラでは副作用に悩む人が多いのも事実。

 

これらの薬は根本的に治してはくれません。

 

飲み続けなければ効果を得ることはできないのです。

 

そして飲み続ければ慢性的に副作用と闘わねばいけません。

 

そんなの嫌ですよね。

 

だからこそ食事で改善したいですよね。

 

 

そのためにも食習慣を整えていくことは大切なのです。

 

今回の無料プレゼントには無理のないステップで食習慣を変えていく方法を紹介しています。

 

発達障害を薬ではなく食事で克服したいと強く感じている人は以下から登録ください。

 

こちらをクリック

 

-----------------------------------------

 

突然ですが、私の過去の話をさせて下さい。

私は大学生の時に飲食店のアルバイトをしていました。

 

飲食店のアルバイトでは同じミスを何度も繰り返しました。

 

大学生の最後の卒業論文でも

教授の求める資料にまとめられませんでした。

 

 

周りからは

  • 何でそんなこともできないの?
  • こんなの誰でもできることなんだけど…

とさんざん言われていました。

分かっているのにできない自分に腹が立つ。

 

話を聞いているつもりなのに、頭に霧がかかったような感覚で考えることが全くできなかった。

 

毎日同じことの繰り返しで周囲からは孤立…

 

このままでは社会に出てから生きていけない

 

強く不安に思った私は食事を変えることを決意しました。

 

糖質制限ダイエット、特定の食べ物の除去、1日1食…

 

さまざまな情報を試しては失敗を繰り返してきました。

 

それでもめげずに食事を考え続けて、日々体が軽くなっていく実感が得られるようになっていったのです。

 

 

ようやく今の仕事では簡単な仕事でのミスはなくなりました。

また、同じミスを繰り返さずに仕事ができるようになったのです。

 

また、頭に霧がかかったような感覚も晴れ、相手の話を理解できるようになったのです。

 

もちろん、仕事にもいい影響がありました。

職場の上司の方から

  • こんなに早く仕事を覚えられるなんて思わなかった
  • 他の人よりもミスが少ない

など嬉しいお言葉を頂くこともありました。

 

 

こうした経験から

 

発達障害は食習慣によって改善できる

 

と自信を持てるようになったのです。

 

今回、私が無料プレゼントを贈るのは理由があります。

 

私も小さいころには喘息を患っていました。

 

毎日夜になると呼吸が乱れていました。

 

吸入器で20分くらい薬を吸い、呼吸を整えてから布団に入るという生活を送っていました。

 

 

ところが、弟は喘息などほとんどなく、毎日ぐっすり眠っていました。

 

どうして私はこんな弱いからだで生まれたんだろうと寂しさと悔しさを感じていました。

 

この頃の私は毎日気分がすぐれず、何となく疲れている気がしていました。

 

小さい頃はそれが当たり前だと思っていましたが、年を重ねるうちにそれは異常だと感じるようになったのです。

  • 治りもしない薬を何十年も買い続けるのか
  • 治りもしないどころか気分がどんどん下がっていくような薬にお金を払う価値があるのか

私は喘息で苦しんでいた頃はそのような気持ちになっていました。

 

ところが、食事を整えたことがきっかけで喘息も起きなくなったのです。

 

発達障害も薬には頼らず食事で改善させようと思い、実際に改善させました。

 

だから、

  • 薬の副作用などで苦しんでいる人
  • 発達障害は治せないと諦めてしまっている人

の力になりたいと思っています。

 

あなたが感じている不安や疑問はあなただけではないのです。

 

-----------------------------------------

 

どうやったら無料プレゼントを受け取れるの?

 

受け取り方は簡単です。

 

 

このプレゼントを受け取るためには、

リンク先のフォームに

  • 名前
  • メールアドレス

の必要事項を入力していただくだけです。

必要事項を入力して「確認」のボタンを押すだけで、

入力したあなたのアドレスへプレゼントが送られます。

 

もし、メールが届かない場合は迷惑メールフォルダに入っているかもしれませんので設定を確認してください。

こちらをクリック

 

「ただたくさんの人に読んで欲しいのならば、サイトで公開すればいいのではないか」

 

あなたはそんな疑問を感じたかもしれません。

確かにたくさんの人に対して読んでもらう目的であれば、サイトで公開することで充分です。

 

ですが、今回のレポートを読んで欲しいと思っているのは

 

「本気で悩んでいて、食事で発達障害を克服したい」

 

と感じている人だけなのです。

その気持ちを示す場として、メールアドレスを私に教えるフォームを作りました。

 

もし、本気で障子を整えることで発達障害を克服したいのならば私も全力で力になります。

 

私が経験したこと、本で学んだことを余すことなくお話しします。

 

しかし、仮に中途半端な思いしかなければ回答はしないでしょう。

 

本気で改善しようとしない人に私がいくら言っても無駄だからです。

 

私は「克服できたらいいな」程度の気持ちの人をやる気にさせるほどお人好ではないからです。

 

したがって、中途半端な気持ちしか持っていない人にはレポートを読んでほしくはありません。

 

もしあなたの気持ちが、

 

「薬に頼らず発達障害を克服できたらいいな」

 

というレベルであれば、今すぐ引き返してください。

 

もしこの先も読み続けるならば、

 

「薬に頼らずに発達障害を克服したいんだ!」

 

と強く思って下さい。

 

そして、覚悟を決めて下さい。

 

 

いいですか。

 

職場や家庭での人間関係で失敗して、

 

周りの人から悪口やいじめを受けるのは嫌ですよね

 

あなたが薬で症状を抑え続ける選択をすることで

 

副作用に耐える日々を送るのは嫌ですよね

 

 

 

あなたが食習慣を変えることから逃げて

 

発達障害の症状から一生抜け出すことができない人生を送るのは嫌ですよね

 

このまま一生、

 

自分の得意を仕事にできず、

社会がもっと発達障害を認めるべきだと

叫び続けながら生きていくのは嫌ですよね

 

以上、思ったことに対して

 

そうはなりたくない

 

と思った人は、レポートを申し込んでみて下さい。

 

 

 

また、今回の内容は医療関係者の方にとっては非常に都合の悪い内容になっています。

 

私も薬の服用で悩んでいるあなたのために情報を提供したいです。

 

しかし、業界の人から削除の依頼をされてしまった場合には削除をしなければならなくなります。

 

なので、できるだけ早めに登録をしてくださいね。

 

なお、今回のフォームにメールアドレスを登録したことでかかりつけの専門医の人にばれてしまうのでは?

 

と心配される方がいるかもしれません。

 

ですが、入力いただいたメールアドレスが第三者にばれることは絶対にありません。

 

また、メールアドレスを登録したことで次の日から、迷惑メールが山のように殺到することもありませんのでご安心ください。

 

また、メールアドレスを登録したことで料金が発生するわけではありません。

 

今回贈るプレゼントについては完全無料なのでご安心ください。

 

-----------------------------------------

 

私もかつては自分の不器用さのためにたくさんの人に迷惑をかけていました。

 

昔は私もよく以下のようなことを思っていました。

  • 発達障害を克服し、自分の得意な仕事で生活を送りたい
  • 絶対に薬に頼りたくない。薬の副作用が怖い。
  • 社会から必要とされる存在になりたい
  • 誰からも尊敬されず、バカにされたまま死んでいくのは嫌だ
  • もし薬に頼るようになってしまえば、一生お金を奪われ続けてしまう
  • 毎日発達障害のことも考えず、穏やかで安心した生活を送りたい

私は食事療法によって発達障害を気にしなくても生活が出来るレベルまで改善させることが出来ました。

 

食事療法を通じて体が少しずつ軽くなっていくことを実感しながら様々な方法を試していました。

 

発達障害は薬に頼らなくても食事によって改善することができます。

 

世間には辛い副作用に耐えながら薬を服用している人もいます。

 

 

私はそんな人が、

薬に頼らずに体が軽くなる実感を感じて欲しいと思っています。

 

その実感を得てもらうためにこうしてブログの更新を行っているのです。

 

私はそんな実感を得ることが大切だと思っています。

 

あなたが私のブログを読んで少しでも

 

「私も食事によって発達障害を克服させたい!」

 

と思っているのであれば、私のブログがお役に立てるかもしれません。

 

本気で発達障害を克服したいのであれば下の申し込みフォームをクリックしてください。

 

一緒に発達障害を克服していきましょう!

 

こちらをクリック

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス