セ・ラ・ヴィ(宇都宮市) | 栃木を楽しむ!!
2011-08-15 06:00:45

セ・ラ・ヴィ(宇都宮市)

テーマ:洋食・レストラン

音羽和紀シェフがフランス料理界の重鎮アラン・シャペル氏に師事し、

地元・宇都宮に戻りレストラン「オーベルジュ」をオープンさせたのは1981年のこと。

今年でちょうど30周年を迎えます。


「オーベルジュ」をオープンさせた釜川沿いの場所は、

今でもオトワレストランの姉妹店「セ・ラ・ヴィ」として営業を続けています。
栃木を楽しむ!!-セ・ラ・ヴィ


30周年を記念し、「セ・ラ・ヴィ」さんが2011年8月1日にリニューアルオープン。

無国籍料理とワインを楽しめるコンセプトはそのままに、フランス郷土料理メニューも充実させたとのこと。


仕事帰り、男性六名でお邪魔してきました。
栃木を楽しむ!!-セ・ラ・ヴィ


お店の中央に、BMWのバイクが!!

テラス席もあり、ここで仲間と気ままに一杯なんてイイかも。
栃木を楽しむ!!-セ・ラ・ヴィ 栃木を楽しむ!!-セ・ラ・ヴィ

リニューアルと同時に、スタッフも入れ替えをされたとのこと。

気さくに話しかけてくれた好青年が、セ・ラ・ヴィ新店長の大垣さん。


オーベルジュの姉妹店で、先日閉めた益子のフレンチ「リス・ブラン 」のシェフだった方。

11年間のフランスでの修行後、リス・ブランで音羽さんから二年間シェフを任されていたとのこと。

どんな料理が頂けるのか、俄然楽しみになってきました。


通常は定番&本日の黒板メニューから単品料理を楽しむスタイル。

「おまかせ料理」もやってくれるとのことで、ひとり五千円で料理を出して貰うことに。


壁には30年の歴史を物語るように、様々な著名人のサインが。楽しませて貰いました。
栃木を楽しむ!!-セ・ラ・ヴィ 栃木を楽しむ!!-セ・ラ・ヴィ

まずはおめでたいことがあったので、お祝いで「ビュジェ・セルドン・ロゼ」5200円で乾杯。

繊細な甘さが爽やかに広がります。
栃木を楽しむ!!-セ・ラ・ヴィ

まずは「トマトの冷製スープ クリームチーズ&バジルを添えて」

ふんわりとした口当たり、軽やかなスープ。バジルのクリームが爽やかで美味しい。
栃木を楽しむ!!-セ・ラ・ヴィ


「ハモン・セラーノ&オリーブ」

ワインを飲みながらつまむのには最高。思わずもう一本泡を頂いちゃいました。

シェフが修行していたアルザスやコート・デュ・ローヌのワインが各種用意されていました。

「ポール・ジンク・クレマン・ブリュット」4800円。キリッとした飲み心地です。
栃木を楽しむ!!-セ・ラ・ヴィ 栃木を楽しむ!!-セ・ラ・ヴィ

鼻に抜ける香りが気持ちいい「ピクルス」。一緒に食べて欲しいと出された品は・・・。
栃木を楽しむ!!-セ・ラ・ヴィ

古典的なフランス料理のひとつ「パテ・アンクルート」。シェフのフランス時代を思い出す料理なんだそうです。

パータパテ(パイ生地の一種)で包み焼き上げられています。

目の前で切り分けて貰いました。
栃木を楽しむ!!-セ・ラ・ヴィ 栃木を楽しむ!!-セ・ラ・ヴィ

肉の旨味がギュッと凝縮していて、肉好きにはたまらない!!

素朴でいてどこか懐かしい・・・。嬉しい料理と出会えました。
栃木を楽しむ!!-セ・ラ・ヴィ

「目鯛のリエット」

下に添えられている人参と一緒に食べると、食感の妙に表情が緩みます。


ここでお店の顔と言うべきハウスワイン「グランド トック プラン2010」2800円を。
栃木を楽しむ!!-セ・ラ・ヴィ 栃木を楽しむ!!-セ・ラ・ヴィ

「フォアグラのポワレ」

フォアグラと言えば、甘いソースを使いとろける旨さを満喫させてくれるケースが多いのですが・・・。

ここではケシのみで覆って焼き上げられていました。サラダのような酸味を持たせた味付け。


これは初めて頂く食べ方。表面のケシの硬さが柔らかさを強調させ、酸味が甘さを際立たせます。

「チョコのエアロみたいだ・・」とつぶやく人も。新食感のお料理で大満足でした。
栃木を楽しむ!!-セ・ラ・ヴィ


「真鯛のポワレ ラタトゥイユ添え」

皮はパリッと、身はジューシー。鳥のだしを乳化させバジルと合わせたソースがイイ。

「イイ穴場を見つけたかもしれない・・・」とひとり悦に入っていると、次々お客さんが。20時には一階席は満席。

さすがみなさん、美味しいお店をよくご存じです。
栃木を楽しむ!!-セ・ラ・ヴィ

「レ ガルデット ド モンフォーコン2007」2800円。これも赤のハウスワイン。

お安く料理の魅力を引き出してくれました。
栃木を楽しむ!!-セ・ラ・ヴィ


「タルト フランベ」

アルザス地方の料理。ピザのようでピザじゃない。これはお酒が進む~。

次々と手が伸び、軽快にみんなの口の中へ。会話も同時に盛り上がります。
栃木を楽しむ!!-セ・ラ・ヴィ

「ブータン・ノワール」

真っ黒い物体に、お皿に自然と視線が集まります。豚の血を入れたお料理。

これが旨い!!香草が効いていて、豚のくさみなどまったく感じない。

表面はパリッと焼き上げられ、中からはタルタルのような柔らかいお肉が。
栃木を楽しむ!!-セ・ラ・ヴィ 栃木を楽しむ!!-セ・ラ・ヴィ

最後はデザートで。

「フレンチトーストのアイス乗せ」

やはりひと味違いました。アルザスのビールで浸し、しっとり熱々のトースト。そして冷たいアイスはビール味。

のんべえには最高のデザートになりました。参加したみんなも大満足!!


ランチは千円・千五百円の二種類が用意されているとか。是非今度はランチにお邪魔してこよう~。

かしこまらず、気さくに頂くフレンチ、気に入りました。
栃木を楽しむ!!-セ・ラ・ヴィ


○「多国籍料理 レストラン・バー セ・ラ・ヴィ」

住所:宇都宮市曲師町1-5

電話番号:028-632-0402

定休日:無休


営業時間:11時30分~14時(L.O)、17時30分~22時30分(L.O)、

       但し、土日祝日のランチは12時~14時30分L.O)

公式HP:http://www.auberge.co.jp/

オトワレストラン公式HP:http://otowa-artisan.co.jp/index.html

栃ナビHP:http://www.tochinavi.net/spot/home/?id=2952
栃木を楽しむ!!-セ・ラ・ヴィ

poolさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス