みなさまこんばんは。

テラスの記事は毎回写真が多くて、名前調べたりするのがおっくうで更新が遅れがちなのですが、今回はたまには早く出そうかなとおもって早めの更新です。

前回のテラスの記事が遅れ、今回のを早く出すということは結果としてテラスの記事と記事間隔が縮まり、やだなにこのひとテラスばっかり行っているわねと思われがちですが、普通に月一回行っているだけなんですけどね、でも確かにテラスのことばっかり書いている気がするぽんけです。

ざっと記事一覧みますと、特に意識してはいなかったのですがテラスとソマーのあいだに他の店が1つ2つ挟まっているだけで、なんて新鮮味のないブログだと思い今びっくりしております。

まあ、でもそのマンネリを打開するために思いついたのが「にぎ日記」のリニューアルでございます。

(※当初のまま転載刷る予定ですが、自分で読み返しながら、表現を変更したり、ちょっと書き足したりして公開することにしました)

にぎ日記は、無駄な前置きの代わりにする予定でしたが、記事の雰囲気を壊しかねないので毎回文末に掲載することにいたしましたので、あとで載せます。

 

というわけで、テラスのトロピカルフェアでございます。

パイナップルコンポート

ライム風味

 

エキゾチックババ

 

マンゴーのダンバル

 

オリエンタルシャンティー

 

バナナとパパイヤのショートケーキ

 

タルトパッション

 

ココナッツとスイカのゼリー

 

パッションラッシー

 

バナナケーキ

 

バルケットココ

 

バターもち

 

マンゴーとバナナのフラン

 

タピオカ入りココナッツミルクチャイ

 

杏仁とピーチのフール

 

チョコレートのクリームとパッションフルーツのシブースト

 

パンナコッタエキゾチックソース

 

メロンの杏仁プリン

 

オリエンタルチェー

 

パイナップルとマンゴーのシラバブ

 

マンゴーとバナナのサゴ

 

マカロンアナナ

 

今回ミレフォリアできづいたので、意識的に名札をフレームインさせてみたら、名前後から調べる時間がほとんどなく、捗ること捗ること。

もっと早く思いつけばよかったです。

 

次はデザートアトリエへ

 

ペカンナッツとクルミのタルト

 

パイナップルとマンゴーのゼリー

チョコレートブラウニー

 

パンナコッタエキゾチックソース

チョコレートとマスカルポーネのバルケット

 

ラズベリーとライチのセリー

抹茶のシュークリーム

 

なめらかプリン

フルーツショートケーキ

バナナのクリーム

 

カラメルとコーヒーのムース

 

オレンジとチョコレートのムース

 

カマンベールチーズタルト

ココナッツのクレームブリュレ

チーズケーキ

 

軽食類は省略です!

 

今回特筆すべきは、勝手にVIP席と呼んでいるテラス側の円卓の6人席があるのですが、2017年に入ってからデザートビュッフェ、ディナービュッフェ問わず連続で5回連続でVIP席になっていて、もうぽんけの名前で予約したら絶対ココだぜーイエーイとすっかり有頂天だったのですが、最近3ヶ月連続でVIP席外し普通の席になっていたところ、今回久しぶりにVIP席の奪還に成功いたしました。

 

ジャーン

ちなみに今回4人での予約です。

我らがパフェ部の副部長が無事に産休明けで復帰です。

 

久しぶりのVIP席は感無量でございましたが、そのことでちょっとハプニングが起きてしまいました。

VIP席奪還に興奮した私は、到着が少し遅れているマネージャーにLINEでそのことを報告していたのですが、遅れてきたマネージャーが受付で、私の名前を告げたところ、同じ苗字の方がたまたまいたようで、どちらかわからず、VIP席(勝手に呼んでいるだけなんですが)っていってましたと伝えたところ、案内されたのがほんとのVIP席(個室)だったそうです^^;

VIP席に案内されるとそこには見るからに富裕層の紳士の方が楽しそうに食事をされていたようで、もちろん知らない方だったので、あわてて違いますといって引き返して、もう一人の私の名字の方の席に案内しなおされているときに、ちょうどニセVIP席ですっかり上機嫌でビュッフェ台あたりをウロウロしていた私と遭遇しました。

あとで事のいきさつを聞いた私は顔から火が出そうでした^^;

VIP席だとVIP席だと喜んでいた席はVIP席などではなく、しかもその席をVIP席だと思っているアホな客が居ることをお店の方にバレてしまいました。

みなさん、気をつけてください、あそこはVIP席じゃありませんから!

それにしてもまさかテラスの中にVIP用の個室があるとは思いませんでした。

 

というわけですっかり上機嫌から恥ずかしくて赤面した顔をあげられない状況に一変した私がうつむき加減でせっせと運んだ全種類

 

各お皿を気象衛星ひまわりから撮影した写真です

あらためてこうしてみると、一人でぺろっといけちゃうようにみえるのですが、

毎回厳しいのでございますねー。

これを4人でたべながら、他の人が食べていて気になった品をいくつかビュッフェ台から持ってくるくらいで十分な量でした。

一人で一周くらいできるようにないたいのですが、まだまだ修行がたりないようです。

 

先月我慢したので2ヶ月ぶりのテラスの主役ナポリタンです。

もちろん、チーズはかけすぎ部。唐揚げは1つトッピング。

今回は最終的にこの分量を2つ食べてます。

 

以降、自分でいただいたものだけ簡単にご紹介します。

ファーストドリンクはライチブルーソーダ

さっぱりとした夏らしいドリンク

 

メロンの杏仁プリンはメロンにしっかり甘さがあって美味しかったです。

 

パンナコッタエキゾチックソースもパンナコッタとトロピカルなソースがよく合っていました。

 

パッションラッシーはおもったよりもどろっとしていて、なかなかストローで吸うのは大変でした。もしかしてスプーンで食べる系かとおもってスプーンを使おうとしたら容器の口に入らなかったので、ズースー吸うことに。

吸っているときに、質問系の会話がきたものですから、返事が「ズー」「ズーズー」で答えてました。

底のを吸うにはストローがギリギリで短いので、思いっきり吸わないと出てこないので、最終的にはかなりのズーズー弁に。

鮮烈なパッションソースの酸味を蜂蜜で甘さを加えてあるラッシー部がうまく角をとっていて味としてはかなり好みでした。

 

暑かったのでクレミアをしょっぱなに食べました。

スフレが来ないのはしっていたのでそのままガッツリいただきました。

 

マンゴーのダンバルはタンバリンみたいな形してるからダンバルというのでしょうか。

以外とあっさりしてました。

 

カマンベールチーズタルトは、先月のチーズの時にいたのかとおもっていたら、先月のはリコッタチーズでしたね。

カマンベールの塩気があって、流行りのメープルをかけて食べたら甘じょっぱくなって美味しかったです。

メープルがおもったよりシャバ目で運んでいるうちに流れ落ちてしまいました。

シャバ目といえばベローチェの蜂蜜。おっとそれはにぎ日記の話。

 

レインドロップケーキ

噂の水信玄餅ですが、思っていたよりでかいです。

ひんやりとした水ゼリーは口にいれたときに溶けて水になり、心地いいのですがいかんせん量が多くすぐに飽きてしまいます。量は半分でもいいんじゃないでしょうか。

あとどうにもこうにも食べづらく、スプーンで混ぜてみたりすくってみたり。

最終的にはすするという(笑)

暑くてもいいのでスフレはやはり欲しかったですね(笑)

 

マカロンアナナ

どうやら去年もあったそうで、私も来ていたはずなのですが、記憶にないですね。

あの頃は今よりたべれなかったのでグラス系しかとってなかったきもします。

パイナップルのフレジェという感じでとっても美味しかったです。

去年も食べていたら良かった。

 

オリエンタルシャンティーはオリエンタルなシャンティーでした。

ってオリエンタルもシャンティーもいまいちよく意味を知らないのですが(笑)

トロピカルなトライフルって感じでした。

生クリームとチョコレートの甘さと酸味のソースがいい塩梅でした。

 

バターもちは見た目フィナンシェ的なものを想像していたのですが、食べて納得食感はまさに餅。

おもったより甘さは控えめてバターのよい香りを感じました。

 

ココナッツとスイカのゼリーはスイカゼリー部が粗目でジョリジョリしたような食感。味はスイカですが、甘さとしては非常に淡かったです。

下のココナッツゼリーもなめらかな口当たりですが、同じく甘さ控えめなので全体的にさっぱりとしていました。両方を混ぜていただくというよりは、容器の形状や、分量から先にスイカを食べ、後からココナッツを食べてる感じになってしまいましたが、混ぜて食べるのが正解だったのでしょうか。

混ぜるのが正解ならなにげにあのミレフォリアのコーヒーゼリーの形状が応用できるかもしれませんね。

 

マンゴープリン

3層になっていてこちらは縦にスプーンをいれるとうまく3層すくえました。

ココナッツの層のおかげで一般的なマンゴープリンとは違い、良い個性が出てました。

 

チョコレートのクリームとパッションフルーツのシブースト

今日気づいたのですが、テラスのように独創的で種類が多いところのビュッフェはだいたい、テーブルに運んだ時点で元の名前がわからなくなってる状態で食べるものですから、食べ見てびっくりすることが多いなと。

今回見た目からチョコレートクリームなんて入っているとは思わずにスプーンですくって口にいれたらチョコレートが出てきたよーとかなりびっくりました(笑)

またその驚きがよい印象になり、今回これとマカロンアナナがお気に入りの2品になりました。

葉っぱみたいのは食べれませんでした。いや、頑張れば食べられるかもしれませんが。

 

アイスカフェオレで休憩しつつ

 

ラズベリーとライチのゼリー

後半でもさっぱりと

 

タルトパッション

熊さんチョコはレアかとおもいきや半分は熊さんチョコ入りでした。

パッションフルーツの種がよいアクセントに

 

抹茶のシュークリームは抹茶の渋みがしっかりと立った大人のシュークリーム

食べた後に、大丈夫ですか? 体調悪いそうですけどと、え? ぜんぜん元気なのに突然なに?とおもってびっくり。

副部長にはちびまる子ちゃんのフジキ君みたいだといわれ、

マネージャーにはプールからあがって寒くて震えてる人みたいと

 

要するに抹茶パウダーが唇にくっついてすごい顔色悪く見えたみたいです(笑)

デートで行く人は気をつけて!!

 

バナナとパパイヤのショートケーキ

マネージャーが美味しかったと言うのでもってきました。

パパイヤよりバナナさんが完全に支配をしいるショートケーキって感じでして、生クリームとスポンジとえらいあうなあと。あっ、丸ごとバナナ!

 

フルーツショートケーキ

苺のショートケーキよりなぜか美味しく感じました。

 

チーズケーキ

安定の一品

 

コレ以外には、マネージャーが食べてうわっといって、部長食べてみてくださいといって渡されたエキゾチックババを半分いただきましたが、なんだか漢方薬みたいな味で苦手でした(笑)

 

ということで、トロピカルなので量いけるかと思いましたが、先月セーブしていたチーズの時と同じくらいの20種くらいでした。

まあ今回はナポリタンガッツリいただいているので、セーブしていた先月より食べているのですが、スイーツの数が一緒くらいだったのは驚きでした。

 

全体的な印象としては万人受けなラインナップというよりは、けっこう個性を前面におしだしたとんがったフェアな感じがしました。

とくにエキゾチックババば攻めてたなぁ(笑)

 

というわけで来月はまたチョコだったので久しぶりにテラスはお休みです。

代わりにどこへいきましょうか。

ていうかやっぱりテラスの記事は時間がかかるぅーここまで2時間( ´Д`)=3

 

 

---------------きりとり線-----------------

以下、一部の方お待ちかねのにぎ日記です。

全部ひっぱりだしてみたところ、全900行近い大長編でしたので、次回が楽しみになるようなところで切りつつ全20回くらいにわけてお送りしようと思います。

 

第一話

いつも昼休みに行くベローチェのレジのかわいいおねーさんが、いつも両手で上下から私の手を挟むようにお釣りを返してくれるので、ちょきりあってもお釣りでるように出す毎日。財布の小銭いれがパンパンだぜ。
○○○○○○店なんですが、ここの店員女性オンリーでしかもみんなかわいいのでオススメです。でもコーヒーはまずい。

今日のベローチェですが、にきにぎのお姉さんが居るのに、洗い物や雑用をやらされていて、レジは唯一の男性店員でした。
まずいコーヒーさらにまずくするような采配はいかがなもんでしょうか。
AKB48とかあんま詳しくないけど、握手券のために聴きたくもないCDをおんなじもの何枚も買って、握手券握りしめて会場に行ったら秋元康がにっこりと握手してきたら、誰だって怒るでしょう。
悔しいので一万円札を出してやろうと思ったのですが、貧しくて持ってなかったので、備え付けの蜂蜜が一番原価高そうに見えたので、店の経費を圧迫すべくこれでもかってくらいコーヒーに入れてやりました。
甘すぎるわこれー

にぎにぎのお姉さんがレジを離れはや1週間。
完全に対私用のシフトをひかれている感じがします。
店長実は私の投稿読んでるんじゃないかと。
そんなベローチェですが、今日となりになったおじ様三人がお酒大好きみたいで1時間もの間お酒の話で盛上ってたので、覚えてる内容を箇条書きに。
・まずい日本酒は冷で飲めばごまかせる
・昔はアーリータイムスが高くて飲めなかった
・高い酒は確かに旨いが値段考えるとビミョー
・牛乳みたいな紙パックでストロー刺すタイプの日本酒はすぐ酔うし、悪酔いする。
・エイヒレうまい。うますぎてなんぼでも酒が呑める
・塩辛がなかったから女房の岩海苔こっそりくすねてつまみにしたら、うますぎた。
・うますぎてなんぼなんでも酒が呑める。
・あまりにうまいんで岩海苔減りすぎて女房にバレて、岩海苔隠された(ここで親にファミコン隠された小学生みたいだと思って吹き出したが鼻をすすってごまかした)
・ビールを500mlで抑えたいが足りないので350mlも一本空けてしまう。
・350mlはすぐなくなるから損した気分になる
・500mlと350ml足すとビンビール一本分くらいだから最初からビンビールにすればよかった
・朝からキッチンで呑んでしまう
・つまみに野菜炒め作りながらキッチンで呑んでたら、女房が起きてきたのであわてて持ってた日本酒を野菜炒めにぶちこんで、隠し味だよとごまかした。
・日本酒入りの野菜炒めは食えたもんじゃなかった

覚えてるのこのくらい。

もっとあったけど楽しそうだったなー。お酒呑めないのでちょっとうらやましかった。
このようなおじ様たちが戦後の焼け野原から、歯を食いしばって明るく一生懸命頑張って働いてくれたおかげで今の日本は世界でも有数の裕福な国になったんだと思う。
愛すべきおじ様達に乾杯。


こんにちは。
最近読者が増え、今朝も癒しになっていると言われて嬉しかったので、今後ものびのびと投稿することにしました。
しかしながら昼はベローチェにしかいかないため、内容はベローチェのことしか書けません。あしからず。
今日のレジは眼鏡をかけたねずみ男のような風貌の店内唯一の男性店員で、お釣りの渡し方が乱暴で頭にきました。
とはいえ、にぎにぎしてきたらそれはそれでもっと頭にきたはずです。
とりあえず、今日も一万円札を出して嫌がらせしようとするのですが、私の財布から福沢諭吉さんが失踪したままで、捜索願を出しているにもかかわらず、一向にみつかる気配がないので、今日も備え付けの蜂蜜をたんまり使ってやりました。
店が潰れるのが先か、私の身体が潰れるのが先か、命をかけた長期戦です。
今度の健康診断が若干怖いです。
そんなとき、にぎにぎのおねーさんが話しかけてたきました!
ただいま喫煙席が満席なのですが、お煙草をお吸いになられますか?
ぶっちゃけお客さん全員に聞いているのですが、私がタバコを吸わないのは彼女は知っているはずなので、これは話しかける口実だとすぐに気づきました。
そうおもって彼女の目を見ると、口から発する声とは別に
「すみません。ずっとにぎにぎしたいのだけれど、店長に目をつけられてしまっていて。お客様との恋愛はかたく禁じられているので」と目で語っているようにみえました。
たしかにそう思うと彼女の目も若干潤んでいるようにもみえます。
いや、今思い出して書いているうちにあれはみえたのではなく、確実に潤んでいたと確信している自分がいます。
ああ、世の中にストーカーとはこうして産み出されるのか。ストーカー生産プラントの完成です。
まだ犯罪者にはなりたくないし、今日は嫁さんの誕生日なので、今回はストーカーの生産ラインのラインオフはまだ先にしてプラント見学だけにとどめて帰ろうと思います。

にぎにぎ復活を夢見て

 

じゃあの。

 

第二話へ続く

AD

コメント(14)