ぽこぺんのブログ

ぽこぺんのブログ

ブログの説明を入力します。

10月上旬は代表ウィーク。

Sint-Truidenも代表選手はたくさんいるので、不在になります。

残った選手のために練習試合を3試合組んだ。この機会にユースの選手も試してみたい。

 

勝敗はどうでもいいけど、生きのいい若手が何人か見つかった。

すでにサポーターからも大人気のシャドーストライカー。

まだサブ扱いではあるもののトップチームに帯同していてブレイク候補ナンバーワン。

 

センターミッドフィルダーとしてオールラウンドな才能を見せる。

今トップはAsamoah、Colombattoの二人が盤石で出番はないが、この二人に何かあったらお呼びがかかるだろう。

 

左サイドからゴール前まで顔を出すサイドアタッカー。

練習試合では、右サイドからのクロスをファーで受けて流し込む形でハットトリックを達成。

パラメータ的には前の2選手と比べて見劣りするが、いわゆる持ってる選手かもしれない。

 

この3人のこれからの活躍を楽しみにしつつ、さて、代表ウィークが終わるとアウェイでアンデルレヒト、ホームでゲンクと強敵2連戦。

苦戦が予想されたアンデルレヒト戦だが、ボールも支配できているし戦えてる!

中盤の争いが激しい厳しい試合だが、粘り強い守備ができている。

すると64分、右サイドゴールから30メートルくらいの位置からのフリーキック。Uchiが蹴ったボールにTenaが頭で合わせて先制ゴール!

終了間際の猛攻にも耐えてなんと1点差勝利!これは嬉しい結果。

 

つづくホームのゲンク戦も同じスタメンで望んだが、今度はボールは支配されるものの相手にも決定期を作らせない。

32分にはエリア左端からのFKをJankovicが直接決めて先制!

しかし前半終了間際に右サイドを崩されて同点にされると、そのまま同点で試合終了。悔しい引き分けとなった。

 

ホームで勝てなかったのは悔しいが、競合相手によく戦ってる。

これは十分優勝争いができると考えていいだろう。

ただ有望な若手が多いとはいえ、主力に怪我人が出たら穴を埋めるまではいかないだろうから、そこが心配だな。

怪我人が出ないことを祈ろう。

 

10月残りの1試合、ホームでオイペンに2−0の勝利。

ここまで11試合を消化して3位につけています。いいぞ。

 

 

4勝1分と絶好のスタートを決めたが、第6節は強豪のクラブ・ブルージュ。

試合はほぼ互角の展開。思ったより攻撃できていて、期待が持てる内容。

だが、26分。エリア外やや右でボールを受けたBonabentureに鮮やかなロングシュートを決められる。

一瞬のスキをつかれた形で、若きナイジェリア代表のパワーにやられた。スピードとテクニックを兼ね備えたいい選手や。

 

その後も一進一退の攻防が続くがアタッキングサードでのアイデアが不足していて、決定的なチャンスにはならない。

しだいにイライラが募った選手たちはファウルが増え、最後は自滅の形で攻撃の形にならなくなってしまった。

ホームで非常に残念な敗戦となったが、優勝争いが目標ではない。

もう一度足元を見つめ直してやり直そう。

 

 

この敗戦が尾を引いたのか、その後も攻めきれない試合が続く。

格下相手のカップ戦は3−0で勝ったものの、リーグ戦は中位を争う相手に連続引き分け。

不用意な失点から追いかける展開になり、なんとか同点にするものの勝ち越し点は奪えないという同じような試合をしてしまった。

エリアの中に強引にドリブルで切れ込んだり、ワンツーで進入したりというプレーがなく、前を塞がれたら後ろに戻すばかりで迫力に欠けるんだよなあ。

チーム戦術でどうにかなるのか、そういう選手を連れてくるしかないのか。

とりあえず、攻撃的な戦術をひとつ考えてみよう。

 

 

Sint-Truiden 2019-20シーズンいよいよ開幕!

ベルギー1部リーグは、16チームで2回戦総当たりの後、上位6チームでプレーオフを行う。

プレーオフはリーグ戦の勝点の半分を持ち越してさらに2回戦総当たりを行い、1位のチームが優勝となる。

理事会の要望は上位半分にはいることだが、自分としてはなんとかこのプレーオフ1に進出したい。

 

 

開幕戦は、アウェイのKV Mechelen戦。

開幕前に、左サイドバックのUchi、センターミッドフィルダーのLucus、右ウィングのBotakaが怪我で欠場。

司会開始直後の2分、右コーナーから逆サイドの伊藤達哉がヘッドで決めて先制!

しかし直後の10分。カウンターから独走した相手選手をBushiriがエリア内で倒してしまいPKを献上。

これを決められて同点。その後はボールを支配するもののエリア内にパスを供給できず、じれった展開が続き、結局そのままタイムアップ。

くやしい引き分けに終わりました。

 

 

第2節はホームでアントワープ戦。

アントワープは2017年シーズンに1部に昇格して、ここ2年は続けて4位にはいるなどプレーオフ1を争う直接のライバル。

日本代表の三好康児も所属しています。

試合は苦戦が予想されたものの、終始ゲームをコントロール。

前半のうちに2点を先制し、後半も早い時間に2点を追加。危なげない勝利となった。

17歳のルーキーTabushiがPKでプロ初ゴールを決め、サポーターも大喜び。

 

その後の試合も攻撃陣が絶好調で得点を量産。

8月は4勝1分と望外の好成績。なんとリーグ首位に立ちました。

まだブルージュやアンデルレヒトやゲンクなどのトップチームとは当たっていないものの、勝つことでチームの雰囲気は良くなるので、このまま波に乗って行きたいところ。