紅葉饅頭のポケモンビーズ製作日記

紅葉饅頭のポケモンビーズ製作日記

ビーズアートでポケモンを作ったり、ペットのことを書いたり


テーマ:

お久しぶりですニコニコ

 

今回はポケモンビーズアート ミズゴロウの作り方3回目

尾ひれと足パーツの作り方を紹介します

 

 

前回の作り方とポケモンビーズアートの基本はこちら↓

ミズゴロウの作り方①

ミズゴロウの作り方②

ポケモンビーズアートの基本

 

 

 

まず尾ひれから作っていきます

 

尾ひれは胴体で使ったワイヤー4本のうち片方の2本で平面で作ります

 

 

胴体6段目まで進んだところを上から見るとこんな風になっています

 

 

 

使うワイヤーは左右どちらかのお腹と背中の上下2本

 

 

今回は左側で作っていきます

写真の赤い丸で囲ってあるワイヤーです

 

 

 

まずは1段目 ビーズは青色で4個

 

 

 

 

2段目からは白のビーズで作ります

 

 

 

 

 

3段目 1段進むごとに1個ずつ白ビーズを足して進めます

 

 

4段目

 

 

 

5段目

 

 

 

6段目

 

 

 

 

7段目

 

 

7段目まで進めたら一旦尾ひれは置いておきます

 

 

 

今度は反対側の右側で青ビーズ4個を1段だけ交差します

 

 
 

 

 

 

ここで尾ひれに戻します

 

 

7段目まで進めたワイヤーを列の隙間に2~3回巻きつけて仕上げます

 

 
 
 
 
両側巻きつけたら根元でワイヤーを切って仕上げます

 

 

 

次は尾ひれを1段目と2段目の間、赤い矢印ところで折り曲げます

 

 

 

 

そして右側のワイヤーを尾ひれの1段目と2段目の間に通します

 
 
 
 
そのまま根元を押さえながら7段目でワイヤーを巻きつけたときと同じように列の隙間に2~3回巻きつけます

 

 
 

 

 

これも両側を巻きつけたら根元から切ります

 
 
 
これで尾ひれの完成です
 

尾ひれが出来上がったら図のような形に整えます

 

 

 

 

最後は前足と後ろ足の作り方です

 

足パーツはお腹の列のビーズに新しいワイヤーを通して一本ずつ平面で作ります

 

新しいワイヤーは前足はお腹の1段目と2段目、

後ろ足は5段目と6段目に通します

 

ワイヤーは30cmほどの長さのものを4本用意します

 

 

 

 

 

 

 

 

4本のワイヤーを通すとこんな感じです

 

 

もしビーズになかなかワイヤーが通らないときは

同じ番号の少し細い真ちゅう製のワイヤーだと通しやすいです

 

 

 

前足、後ろ足は青ビーズ2個を3段で作ります

 

 

 

足パーツも尾ひれのときと同じで3段目まで進んだら列の隙間にワイヤーを巻きつけて仕上げます

 

 

 

足パーツは片側の前足・後ろ足を完全に仕上げてからもう片側の足を作ると最後の仕上げの段階で他の足にワイヤーが引っかかったり絡まったりすることが少なくなるのでおススメです

 

 

 

 

最後にワイヤーを根元で切って形を整えたら

 

 

 

立体ミズゴロウ完成ビックリマーク

 

 
 
 

ミズゴロウはホウエン御三家の中でちょっと難易度は高いですが、

慣れれば2時間程で作れます

 

 

今回のミズゴロウについて何か分からなかったところなどあれば

お気軽にコメントください

 

 

 

 

次回作り方を紹介するポケモンは3匹候補がいるのでTwitterのアンケートで決めます

 

あと、ポケモンビーズの合計が4月8日で300匹になりましたキラキラ
そこでこれまで作ってきたポケモンビーズを世代ごとに分けて紹介していこうと思います

 

カントー地方からアローラ地方までを紹介していく予定です

お楽しみに
 
それではバイバイ

 

 

 

 

 


テーマ:

こんにちはニコニコ

 

今回はポケモンビーズアート

ミズゴロウの作り方2回目になります

前回はヒレから頭部を作り始めて顎の部分まで進みました

 

今回は胸部から胴体(尾ひれの付け根)までの作り方を説明します

前回→立体ミズゴロウの作り方①

 

 

胴体を作るにはまずは胸部を作る必要があります

 

頭部正面のワイヤーで平面の胸パーツを作ります

 

図のように白ビーズ5個を4段作ります

 

 

1段目に3本目のワイヤー(40~50㎝)を通します

 

前回のひれのようにワイヤーが通りにくい時は交差する前にあらかじめ通しておくとラクです

 

ワイヤーが通せたら縦に1段ずつ青ビーズ4個を交差します

 

もう片方も交差するとこんな感じになります

 

 

 

これが胴体の作り始めになります

 

胴体の交差の順番は

お腹→左右の順に交差します

 

頭部では上から下に向かって進めましたが、胴体は前から後ろに向かって進めていきます

 

 

胴体1段目

 

 

 

胴体2段目

 

 

 

胴体3段目

 

 

胴体4段目で頭部のワイヤーと合流させて背中を作ります

 

 

 

それでは頭部から背中に合流させる方法を説明します

 

 

まず胴体で使っていたワイヤー4本のうち2本を切ってしまいます

 

切るワイヤーは写真の丸で囲った2本になります

 

ワイヤーを交差した列の隙間に入れていきます

 

2列ワイヤーを隙間に通したら根元で切ります

 

 

もう片方も同じようにします

 

2本切れるとこんな感じです

切ったワイヤーはまだ20~30cmほど残っていたら両前足後ろ足を作るときに使えるので、残しておくといいでしょう

 

 

次は頭部後ろのワイヤーで青ビーズ5個を2段(8段目と9段目)交差します

 

 

そして4段目左右の青ビーズ4個交差させるときに胴体のワイヤーと頭部後ろ9段目のワイヤーを使って交差します

 

 

 

これで頭部9段目だったものが背中4段目として胴体に合流できました

胴体4段目

 

 

5段目からの交差の順番はお腹→背中→左右の順になります

胴体5段目

 

 

胴体6段目

 

 

 

胴体7段目からは尾ひれを作ります

 

次回は尾ひれと両前足後ろ足の作り方になります

 

それでは、次回もお楽しみにビックリマーク


テーマ:

こんにちはニコニコ

 

今回は立体ミズゴロウの作り方を紹介します

ミズゴロウは頭部・胴体・尻ひれと手足で3回に分けて作り方を紹介していきます

 

 

ポケモンビーズアートの基本は

こちらで見れます→ポケモンビーズアートの作り方

 

 

使用するビーズとワイヤーは

TOHOビーズ 丸小

№104(水色)

№111(オレンジ)

№141(白)

№49(黒)

 

カラーワイヤー

ステンレス♯30

(♯31でも大丈夫です)

 

 

ミズゴロウの頭部は平面で頭のひれから作ってそこから立体で進めていきます

 

 

ワイヤーは70~80cmくらい用意します

 

まずは↓の図のように平面でひれパーツを作っていきます

1段目を6個、2段目からは7個で合計8段を作ります

 

 

 

 

8段まで作ったら、6段目を左右どちらかに折り曲げます

 

そして6段目に2本目のワイヤー(1本目と同じ70~80cm)を通します

すでにワイヤー2本が通ったビーズに更にもう1本通すので、ビーズによってはうまく通らないときがあります

 

そんな時は

6段目を交差する前にワイヤーをあらかじめ通しておくとラクです

 

 

 

6段目で折り曲げて上から見るとこんな風になります

 

 

6段目に通した2本目のワイヤーで1本目のときに折り曲げた方向と反対方向に同じビーズの数で7段目と8段目を作ります

 

8段目が交差し終わるとこんな感じになります

 

この形が頭部の作り始めになります

 

 

この時点で正面と後ろをどっちにするか決めておきます

 

 

ここからは立体の作り方で進んでいきます

交差する順番は 正面→後ろ→左右の順番です

 

 

1段目

 

 

左右にほっぺたのオレンジ色が入ります

 

 

3段目の正面に№049の黒ビーズで目を入れます

 

 

 

 

4段目 左右の交差の途中にエラパーツを作ります

 

エラパーツは片方ずつ「枝」3本で作ります

 

枝の作り方には基本⑤に書いています

 

 

まず片方のワイヤーでビーズを通して1本目を作ります

 

 

そのまま続けて2本目と3本目を作ります

 

最後に残りのビーズを通して反対側のワイヤーと交差します

 

 

ワイヤーを引っ張るとこんな風に

エラパーツの部分に隙間が開いてしまいます

 

仕上げにこのエラパーツの根元をつまんで2回捻ります

このとき必要以上に捻りすぎると根元から捻じ切れてしまうので注意してください

 

 

両側が完成するとこんな感じです

 

 

5段目から正面と左右に白ビーズが入って少しずつビーズの数が減っていきます

 

 

 

 

 

7段目の交差は少し変わっていて、正面を交差するとき2回連続交差させます

 

まず最初に白6個を交差させて

 

続けてもう一回白6個交差させます

あとは通常通り、後ろ→左右の順に交差します

 

こうすることで列全体を少し後ろに下げて顎の部分を再現します

 

 

頭部の作り方は以上です

次回は胸部~胴体(尾ひれの付け根)までの作り方になります

 

 

それでは、次回もお楽しみにビックリマーク

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。