ショピンの魚に恋して ☆羽生結弦選手に感謝を込めて☆

ショピンの魚に恋して ☆羽生結弦選手に感謝を込めて☆

清冽な雪解けの水のようにほとばしる命の煌めき・・・
至高のアスリートにしてアーティスト、
羽生結弦選手を応援しています。

■ こちらも入荷。

 

 

 

■ 過去記事で少しずつ御紹介してきた海音寺潮五郎さんの「天と地と」原作、入荷したようです。御興味のある方はどうぞ。

 

AMAZON

 

 

 

楽天ブックス

 

 

 

 

 

■ 1月21日発売 Number 表紙 天と地と

 

●羽生結弦、全日本選手権の勇姿を完全詳報! ●
※2つの新プログラムを、本田武史氏による技術解説、
ジェフリー・バトルとシェイ=リーン・ボーンへのリモート取材、
音響デザイナー矢野桂一氏による楽曲解説、の3記事で詳報。
※全16ページのブック・イン・ブック
「アーティストが語る、羽生結弦歴代プログラムの美」も収録。

 

 

 

■ 1月29日発売 フィギュアスケーターズ 表紙 Let me entertain you !

 

 

Amazon

フィギュア・スケーターズ21【表紙:羽生結弦選手】

楽天ブックス

フィギュア・スケーターズ21 2021年 02月号 [雑誌]

 

 

■ 今日の一枚

 

 

 

 

 

 

 

 

明日も結弦くんと皆さんの健康と幸せが守られますように。

 

クリックバナー作成しました(↓)

 

人気ブログランキング

 

■ 前記事はこちらです↓

 

 

 

 

 

 

 

 

~シェイ=リーン・ボーンさんから結弦くんに届いた手紙~

2020.12.26放送フジテレビ全日本中継番組内で

 

「天と地と」はこれまでと同じように、ユヅル本人が曲を選びました。

 

コロナの影響で、離れた場所での振り付け作業になりましたが、その距離も問題にはなりませんでした。

 

ユヅルも私もお互いのことをよく分かっています。

 

日本とカナダで海を隔てていても、お互いが意図を汲み取り、心で繋がることができました。

 

振り付けをするに当たり、ユヅルはこの曲を選んだ理由をしっかりと伝えてくれましたし、どのように演じたいのか、その胸の内まで包み隠さず話してくれました。

 

彼の寛容さと誠実さにはいつも感動させられます。

 

 

人生において、いつもベストで前向きな選択をする、それがユヅル・ハニュウです。

 

~結弦くんへのメッセージ~

 

”ブレードは氷に触れる。太陽が輝き、冬は終わる。音楽が空中を満たす”

 

結弦くんの衣装、雪解けの眩い季節を感じます・・・。シェイさんの本当に美しいメッセージ。心に染み入りますね。

 

背中に翼…新プログラム「天と地と」を披露する羽生結弦(撮影・小海途 良幹)Photo by スポニチ

 

結弦くんはシェイ=リーン・ボーンさんという本当に素敵な方に出会いましたね。シェイさんだけじゃなくて、結弦くんを支えてくださっている方々は本当に皆さん、人としても素晴らしい方々ばかりです。このコロナ禍の不自由な日常の中で、どうしていらっしゃることでしょうか。結弦くんもトロントで練習したいでしょうね・・・。本当に一日も早くこの状況が終息してくれることを祈るばかりです。

 

■ 今日の一枚

 

 

■ 出版予定

 

☆ 1月16日

まるごと1冊全て羽生結弦特集。全日本選手権2020での羽生結弦選手の模様を練習から試合本番までオールカラーで掲載します。

 

☆ 1月15日

トップアスリート競演の全日本選手権を中心にNHK杯、全日本ジュニアなど、激動の2020年フィギュアスケートシーンを一挙紹介。

 

☆ 1月28日

コロナ禍の中で開催された2020年全日本選手権を大特集。
優勝した羽生結弦選手の美麗グラビアで振り返る新プログラム。

音響デザイナー矢野桂一氏が明かす『天と地と』制作秘話。

東日本大震災から10年「羽生結弦展 共に、前へ」

 

☆ 1月29日

 

 

☆ 2月1日

羽生結弦、ステファン・ランビエル、ジョニー・ウィアーとの対談も掲載。

 

☆ 3月11日

 

■ 新しいポスター 

一般社団法人 東日本大震災 雇用・教育・健康支援機構

https://sinsai-kikou.jp/poster.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日も結弦くんと皆さんの健康と幸せが守られますように。

 

クリックバナー作成しました(↓)

 

人気ブログランキング

 

■ 前記事はこちらです↓

 

 

 

 

 

 

 

■ 今日の一曲

いろいろな方の琵琶を聴いてみたのですが、琵琶奏者の田原 順子さんの弾き語りがものすごく良かったです・・・。なんかちょっと琵琶の音色もお声も各段に違う感じがして・・・。ぜひ、ぜひ聴いてみてください。

 

 

 

心に染み入りますね・・・。なんだか私も琵琶を習ってみたくなってしまいました(;^_^A

 

こうして琵琶を聴いていると、この音色にフィギュアスケートを合わせて違和感がないというのがどれほど凄いことなのか、ということを感じますね。結弦くんが演じているから、自然に受け取ってしまいましたが、改めて聴いてみると、フィギュアスケートはやはり西洋のスポーツですし、間の取り方とか和の音楽は緩急が効いていてとても難しい選曲だと思うんですよね。

 

本当に結弦くんならでは、だと思います。当たり前のように見てはいけないというか、結弦くんがやってくれていることって、本当にフィギュアスケート界の革命のようなことなんじゃないかな。

 

 

 

「私は冷静にシャッターを切り続けながらも、羽生の魂の叫びに心が震えた」

撮影/文章:西村尚己さん

 

 

 

 

送料無料だとこの辺でしょうか。

 

 

 

 

 

富山の満寿泉(ますいずみ)純米吟醸は、メチャクチャ美味しいですよ。

 

■ ANAさんのクラウド・ファンディング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■ 今日の一枚

 

 

お花見、お月見、紅葉狩り、雪見・・・日本人は昔から自然の美を眺めてはこよなく愛してきた訳ですが、「枯野見」なんていう冬の酔狂な楽しみもあったようですよ。

 

大変な毎日が続いていますが、結弦くんのおかげで私は落ち込み過ぎずになんとか過ごせています。結弦くん、本当にありがとう。

 

明日も結弦くんと皆さんの健康と幸せが守られますように。

 

結弦くん、こうした中で練習のモチベーションを保ち続けるのは本当に大変なことと思いますが、とにかく健康でいてくださいね。結弦くんの努力が必ず報われる日が来ることを信じています。

 

クリックバナー作成しました(↓)

 

人気ブログランキング

 

■ 前記事はこちらです↓

 

 

 

 

 

 

 

全日本のフリー演技後のインタビューで、「どんな気持ちでこのプログラムを滑ったか」という質問に対して、結弦くんがこんなことを答えてくれていましたね。

 



「この曲の背景には上杉謙信公がいらっしゃるんですけど、とにかく僕自身、競技することはやっぱり好きだし、戦うということの中からすごく楽しみというか集中の仕方だったり、刺激がすごくたまらないものになっているんですけど、ただ、その中でも僕自身が戦っても勝てなくなってきたり、また苦しいというような苦悩にかられたり、また僕が1位になることで誰かが2位になったり、犠牲があるということを感じながらやっていたので、なにか謙信公の戦いという価値観みたいなものに影響されているので、この世の中、戦わなきゃいけないことが沢山ありますけど、なにか、みなさんの中にちょっとした芯みたいなものが、戦いに向かっていく芯みたいなものが見えたらよかったなと思います」

羽生結弦

 

競技することが好き。

戦いの中の楽しみ、集中の仕方、

刺激がたまらないものになっている

 

結弦くんと全く同じようなことを、原作「天と地と」の中でも謙信公が語られているシーンがあります。ひそかに思いを寄せる及美殿に言われた言葉です。

 

「おれは戦さが好きだ」

「戦さは生き死にの場だ。髪の根がギリギリと引きしまり、呼吸(いき)がはずんでくるように、魂が張り切ってくる。その気持がおれは好きだ」

 

全日本の結弦くんは、まるで謙信公が降りていらしたかのような佇まいでしたね。ふと小説のこのシーンを思い出し、やはりあの時、謙信公は結弦くんの中に入っていらしたのではないか・・・と思い返しています。

 

試合で戦うということが何よりも、あの時の結弦くんには必要だったのだろうと思います。それと同時に、新型コロナウィルスで苦しんでいる人々、大変な思いをしている医療関係者の方々に、思いを馳せずにはいられなかった結弦くんの悲しいまでの優しさに、今更のように感じ入ります。

 

そんな繊細な気持ちを持った人だからこそ、あのように見る人の魂を揺さぶるような演技ができるのだと、改めて思わずにはいられません。

 

「この世の中、戦わなきゃいけないことが沢山ある」

 

本当にその通りですね。

結弦くんの全日本の戦いを見たことで、多くの方々がそれぞれの人生における戦いに向かう芯のようなものを、結弦くんの演技から受け取ることができたのではないかと思います。

 

再生回数はもう180万回を超えています。

 

 

■ 羽生結弦展 共に、前へ

東京会場は本日を持って終了となりました。スタッフの皆さま、きめ細やかな感染防止対策、本当にありがとうございました。

 

☆グッズ通販

 

■ 今日の一枚

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日も結弦くんと皆さんの健康と幸せが守られますように。

 

一日も早く、コロナ禍から世界が解放され、一人でも多くの患者さんの命が助かり、ひっ迫した医療の現場に明るい光が差す日がやってきますように。

 

クリックバナー作成しました(↓)

 

人気ブログランキング

 

■ 前記事はこちらです↓

 

 

 

 

 

 

■ 久しぶりですが、今日の一曲

リスト 「3つの演奏会用練習曲」より 第3曲 「ため息」 

 

 

■ 今日の一枚

 

 

 

新成人の皆さま、おめでとうございます。

 

 

 

 

 

 

■ 石田スイさんインスタグラム

https://www.instagram.com/p/CJ3IQGTF4PJ/?igshid=pv031iqf3r7a

 

 

 

■ 今日は1月11日ですね。結弦くんもきっと手を合わせてくれていることでしょう・・・。

 

 

 

 

ミーシン・コーチがコロナウィルスに感染されてしまったと・・・。12月末か1月初旬頃に感染、1月3日に陽性と診断。熱はないようですが味覚障害があるようです。大事に至りませんように。早く回復されますように。

 

 

今日の状況です。また大変なことになっています。

 

 

 

今夜遅くから関東甲信越でも雪が降るかもしれないということですが、日本海側も既に大変な雪ですね。今年は寒い冬です。皆さま、お気をつけくださいね。

 

結弦くん、寒いですけれど、きっと元気にしていてくれていることと思います。

 

 

スケートの神様、どうか私たちの大切な結弦くんの健康をお守りください。

 

明日も、結弦くんと皆さんの健康と幸せが守られますように。

 

一日も早く世界がコロナウィルスから解放され、穏やかな日が戻ってきますように。

 

医療や介護の現場はますますひっ迫していることと思います。心から感謝申し上げます。「感染しない、感染させない」を肝に銘じ、私たちも頑張っていきましょう。

 

クリックバナー作成しました(↓)

 

人気ブログランキング

 

■ 前記事はこちらです↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会場の感染予防対策は徹底されていたと思います。スタッフの方の誘導も迅速で、お客さんたちも皆さん静かで、密になるということはありませんでした・・・。

 

しかし、残念ながらこの年明けの感染急拡大状況の中では、万が一のためにお客さんやスタッフの皆さんの健康を優先されるという御配慮に心から敬意を表します。

 

本当に苦渋の決断であったかと思いますが、関係者の皆さま、本当にありがとうございました。

 

入場時間も短縮されていますので、明日12日の17:30入場が最終回となるようです。

 

今、コロナ禍の中にあって、あの当時を思い出すことの大切さを改めて感じることのできた本当に素晴らしい展示会でした。今後も一人でも多くの方が目にする機会があることを願っています。

 

 

申し込みはこちら

 

 

グッズの通販は期間に余裕がありますので、ゆっくりと。

2022.02.28 24:00まで

 

 

クリックバナー作成しました(↓)

 

人気ブログランキング

 

■ 前記事はこちらです↓

 

 

 

 

 

 

 結弦くんのフリーに「天と地と」を見ていると、なぜか心が落ち着いてきます。もしかしたら上杉謙信公が毘沙門天と御縁が深いこともあるのかな、と思います。


 毘沙門天は戦いの神様として知られていますが、疫病を祓い、無病息災を願う神様としても、神社やお寺で祀られています。

 


 

 今、このコロナ禍にあって、結弦くんが「天と地と」を演じてくれた意味・・・。一日も早くこの状況が終息することを祈る結弦くんの思いも、プログラムに込められているのかもしれませんね。
 

 謙信公は母君の袈裟殿が、春日山城下の春日村にあった毘沙門堂に、百日参詣の誓いを立てて授かったと伝えられています。
小説にも謙信公が、

 

“「おれは毘沙門天の申し子だ」
 といって、城内にその堂を営んで尊像を安置して礼拝をおこたらなかった。
 毎日朝夕二回の礼拝を欠かさないだけでなく、礼拝後その前で長時間結跏趺坐して禅定に入るのだ“

 

 とあります。


 SEIMEIもそうでしたが、結弦くんの和のプログラムの特徴として、大自然や大いなる存在への畏怖といった、古来、日本人が大切にしてきた精神のようなものが感じられますね。
 

 それが、私たちの胸の底に眠る何かと呼応するのかもしれません・・・。
 

 ショートの選曲理由もそうでしたが、単に自分が演じたいとか、演じやすいとか、そういうことではなくて、そのプログラムを受け取る私たちの心に少しでも勇気や元気を届けたい、そんな結弦くんの意志を感じます。

 

■ 今日の一枚

 

 

*******************************

 

■ テレビ番組

 

1/14(木)
17:00~19:20
全日本フィギュアスケート選手権2020 男子ショート 第1G~第3G
フジテレビONE(CS)

 

1/14(木)
19:20~21:10
全日本フィギュアスケート選手権2020 男子ショート 第4G~第5G
フジテレビONE(CS)

 

1/15(金)
17:00~19:00
全日本フィギュアスケート選手権2020 男子フリー 第1G~第2G
フジテレビONE(CS)

 

1/15(金)
19:00~21:00
全日本フィギュアスケート選手権2020 男子フリー 第3G~第4G
フジテレビONE(CS)

 

1/15(金)
21:00~22:00
荒川静香フレンズオンアイス2011【第一部】
日テレプラス(CS)

 

1/15(金)
22:00~23:30
荒川静香フレンズオンアイス2011【第二部】
日テレプラス(CS)

 

1/17(日)
7:00~7:15
フィギュアスケートレジェンドプログラム▽羽生結弦
テレ朝チャンネル2(CS)ジャンル:スポーツ - マリン・ウィンタースポーツ
~羽生結弦~<グランプリシリーズ2019カナダ大会>

 

1/17(日)
7:00~7:15
フィギュアスケートレジェンドプログラム▽羽生結弦
テレ朝チャンネル2(CS)ジャンル:スポーツ - マリン・ウィンタースポーツ
~羽生結弦~<グランプリシリーズ2019カナダ大会>

 

 

 

 

今日も大変なことになっています・・・。

 

 

 

大雪の影響で自衛隊も出動している事態になっている地域もあるようです。コロナに大雪に、今年の冬は本当に大変です・・・。

 

一日も早くこの状況が終息してくれますように。

すべて人々の日常に穏やかな日が戻ることを願ってやみません。

 

明日も結弦くんと皆さんの健康と幸せが守られますように。

 

クリックバナー作成しました(↓)

 

人気ブログランキング

 

■ 関連記事はこちらです↓

 

 

 

 

 

~「天と地と」についての結弦くんのコメント~

 

”『天と地と』と同じく故冨田勲氏が音楽を担当している大河ドラマ『新・平家物語』の曲も使っているという琴の音色では、謙信が武田信玄と川中島で戦った後、自分と向き合っている時間を表す。

「琴の音で、自分と向き合いながら鼓動が鳴り、血が流れている感覚や、スッと殺気が落ちていく感じが、感じられたらいいなと思っています」”*

 

謙信公と信玄公遭遇のシーンをイメージできるかも、です↓

 

 

出典*

羽生結弦は異次元だった。暗闇から脱け出せた「自分のために我儘に」、圧巻優勝の裏側
REALSPORTS
2021.01.02

https://real-sports.jp/page/articles/474896074327196475

 

クリックバナー作成しました(↓)

 

人気ブログランキング

 

■ 関連記事はこちらです↓

 

 

 

 

 結弦くんの新しいフリープログラム「天と地と」。編曲は結弦くん自身が手がけ、故・冨田勲氏が作曲されたNHKの大河ドラマ「天と地と」と「新平家物語」を使用しているという。

 


 

 編曲では始まりと終わりに「天と地と」、中間部のパートにやや長めに「新平家物語」が用いられている。
 

 始まりと終わりに琵琶の音を配し、それが曲全体を締めている印象だ。原作にも謙信公が琵琶を弾奏される場面が度々あり、琵琶には結弦くん演じる謙信公の心情が託されているように感じられる。
 

 作曲家の富田勲氏は「天と地と」について、このような解説をされている。

 


 

「このテーマ音楽の曲想は、ほとんど晴れる日のない越後の冬。日本海も空も重い鉛色をしており、そこから霧のような粉雪が吹きつけてくる。降る雪の間からかすかに見える毘沙門天のお堂の中からは、上杉謙信の演奏する琵琶の音が聞こえてくる情景をイメージした」*
 

 編曲にはもちろん、全体をひとつの音楽として成り立たせなくてはならないという大前提がある。しかしそこで終わらないのが結弦くんの「天と地と」である。

 

 

 ひとつの音楽としてまとめ上げながら、謙信公そのものとも取れる琵琶の音を要所要所に配する等、原作の物語性を織り込んでドラマチックな効果を上げている。
 

 中間部のやや長めのパートでは「新平家物語」の絢爛豪華な琴の演奏に移行する。結弦くんによると、琴の音色では川中島での戦いの後、謙信公が自分と向き合っている時間を表現しているそうだ。
 

 謙信公には石坂検校という琵琶法師に平家物語を語らせ涙した、という話も残っている。ここで「新平家物語」を持ってくるのは、編曲に組み込むストーリーとしても至極自然につながるような気がする。
 

 冨田勲氏によると、この一見華やかに聞こえる琴の音は、「ねらいとしては、病に倒れ火のような熱を出した清盛を、地獄から牛頭・馬頭という使者が、火の車で迎えに来る様をあらわした」そうだ。その車の行き先には「無」と記されていた。

 

 また「天と地と」は墨絵のような白黒の世界、「新平家物語」は対照的に豪華絢爛な絵巻のイメージで作曲されたという。結弦くんのメリハリの利いたプログラムを見ながらなるほどと思ったエピソードでもある。
 

 コロナ禍でトロントに戻れず、トリプルアクセルすら跳べなくなるほど落ち込んだ時期も長く続いたという結弦くん。全日本で見せてくれた素晴らしい演技に、どこか世俗というものを突き抜けた「無常観」のようなものを感じたのは私だけだろうか。
 

 仏教には「無常を観ずるは菩提心の一(はじめ)なり」という言葉がある。菩提心とは本当の幸せを求める心を言う。苦しみから逃げることなく、苦しみを凝視することで開ける本当の幸せへの道。
 

 このコロナ禍で全日本に出場することに大きな葛藤もあったという結弦くん。大変なプレッシャーの中、素晴らしい演技で大きな結果を出し、日本のみならず世界中の人々を元気づけてくれた。

 


 

 「天と地と」は、結弦くんのスケートがさらなる別次元に向かっていることを証明してくれるプログラムだと思う。

 

再生回数、はや175万回越え。

 

*出典

新日本紀行 冨田勲の音楽 [ (クラシック) ]

 

■ フィギュアスケートマガジン、結弦くんも読んでくれているといいですね。山口さんが結弦くんに縁のあるいろいろな方に取材をされていて、皆さんの温かい言葉に感動しました。結弦くんがこれまで多くの人々のためにしてくれたこと、伝わっているんですね。そして、どんな時も結弦くんを応援してくださっている方々の思いの強さというものを改めて知り、嬉しくなりました。

 

フィギュアスケートマガジン2020-2021 Vol.2 全日本選手権特集号 (B.B.MOOK1515)

 

 

 

 

 

 

■ 今日の一枚

 


明日も結弦くんと皆さんの健康と幸せが守られますように。

 

一日も早く、世界がコロナ禍から解放される日が訪れますように。

 

医療や介護の最前線で戦ってくださっている皆さまに心から感謝申し上げます。一人でも多くの患者さんが助かり、皆さんの健康も守られますように。

 

コロナ禍で本当に様々な場所で、様々な苦しみの連鎖が起きている気がします。お互いを思いやることでしか乗り越えられないように、神様からいただいた人類の試練なのかもしれません・・・。

 

気の抜けない日々が続きますが、頑張りましょう。

 

クリックバナー作成しました(↓)

 

人気ブログランキング

 

■ 関連記事はこちらです↓

 

 

 

■ 今日の一枚

 

高須カメラマンが素敵なお写真と文章を掲載されていたのでリンクさせていただきますね↓

 

 

こちらは私のいつもの一枚↓

 

 

■ 在庫復活しています。読み始めたところですが、期待通りのかなりのボリュームなので、週末ゆっくりじっくり読んでみたいと思います。冒頭の山口記者の巻頭コラムも感動的ですが、そのコラムに使われている結弦くんのお写真って、きっと皆さん、欲しい!と思っていたお写真じゃないかな。ウォームアップエリアで、壁にかかった大きな絵画をバックにした結弦くんです。「絵になる」とはまさにこのこと。絵から飛び出してきたんじゃないかというような美しい結弦くんの姿です。切り取って額に入れたいくらい。このお写真はアフロさんですね。

 

 

 

 

■ 「天と地と」と「新平家物語」が収められた冨田勲さんのCD、ダメモトで頼んでみたら忘れた頃に届いてビックリ。ダメモトでも構わないという方は、一応オーダー受付されているのでトライされてみてもよいかもです。感想はまたのちほど書きたいと思いますが、いやはや、またどうやってこの二つの曲を使って編曲しようと思い立ったのか。結弦くんの音楽的センスのすばらしさに改めて感じ入っています。

 

 

 

■ 今日の状況です。

 

 

思わず目を覆いたくなるような感染者数ですが・・・。本当に保健所の方々は今、どうやって感染者お一人おひとりと連絡を取っていらっしゃるのでしょうか・・・!?物理的にもう限界を通り越している人数ですよね・・・。

 

 

 

さらに、大雪予報・・・。

 

 

医療や介護の現場の状況を想像するだけでも目の前が真っ暗になりそうですが、何も力になれない自分が何かできることとしたら、本当にもう、感染しないことしかない訳で・・・。とにかくできることを頑張るしかありません。

 

明日も結弦くんと皆さんの健康と幸せが守られますように。

 

クリックバナー作成しました(↓)

 

人気ブログランキング

 

■ 前記事はこちらです↓