ショピンの魚に恋して ☆羽生結弦選手に感謝を込めて☆

ショピンの魚に恋して ☆羽生結弦選手に感謝を込めて☆

清冽な雪解けの水のようにほとばしる命の煌めき・・・
至高のアスリートにしてアーティスト、
羽生結弦選手を応援しています。

■ おめでとうございます!

 

在トロント日本総領事は水曜日に、2019年度日本外務大臣賞をトロント・クリケット・クラブに授与しました。これは日本と日本人フィギュアスケーターの皆さんとの長きにわたる関係を称えるものです。

 

■ 平昌の結弦くんのバラード第1番をテレビで見て結弦くんのファンになり、生徒さんたちにバレエ版「ノッテ・ステラータ」の振付をされたアメリカのバレエの先生、クリスティーナ・ヴァルデスさんがオータム・クラシックで現地観戦された時の記事ですね↓。

 

クリスティーナさんの素敵なお人柄がよく伝わってきます。

 

クリスティーナさん、なんと御家族で来年、仙台に行くことを計画していらっしゃるとのこと。それも、結弦くんに会えなくても仙台でモニュメントを見学し、日本の文化を体験してみたいから、なのだそうです。そしてなんと、日本語の勉強まで始められたと。

 

これは結弦くんが聞いたら喜ぶでしょうね。だって、結弦くんがきっかけで仙台に足を運ぼうとおっしゃるのですから・・・。

 

そしてね、胸にじーんと来てしまったのは・・・。

 

ギャラガー記者はクリスティーナさんに、彼女が生徒さんに振り付けたバレエ版「ノッテ・ステラータ」のビデオを結弦くんに送ったかどうか尋ねられたんです。

 

それに対してクリスティーナさんはそういうところはちょっと謙虚で、結弦くんに自分を押し付けるようなことはしたくないんです、と。結弦くんのファンの方達は、結弦くんはあの動画を見ているんじゃないかと言ってくださったそうですが・・・。

 

彼女はビデオじゃなくて、ノッテ・ステラータの(衣装を着させた)プーさんに生徒さんたちがサインしたカードや写真を添えて、会場のプレゼント・ボックスに入れて来たのだそうです。

 

“I’m just a mere drop of water in the sea of Fanyus (the nickname for Hanyu fans). I know I am just one of many, many, many people who adore him.”

 

「私はあまたいるFanyus(ハニュウとファンをかけた結弦くんのファンの愛称)の1人に過ぎません。私は彼を敬愛するたくさん、たくさん、たくさんいる人々の中のほんの一人に過ぎないことを知っています」

 

なんかほっこりしました・・・。ファンの鏡のような方ですね。

 

結弦くん、クリスティーナさんと生徒さんたちのバレエ版「ノッテ・ステラータ」、見てるよね。きっと、見てくれていると思います。私もファンの皆さんもたくさんRTしていましたから・・・。

 

もう一度載せておきますね↓。クリスティーナさんはこれを振付されたのです。

 

Notte Stellata - A Ballet Tribute to Yuzuru Hanyu

(ユヅル・ハニュウに捧げるバレエ「ノッテ・ステラータ」)
Crescendo Conservatory

 

こちらはファンの方が作ってくださった動画↓

☆ https://youtu.be/o0v3k_nMEsY

Trailer for Notte Stellata - A Ballet Tribute to Yuzuru Hanyu
Crescendo Conservatory

 

初めて結弦くんを直に観るという体験は、例えて言うなら生まれて初めて行った美術館がルーブルで、初めて見た絵画がモナ・リザだった・・・それぐらい光栄な事だったと。

 

バレエの先生なので、結弦くんのOtonalとOriginの感想もなるほどと思うようなことが書かれています。結弦くん、この記事を読んでくれるといいですね。

 

端折って御紹介してしまって申し訳ないのですが、ぜひギャラガー記者の記事、クリックお願いします。きっと全訳は翻訳の女神様がどこかでやってくださることでしょう。

 

クリスティーナさんのOriginのお気に入りパートもやはり、あのヴァイオリン・ムーヴだそうですよ。スプレッド・イーグルをしながらその両手はものすごくゴージャスで、完璧に音楽と同調していたとおっしゃっています。

 

 

結弦くん、このパートは何が何でもなくさないでね。

私だけじゃなくて、全世界のファンの願いだと思います。

 

クリスティーナさんの夢が、それも御家族と一緒に叶って本当に良かったですね。結弦くんのファンの皆さんとも交流を深められたようで、オータムで素敵な時間を過ごすことができて、本当に良かったと想います。

 

■ 関連記事です↓

 

”ダンスとは身体と魂の会話である”
2019-05-18
https://ameblo.jp/poissonbleu/entry-12462141498.html

 

”初めて観る結弦くん・・・。”
2019-07-26

https://ameblo.jp/poissonbleu/entry-12497825694.html

 

クリックバナー作成しました(↓)


人気ブログランキング

 

■ 前記事はこちらです↓

 

怒涛のとしくんインタビュー!

https://ameblo.jp/poissonbleu/entry-12527130293.html

 

結弦くんの「明確なゴール」とは・・・【ACI合同取材①】

https://ameblo.jp/poissonbleu/entry-12527240532.html

 

結弦くんにとって「NHK杯フィギュア」といえば!

https://ameblo.jp/poissonbleu/entry-12526918182.html

 

「熱狂的なファンが怒っているだけ。放っておけ」とされないために・・・。

https://ameblo.jp/poissonbleu/entry-12527053974.html

 

「Origin」のヴァイオリン・ムーヴ。その小さな変化が生み出す大きな印象・・・。

https://ameblo.jp/poissonbleu/entry-12526853208.html

 

私は、フィギュアスケートとは全く別の世界で活躍されている方が、実際に会った結弦くんの印象や人柄、その芸術性を発信してくださることをとても嬉しく思っています。

 

なぜならそこには、フィギュアスケートの専門用語やルールやそういった難しい知識を抜きにした、率直な印象や感想、体験が語られていると思うからです。

 

結弦くんと実際に言葉を交わし、一緒に仕事をしてくださった・・・そういう方のお話には誇張も嘘偽りもなく、結弦くんの姿が素直に浮き彫りにされていると思います。

 

① 【独占インタビュー】龍玄とし(Toshl)の個展に潜入! 羽生結弦から影響も…
By - grape編集部  公開:2019-09-06
https://grapee.jp/725347

 

人として心から尊敬します。とても語り尽くせないすべてが圧倒的な人、そんな人が僕の中に入って全力で『マスカレイド』を表現してくれました。それは感動を超えた感動のコラボレーションでした。本当に凄まじく美しかった

 

② 龍玄とし(Toshl)【マスカレイド・展】開催記念インタビュー

2019.09.18 BILL BOARD JAPAN

http://www.billboard-japan.com/special/detail/2763

 

 

私が特になるほど、と思ったのは楽曲のアレンジの過程と、絵の創作過程の相似性ですね。としくんは描画の道具として筆だけでなく、ハケやホウキ!なども使われたそうですが、そうした道具をクラリネットやホルン、ヴァイオリン・・・といった楽器にたとえていらして、「音楽制作と何か共通するような感覚」があったそうです。だから、「すごくテクニック的にも、精神的にも入りやすかった」と。

 

また、「楽曲を絵で表現する事は、自分の深いところにある感情や塞いでいた思いなどに光を当てたり、あぶりだしたりする、メンタル的に非常にきつい作業ではありました」とも語られていて、音楽も絵も、フィギュアスケートも、「表現する」という根本的な軸は同じで、その手段が異なるだけなんですね。だから、もちろん、としくんがいつも言ってくださるように、私たちにもいろいろなジャンルで様々な可能性があるのだろうと思います。

 

羽生さんは自分の限界を超えるところまで追及する人ですから、僕も「ここまで」と思わずに追求して、探求して、そう思って描き切ったのが【マスカレイド・展】に展示している作品「マスカレイド」なんです」

 

他にも結弦くんについて、たくさん語ってくださっています。

 

③ 【インタビュー】龍玄とし、羽生結弦に引き出された「さらなる可能性」
2019.09.18 BARKS
https://www.barks.jp/news/?id=1000171526

 

「アスリートというものを超えて、人の魂が燃えること、浄化されること、ほとばしること、まさにそれを目の前で、特等席で僕は見せて頂いた・・・」

 

 

クリメモの絵のお話も出てきます。

「今度は僕が羽生さんに捧げるつもりで丁寧に丁寧に描きました・・・」

 

上野の森美術展で拝見した絵の中で、最初の1枚「音色」は「マスカレイド」とは真逆の色とタッチで描かれていて、私も大好きな1枚です。あの絵を見た時に“Beautiful Harmony”という言葉が咄嗟に浮かんできたのですが・・・。としくんのインタビューの中でも同じ言葉が使われていて、思わずなるほど、と思いました。

 

これから発売されるアルバムに入る「ボヘミアン・ラプソディ」のエピソードも。コーラスも、全部ご自分でされたそうです。ご自分でコーラスを解析して、「何十回も録って合わせた」と・・・。楽しみですね!

 

④ 龍玄とし(Toshl)が「羽生結弦の中に入りたい」と願う熱すぎる理由

2019.09.15 BUZZFEED

 

こちらはとしくんと結弦くんのお写真多数↓

https://www.buzzfeed.com/jp/ryosukekamba/toshl1

 

 

「最初は8枚のキャンバスを合わせた大きさだったのですが、羽生選手の舞をビデオで見返しているうちに物足りなく思えてきて、最後にもう2枚分を描き足しました」

 

「だからこそ、羽生結弦なんでしょうね。尋常じゃないものを醸し出している・・・」

 

FaOI最終公演富山でのラスト・クリメモのエピソードもいろいろ語ってくださっています。

 

としさんがマスターで僕は戦士ですから、最後に勝利の剣を天高くかざし捧げます。受け取ってください・・・」

 

そして結弦くんを描いた『艶』というタイトルの絵についても・・・。

 

「彼の壮絶な生き様や苦悩、覚悟を表現できたら・・・」

 

 

すべてありのままに生きていくっていうのは、いまの僕にはまだまだ難しい。ただ、だいぶ本音で生きられるようにはなりました・・・」

 

こういう言葉を聞くと、胸が詰まりますが・・・。結弦くんとはきっと、ひとりの人間対人間としても、通じ合える、共感できるものがあったのかもしれませんね。

 

マスカレイドのラストは「仮面に見立てた手袋を渾身の思いをこめて氷上に叩きつけてぶっ壊す」という演出でした。結弦くんのアイディアだったということですが、歌っているとしくんの胸にも響くような演出だったようです。

 

本当にお二人とも、幸せになっていただきたいなと思います。

 

⑤ 龍玄とし(Toshl)の背中を押した、野性爆弾くっきー!の最高すぎるアドバイス

2019.09.15 BUZZFEED

https://www.buzzfeed.com/jp/ryosukekamba/toshl2

 

『宿命の記憶』という作品と『運命』という作品、そしてプロジェクション・マッピングについて・・・

 

⑥ 「羽生結弦には言霊がある」龍玄とし(Toshl)がゲキ推しする珠玉の一冊

2019.09.15 BUZZFEED

https://www.buzzfeed.com/jp/ryosukekamba/toshl3

 

「5〜6月に”ファンタジー・オン・アイス2019”で共演した羽生結弦さんの人となりにとても興味を持ち、羽生さん関連の本やインタビューをよく拝読させていただいています

 

としくん、マスカレイドを描くにあたり、結弦くんの「夢を生きる」を読み返されていたとか。あの本は結構専門的なことも書かれていますけれど、としくんにも感じるものがたくさんあったと。

 

だから、今、ニコ生でフィギュアスケートを語ってくださる時、あんなにいろいろなフィギュアスケート関連用語がポンポン出てくるんですね・・・。

 

見かけだけじゃなくて、これまで結弦くんが歩いてきた軌跡を振り返るところから理解しようとしてくださった・・・。その結果があの絵なのですね。

 

としくん、ありがとうございます。胸熱です・・・。

 

NHK杯と全日本、今年は2回、結弦くんの試合を日本で観られるチャンスがありますが・・・。もし、もしも、エキシビションでとしくんと結弦くんのコラボが観られたら・・・なんて、考えてしまいました。

 

「星空のネプチューン」の話もありますし、必ず、近い将来お二人のコラボがまた実現すると信じています。

 

<マスカレイド・展 音の世界を、描く>
■長野EXIHIBITION
2019年9月22日(日)〜10月6日(日)
会場:長野県北野カルチュラルセンター(公益財団法人北野美術館 別館)
開館時間:10:00〜18:00(17:30最終入場)

■大阪 EXIBITION
2019年10月26日(土)〜11月17日(日)
会場:大阪府グランフロント大阪 北館 ナレッジキャピタル 地下1階イベントラボ
開館時間:10:00〜20:00(19:30最終入場)

前売りチケット:チケットぴあにて販売
大人:前売り1,800円(当日 2,000円)
学生(小、中、高校生):前売り800円(当日 1,000円)
※入場時、学生証の提出をお願い致します(小学生は除く)
未就学児童:無料

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

I’ve been hard at work producing videos for @Skate_Canada from Autumn Classic International. I told myself I wasn’t going to post anything this week to keep me focused, but this little preview is just too good not to share… Don’t worry, all will be revealed starting Saturday. 😉 Shot completely handheld while holding my breath with a $12,000 400mm lens that @geoff.robins let me borrow for 20 minutes. And with none other than the G.O.A.T. #YuzuruHanyu on the ice, of course I had to push my videography to the limit… Who wishes I could film like this all the time? If that’s you, please send $12,000 to: PayPal.me/oniceperspectives 😍🙌😆 ❄️ 🎥 by Jordan @oniceperspectives 📍 @skate_canada Autumn Classic International 🙏 You can help fund my passion to promote #figureskating in all media by subscribing at www.oniceperspectives.com ❄️ #羽生結弦 #hanyuyuzuru #figureskater #yuzuru #figureskate #iceskate #teamorser #skatecanada #isufigureskating #yurionice #yoi #figureskatinglife #oniceperspectives #iceskating #pattinaggioartistico #iceskater #winterolympics #patinaje #patinajeartistico #patinageartistique #フィギュアスケート #фигурноекатание #bealpha #sonyalpha #400mm #gmaster #sonyalphapro

On Ice Perspectives ❄️🎥さん(@oniceperspectives)がシェアした投稿 -

 

 

クリックバナー作成しました(↓)


人気ブログランキング

 

■ 前記事はこちらです↓

 

結弦くんの「明確なゴール」とは・・・【ACI合同取材①】

https://ameblo.jp/poissonbleu/entry-12527240532.html

 

結弦くんにとって「NHK杯フィギュア」といえば!

https://ameblo.jp/poissonbleu/entry-12526918182.html

 

「熱狂的なファンが怒っているだけ。放っておけ」とされないために・・・。

https://ameblo.jp/poissonbleu/entry-12527053974.html

 

「Origin」のヴァイオリン・ムーヴ。その小さな変化が生み出す大きな印象・・・。

https://ameblo.jp/poissonbleu/entry-12526853208.html

 

キーガン・メッシング選手インスタグラム

https://www.instagram.com/p/B2kMRYUpJBQ/

 

■    羽生結弦、10年目の胸中「明確なゴールがある。その目標に向かって」
[ 2019年9月19日 05:31 ]スポニチアネックス

 

合同取材の内容、詳しく掲載してくださっています。やっと全容が見えてきましたね。やはり、全体の流れがつかめないと、見えてこないものがあると思いますので、こうした記事は本当にファンとしてはありがたいです。

 

新しいお写真もあります↓

https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2019/09/19/kiji/20190918s00079000485000c.html
 

<オータムクラシック第3日>試合後、インタビューに答える羽生結弦(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 

「アクセル―アクセル!?」の話だとか、ノーミスを目指すプレッシャーの話、ファンの皆さんへの思い、目指しているジャンプ構成、盛沢山ですね!

 

■ SKATE CANADA VIDEO

https://skatecanada.ca/category/videos/

 

■ ピアニストの清塚信也さんのレギュラー番組!

https://twitter.com/ShinyaKiyozuka/status/1174487927843278848

 

■ 英語のお話・・・。

 

今、SNSの世界はインターナショナルですから、英語で発信されたものを日本国内でもたくさん見かけると思うのですが、RTする時に知っておいていただきたいな、と思う英語があります。

 

"Shame on 〇〇" という英語です。

"Shame on you" と言ったら、「恥を知れ」という意味になります。

 

動画や画像は言語とは関係なく視覚的に理解できますから、あ、これ、賛同できる!と思ってついRTしてしまうこともあるかと思います。ただ、もしそこに意味のわからない英語が書かれていり、ハッシュタグがあったりした場合は、辞書で調べるなどして納得してからRTされるかどうか判断した方がよいのかな、という気もします。

 

個人的な印象ですが、"Shame on 〇〇"という言葉は、時に正義をかき消してしまいかねないほど強過ぎる印象を相手に与えてしまうことがあるかなと。どんな理不尽なことでも、まず話を聞いてみようか、と相手に思ってもらうことが大切な事かなと思います・・・。

 

あくまで私の個人的な思いです。

 

それでは今日も皆さんにとって、素敵な一日となりますように。

 

クリックバナー作成しました(↓)


人気ブログランキング

 

■ 前記事はこちらです↓

 

結弦くんにとって「NHK杯フィギュア」といえば!

https://ameblo.jp/poissonbleu/entry-12526918182.html

 

「熱狂的なファンが怒っているだけ。放っておけ」とされないために・・・。

https://ameblo.jp/poissonbleu/entry-12527053974.html

 

「Origin」のヴァイオリン・ムーヴ。その小さな変化が生み出す大きな印象・・・。

https://ameblo.jp/poissonbleu/entry-12526853208.html

 

Spark単独インタビュー 書き起こし 「自分史上最強の自分!」

https://ameblo.jp/poissonbleu/entry-12526691627.html

 

■ 「ぶざまな姿は絶対見せたくない」
羽生結弦が目指す「完成形」と4A。

https://number.bunshun.jp/articles/-/840780

 

もうご存知の方が多いかと思いますが・・・

 

■ 結弦くんからのメッセージです。

 

 

 

 

 

 

「僕のNHK杯での思い出は、2015年長野の優勝した、世界記録を出したNHK杯です。本当に自分がゾーンに入った状態で演技できたと思っていますし、完璧な演技があそこまでできたのは初めてだったので、非常に記憶に残っています。今回のNHK杯でも、全力で頑張らせていただきます。応援よろしくお願いします」

羽生結弦

 

■ NHK杯2015 演技動画

動画主様ありがとうございます。

 

☆ Yuzuru HANYU - NHK Trophy 2015 - SP (NBC)

https://youtu.be/fn-rlbhamKk

 

☆ Yuzuru HANYU - NHK Trophy 2015 - LP (NBC)

https://youtu.be/0j07i-cqZgg

 

■ モモ博士のブログ

本当にお疲れさまでした。そして、心からモモ博士はじめスタッフの皆さまに感謝申し上げます。

 

2019年オータムクラシック:もう少し時間がかかりそうです

https://ameblo.jp/mkp2012/entry-12525825521.html

 

2019年オータムクラシック:コメントへのお返事に代えて

https://ameblo.jp/mkp2012/entry-12526787141.html

 

■ ガーナ

 

■ ヴァーチュ、モイア組が引退発表 五輪金メダル3個、22年間を歩んだ名カップル
9/18(水) 15:10配信 THE ANSWER

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190918-00083375-theanswer-spo

 

泣けて来ちゃう、これ見ると・・・↓

 

あのキレッキレの情熱的なダンス。FaOIでも日本で披露してくださいましたね。そして、結弦くんにも本当に優しく接してくださっていました。お疲れさまでした。これからも素晴らしい人生を歩まれますように。

 

■ 【寄付が2倍】令和元年台風第15号による千葉県災害への支援募金(Yahoo!基金)

 

https://donation.yahoo.co.jp/detail/1630042/

 

■ 令和元年台風第15号千葉県災害義援金

http://www.jrc.or.jp/contribute/help/15/index.html

 

全国各地の被災地に、1日も早く、穏やかな日々が戻りますように・・・。

 

クリックバナー作成しました(↓)


人気ブログランキング

 

■ 前記事はこちらです↓

 

「熱狂的なファンが怒っているだけ。放っておけ」とされないために・・・。

https://ameblo.jp/poissonbleu/entry-12527053974.html

 

「Origin」のヴァイオリン・ムーヴ。その小さな変化が生み出す大きな印象・・・。

https://ameblo.jp/poissonbleu/entry-12526853208.html

 

Spark単独インタビュー 書き起こし 「自分史上最強の自分!」

https://ameblo.jp/poissonbleu/entry-12526691627.html

 

オータム・クラシックの結弦くんの回転不足判定について、世界中のファンが怒っています。何度動画を見返しても、回っていると思われる・・・。ファンの皆さんがたくさん動画検証もされていますよね。

 

私も試合直後は怒りが沸点に達していましたが・・・

 

ふとネットの世界を見渡すと、ファンの皆さんの怒りと悲しみも徐々に膨れ上がり、試合会場で掲げるフェアジャッジを求めるバナーの話など耳にし、「さすがにこれは選手の皆さんにかえってよくないことになりはしないか」と心配になりました。

 

だから、「チーム・ブライアン」の本を取り出して来てブログ記事を書いてみたりもしました。納得のいかないジャッジが行われた後、チームが取っているであろう行動や対策を広く皆さんに再確認していただけたらと思ったのです。日本語だけじゃ意味がなかったかもしれませんが・・・。

 

でも、問題は大き過ぎて、それだけでは不十分だと私も途中から思い始め、「次の大会を見守りましょう」というスタンスになったものの、「いや、こんな大きな問題、そのままでいいのだろうか?でも、やみくもに動いて選手に迷惑をかける訳にはいかない」という忸怩たる思いは常にあったのです・・・。

 

悶々と毎日を過ごしていたのですが、きっと誰もが「目からウロコ」のファイナル・アンサーをポプラさんがブログの記事にしてくださっているのを発見しました。

 

私が一番危惧していたのは、怒りや悲しみだけをぶつけてしまうと、

 

「熱狂的なファンが怒っているだけ。放っておけ」

 

と問題の焦点をすり替えられてしまいかねない、ということだったんです。

 

× 抗議をする

〇 説明を求める

 

× ユヅル・オンリーの問題

〇 他の選手の皆さんにも度々起きている問題

 

なんですよ・・・。

 

それも、理路整然と、感情を押し殺して、過激な言葉を使わずに、結弦くんだけに起こっている問題じゃなくて、フィギュアスケート界全体の問題として提起する。

 

できれば他の選手に起きた事例なども説得材料として出しながら、わかりやすい言葉で文章を作れるという前提で、説明を求めた方がよいのだと思います。(あの、ファン同士、友達同士で、ああだよね、こうだよね、というのは除くとして・・・)

 

それから、ポプラさんが出してくださっているような「じゃあ、どうしたら改善につながるか」という提案などもあると、説得力が増しますよね。

 

ISUやオリンピック委員会等にただ感情的な言葉をぶつけるだけだったら、「熱狂的なファンが怒っているだけ。放っておけ」で済まされてしまい、かえって選手の御迷惑になってしまうかもしれないと思います。

 

で、それができる自信がない人は、「見守る」。チーム・ブライアンを信じ、結弦くんを信じ、ただひたすらプラスの念をトロントに向かって送りつつ、次の大会はちゃんとした大会になりますように!と静かに祈る。

 

私にはポプラさん御夫妻のような知識もボキャブラリーも英語力もないので、本当に今回のこの記事やポプラさんの御主人がしてくださったというオリンピック委員会宛のフィギュアスケートの審査のやり方に対する調査依頼に深く感謝したいと思います。

 

フェアジャッジ・バナーというのはやはり直接問題の解決に結びつくとは考えにくく、説得力に欠けるように思われるんですね。

 

バナーは小さ過ぎて、そこにはなぜ多くの人々がこんなに怒っているのか、誰もが納得できる「理由」を説明するスペースがないからです・・・。

 

やはり、観客席というのは選手を応援するための場であり、説明を求める場はその外にあるのだと思います。

 

そして、今回のように大いに疑問の残るジャッジをされた選手というのは、結弦くんだけではなく、過去にも今現在もたくさんいるということですね。

 

ポプラさんの仰る通り、結弦くんだけじゃなく、フィギュアスケート界全体の問題提起として理路整然と説明を求めることが出来ない限りは「見守る」という姿勢に徹し、全力で選手を応援していた方が、選手の皆さんも気持ちよく演技に集中できるのではないでしょうか。

 

幸い、結弦くんのファンの皆さんは本当に才能豊かで、フィギュアスケートのルールやこうした納得できなかったジャッジの例なども挙げられるような豊富な知識をお持ちの、ポプラさんはじめスマートな方がたくさんいらっしゃいます。

 

ファンの分担作業といいますか、「見守り隊」でもいいと思うんですよ。選手に迷惑をかけるぐらいだったら見守っていた方がいい。「見守る」って、「何もしない」ということではないと思います。

 

尚、ポプラさんのブログのコメント欄のポプラさんのお返事にもあるように、英語に自信のない方は「日本語でスケート連盟に意見を送って、ISUの代表になっている日本人に代弁してもらうという手もある」ようです。

 

日本語でも、英語でも、いずれにせよ、一番大事なことは感情的にならずに理路整然と、読み手が行動を取らなきゃいけないな、と思ってくれるような説得力のある冷静な文章を作成する必要があるということです。

 

これ、きっと良い方向にいくと思います。世界中から注目されている結弦くんに起きた出来事だから余計に大きく取り上げられ、こうしてきちんとした説明を沈着冷静に求めてくださるファンの方々が現れ、長年くすぶってきたこの問題にメスが入ることになるかもしれません。

 

フェアジャッジ・バナーを掲げて立ち上がろうとされているファンの皆さんも、静かに見守っているファンの皆さんも、理路整然と説明を求める行動をしてくださっている皆さんも、思いは同じだと思います。

 

フィギュアスケート界の健全な未来を、誰もが願っているのです。

 

ファンの皆さんお一人ひとりが、選手が気持ちよく演技に集中できる環境をまず第一に考え、その上で自分にどんなことができるかを模索されていくとよいのではないでしょうか・・・。(ただし、先ほど挙げた理由でフェアジャッジ・バナーについては私は賛同できるものではありません)

 

そして最後にもう一度皆さんと確認したいと思いますが、「羽生結弦」は超越していくんです。だから、大丈夫なんです。

 

ぜひ、読んでみてください。ポプラさんのブログ。きっと心が定まるはずです。

 

■ ロンドンつれづれ

ポプラさんのブログです

フェアジャッジングについて
2019年09月18日NEW !

https://ameblo.jp/popular2/entry-12526905438.html

 

ポプラさん、ありがとうございました。

 

私も今夜は眠れそうです・・・おねがい

 

クリックバナー作成しました(↓)


人気ブログランキング

 

■ 前記事はこちらです↓

 

「Origin」のヴァイオリン・ムーヴ。その小さな変化が生み出す大きな印象・・・。

https://ameblo.jp/poissonbleu/entry-12526853208.html

 

Spark単独インタビュー 書き起こし 「自分史上最強の自分!」

https://ameblo.jp/poissonbleu/entry-12526691627.html

 

「Origin」のヴァイオリン・ムーヴ

 

 


前作の「Origin」から、ヴァイオリンの弓を引くムーヴメントにわずかな進化が見られました。

 

弓を引くその角度、タイミングと溜め、指の形・・・。

 

小さな変化が大きな印象を生み出しています。

 

ヴァイオリンには高いほうからE、A、D、Gという4本の異なる音域を受け持つ弦が張られています。

そして横から見るとわずかに中央が高くなっているのがわかりますね。

 

ヴァイオリンの特徴をすべて表現しているように見えます。

 

弾いているんですよ、彼は・・・。

 

結弦くんの表現力の進化と深化がここに見て取れると思います。

 

同じプログラムではないんですよ・・・。

 

ファンの皆さんもこんな微妙な変化にすごく反応していますよね。

 

伝わっているんです。(私の想像ですが・・・(;^_^A)結弦くんの意図しているだろうものがすべて・・・。

ヴァイオリンでは「弓を長く引く」練習はとても大切なのだそうです。

 

それも、実際に弓を弦の上に置かずに、浮かせて、つまりエアーで全弓を引く練習をすることで、弓のコントロールができるようになるそうです。

 

そして、弓を長く引きながら、ピアニシモからフォルテシモまで強弱をつけたり、ディミヌエンド、クレシェンドと変化が上手につけられるようになるんですね。

 

エアーで全弓を引く・・・まさに、結弦くんが氷の上で見せてくれているもののようですね。

 

この動きは、結弦くんのアイディアなんじゃないかな・・・。

なんとなくそんな気がします。

 

たくさん、たくさん、ヴァイオリニストがヴァイオリンを弾く動画を見て、その腕や指の動き、体の使い方を、研究したんじゃないですか?

 

ピアニストの福間さんの動画を何度も見返して、ピアノを弾くムーヴを体に染み込ませ、ショパンの「バラード第1番」を奏でたように・・・。

 

結弦くんの細い指先が空気をふるわせ、「音」を生み出しているんですね・・・。それが見る人に伝わっているんですよ。

 

結弦くん、素晴らしい。

本当に素晴らしい芸術家です。

 

あなたは氷の上のヴァイオリニストそのものです・・・。

 

■ Sportiva

2019.09.18
羽生結弦 オータムクラシック フリー フォトギャラリー

https://sportiva.shueisha.co.jp/contents/photo/2019/09/18/_split_fs/

 

■ 私、バタバタしていたので、としくんの結弦くん優勝お祝いツィートをブログでまだご紹介していなかったですよね(;^_^A

 

「さらなる強烈な感動とクリエイティブに向かう創作力を頂きました」

 

と書いてくださっているんですが、やっぱりそうなんですよ。結弦くんはミューズなんですよ。ファンのみならず、アーティストの方々だって、もう、観る人みんなの創作意欲をかきたててやまないひとなんですよね・・・。

 

今日も皆さんにとって素敵な一日となりますように。

 

結弦くんがまた一歩、夢に近づいていけますように。

 

 

クリックバナー作成しました(↓)


人気ブログランキング

 

■ 前記事はこちらです↓

 

Spark単独インタビュー 書き起こし 「自分史上最強の自分!」

https://ameblo.jp/poissonbleu/entry-12526691627.html

 

沼談義・・・。

https://ameblo.jp/poissonbleu/entry-12526648241.html

 

Rhythmic Toy World さんからも祝福~!

https://ameblo.jp/poissonbleu/entry-12526471275.html

 

数日前のインタビューなので皆さん、もうご存知だと思いますが、自分用に書き起こしました↓。

 

■ Spark 単独インタビュー書き起こし

2019.09.15

 

結局最高難易度でクリーンに滑らなくてはいけないというのが一番だと思っているので、自分が出来得るもので、1点でも基礎点が高くなりたいというのが強くある。もちろん、GOEで戦っていけるんだったら、それに越したことはないですし、GOEだけでは勝てないというのも世界選手権ではしっかり感じていますし、やはり難しいものと質のいいものの掛け合わせが必要だなと思います」
 

4回転アクセルについて・・・
 

「やっと形になってきたなと思っているので、まだ降りてはいないですけど。今まで手探りだったのが、ちょっとずつ、何となくかすってきた感じはします」
 

Q:回り切れてはいる?


はい。降りるだけなんだけど。その降りるだけというのが難しいんですけどね。回数やるごとに怪我のリスクもやはり高いですし、自分の肉体的な限界の98%ぐらいを使ってやっと回るみたいな感じなので、それをもうちょっと下げていかないと、降りる余裕は出ないかなと思っています」

 



今シーズン見据えるゴールとは・・・



「自分史上最強の自分!」
羽生結弦

 

「その時に何ができているかはまだわからないんですけど、ただ確実に今より絶対強くなっていると思うので、ぱっと見わからない、みたいな強さじゃなくて、完全に、この時より圧倒的に強いね、というようになりたいという気持ちが、シーズン終わりに向けてあるので、自分史上最強になりたいって思います」

 

いろいろもやもやすることありますけれど・・・

そんな時、結弦くんのインタビューを振り返ると落ち着くといいますか・・・。

 

こんなに純粋で、真っすぐで、前向きで、頑張っている人を、

スケートの神様が放っておくわけがない。

 

この先結弦くんは必ず4Aを跳んで、夢を叶えるのです。

 

どこまでも、応援していきましょう!!!

 

■ 惑星ハニューにようこそ!

Nymphea様より

いつも翻訳ありがとうございます!

 

OA Sportより「エイリアン羽生結弦が地球に帰ってきた」

 

マッシミリアーノさんのFBより「ACI2019~羽生結弦SP」

 

マッシミリアーノさんのFBより「ACI2019~羽生結弦FS」

 

■ 10月9日発売

 


●オータムクラシック 完全レポート
「さらなる完璧を目指して、羽生結弦、始動」

 

■ 2019.09.17 Sportiva
羽生結弦 オータムクラシック
SP フォトギャラリー

https://sportiva.shueisha.co.jp/contents/photo/2019/09/17/_split_sp/index.php

 

 

■ NHK Sports Story

羽生結弦「飽くなき向上心と勝利への意欲」

https://sportiva.shueisha.co.jp/contents/photo/2019/09/17/_split_sp/index.php

 

 

 

明日も素敵な一日となりますように!

結弦くんが練習に集中できますように!

結弦くんがまた一歩、夢に近づいていけますように!

 

 

クリックバナー作成しました(↓)


人気ブログランキング

 

■ 前記事はこちらです↓

 

沼談義・・・。

https://ameblo.jp/poissonbleu/entry-12526648241.html

 

Rhythmic Toy World さんからも祝福~!

https://ameblo.jp/poissonbleu/entry-12526471275.html

 

私は今日は一日中考え込んでしまいましたし、落ち込みました。

 

ファンの皆さんの結弦くんを、そして選手の皆さんを応援したい気持ちは本当に純粋で、尊いものですから・・・。

 

正義だと思って放った言葉が、誰かを傷つけることもありますし、本当に言葉って難しいです。

 

選手を想うファンの皆さんは悪くないんです。フィギュアスケートの未来を心配しているんですから・・・。何か力になれないかと思っても、その方法論となると、ものすごく難しい問題になってしまうのだろうと思います。

 

次の大会を見守りたいと思います。

 

選手の皆さんが穏やかに試合を迎えることができて、観客の皆さんも、世界中のお茶の間ファンの皆さんも、気持ちよく観戦できる、そんな大会となることを心から祈っています。

 

さて、一日落ち込んでたので、こちらははほっこりニュースでした↓。

としくんと長久保さんの沼談義の一部が判明しました・・・ラブラブラブ

 

 

 
我らが長久保カメラマンと、あの世紀のスーパースターとしくんが・・・
会話していらっしゃるっおねがいおねがいおねがい
 
今年のEXのプログラムはクリメモかなぁ・・・。

 

もしそうだったら、NHK杯と全日本にとしくんが生歌参加!なんてあったら・・・日本中がぶっ飛んでしまうことでしょうねラブラブラブ

 

私にはできないけど、としくんを結弦くんの試合に御招待してさしあげたい・・・・。

 

試合の時のあの、光って暴れ回る炎と化した結弦くんを、この世のものとは思えないあの美しさを、としくんに直に見ていただきたいなぁ・・・。

 

クリックバナー作成しました(↓)


人気ブログランキング

 

■ 前記事はこちらです↓

 

Rhythmic Toy World さんからも祝福~!

https://ameblo.jp/poissonbleu/entry-12526471275.html

 

フェアジャッジ・バナーについて

https://ameblo.jp/poissonbleu/entry-12526445316.html

 

結弦くんのフレーム切手、そして、スポニチさんにとしくんニュース!

https://ameblo.jp/poissonbleu/entry-12526386864.html

 

超越していく羽生結弦。

https://ameblo.jp/poissonbleu/entry-12526084179.html

 

「完璧だったと思う」 オータム フリー 佐野先生解説 書き起こし

https://ameblo.jp/poissonbleu/entry-12526005572.html

 

なんかもう、皆さん、結弦くんの初戦を応援してくださっていたんですね!

 

音楽が大好きな結弦くん。

 

いつか、大好きなアーティストの皆さんのコンサートに、結弦くんも足を運ぶことができますように。

 

そんな日が、いつか結弦くんにも訪れますように。

 

結弦くん、本当にたくさんの方に愛されています・・・↓。

 

 

 

 

 

https://www.bathclin.co.jp/news/2019/0917_8010/?utm_source=20190917&utm_medium=tw&utm_campaign=sns

 

 

■ 羽生結弦、取材の場も理論武装? 「分析できました」
有料記事 朝日新聞
大西史恭 2019年9月17日11時11分
https://www.asahi.com/articles/ASM9K23ZFM9KPTQP006.html

 

■ Figure Skaters Online

 

 

その他お写真多数↓

http://figureskatersonline.com/news/2019/09/15/photos-2019-autumn-classic/

 

■ オリンピック・ミュージアム

https://japan-olympicmuseum.jp/jp/

 

■ 清塚信也さん、明日放送、MBS「歌ネタ王決定戦2019」出演!
2019年9月18日(水)20:00~放送
https://mbs.jp/utaneta/

 

クリックバナー作成しました(↓)


人気ブログランキング

 

■ 前記事はこちらです↓

 

フェアジャッジ・バナーについて

https://ameblo.jp/poissonbleu/entry-12526445316.html

 

結弦くんのフレーム切手、そして、スポニチさんにとしくんニュース!

https://ameblo.jp/poissonbleu/entry-12526386864.html

 

超越していく羽生結弦。

https://ameblo.jp/poissonbleu/entry-12526084179.html

 

「完璧だったと思う」 オータム フリー 佐野先生解説 書き起こし

https://ameblo.jp/poissonbleu/entry-12526005572.html

 

【追記】

 

皆さん、様々なコメントくださってありがとうございました。

すべてにお返事できなかったり、あるいは事実かどうか内容が私にはわからなかったり・・・。なかなか取り扱いが難しい問題なのでいったんコメント欄を閉じさせていただきたいと思います。コメントくださった皆様、本当にありがとうございました。

 

ただひとつ言えることは、ファンの皆さんは誰も悪くないんですよ。皆さん、本当に真剣にフィギュアスケートの未来の事を考えていらっしゃるんだなと思います。ただどうしたらその力になれるのかという方法論になると、これまた大変難しい問題で、どれが正解というのはなかなか導き出せないのだと思います・・・。

 

とりあえず次の大会の様子を見守りたいと思います。オータムのフィードバックはきっとされていることと思います。とにかく選手の皆さんが心穏やかに、そして観客の皆さんも気持ちよく観戦できるような、そんな大会になってくれることを心から願っています。

 

【補足】

 

「フェア・ジャッジバナーじゃなければどうすればいいの?」という声が聞こえてきそうですが・・・。

 

私もそれは個人個人で、あくまで選手の妨げにならない方法を考えるしかないとしか言いようがないんですね・・・。

 

たとえば、「ここに、説明を求めればいいよ」とブログで紹介したとします。でもそうすると、すべての人が感情的にならずに、冷静に説明や改善を求める文章を書けるか、といったらどうなんだろう・・・と思ってしまうのです。

 

ごめんなさい。私もこの件はこれ以上は書けません。問題があまりにも大き過ぎて、難しすぎて・・・。

 

ただ、「試合の時は、選手の皆さんが気持ちよく集中できる」ことは、大切ですよね。

 

************************************

 

私なんかが出過ぎたことをと思います。

 

そして、正直言って、心臓小さいのでこういうこと書くのは勇気が要ります。もうぷるぷる震えてます・・・。

 

でもね、でも、言わせていただきますよ。

 

 

「フェアジャッジ・バナー」について

観客席は応援の場であり、抗議の場ではありません。

 

公平なジャッジが行われるよう求めることは大切なことです。
 

しかし一方で、
選手の皆さんが試合に集中できる環境も守られるべきです。

 

リンクから見上げた観客席がフェアジャッジ・バナーの抗議の色で染まることを、
選手の皆さんは望むでしょうか?

 

「チーム・ブライアン」の力を信じましょう。

 

チーム・ブライアン チーム・ブライアン
1,404円
Amazon


出版社: 講談社 (2014/11/21)
言語: 日本語
ISBN-10: 4062191733
ISBN-13: 978-4062191739
発売日: 2014/11/21

「チーム・ブライアン」ブライアン・オーサー(著)
P.221「ISUが求める変化に対応する」より

「変化に正確にキャッチアップするため、私はなるべく多くの人と話します。試合に行ったら、ジャッジやテクニカルスペシャリスト、スケート連盟関係者、コーチなどどんな人とでもよく話し、変化に気づくように心がけます。そして”何かあったら電話して、メールもして”と言いまくるのです。新しい採点の傾向やルールの詳細を、つねに聞き取ります」

たまに試合での判定が私達の予想と違うことがあります。そんなときは、すぐに周囲に意見を聞きます。ジャッジ達は試合後に”ラウンドテーブル・ディスカッション”という採点についてチェックする会議を行うのですが、それが終わった後に、ジャッジから意見を聞きます。するとたいてい”いまユヅルについてディスカッションで話題になったわ。この採点はこういう理由だそうよ”などと説明してくれるのです。その情報を頭に入れ、練習にフィードバックしていくのです」

 

【追記】

皆様、コメントありがとうございます。本当にファンの皆様がいろいろなことを考えながら、このスポーツを愛していらっしゃるんだなという熱い思いが伝わってきました。コメント拝見しております。しかし、選手であれ、ジャッジの方であれ、個人が特定されてしまうかもしれない内容については事実かどうか、という私には判断できない難しい問題に関わってきますので、コメントは申し訳ないのですが非公開とさせていただいておりますのでどうかご了承ください。

 

クリックバナー作成しました(↓)


人気ブログランキング

 

■ 前記事はこちらです↓

 

結弦くんのフレーム切手、そして、スポニチさんにとしくんニュース!

https://ameblo.jp/poissonbleu/entry-12526386864.html

 

超越していく羽生結弦。

https://ameblo.jp/poissonbleu/entry-12526084179.html

 

「完璧だったと思う」 オータム フリー 佐野先生解説 書き起こし

https://ameblo.jp/poissonbleu/entry-12526005572.html