音楽からそろばんまで 京都 poco四条 075-231-2993

音楽からそろばんまで 京都 poco四条 075-231-2993

京都四条のレンタルスペース&カルチャー教室のpoco四条です。
アイリッシュハープ指導をしております中西がぽこあぽこの
カルチャー全般(バイオリン、そろばん等)や演奏、日常の
ことなどを書いております。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

◆poco四条のHP   http://harp.jp 


◆そろばん(さくら珠算教室)のHP http://sakura-soroban.com/ 


◆ぽこあぽこLepton二条教室  http://lepton-kyoto.jimdo.com/ 


ようこそ、 poco四条&さくら珠算教室&ぽこあぽこLeptonへ

ハープ、バイオリン、ホルン、トロンボーン、ピアノ等音楽の教室と
そろばん、英語教室を運営しています。
またレンタルスペースも運営しています。

詳しくは上記HPをご覧ください。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

珠算修練会さくら珠算教室です。

 

いつも、完璧という指導は難しく、あの指導をしたけれど、あの子には合わなかった、伸びなかった、など試行錯誤が続きます。

まあ、そろばん研修などで「指導に終わりはない、これという完成形にたどり着くことはないけれど、できる限りの指導の工夫の努力が常にいる」の言葉を励みに、これからも試行錯誤をしていくと思います。

 

そうはいっても、毎日あれやこれやとしていく中で「ピラミッド式の教材をどうにか」と思いつつ、

自分で作ったピラミッド式(徐々に難しくなる)では子供たちの混乱があり、結局サンプルを作りはしたものの、実際の導入には至りませんでした。

 

でも、なんとかその生徒に合わせた内容にしたいと悩んでいたところ、あらたな練習教材が出たことを知り、さっそく10冊ずつ購入いたしました。

 

これが当教室の生徒さんに合えばいいな、と、とても楽しみにしております。

 

また、今週末はV模試の実施もあります。

そろばんも勉強も皆がめきめき伸びてくれるよう、私も自分自身の技能向上、そして、指導力向上を目指して頑張りたいと思います。

珠算修練会さくらしゅざん教室です。

 

先日GW中に、英単語特訓講座をしました。

中学生などに単語覚えてきてね、といっても、覚え方がわからない生徒さんもいるので、

そういった子達に気軽に覚えてもらう覚え方(といってもごく普通ですが)を

提案するつもりで案内したら1日目6人、2日目12人参加されました。

 

結局暗算2級合格で準1級目指している人2名や準2級合格で2級目指している人など

なんだかんだでそこそこの中、上級者がきたのであせりましたが。。。

 

さて、おぼえかたは王道というかどう回数を重ねるか、みたいな方法をお伝えしただけなのですが、

またそれは改めて載せるとして、、、。

 

 

おまけコーナーとして、

それ以外覚えやすいのがあったら駄洒落なども混ぜてもいいよ、なんてはなしていました。

あっちのアプローチ、こっちのアプローチとアプローチはひとつでなくてもいいと思います。

 

 

だじゃれは余談だったのですが、ふと思いついた英語駄洒落を載せたいと思います。

 

secure セキューア 意味 確保する   駄洒落 石油は確保した

decide ディサイド 意味 決定する 駄洒落 弟子たちで決めた

 

1日目では子どもたちにも駄洒落を考えてもらったら、すらすらでてくる子もいて、面白かったです。

なんというか、いろんな得意な面が発見できて面白かったです。

 

 

クラシック専門の音楽スタジオpoco四条です。

 

もともと5部屋でしたが、大きい部屋を2つの小部屋にわけ、現在は6部屋のレンタルスタジオで運営しております。

 

部屋は増えたのですが、ピアノは5台のままで、残り1部屋は電子ピアノ室としていました。

実際フルートやバイオリンでピアノを使わない方もある一定数いらっしゃるので、逆にピアノがない部屋があってもいいのかな、と思ってそのままにしておりましたが、結局他楽器持込でもなんとなくピアノのある部屋を優先されているようで、う~~む、ニーズにあっていない部屋を提供してもな、、と悩んでおりました。

 

電子ピアノ室という名前がいけないのかな、アンサンブルルームとかいったほうがいいのかな、いや、そうするとアンサンブルじゃない人は逆に使いにくいか、、などと、試行錯誤していたのですが、もういっそピアノを購入したほうが早いのかも、、、なんて思っていたときに、丁度そろばんの生徒さん(大人)の方より、ピアノを譲りたいんだけれど、、というありがたいお話が。

 

なんだかご縁を感じて、実際物も見なかったのですが、これもいいタイミングだと、購入させていただくことに致しました。(もともと購入された楽器店を通じてコンディションなども安心できる状態とわかっていたこともあり)

 

無事4月27日に到着しまして、調律はこれからですが、無事調律がすんだら、早速アップライトS-4として活躍してくれると思います。

 

すごくきれいな色のピアノで、マイルドな音です。

 

また、たくさんの方に使っていただけるのを楽しみにしています。

 


珠算修練会さくら珠算教室です。

 

当教室では生徒に言っていることがあります。

 

それは、「そろばんができなくても大人になれる」です。

実際そろばん未経験者の保護者の方も多いくらいですから、当然そうなんですが。

では、なぜそろばんをするのか。

それは、「生徒みんながそろばんを通じて得られる貴重な体験や、計算ができることやがんばれば達成できるということを通じて精神的な成長を求めているから」です。

 

なので、「本当にがんばりたいなら、続けたほうがいい、しんどいときもあるかもしれない、でも、一生懸命がんばった人にだけ成長というご褒美があるんだよ、逆にがんばりたくないなら、時間がもったいないから他に充実した時間に使うといいよ」と嫌味ではなく本心から伝えています。

 

成長はそろばんを通じてでもできますし、ほかの事(スポーつや学問など)でも、本人がはまったものでいいと思うのです。

 

その選択肢の一つにそろばんがあるだけ、だと思っています。

 

また、最近は私立の小学校などで小数であまりのある割り算を小2ぐらいで解いています。

そのときに本人が暗算2級レベルのときなど、当然暗算で解けません。

 

そのため、生徒には「そろばん式暗算と筆算という二つの武器をあなたは持っています。」

「この問題はそろばん式暗算で解いたほうがいいだろうし、このくらいあまりに小数がでてくるなら、しっかり筆算を使いましょう。適材適所です。」と伝えています。

 

そろばんが無敵なのではなくて、「そろばんも」使えることで生徒が無敵になると思っています。

 

皆がそろばんを通じて幸せになるよう、指導を心がけています。

 

 

ピアノのある音楽スタジオpoco四条です。

 

現在、アップライト3室、グランド2室、電子ピアノのみ設置で練習のほかに会議にも使えるお部屋1室という形でしたが、

このたびご縁があり、アップライトを1台追加で購入することとなりました。

 

このため、全部でピアノ室6部屋という形でより多くの方にご利用いただける形となりました。

まだ、運送日などが決まっていないのですが、GW前後に準備できそうです。

 

また、4月21日にアップライトS3が二重扉になります。全ての部屋がペアガラスというある意味二重にはなっているのですが、S3は物理的にドアを二重にすることでより防音性能が高まります。

 

ちなみにアップライトの部屋4部屋がややこしい配置になっているため、S2,S1,S4,S3の準で並んでいるのをどうにかしたいと思っています。とはいえ、S2をS1に、などと変更するとよけいにややこしくなりそうですので、他良い部屋の名前はないか、、、と考えております。

シンプルにアップライトA,BC,Dにしようかとも思っていますが。。。