祇園精舎の鐘の声

 

諸行無常の響きあり。

 

 

 

 

沙羅双樹の花の色

 

盛者必衰の理をあらわす。

 

 

 

 

奢れる人も久からず、ただ春の夜の夢のごとし。

 

 

 

 

 

中2の時に、国語の授業で長文を暗唱させられたのですが、

 

四半世紀以上たった今でも、冒頭の部分だけは頭にこびり付いていて、

 

今でも色々な場面で頭に浮かんできます。

 

 

 

実感はなくとも、なんだかんだで、この10年は景気がよかった

んだと思います。

 

 

ただ春の夜の夢のごとし・・・

1年ほど冬眠してやり過ごそうと考えてもいたけど、

 

どうやら長期戦になりそうだ。

 

 

 

2年?3年?

 

 

 

色々な計画が崩れ、それだけではなくパラダイムシフトが

 

起き、今までの常識が通用しない世の中になりそうだ。

 

 

 

生き残る事が第一ではあるが、それだけでは次の波に乗れない

 

可能性が出てきた・・・

 

 

 

頭を柔らかく、フレッシュな状態で日々過ごしたい。

 

 

 

 

ドラえもんでもない限り過去には戻れない。

 

起きてしまった事は元には戻せない。

 

 

 

反省する事はあっても、過去を悔んだり、後悔を

 

ずっと続けていても時間ももったいないし精神的

 

にも良いことはない。

 

 

『目覚めよう』

 

 

今できる事に集中する。

とにかく生き残る事。

 

 

 

辛い経験は、未来を見据えれば、どんな事よりも

成長の原動力になる。

 

 

 

駄目だこりゃ!

次いってみよう! の精神だ。

SNS全盛だ。

 

 

 

いわゆる承認欲求という人間の欲望の現れなんだけど、

人は誰かに認めてほしいし、褒められたい生き物だ。

 

 

 

時にはそれが頑張ろうっていう原動力にもなる。

そういう自分だってそうだ。

 

 

 

ただ、あまりに承認欲求が強すぎて、そればかり

 

追い求めてしまうと、少しずつ本当の『自分』を

 

見失って、軸がぶれてくると思う。

 

 

 

偽り、虚像、虚栄、虚構

 

 

 

自分が死ぬ間際、ベットの上でそんな偽りだらけの

人生をどう思うのだろうか・・・

 

 

 

「承認欲求よりも自己満足を追求すべし」  byアドラー

 

 

 

全ての答えは自分自身の中にある。