{3D585081-596A-4CC4-8056-301CD9239159}

横浜FCで昨年一番成長したと言っても過言ではない野村直樹選手。

今回の自主トレで4回目の参加になるのが、毎年その姿勢には驚かされた。

明るく振舞いながらも、虎視眈々とチャンスをうかがっていた彼に昨年大きなチャンスがきた。

背番号が変わったのも期待されている証。

その期待以上の活躍をしたシーズンとなった。


一方思う様に結果に繋がらなかったのが石井圭太選手。

レンタルなどを経て、経験を積むも、なかなか昨年は出番に恵まれなかった。

昨年の自主トレには、新しい家族もできた関係で参加できなかったが、今年はその家族を守るためにも、自身のサッカー選手であるプライドのためにも勝負の年となる。

そんな2人が、沖縄で開催されている日本プロサッカー選手育成支援キャンプで自主トレを開始。

暖かい沖縄で汗を流している。



{3AD36B01-B29E-4E10-8E38-DACA3EAED6AA}


{79C1CC34-4987-4B90-AABC-C0EC97C4122B}

ボールを触ったトレーニングはもちろんだが、ビーチを使った砂浜での走り込みなど、徹底的に体をいじめ抜いている。

そこにはこの2人の今シーズンにかける想いが見えた。

個人での活躍は選手としてもちろんのこと、チームを上のカテゴリーにあげるため、チームのリーダーになるべく、声を出したり、他のチームの選手にも声をかけながら練習を行なっていた。

また、父親となった2人の選手は、沖縄の子供達へのサッカースクールにも積極的に参加する予定で、応援してくれる子供達とふれあうことで、一段とパワーをもらえることだろう。

彼ら2人のさらなる活躍を期待する。