タイトルの通りですね(笑)

いや、私もどちらかといえば眼鏡は余り好きではなく普段はコンタクトを使っているのですが、

その友人(滋賀県のYさんとでもしておきます)は極度の眼鏡嫌いで15年以上眼鏡に対するコンプレックスを抱えて生きてきて、

ようやくレーシックをして解放して「いやっほぅ!!」と言った気分になっていた数年後に伊達眼鏡をかける事になったそうです。

なんだか笑い話みたいな話なんですが、確かに私もちょっとは眼鏡は嫌なので気持ちは分からなくもないのですが、

そこまで眼鏡って嫌な物なのかなぁ、と思っています。

確かに私も普段はコンタクトを使ってはおりますが、たまに眼鏡を使う時でもそんなガチガチに嫌という訳ではないので、

Yさんの心情はそこまで理解できないんですよね。

ただ、理解できなくても重度の眼鏡コンプレックスを抱えてきた人間がせっかくレーシックをしたのに伊達眼鏡で、

眼鏡生活に逆戻りというのはなんだか気の毒な話です。

他のアメブロを見ると、やはり眼鏡は嫌だという評判がちらほらあるのでやはりそういう方もいるのでしょうが、やっぱり皆さん色々な悩みを抱えているのですね。

プラスワングループにだって熱狂的な巨人ファンの方が、惨敗した次の日に終始やる気なさげな仕事をしていて、

みんな色々あるもんなんだなぁと思いました。

 

ちなみにそのYさんが伊達眼鏡をかける理由になったのは転勤先の職場の上司に「お前、目つき悪いから伊達眼鏡かけろ」と言われたからとの事です。

コントかよ!(笑)

 

阿部