IOC(オリンピック委員会)は

東京オリンピックの開催延期を決定するのに

4週間必要だと言っている。

 

 

 

 

4週間。

 

 

 

 

私たち日本人にとって、

この4週間という時間が

生死を分ける時間だということを

私たち日本人自身が

どれだけ真剣に考えているだろう。

 

 

 

 

現在ロックダウンに入っているアメリカは、

2週間前は感染者数が142人。

それが23日現在は3万2644人。

 

 

 

イタリアの感染者数は

59138人と、6万人に迫っている。

 

 

 

 

イタリアの死亡者数は

3月23日現在5476人。

 

 

 

 

イタリアの死亡者の平均年齢は

78.5歳だそうだ。

 

 

 

 

イタリアの死亡者数が増えている背景には、

イタリア人の生活習慣もあるだろうけれど、

イタリアは世界第2位の高齢者国だというのも

理由の一つだと考えられる。

 

 

 

 

じゃあ、

世界第一位の高齢者国はどこだろう。

 

 

 

そう、それは日本。

 

 

 

 

 

日本は世界一高齢者の多い国。

 

 

 

日本はただでさえオリンピックの件で

ウイルス対策が遅れている。



日本はオリンピック開催国として、

IOCが決定を下すまで、

オリンピックを開催する体で

いないといけないからだ。

 

 

 

日本には何の決定権もない。

 

 

 



それは承知の上だけれど、

私は黙っていられない。

 

 

 

 

これだけ世界中に

蔓延し続けているウイルスを

野放し状態のまま、

4週間も放置したらどうなるか、

想像してみて欲しい。

 

 

 

 

真っ先に被害に遭うのは誰なのか。

 

 

 

 

 

私たちの両親の世代だ。

 



 

 

 

私たち日本人は、

今のこの状況を

黙って見ている場合なのか。

 

 

 

 

確かに桜は綺麗だけど、

私たちの命が、

私たちの両親の命が

かかっているとしたら、

呑気にお花見をしている場合なのか。

 

 

 

 

 

私たち日本人は

今、声を上げるべきではないのか。

 

 

 

 

 

私たちは

4週間も待っていられない!


今すぐ決断しろ!

 

 

 

 

 

いい加減、私たち日本人は

気付かないといけないのではないか。

 

 

 

 

私たちの命が、

オリンピックにまつわる

何兆円というお金よりも

下に見られているということに。

 

 

オリンピックにまつわる

スポンサーや、

巨大な利権よりも、

下に見られているということに。

 

 

 

 

そして私たち日本人は、

それを容認してきたということに。

 

 

 

 

 

 

私たち日本人の未来がどうなるかは、

決して大げさなことではなく、

私たちひとりひとりの

今の行動にかかっている。

 

 

 

 

声をあげよう。

 

 

 

 

 

Do it Now!

 

 

 

 

 

ランキングに参加しています✨

いいな♡と思ったら

クリックしてね💖

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村

 

いつも応援ありがとうございます💕