No.1銀座ホステスのPlantholicaのBLOG
  • 15Dec
    • ダイエット&美容の秘密

      bonjour!パリでの生活も3週間が過ぎました。毎日氷点下近い寒さと戦いながら過ごしております❄️今日は今回パリに来た理由の一つ。私のダイエット、美容についてのお話をさせて頂きたいと思っています。パリジェンヌ達の美容は日本とは違ってとてもシンプル。お水が超硬水という事もあって洗顔もあまりせず、週に2度ほど髪を洗う人が多数。(私の髪は今ありえないくらゴワゴワです(;o;) )日本のようにアンチエイジングでレーザーを当てたり、糸で吊ったり、注入などの美容より植物由来の化粧品や薬草のお茶やチンキ、街中に当たり前のようにあるオーガニックスーパーでの食べ物などで体の中からのケアに意識をおいているように感じます。私は半年前から酵素玄米を始めその素晴らしさに感動し、今では酵素玄米無くしては生きていけないくらいです。先日、パリで酵素玄米の炊き方のワークショップを頼まれ在仏の日本人の方や、フランス人までかなり多くの方にお集まり頂きました。始めたきっかけは仲の良い友人からの紹介でした。彼女は流行り物のスーパフードが大好き。アサイーから始まりチアシードココナッツオイルグリーンスムージースピルリナ会うたびに今はこれ、今度はこれ!と美容やダイエットの話題がいつも尽きませんでした。私も流行るたびに色々な物を試しましたがどれも長くは続かず、、、。気付けば世の中にはまた新しいスーパーフードが。しかし、正直効果があるかも良くわからず(長続きしてない事も原因だと思います)決して美味しいとも日々取り入れやすい物とも言いづらい物ばかりでした。とにかく、食べる事、飲むことが大好きな私。体は細いほうですが、銀座で蓄えたお腹の脂肪が気になっていました。また長年悩まされていた便秘。30代に差し掛かった年齢ピタッとしたドレスなどを着るとお腹だけぽこっと出ているのが本当に嫌でした。そんな友人が興奮気味にお勧めしてくれたのがこの酵素玄米でした。酵素玄米は毒素排出作用と抗がん作用があります。口から入れた酵素で体に溜まった不純物を便から出すという自然な形で腸を綺麗にする事ができます。お尻から管を入れ洗う腸内洗浄などがありますが、実際には体の内側が傷つくリスクや頻繁に行う事が出来ないなどの問題がありました。そして、私が習ったのは長岡式という炊き方の酵素玄米。専用のお釜で炊き上げます。炊き上げた後は、家の炊飯器で保温にしたまま保存します。保温にしておけば、一日一回混ぜるだけで1ヶ月半ほどそのまま美味しく召し上がる事ができます🌾なので食事の度にご飯を炊くことや余ったお米を冷凍し解凍して食べることがなくなりました。まず、初めてびっくりしたのがありえないくらいの快便。(食事中の方ごめんなさい(>人<;))私は一日で多くて4回ほどの便が出ます。それも毎日!!一瞬にして便秘の悩みは解消されました。そして、腹持ちの良さ。私は毎朝いつもの朝ごはんを酵素玄米に変え、おかずや、それ以降の食事は変わらずに半信半疑で続けていました。モチモチの玄米と小豆が一緒に入っているのでかなりお腹いっぱいになります。そして塩気があってそのまま食べても美味しい。味や色としてはお赤飯にそっくりです。忙しい時などはおにぎりにして食べていました。私は生理前や不規則な生活での吹き出物や肌荒れにとても効果があり今では肌がワントーン明るく綺麗になりました。そして体重1ヶ月後には−1、5キロ4ヶ月後には−3キロの減量に成功しました🙏このようなナチュラルな美容方がパリの方達にとても自然に受け入れられ、ワークショップは大成功に終わり単身でパリに渡った私にとって今回のことはとても嬉しい出来事でした✨このブログを読んで下さっている方の中に、もし興味がある方がいらしたら最初に紹介してくれた友人がデリバリーと通販で酵素玄米を扱っているのでお問い合わせください。テン菜糖などを使った体に優しい美味しいクッキーやマカロンケーキなどを表参道のお店でも購入いただけますし酵素玄米と一緒にご注文も出来るそうです🍪💕東京にいる間は私も良く注文しているのでオススメです🙆‍♂️デリバリーついでに友人の美しいお顔も拝めます(^人^)100g 900円(最低300g〜の注文になります)hello.thisisblue@gmail.cominstagram: hello.thisisblueではでは東京も寒いと思いますが風邪などに気を付けてお過ごしください☺️❤️

      192
      テーマ:
  • 25Nov
    • Paris

      11月の中旬からパリに来ています🇫🇷今回は3週間ほどマレ地区にあるアパルトマンを借りてます。パリのホテルは馬鹿高いのでアパルトマンは3週間くらいで25万と格安💕スーパーに行ってご飯を作ったり、友人と会ったり買い付けをしたりと、一人旅は最高です☺️今回ティンダーを使ってこちらで空いた時間に食事に行く方を探してみました🔎その話はまた次回に。みなさんも良い一日を

      57
      テーマ:
  • 06Oct
    • 第2の人生

      先月上旬まとまったお休みが取れたのでマルタ島に行ってきました✈️パパの出張にあわせて2日間。その後スイス、パリを一人で回ってきました。今回の一番の目的はスイスに住む10代の頃からの友人に会いに行くこと。現在、彼女はスイス人の23歳の旦那さんとチューリッヒ在住3年目。スイスに旅立つ1週間前に彼女からは妊娠の報告を受けとても喜んで沢山の可愛いベビー服とリクエストされた日本のコンビニのお菓子をトランク半分にいっぱい詰め会いに行ってきました。遡ること10年以上前高校で仲良くなった彼女はハーフ?と間違われるほどの美しい彫りの深い顔立に細長い手足綺麗な栗色の髪の毛それはそれは美しい女の子でした。同じクラスになったこともあって、お互いの実家を行き来したり凄く仲の良い友人の1人でした。高校を卒業し、私はそのまま付属の大学へ彼女は専門学校へ。しばらくは毎日のように連絡を取り合い放課後も集まってはお互いの近況を報告したりしていました。大学も半ばを過ぎた後、彼女から横浜関内のキャバクラで働き出し、そこで知り合った人と同棲を始めたという話を聞きました。彼女の彼氏というのは既婚者。渋谷に会社を構えるIT系の若き社長。彼女は大きなマンションとたくさんのお小遣いを与えられ水商売の仕事も適当になりそのうち仕事も専門学校もやめてしまいました。でも変わらず私は彼女と連絡を取っていました。彼女の身なりや生活は大学生の私から見たら驚くものばかり。私の大学終わりに会う約束をすると運転手つきの車で迎えに来てくれる事もしばしば。大きい家では飽き足らず、都内の5つ星ホテルで良くお泊まり会をしそこからバイトや大学に通ったものでした。週末温泉に行こうとなると都内からヘリコプターで温泉地まで。そんな豪華な生活をしていてもいつも少し彼女は寂しそうでした。22歳くらいの頃彼女は彼の子供を身籠ります。その少し前に彼は離婚をしたもの認知はするが結婚はしないということで彼女もそれに応じシングルマザーになるという選択をします。私は驚いたものの、彼女の選択を応援しようと決めました。彼は良く海外に出張に行っていました。なので、その日も私は彼女の家に遊びに行っていました。午前中の事彼女の携帯に一本の電話が。警察からでした。内容は、彼が薬物の所持、それもかなりの量で現行犯逮捕ということでした。その後彼女の家にも家宅捜査彼女の薬物検査取り調べがありました。彼女は家賃を払いきれなくなり引っ越しその後ストレスのせいか流産してしまいます。彼の突然の逮捕か子供が流れてしまった事が原因か彼女は摂食障害になり160センチで30キロ代にまで体重が落ち生活の為またキャバクラで働き始めました。精神科から処方された10種類ほどの薬を飲み酷い躁鬱病に悩まされていました。その上癌で亡くなったお父様の後を追うようにお母様が自殺。一人っ子で親戚付き合いもない彼女は一人ぼっちになってしまいました。彼女の精神は崩壊していました。話しても何を言っているのかわからない時もありました。恐らく薬とお酒の併用だと思います。大きな3LDKの実家には彼女1人ぼっち。そして引きこもり。彼女からの連絡も次第に薄れていきました。私はいつも心の片隅で彼女を心配していました。このままでは死んでしまうのではないかと。でもハチャメチャな彼女をどうすることもできませんでした。1年後くらいの事私の両親がハワイに2ヶ月ほど家を借りてのんびりするという事だったので私は彼女を誘い半ば強引にハワイに連れて行く事にしました。彼女の事を心配していた私の両親からの提案でした。1週間の滞在で彼女は少しずつ元気を取り戻していきました。一度日本に帰国したのち彼女は1年間語学学校に通いながら英語の勉強をする事を決め今度は1人でハワイに行きました。たまに話す電話での彼女の声は以前よりも生き生きとし年に1、2度ハワイに行く度に久しぶりに会うと太陽の下で生き生きと生活を送っている事が彼女の日焼けした顔から伺い知る事が出来ました。彼女はそこで同じ学校に通っていたスイス人の今の旦那さんと出会います。お互い留学を終え日本とスイスをお互い行き来しながら遠距離恋愛を重ねた後彼女はスイスに住む事になり間もなくプロポーズを受け結婚する事になりました。私は友人の結婚を心の底から喜びました。そして月日が流れ子供を妊娠。久しぶりにチューリッヒの空港で会う彼女はスイスの高カロリーの料理のせいか妊婦のせいか驚くほど太って丸々としていたけど新しい命を宿ってとても幸せそうにしてました。彼女の幸せそうな顔を見た瞬間空港で泣いてしまう程嬉しかった。英語も話せなかった彼女は日本から遠く離れた異国の地で今では流暢にドイツ語を話しスイスの自然の中で力強く生きていました。これからもずっと彼女と彼女の生まれてくる子供が幸せに暮らしていけますように。

      229
      2
      テーマ:
  • 22Aug
    • 断捨離

      お久しぶりです😊最後に5月にL.Aからブログを更新してから早3ヶ月。。。全く更新をサボっており最近の観覧数も悲惨な感じなんだろうな〜なんて思って、一昨日恐る恐るアメブロを開いてみると毎日すごい数の方が私のブログを覗いていてくれるみたいでとても嬉しい気持ちになりました^^更新楽しみに待っています。なんてメッセージをくれる方もいました。この場を借りてお礼させて下さい。いつもありがとうございますm(._.)m久しぶりすぎてどんな事を書こうかと15分ほどパソコンの前で頭を抱えております。最近こんな事してました〜的な事。なんかあるかなーと。。夏らしい事もしました。プールに行ったり花火も見に行きました。おしゃれなビアガーデンも行きました。野球選手とも遊びました。人気芸人に告られましたwでもなーいまいち。そうだ!この夏始めた事!!そうです。メルカリデビュー👏すごいですね、メルカリって。銀座の女子あるあるだと思うんだけど、とにかくいらない物いっぱいもらいます!おじさんセンスのイマイチな物。でも結構高価な物だったり。アクセサリーとか。カバンとか。ドレスなんかもね。同じお店に居るといつも同じドレス着ててもね。結構着たなーなんて思うとまだまだ綺麗でもクローゼットにしまっておいてそのままになってたり。銀座のお店は月一回給料日の後に新調日なる日があって、毎月その日は新しい洋服や着物を新調して出勤しないと罰金があるから月一洋服も買っているわけで。先日銀座の友人と『いらない物どーしてる?』の話から大手のリサイクルショップに出してる私に対して『もったいなーーい!!』の一言。翌日から私もメルカリデビューとなったわけです。出す手間はあるけど出品してみるとみるみる売れていくブランド物たち。どうやら安く出しすぎたんですね😓お店で着ていたダイアンなどのドレス私服の可愛い洋服たち、エルメスやシャネルのバッグ、ブランド物のお財布やポーチなど革小物。ルブタンやマノロ、ジミーチューなどの靴10足。アクセサリー頂いたお酒、未使用の化粧品、パパの着ていない洋服や靴、使っていないカメラなど電子機器。2日間かけてとにかくいらない物をバンバン出しました。値段交渉だったりコメントがいーーーっぱいきたりと結構面倒なこともあるし、発送も大変なんだけど、自分で売る方がはるかに高く売れるし、売れると結構嬉しかったりでかなりの数を出品しました。始めて2ヶ月で100万円達成💴💴💴もしかしてもしかして、このブログを読んで下さっている方の中で巡り巡って私の出品した愛の染み付いた物たちを買ってくださっている方も居たり居なかったり💔かなり素敵な物を結構破格で出しているのでブログを読んでくれた方は更に10パーセントオフ!!なんてサービスしたいところですが、そもそもID検索がないので諦めてまた時間がある時にせっせこと出したいと思います。私はそのお金で来週からマルタ島とスイスに旅行に行く予定です✈️ではでは皆様も夏の終わりをお楽しみ下さい💜

      82
      3
      テーマ:
  • 22May
    • California

      のロサンゼルスにいます🇺🇸最近忙しかったので友人と海を見ながら自然の中でゆっくりする為にメキシコに行き、今はサンタモニカにある素敵なホテルに泊まっています。今回は海の目の前のホテルシャングリラ。朝7時に起きて海沿いを散歩するのが最高に贅沢な時間。帰ったら沢山書きたい事があるんだけど。。。とりあえず今は帰りの荷物の重量オーバーが心配。・°°・(>_<)・°°・。

      149
      テーマ:
  • 13Apr
    • パパと彼氏

      久しくブログほったらかしにしていました。何をしてたかというと、これといって何もしていませんがついに彼氏が出来ました。2年ぶりです。そして初の年下。そうです。春が来ました🌸2年以上男っ気もなく毛も生え放題。蜘蛛の巣が張っていた私。改めて脱毛にも行き始めました。歯医者でホワイトニング始めました。毛羽立って履き心地の良いパンツとシミがついたヨレヨレのTシャツを捨て新しいかわいい下着セットとパジャマを買いました。フォトフェイシャルにも通い始めました。お相手は前回のブログでもお伝えしたレストランを経営する若きシェフ。出会ってあっという間にお付き合いすることなり久しぶりに幸せな日々を送っています。何がいいって美味しいご飯作ってくれること!朝目覚めると朝ごはんが用意されている事!お腹が空いたら彼のレストランに行けば美味しいお酒と料理にありつける事!彼目当ての目がハート😍になっている女性のお客さんたちを横目にご飯を食べるのも慣れてきた今日この頃。。。気付けば1ヶ月で2キロ増のこの体重どうにかせねば。。。彼と付き合って面白いのが2人で歩いている時に受ける女性からの彼への視線。私はもともと友達にも引かれるくらいのブサイク専門なので歴代の彼氏ではこんなことなかったから最初かなり驚きました。私からしたらタイプではないけど、世の中的には相当かっこいいんだなと。街中でも電車でも積極的に上目遣いで視線を送る女たち。通り過ぎると聞こえる「今の人超カッコ良くない?」というような黄色い声。私いるんですけど。と。最初の方は少しやきもきしてたけどそんなことも日常すぎて慣れてきました。先日、彼と私の犬を散歩していた時のこと。可愛らしい女性2人組が「かわいい〜〜ー♡わんちゃん触っていいですかー?」とリードを持っている私に聞いてきた。私は「もちろんどうぞ〜」なんて言って立ち止まったんだけどその後ちょろっと犬を触るなり、横に立ってるだけの彼に「かわいいですねー♡」「何歳なんですですかー?」とか目を輝かせて聞いている。最終的には「いつもこの辺散歩してるんですかー?」「お家がこの辺なんですかー♡??」とか。おい!犬関係なくなってるぞ!!とか思いながらこんなに女にモテるのにどうして年上の私のこと好きになったんだろうと不思議に思ったのでした。彼に言わせれば男からすると動物や赤ちゃんに向かって可愛い〜♡とか言ってる女の計算高い感じ男は本当に好きかどうかは大体わかるらしいです。。。まあ。こんな感じで毎日慎ましく幸せな日々を送っているけど、彼に伝えてないのがパパがいること!(>人<;)私のパパは世界に幾つか会社があるからいつもどこかを飛び回っているような仕事で日本にいるのは1ヶ月のうちたった1週間くらい。付き合いたては一緒に出張なんかついて行って仕事している間ホテルでスパや買い物なんかもしてたけど、出張だけあって日数も短いし疲れるから最近はあんまり行ってない。こうやって文章に起こすと絵に描いたような豪華絢爛 THE 愛人 LIFE。でも話せば長くなるけど付き合って3年の中で山あり谷ありの生活だった。旅行に行くと言ったら100万のお小遣いをぽんっとくれ、旅行はいつもプライベートジェット。お買い物に行けば高級ハイブランドのお店でここからここまで!をリアルにする人だった。そんなパパだったけど一時期仕事が上手くいかずすっからかんに。。。それまでのセレブのような生活からどん底まで落ちた。パパはクレジットカードも止まり、会っても現金1万円ないという日もザラ。ゴロゴロあった1000万越えする時計も全部質屋に持って行った。そんな会社のピンチの時に私は銀座で稼いだお金とパパからのお小遣いを貯めた全財産1500万を躊躇なくパパに渡したのだ。そして、給料を払うことが出来ず辞めてしまった秘書の代わりにパパのスケジュール管理やチケットの手配運転手まで私が全部無償でやったのだ。私は銀座で稼いだお金をパパに渡しなんとか会社が良くなればと願った。3、4か月経った後、無事に会社が立ち直って貸したお金もありえない程の利息がつき戻ってきた。今後何があってもこの恩は忘れない。どんな関係になろうと一生大事にする。と言われた。仕事も認められ今では彼の関連会社の役員になって無事に生活は戻ったわけだけどそんなこともあってか愛人というよりパートナーというか辛いことを乗り越えた同志となりつつある。ような気がする。セックスだって1年以上してないし、会話はもっぱら仕事の話。これから私が立ち上げる会社の出資者でもあるし、プライベートは好きにしていいと言われているから、彼氏ができたことは落ち着いたら話そうとは思っている。問題なのは新しくできた彼氏がそんなこときっと理解出来ない点だろう。自然と料理をこよなく愛し、素敵な両親に大切に育てられ日の光が当たるところしか歩いてきていない彼からしたら、こんな話小説の中だけの話だと思っていることだろう。次元がヅレた銀座の世界では聞き飽きたようなこんな話だって普通の人からしたら信じがたい話なのだ。

      163
      3
      1
      テーマ:
  • 11Mar
    • ほぼ独り言。箸休め。 pt2

      先日外苑前で素敵な人と奇跡的なナンパで出会いを果たしたんだけど、結果から言ってしまえばここで喜んで報告したいような内容ではなかったです。。。確かに顔は超タイプ。ファッションセンスもとても好み。(ここ重要)でも、超俺様系。美容院やネイルサロンを複数軒経営して成功しているという自信からなのか?終始自分の武勇伝やら俺って凄い!俺ってモテる!の話を散々聞かされて2時間後には机の下で中指立ててた。しかも帰りのタクシーに乗ろうとしたら「家、恵比寿ガーデンプレイスの高層階なんだけど一緒に夜景見ながら飲みなおさない?」って。辞めておきます!被せ気味に回答して早々と帰りました。もう会うことはないであろうイケメン。さようなら〜そんなことがあって私の男っ気のなさすぎを心配した友人が先日飲み会を開いてくれた。最近彼氏が出来た友人が彼の周りの友人達を紹介してくれるという事だった。モデル出身で今は俳優として一時期英会話のCMや不良系の映画にも出演しているあの方や、コーヒーのCMに出ているヒゲが凄いあの俳優さんなんかも来ていてなかなか楽しい食事会だった。食事を終え、2軒目は中目黒の外れのバーに移動した。その俳優の方と連絡先を交換していた時のこと。。お店のドアが開く音がして、ドアに目をやると少し前まで引きずっていた元彼が入ってきた。向こうは男2人こっちは超!飲み会。彼は店に入るなり私の前に来て「何やってんの?まあいいけど」と怒り気味に話かけてきた何やってんのって、、、「お酒を飲んでます。」としか言えず。別れたから関係ないんだけど気まずい雰囲気になってしまい、なんとなく居辛くなって私だけ名残惜しく早々と解散。世の中にこれだけ営業しているバーがあって、なぜこのバーを選んだんだ!元彼!楽しかったのに!!バカヤロウ!一人寂しくタクシーに乗ったところに、近所に住む友人から電話が鳴った。今あった出来事を早口で話すと、「ってゆうか家の向かいで飲んでるから帰り顔だしてよ!」と言うわけでそのまま次の会場へ。鞄のデザイナーをしているお酒が大好きなその彼女は学校の後輩だったという男性と飲んでいた。初めましての彼はなんと年齢27歳。4つ下のその彼は表参道にレストランをオープンしたての若きシェフだった。身長180センチ、玉木宏を少し幼くしたような綺麗な顔をした細身のイケメン。久しぶりに見た27歳男子の肌のプリプリ具合、発光するようなキラキラ具合、爽やかな雰囲気に驚くばかりだった。なんたって銀座ではシワシワのおっさんばっかりと飲んでいる私。年下やジャニーズにハマる女の気持ちが少し理解できたような気がした。カラオケに移動して大盛り上がりの中色々な話をした。話すととても近くに住んでいる事、彼のレストランも家の近所だった事。気付けば友人はいつもの通りロレツも回らず千鳥足。。。3時を過ぎたので解散しようという事になった。連絡先を交換する気もなくじゃ!また飲みましょうー!なんて言って解散しようとしたら彼から「今度良かったらデートに誘ってもいいですか?」との言葉。恥ずかしくなって「はい。」としか返事が出来なかったけど。今度はそんな人と出会った。長い事、春が来なかった私に続々と登場する男性達。しかも登場人物は全員イケメン。運が尽きてそろそろ私は死ぬのだろうか。✴︎いつも下手くそで下らないブログを読んで下さってありがとうございます。気付けは1日に1500人程の方がアクセスしてくださり本当に嬉しい限りです。マイペースで自分勝手なブログではありますが今後とも宜しくお願い致しますm(_ _)m                   

      103
      テーマ:
  • 28Feb
    • ほぼ独り言。箸休め。

      先日、昼間犬の散歩で外苑西通りを歩いていた時のこと。南青山3丁目交差点のスターバックス前にゲレンデが止まっていた。目が悪い私は、中の男性がこちらを見ているような気がして、知り合いかなー確かゲレンデ乗ってるって言ってたっけーみたいな感じで通りすぎたんだけど、近づいてみると人違いだった。そんなの一瞬の事で、そのままその車を通過して歩いていたんだけど、、、しばらくすると、「すいません」と後ろから声をかけられた。振り返ると、確か。多分。さっき見掛けた男性だった。「はい。」と返事をするなり驚いた。素敵な人だったから。あまりにタイプすぎたから。「あの。さっきあそこ歩いていましたよね?素敵だと思ったんで。話してみたくて。」まあ。普通のナンパだった。今まで生きてきて人並みにナンパはされてきていると思うけど、声をかけてきた人でタイプだった試しがない。大体はちょっとヤバそうな人。もしくはチャラそうな変態野郎。カッコよすぎて思わず顔が赤くなってしまったけれど、そこで少し立ち話をして電話番号を交換して別れた。1年半程前に彼氏と別れてから恋愛と全くかけ離れた生活をしていた。別れる前は憎たらしいくらいに散々喧嘩をしたけど、別れてから初めて自分はその彼のことを相当引きずっているんだという事がわかった。友人に男性を紹介されても、お食事に誘われても、なかなか気持ちが前向きになることはなかった。お付き合いして欲しいと告白をされても断り続けてきた。友人は、何もなさすぎる私を心配していたと思う。ホステスとして働いてきて、男性の嫌なところを見過ぎたせいか。日々男性と接し、恋愛ごっこのようなことをしているせいで何となく満たされていたのだろうか。私を含め、私の周りの友人は一見男には不自由していないだろう。と思われるような容姿をしていても、意外と彼氏がいない子が多いのは何故だろう。。。最近その別れた彼氏と中目黒でばったり出くわした。その時交わした言葉は一言「元気?」「うん。」「またね」それだけだったけど、久しぶりに顔を合わせたら私はこの人の事もう好きじゃないって確信出来た。その翌日こんな素敵な事が起きたのだ。(ただのナンパなんだけど。。。)今週末その人と食事に行くことになった。友人が前に教えてくれた言葉を思い出した。本当に自分にぴったりくる相手に出会うには違うのかなとと思う人とちゃんと別れなくちゃいけないどんなに一人が寂しくてもちゃんと別れるだって本当の縁は中途半端な人のところになかなかやってこないから。下らないブログで申し訳ありません。。。

      47
      テーマ:
  • 27Feb
    • 24歳の失敗

      銀座で働き始めて間もない頃銀座のクラブ界隈では有名な方と出会った。高速道路を走っていれば見えてくる看板新聞を開けば出てくるニュース。大きな会社を経営している方だった。当時年齢45歳。お父様が会長となりその方は2代目として銀座に飲みに来て居た。ママのお客様としていらしたその方は入店間もない新人の私を気に入って下さりすぐに席に呼ばれる事になった。「大事な大事なお客様だから、失礼のないように!」と言われ緊張し席に着いたが、ピンストライプのスーツに強面のルックスとは反対にとても優しい人だった。それから、週に2度飲みに来ては豪快に1本15万〜30万もするシャンパンやワインを空けていつもすぐに帰って行った。そのうち週1日は同伴で美味しいお食事に連れて行って下さり、食事が終わりお店に移動するまでの間に車代として必ず10万円の車代を下さった。当時24歳。アパレル会社の広報の仕事が過労の為ストレスで胃に小さなポリープが出来、手術が必要になりそのまま会社を辞め、無事手術で摘出した。その後、無一文になるまでヨーロッパを中心に色んな国を旅した後に入った銀座。とりあえずお金が無いと言う単純な理由で入った銀座は食事に行くだけで簡単に10万円がもらえる世界。普通では出逢えることもないであろう方たちに出会い、楽しく酒を飲み、私にとって毎日が新鮮でとても楽しい時期だった。私が一つ目に働いていたクラブは、今は引退してしまったが、銀座では知らない人が居ないくらいの伝説のママがいた老舗のクラブだった。引退した後もそのクラブで飲むことは一種のステータスだったのか、今考えれば連日凄い方たちが飲みに来ていた。新人の私は幸運にもそういう方達にとても気に入られた。全くの未経験の新人で酒もろくに作れず話も緊張してうまく出来ないのが逆に新鮮がられたんではないかと思う。私は、出勤する日全てに同伴が入るようになった。週2で来ていたその方も相変わらず毎週のように同伴に誘ってくれていたが、出勤が少ない私はその方の指定する日に別の同伴が入ってしまっている事が次第に多くなっていった。「来週の火曜日空いている?同伴で京味に行きませんか?」とその方。「ごめんなさい。その日はすでに同伴が入っています。お店で会えるのを楽しみにしています。ちなみに二週後のこの日は空いているので宜しければお食事連れて行ってください。」と。こんな調子だった。私は、働き始めたばかりで気を抜くことも知らず、苦手なお客様やママや他のお姉さんから振られた同伴も全て断ることもせずパンパンに予定を入れていたが、自分の中ではもちろん接しやすい好きなお客様だって居たし、そういう方達にお食事を誘われても断らないといけないという事に申し訳なさを感じていた。簡単に言えば、70歳のお金持ちのシワシワなおじいちゃまに体を触られながらつまらない食事をするよりかは、素敵な青年実業家や、スポーツ選手やかっこいい芸能人と食事する方が楽しかった。毎週来て頂いていたその方ともなかなか食事に行く事が出来ず、また、お店に来てくれたとしても別の席に呼ばれてしまえばなかなかゆっくり話しをする事が出来ない事が次第にもどかしくなっていった。店の中で、熱心に口説かれる私を横目に酒を飲んでいるのは楽しくないのであろうか、ある日その方からメールが来た。「仕事で参加しないといけないパーティーがあって京都に行くんですが、良ければ一緒に行きませんか?お店を休まないといけないのであればその分のお給料は心配しなくても大丈夫です。」と。びっくりした。けどなんだか嬉しかった。でも、相手は妻子あるであろう20以上も年の離れた男性。それまでにも、旅行に行こうだとか、毎月100万のお手当で彼女になって欲しいだとかの誘いも幾つかあったが、全て一つ返事で断ってきた。今まで年が近い男性としか付き合った事がない私からしたら、40、50なんて言ってみればただのおっさん。しかも大体不倫。完全に割り切って仕事をしていた。でも、その方からの誘いは簡単に断る事が出来なかった。出会って半年、食事をし、店で話しをしていくうちに私の中で少しずつお客さま以上の感情が芽生えてきていたのかもしれない。半月ほど考え私は結局彼にOKを出した。一泊で行く京都旅行。もちろん体を求められるかもしれない。そしたらどうしよう。。そんなことを考えてばかりいた。当日。私は彼と東京駅発京都行きのグリーン車に乗っていた。店以外で初めて会う彼も少し緊張しているように見えた。しかし、京都までの2時間の間話しは尽きることなくあっという間に到着した。京都駅に着き、迎えのハイヤーに乗り込むとハイアットリージェンシーに向かった。チェックインを済ませ、部屋に入ると今まで泊まったこともないような大きなスイートルームだった。興奮気味に部屋を驚いて見回しているとプレゼントが置いてあった。中を開けると、今まで見たこともないような本当に美しい着物だった。着物に全く詳しくない私でもその着物がとても高価な物だという事がすぐにわかった。「今日はお寺でのパーティーだからそれを着て出て欲しいなと思って。着付けの予約と美容院はホテルに予約してあるから行っておいで。」私は言われるがままに美容院に移動した。着付けのおばさま方も着物を見て驚いていた。片手で収まることはないであろう数百万円もする着物を着たのは生まれて初めてだった。着付けを済ませヘアメイクをしながら、彼の今日に対しての気持ちを感じ、後戻り出来ない状況に胸がときどきした。

      24
      2
      テーマ:
  • 04Feb
    • 彼女が堕ちるとき

      銀座で働き始めて6年の中で3つのお店を移動した。どこの店でもとても素敵な女性達に会う事が出来た。お世辞にも素敵とは言えない(本音を言えば最低レベルの)種類の女性にも沢山出会った。6年の中で、同じ席に座りお酒を飲み、私の横を何人もの女性が通過していった。何人かの女性が幸せな形を取り銀座を去って行った。それ以外の女性が先の見えない幸せを望み今日も銀座で働いている。私が初めて働いた超高級クラブで出会ったホステスがいた。水商売の世界に踏み込んだばかりの私は全てに対し緊張し、ホステス達がバックヤードで男の話や昨晩の客の話を笑いながら話す中に入る事が出来ずにいた。彼女もそうだった。同じくらいの時期に入った私たちは夜、店に入ると少しずつ話をするようになった。私は当日25歳、彼女は私の4つ上の29歳。DJを職業とする彼女は、それだけでは食べていけず夜ブッキングが入っていなければ銀座に出てきていた。私と彼女は大好きなミニマルテクノの話が出ると一気に距離が縮まり、男の話をしているお姉さん達の横で最近新しく出てきたアーティストや、気に入ったDJ、行きたい海外のイベントの話などを永遠としていた。私たちは、仕事が終わると一緒に帰るようになり、出勤前に食事をするようになり、休みの日に会うようになりお互いの家を行き来するようになっていった。彼女は若い時の平子理沙を外人っぽくしたようなお人形のような顔立ちにマルジェラやヴィンテージのグッチやイブサンローランの洋服にコンバースにベレー帽など、誰とも似つかない素敵なファッションをしていた。また、彼女の美しく染められた金髪は、おじさまウケが良いダークトーンな髪が多い銀座の中で彼女の魅力をとてもよく引き出していた。なんとなく可愛いとか有名なモデルがやっているとかではなく彼女の音楽の知識やDJのテクニックは素晴らしいセンスだったし、私は彼女をとても尊敬していた。私たちは行きたいイベントがあると、週末はもちろん、仕事終わりでも適当なことを言ってアフターを断り、美容院でセットした髪のままでもクラブに遊びに行った。ある日、彼女のDJを見に渋谷のクラブに行った時の事。彼女は自分のDJを終え、3階のVIPルームで男性と親密な雰囲気を漂わせ座っていた。彼は、40才弱にして、大きなインターネットの会社を経営し成功している傍ら、イベントのオーガナイザーや、外タレを呼んで幕張メッセなどで大きいフェスをやっているような、一部の世界ではかなり有名な人だった。彼女は程なく彼に気に入られ、彼の主催するイベントに多くブッキングされるようになり、あっという間に売れっ子のDJになっていった。しばらくして、彼と付き合うことになったと嬉しそうに報告してくれた。有名になるにつれ、銀座の出勤も週3、4日から、週2、最後は週1も来なくなった。私はそれでも構わなかった。DJの仕事も順調で、きちんと生活が成り立つのであればそもそも銀座で働く理由なんてないのだから。私たちは銀座で会わずともしょっちゅう会っていたし、そもそも人見知りが激しい彼女はお客様とうまく話が出来ず、DJの人気とは対照的にあまり人気が出ずお店には重宝されていなかったからだ。しかし、DJの顔になれば持ち前のルックスで雑誌を開けば彼女をしばしば見つける事になったし、ファッション系のパーティーのDJでもひっぱりだこだった。彼女と私は、ヴィトンやルブタンジバンシイ雑誌社のパーティーなどあらゆるパーティーに一緒に行った。しかし、有名になるにつれ、彼女はどんどん痩せていった。モデル業もこなす彼女が体型を気にするのはもちろんだが、いつ会っても顔色も悪く、昼間は全く家から出なくなっていった。それに加え、酒を飲む量も普通の人では考えられないくらいに増えていた。昼間電話で話すと落ち込んだように覇気がない彼女を、6時間後クラブでは男性達に囲まれすごいテンションで踊る姿を見かけるようになった。朝方突然泣いて電話をかけてきたり、意味不明な事を言ったりと奇行が目立つようになっていった。私は彼女に「色々な物」を少し控えるべきと伝えた。そこには、お酒だけではなくドラックをやっているんじゃないかという私の勝手な憶測で、それも含めて。捕まってしまったらすべて終わりだからと。いつになく真剣に話した。彼女は目を真っ赤にして話を聞いていた。それからしばらくして彼女は、彼から与えられた代官山の大きな家に住む事になった。お小遣いを使い切れないくらいもらい、好きなDJだけで生活する。彼女は目標にしていた夢を叶えたのだった。彼には奥さんがいたがそんな事はまったく気にしていなかった。彼女はとても幸せそうだった。彼と一緒に住み始め1年程経った後、彼女は年に一回ある有名な大きなイベントの前座として出演する事を嬉しそうに報告してくれ、スタッフパスを用意するから絶対に見に来てね!と言ってくれた。当日、友人何人かとイベントに遊びに行った。伝えられたタイムスケジュール。彼女のステージが始まる時間に合わせフロアに出た。しかし出てきたのは別の女性だった。曲が終わりそうになるたび次は彼女が出るんじゃないかと待ってみたものの彼女がステージに上がる事はなかった。この状況を説明出来るのは、彼女の彼氏であり、ブッキッングした本人であり、イベントの主催者である彼しかいなかった。私はパスを見せて控え室に彼の姿を見つけ詰め寄った。彼は私の顔を見つけると、ちょうど話をしたいと思っていた。と言った。部屋に2人きりになり彼は言う実は、借りている部屋に行ったら別の男と寝ているところを見てしまったから、別れたと言った。それも1度目は許し、今回は2度目だったという事。その浮気相手が彼の近しい友達だったという事。それで1週間前に別れ今回のイベント出演も取り消しにしたという事だった。正確には彼女の方から辞退したそうだ。彼は、彼女がどんどんドラッグに溺れ大好きなDJさえも適当になってしまっている事をとても残念に思っていると言っていた。絶対的にいつも彼女の味方で居たいと思っていた私もさすがにフォローの言葉も出て来ず何も言えなかった。彼女の生活はあっという間に奈落の底に落ちて行く。広尾の3LDK豪華な大きな家から、ワンルームのマンションに移った。あんなにひっぱりだこだったDJも彼の力がないとブッキングもなくなった。業界ではあの人の彼女という事でもてはやされていたが、関係が終わってしまえば色んな人の態度がガラッと変わっていった。彼女に憧れていた若く可愛いモデルのDJ達がいっぱい出て来て、30歳を過ぎた彼女のDJとしての価値はなくなってしまったようだった。また、長年続けてきた大量のドラッグとアルコール中毒のせいで手は震え、不規則な生活であっという間に老け込んでしまった。DJも目も当てられないほど下手になり、ピッチもいつもずれていた。お金に困るとまた銀座に出てきたが、バックれた形でお店を辞めた彼女は以前働いていた店には戻れるはずもなく、少しランクを下げたお店に入った。しかし、そこでやる気もなく、お客様を呼ぶことも出来ず、当日に連絡もなく欠勤したり遅刻したりとあまり上手いっていない様子だった。少しすると店はクビになり、また少しランクを下げたキャバクラに入った。しばらくするとまた同じような理由でクビになった。入店と退店を何度か繰り返すうちに彼女と連絡を取る事もなくなっていった。_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _2週間ほど前、渋谷の東急ハンズに用があり一人で歩いていた時の事。。。突然肩を叩かれびっくりして振り向くと彼女が立っていた。3年半ぶりに会う彼女は私がいつも一緒に居た時代の素敵だった彼女のプラス20歳は老けて見えた。髪の毛はパサパサ、笑った口元から覗く歯は汚かった。いつもあんなにお洒落をしていたのに、毛玉だらけのあり合わせ洋服を着ていた。見るからに不健康な顔をしていた。「久しぶり!元気?」など一通りの挨拶を終え、私が言葉を探していると「銀座出てる?」と聞いてきた彼女。「今、○○っていうお店にいるよ」と私。「銀座で働いてる?」という私の私の問いに彼女は答える。「今デリヘルで働いてるんだ。けっこうお金よくてさ。」私は「頑張ってね。」としか言うことが出来なかった。それ以上話す事も見つからず一言、二言、話をして別れた。なんだかとても悲しかった。彼女の未来の夢に向かって輝いている時間は終わってしまったのだ。彼女はもう美しくもない。今はターンテーブルに触る事もなく、ただただ男のアソコを相手に毎日黙々と仕事しているのだ。私は、出来れば彼女に会いたくなかった。そうしたら彼女との綺麗な思い出だけが残るから。。。。。Iphoneに彼女が作ってくれた好きなプレイリストがある。それを聞く度に彼女が大勢の観客を沸かせ、沢山のフラッシュライトを浴びている姿が鮮明に蘇る。

      54
      4
      テーマ:
  • 21Jan
    • ホステスの体型維持

      明けましておめでとうございます✨今年の年越しはタイのプーケットでホステス仲間とゆっくり過ごしました☀️ナイトアウトでクラブのニューイヤーパーティーに行ったり、綺麗な離島でスキューバをしたり、朝ビーチでヨガをしたり、スパに行ったり、プールサイドで読書をしたり、毎日ほぼすっぴんで美味しいタイ料理を毎日食べて健康的な1週間を過ごす事が出来ました。(本当に海が綺麗だった😭)1週間で見事に真っ黒に日焼けをして帰ってきて早速、寒暖差にやられて風邪を引いてしばらく引きこもっていましたが😷それにしても、毎日寒い日が続いて外に出るのも億劫な日々。。。風邪をひいていても、寒くて引きこもっていても、なくならない食欲🌀また同伴をすれば美味しいボリューミーなコース料理を食べるのもしばしば。今日は鉄板焼き、明日は天ぷら、明後日はお寿司、明々後日はフレンチ。どこも、高級な予約が取れない有名店なので、あれこれ残したりするのはご法度だし、お腹いっぱいでも無理をしてなるべく食べなければいけない。食事が終われば、店でお酒を飲みながら、お客様に出されるチャームを一緒につまみながら仕事して、アフターになれば、また不思議とお腹は空いてくるもので、ご飯を食べたり、家に帰ってからお菓子をむしゃむしゃ。。。昼間は死んだように寝て、翌日になればまた同伴でがっつりご飯。相当な自己管理能力がなければ太っていくのは当然なのだ。銀座のホステスで、働き出して明らかにどんどん太っていく女性がいる。世のおじさま方は細いより豊満な女性の方が好きな人が多いし、今日も綺麗だねーなんて言われて自分にどんどん甘くなっていくんだろうなーーーと。思いながら彼女たちの二重顎を見て自分に活を入れる。私は、もともと痩せている方だ。身長165㎝、体重47キロ。そんな私でも、体は細いのにお腹だけはポコっと目立って出てくるようになってきた。これも、銀座の女性に見られる特徴だ。細いのに、お腹周りだけ贅肉が目立つ。このままじゃダメだーと思い、ここ最近さぼりがちだった溶岩浴ヨガに行ってきた。もう4、5年、週1プールで1km泳ぐのと並行して恵比寿のアリュールといスタジオに通っています。体も柔らかくなったし、ありえないくらいに汗もかくから終わったらかなりスッキリ!今週は3回も行って、食事も少し気をつけて体重 -1、5キロ、体脂肪率 -4パーセントで正月太りと運動不足を解消してきました😆ここのヨガスタジオ、面白いのが、朝のクラスと、アフター5以降は、OLさん風の仕事終わりの人たちがたくさんいるんだけど、昼間行くと、きっと主婦だろうと思われるようなおばさまと、綺麗な女子ばっかりなんです😲鏡越しにキョロキョロと見回すと本当にすっぴんでもびっくりするくらいの女性がいっぱい。テレビや雑誌で見かけるモデルやきっと芽が出ない芸能人の卵のような仕事をしている人やホステスもいっぱい。。。私と同じお店の子も4人通っているし昼間2、3時にヨガに通えるのはきっとそんな人種しかいないんだろうなーと思いながら、運動しています。またクラスが終わって、私服に着替えた後に昼間のOLでは買えないような色んなハイブランドの新作のコートやバックなんか見るのもちょっとした楽しみw昨日なんて、私が受けたクラスの先生が同じクラブのホステスの子で、受けてるのも私を含む同じクラブの友達3人。昼間からすっぴんで顔を合わせるのもなんか面白いなと思いました。このまま、何もしないでぶくぶく太っていくより、運動して汗をかいて美肌にもいいこと今年から始めてみるのはいかがですか?今年は体質改善を目標に、ヒデトレに通いたいと思っています。そして、今週末はボクササイズに初挑戦❗️

      31
      2
      テーマ:
  • 06Dec
    • パパが逝った

      すっかり季節は冬に変わり11月だというのに都内では何十年ぶりに雪❄️が降った日、私と仲が良い銀座のホステス2人で、以前同じお店で働いていた友人のお家にお邪魔した。ホステスが銀座を上がる理由はそれぞれ。-結婚する-昼間の仕事に戻る-夜の世界に疲れた-体を壊した-売り上げやノルマが達成出来ず首になった他にも理由はあるだろうが、彼女が上がった理由は大金持ちのパパが出来たからだった。彼女と私は入店した日が何日か違いで年も近かった為お店ではすぐに仲良くなった。彼女は、女性の私が見ても惚れ惚れしてしまう容姿だった。初めて彼女を見た時は美しさのあまり「本当に綺麗ですね。」と口にしてしまった程。170センチの高身長に真っ白な肌、整いすぎている顔立ち。中谷美紀のような和服も似合うキリッとした顔立ちだった。後にも先にも彼女ほどの容姿の美しい女性は見ていない。彼女が人気のホステスになるまで時間はかからなかった。彼女目当ての客が毎日沢山来たので、彼女が一つの席に着くのはほんの10分くらいだった。1ヶ月全ての日程に同伴が入っていた。他の店のママ達までもが、どんな女なのか飲みに来た程だ。お店のオーナーママは彼女をよその店には渡さないと必死で、彼女の日給はあっという間に8万円になった。それに合わせて家賃20万の負担もプラスされた。店で人気が出れば出るほど給料も上がる。それに比例してホステスの身なりも変わる。彼女はいつもシンプルで上品なドレスを着ていた。装飾品も高級だけどさりげない小さいものを少しだけつける。彼女は自分の見せ方をとてもよく知っていた。働き始めて3ヶ月後、彼女は毎日和服で出勤するようになる。お客様の「最近どうしていつも和服なの?」という問いに、彼女は「ママが和服の方が似合うから大変だけどお着物に変えたんです。」と答えた。お客様は皆納得。でも本当は、近いうちに彼女を水商売から上げるであろうパパ候補が、肌を見せるのを禁止したのだった。ある日彼女に相談があると呼び出された。彼女の相談はこうだった。今、付き合おうと言われている人が居て悩んでいると。その彼に銀座を辞めろと言われている。よくある話だ。毎日着物を着ている理由もそのとき聞かされた。彼女を射止めたその方は、大阪で大きな病院を経営する年齢73歳の男性だった。彼は、銀座を辞める条件としてまずは手付金1000万、毎月300万のお小遣い、家は彼が払うマンションに住むという条件を彼女に伝えた。私はその金額に驚いたが更にそのあと彼女の「でも、実は恋人が居て、、、女の子なんだよね。彼女が。」という言葉に更に驚いた。彼女はレズビアンだった。パートナーの彼女は無職で、彼女は生活全ての面倒を見ていた。その男性には彼女の姉という事で紹介済みで、彼の契約したマンションには一緒に住むと話した所、快諾してくれたということだった。彼女のパートナーの女性の写真を見せてもらってたまげた。2人が頬を寄せ合って写る写真には、彼女の3倍はあるだろう顔の大きさの30代ばの女性が映っていた。やっぱり自分の容姿が美しい人は相手に美を求めないんだな。と納得。。。そこから1ヶ月程で、彼女は田舎に帰りますという言葉を残し銀座を去って行った。彼女は時たま私に電話をかけてきては近況報告をしてくれた。パパは大阪に住んでいるので月に2度ほど東京に来た際に会うだけ。たまに彼が泊まるホテルに一緒に泊まってもあちらの方は年齢もあってあまり元気がないようで一緒にお風呂に入って終わり。。。後は、彼女のパートナーと毎日ラブラブに暮らし旅行に行ったり買い物に行ったりと豪華すぎる生活を楽しんでいるという事だった。そこから2年、彼女からの連絡も減り、少し前に久しぶりラインをしたところ家に遊びに来て!という事だったので、その日はピエールエルメのマカロンを買い彼女の家にお邪魔したのだった。久しぶりに会う彼女はかなり太っていたが、顔は相変わらず綺麗だった。彼女のパートナーである女性は化粧気もなく驚くくらいに太って更におばさんぽくなっていた。見る人が見れば姉妹ではなく母娘のようだ。2人とも2年間仕事もせずだらだらとした生活を楽しんだ事を彼女達の体や、家賃100万もする広すぎる部屋から感じる事が出来た。4人にしては大きすぎるダイニングテーブルで他愛もない話をしながらお茶を飲んでいた時だった。唐突に彼女は言う、パパが1ヶ月程前に心筋梗塞で亡くなったと。だからここももう出ていなかくちゃいけないんだよね。。奥様から連絡が来て2ヶ月後には出て行って欲しいと。今までの分はいいから2ヶ月分の家賃は自分で払わないといけなくなった。と。落ち着いたらこのマンションの名義を私に変えて、自分がいなくった後も心配しないで生活を送れるように責任を持つと話していた矢先の急死。彼女を支える者は居なくなった。でも、付き合う時にもらった1000万や月々300万のお小遣いでかなりの蓄えはあるんじゃないの?そこそこの家に引っ越しして、また2人で仕事をしならがら一緒に住めばいいんじゃない?という私の問いに彼女は言うそれが、全部使っちゃったの。と。2年間で7200万と手付金で1000万、計8200万。。。それが今手元に150万しか残っていないという事だった。クローゼットに溢れるばかりの洋服やバックやジュエリー達。買いたい物があればどれでも破格で売ってあげるよ!と彼女の顔は必死だった。いくつかの洋服とバーキンとケリーバック、ハリーウィンストンの時計を買った。彼女の家からの帰り道、以前、彼女が銀座で大人気だった頃や、パパと付き合ったばかりの贅沢三昧の生活を楽しんでキラキラしていたときの事を考えた。今の彼女の姿は金策に必死に駆けずり、体も肥えてみすぼらしく、悲しい気持ちになった。それから1週間経った後、彼女から電話が来た。泣いていた。彼女が外出から帰ってきたら、パートナーである女性が居なくなっていた。金庫に残していた残りのお金と、これからディスカウントショップに持って行こうとしていた高価な物を全て持って逃げられたと。がらんどうの大きな家に残るのは、新しい家には恐らく持ってけないであろう大きすぎる家具と身の回りの物だけだった。彼女はここから、また銀座に戻るであろう。100インチの大きすぎるテレビを小さい部屋に置いて。昔より少し綺麗じゃなくなったって、太ってしまったってきっと大丈夫だと思いたい。

      38
      2
      テーマ:
  • 05Dec
    • 銀座の女の金銭感覚

      「先月は、イタリアと韓国にいって〜」「今月は、寒くなってきたからバリでスパ三昧とハワイに行って、今週は名古屋までビックバンのコンサート行ってくる!」休みの度に旅行に行く仲の良いホステスが居る。ってゆうかお宅のワンちゃんもう預かって3週間になるんですけど。犬を飼う資格がないなと呆れながら、ペットホテルに預けるのは可哀想だし、毛も伸びてきたからトリミングにも連れて行く。犬を迎えに来がてら、最近家の近所に出来た青山のELLE CAFEで待ち合わせ。少し日に焼けた彼女はスッピンでも美しい。仕事中着飾ったドレス姿とは対照的ないつものラフなジーンズ姿。焼けた肌に新しい200万以上はするであろう✨カルティエのダイアモンド✨が散りばめられた腕時計が光る。また時計買ったの?という問いに「旅行に行った記念にね〜。」といういつもの返事。話は脱線するけど、銀座の女には2パターンあって、一つはもともと年上やおじ様が好きで結構本気で恋愛とかしちゃうタイプ。不倫大歓迎。恋愛もしてお小遣いをもらって彼が言うならと水商売も上がっちゃうタイプ。もう一つは、仕事中は笑顔で接客して、今日かっこいい!好きになっちゃうかも♡とか言いながら実はおじさん嫌い。年上が好きです!とかお世辞言ってるけどプライベートでは20代30代前半の男しか興味ないっていうタイプ。彼女は完全に後者のタイプで、持ち前の容姿や話術で最初は口説いてくるお客様もいるがそこはバッサリ却下。そこで離れていく人もいるけど、彼女の持ち前の明るさや男勝りの飲みっぷりやハッキリと物を言う性格に惹かれ色恋なしに気に入ってくれるお客様は後を絶たない。毎月ナンバー1か2を争う人気ホステスで今までの最高月収は300万。彼氏もいないから、休みのたびに女友達と行く海外旅行も、旅行のたびに記念とか言いながら買う高級な腕時計やいくつ持ってるのかわからないエルメスのバックも全て自分の稼ぎで買っている。欲しいものは全て自分で手に入れる男勝りな女。それだけ自分で稼いでいるし、それをどう使おうが自由だけど彼女の金銭感覚は同世代の女子からは全くかけ離れている。恐らく私もだけど。彼女は「ハワイのお土産〜☆」と言って鞄からオレンジ色の袋を差し出した。普通の20代後半の女子は、ホノルルクッキーとかヴィクトリアシークレットの5枚で30ドルの下着とかABCマートのマカデミアナッツとかが定番のお土産。彼女のハワイのお土産はエルメスのお財布だった。この間お誕生日だったし犬預かってくれたから!と。値段のことは考えたくないけど2、30万はするだろうものを女友達にぽんっと買う彼女。ハワイ感が全くないハワイのお土産。ありがたく頂いたけど、帰り道一体彼女のお誕生日には何をあげればいいのだろうと考えた。彼女の夢は、都内にオーガニックのカフェを開くこと。その為に毎日苦手なおじさま相手にお酒を飲んでいるのだ。バカみたいに豪快にお金を使う彼女。いつになったら一体カフェの資金は貯まるのだろうか。溜まっていくのは売っても二束三文にしかならない豪華なジュエリーと普段は全く着る機会がないデザイナー物のドレス、100足は下らないハイヒール達だけ。

      19
      テーマ:
  • 15Nov
    • 銀座の悪人

      銀座の女は自立している。愛人家業が大忙しでパパのご機嫌取りに力を入れている女も沢山いるが、皆、夢の為、家族の為、ヒモの彼氏の為、働く理由は様々だが、毎日体を酷使して酒を飲み働いているのだ。私が店で仲良くなった29歳、元エステティシャンの女もそうだった。九州にいる貧しい家族の為に毎日休みなく働き、お客様が言えば焼酎のボトルをひるまず一気する女。何度酔っ払った彼女を連れて家に帰って、一晩中トイレで戻す彼女の髪を後ろで束ね持って背中をさすった事か。先日、仕事終わり彼女に飲みに誘われた。店に入って早速彼女は「今月いっぱいで店を辞める。海外に行く事が決まった。」と言った。色恋営業をする事が一切ない彼女。彼氏やパパが出来たとは思わなかった。話の内容はこうだった。先日彼女は、自分のお客様が連れてきた新規のお客様と、店で将来の夢の話したそうだ。どこの店から移って来たのか、なんの為に銀座で働いているのか聞かれる事はよくある話だが。それを聞いた彼は彼女の夢に対し、お金を出資してくれるというのだ。彼女の夢とは、ニューヨークに行って語学と最新のエステを学びその後東京でお店を開くという、言葉は悪いがホステスにはありがちな夢だった。彼女の人柄とやる気を買った彼は、本気でやりたいと思うなら、明日昼間に話しを詳しくゆっくり聞こうと言うことで、早速今日の昼間会って話しをしてきんだよ。と。そんな話をしているうちに、ちょうどその彼から連絡が来た。これから会おうと言っているからよ良かったら紹介したいし一緒に来ないか?と誘われた私は、怪しさと興味本位で一体どんな人なのか気になり彼が待つ赤坂まで一緒についていく事になった。歳は60代後半から70代前半くらいと思われ、赤坂で大きな弁護士事務所の会長をしている清水というその男性は、10年ほど前に妻に先立たれ子供も自立したのち、たくさんの若者に対しやりたい事を応援するべく、金銭的なサポートをしているそうだ。身なりは、いかにも高級そうな洋服を着てシンプルだが高そうな時計をさらりと身に付けている。その時の印象は、決して悪くもなく、怪しいとも感じない、小柄な優しい上品な老人だった。彼は自分の話はあまりせず、初めて会う私の経歴を色々と聞いてきた。生まれは?昼の仕事は?将来の夢は?出身大学は?彼は、私の出身大学や、生い立ち、職歴、トリリンガルに関心を示した。ニューヨークのマディソンアヴェニューに物件があり部屋がまだ空いている。そこで既に出資をし、勉強をしている女性2人組がいるから、まず何ヶ月かはそこで英語を学び彼女達のサポートをしながら、現地のエステの勉強をすればいい。と話していた。ちょっと前に良くバラエティー番組に出て、サッカー選手と熱愛があったあのタレントも何ヶ月前から仕事を手伝わせてニューヨークを行き来させていると話しながら、彼女との写真を見せてきた。そんな話をしながら、私は彼と連絡先を交換し、その日は別れた。翌日、その老人から君とゆっくり話がしたいという連絡がきた。仕事の昼休みパレスホテルで一人ランチを取っていると伝えるとすぐに彼は現れた。席について早速、老人は私に「君は頭もいいし、言葉も3ヶ国語話せる。今進めている仕事があるんだが、是非とも手伝って欲しい。もちろん銀座はやめてもらう。お金のことは心配しなくて大丈夫」と言った。彼の話はこうだった。銀座で貯めようと思っていた金額を全額補填すると。キャッシュをそのまま渡してもいいが、これから投資を考えている案件があり君が自分の持ち金を預けてくれたら必ず倍にして返すと。500万預けてくれたら1000万に。800万預けてくれたら1600万に。それも1ヶ月半で。それで君は晴れて銀座を辞める事が出来る。この話はみんなに言っているんじゃないよ。君は特別だから、と。そう言って彼はトイレに立った。机にあるのは銀行の預金口座のコピー、ご丁寧に見てくれと言わんばかりに私の方を向いて置いてあった。その額15億円。びっくりしたが、なんだか怪しい。。そもそも、昨晩会ったばかりの私にお金を倍にしてあげるなんて、おかしな話。それも投資で。こちらから銀座を辞めたいともお金に困っているとも助けて欲しいともお願いしていないのに、向こうから美味しい話を持ちかけてきて。。断ろう。私は戻ってきた老人に少し考える時間が欲しいと言い仕事に戻った。帰り際、今日中か明日にでも返事がなければこの話はなかったことにすると言われ、このまま連絡を取るのを辞めようと思い別れた。その日の仕事中ずっとその事を考えていたが、考えれば考えるほどおかしいと思った。まず、名刺を出さない事、偉い方なのに運転手がいるわけでもなくハイヤーを雇うわけでもなくタクシー移動、こちらから突っ込んだ質問をするとなんとなくでしか答えてくれない事。仕事終わり、紹介してくれた友人にその事を伝えるべく電話すると、今銀行だから後で電話をすると言ってきた。私は彼の発言や言動の怪しさ、私が感じたことを正直に話した。私にも同様の話が来たが断ろうと思っている。だから馬鹿な行動は絶対にしないように!と彼女に強く言い、折り返しの電話を待った。1時間後。。。彼女の電話に驚愕した。清水に自分の貯金全額700万預けたと。私は、安易にそんな軽々とお金を渡した彼女に驚いた。彼女が言うには、きちんとした書類も交わしたと。むしろ、1ヶ月半後に戻るであろう1400万に胸を躍らせているのだ。馬鹿としか言いようがない。私は早速彼女に書類を全部送らせて弁護士の先生に相談したが、内容はめちゃくちゃだった。記載されている住所も調べたが実在しなかった。そもそも名前さえ合っているのかわからない。それを真剣に彼女に伝えても、あの人はちゃんとした人だし連絡も取れているからと安心しきっている。それから1ヶ月半の間、私にも早くお金を作れと清水からの連絡が絶えなかった。私はあの日パレスホテルで会った日以降彼の電話に出ることはなかった。約束の1ヶ月半後、、、清水のケータイは解約されていた。時すでに遅し。私の知らないところで彼女は別の仲の良いホステス2人を同様に紹介し、またその友人も400万と300万渡していた。清水は、知る限り1ヶ月半で1400万のお金を手にし、姿を消したのだ。彼女は店に全てを話し、弁護士を紹介してもらったがお金が戻ってくる可能生は低いと言われたそうだ。友人のホステスまでも巻き込んで彼女は店にも居づらくなり、店からも消えていった。彼女はいなくなる前言っていた。何年か頑張って働いたお金がこんな形で一瞬にして消えてしまうなら、思いっきり整形でもするか、親孝行のためにパーっと派手に旅行でも連れて行ってあげればよかったと。実家の家の建て替えのお金を払ってあげようと思っていた。とうちに来て泣いていた。彼女はこの銀座の街で今日もあくせく働いていることだろう。騙された心の傷をバネに、ホステスとして本音を隠し嘘や見栄重ねて生きて行くのだろう。

      45
      テーマ:
  • 01Nov
    • 女は歯が命

      銀座で働いていて、よく思う事。。。「この人、こんなでっかいダイアモンド付けて、ヴァレンチノとかシャネルのとんでもなく高いドレス着て、国産車2、3台くらい買えるギラギラの時計付けてるのに、なんで歯汚いの、、?」私が働いているお店のママも実はそうで、、、顔立ちは中谷美紀のような色白な美しい顔、いつも仕立ての良い着物に綺麗なまとめ髪、日替わりのエルメスのバック。なのに、笑うと前歯が黒い。。。。。ナンデ?ナンデ??ヤニ?虫歯?あーーもったいない!!幻滅。お金あるならまず歯治して〜〜って!っていつも思います。なんとなく感じた事だけど、お顔や、胸を大きくするような手術をしてる子ってきちんと歯にもお金をかけてる気がする。整形バリバリの韓国人のような顔立ちに真っ白な歯。よく銀座で見かけます。顔の完成度はいいとして、笑った顔が綺麗そんな私も、19歳くらいの時に、男性から何気なく言われた「意外と歯並び悪いんだね。」という言葉が相当ショックで、某整形で有名な、品○整形外科の歯科にお世話になり、前歯6本をセラミックに変えました。お金ない19歳からしたら70万円は初めての高い買い物でしたが、とんでもない回数のローンで綺麗な口が完成されました。その後、知り合った歯医者さんに見せたところ、あまりに粗雑な出来上がりにびっくりされ、タダで全て治してもらいましたが30歳になり、親知らずと、今の歯は少し白すぎる事が気になり始め、何気なく銀座のお客様に話したところいいところがあると紹介して頂いた、ホテルの中にあるセレブ向けの歯医者に先日行ってきました。ここは、どこかのサロン??と見間違えるほどの高級感。知っている絵画なんか飾ってあったりして、病院とは思えない、假屋崎省吾とか好きそうなロココ調の高そうな家具達。絶対とんでもない額を請求されるに違いない!!ドキドキしながら診察をしてもらって、びっくり。私を紹介してくれたのが、某有名企業の社長さんというだけあって、そのご紹介の方なので今回特別な価格にさせて頂きました。という言葉と共に渡された請求書。。¥5,000,000-え?500万!!??いや、私を何者だと思っているんだ。紹介してくれた人は凄いけど、一般人の私が払えるわけないだろ!!という事で、紹介して頂いた方の事も考え、親不知の抜歯と歯のクリーニングだけお願いする事になりました。それだけで、10万円もかかったけどその後、結局別の知りあいの方から、私の家の近所でいい歯医者があるという事で、ようやく全てのお直しが終わったけど、それでも結局100万円はかかりました。もちろん分割で。女って美しさにお金をかけようと思えばいくらでも注ぎ込める。新作の靴、これから着たいかわいいアウター、美容院でトリートメント、マツエク、ネイル、エステ...でも、ちょっと待って!にこっと笑った笑顔、ムキ出しになった歯、メイクよりもネイルより見られてるから

      27
      2
      テーマ:
    • 水光注射その後...

      先日、話題の水光注射(ダーマシャイン)を初体験してからしばらく時間が経ちました。いろいろな口コミや体験談を読んだけど、中にはあまり効果が感じられないという感想も多数ありましたが、私の個人的な感想から言えば、肌の水分量が上がり、毛穴が目立たなくなった!!!これは本当にやってよかった!!施術を受けて2、3日はファンデーションで隠せるけど、穴を開けたところがポツポツと赤くかさぶたのようになっていたけど、その時から自分の肌を触ると今までに触ったことのないようなプリプリとした肌触りでびっくりでした。これは自分の肌なのか!!?と😲それよりびっくりしたのは、気になっていた毛穴かかなり小さくなったこと。私は、毛穴の縮小に効果のあるボトックスも一緒に打ってもらったせいなのか、ファンデーションを塗ると陶器のようなお肌に。鼻の毛穴が結構ポツポツしているんですが、それもかなり小さくなったと思います。今まで、フォトフェイシャルや、ピーリング、トーニングなど、効果があると言われる物を片っ端から試してみたけど、ここまで効果を感じたのは初めてでした^^今月の予約も待ち遠しいくらい!!目指せ、韓国人の水光肌!

      7
      テーマ:
  • 21Oct
    • 美しい肌 -水光注射-

      どんなに整った顔立ちをしていても肌が汚いと美人度って低く見えますね...逆にあまり顔立ちが整っていなくても肌が綺麗だと、その美しさに目を奪われたりするほど女性にとって肌ってとっても重要な事だと思います。あとは歯並びも。私は親譲りの皮膚の強さなので、ニキビやシミなどに悩まされる事はあまりないけど、やっぱりアラサー💧やっぱり20代前半の時のような肌とは程遠いので、荒れた食生活や寝不足が続きなんとなく調子が良くないな。。。という時はビタミンC点滴やレーザーなどをたまに打ちに行っていました。私の友人で、とびきり美人な上に驚くほどの美肌のコがいるんですが、この間会った時に一体何をしてるのか聞いたら、普段の基礎化粧品は石井クリニックのドクターズコスメでシンプルに済ませ、あとは定期的に水光注射を打っているとか。そういう友人からの聞き込みってネットで調べたり雑誌で読むよりよっぽどの説得力がありますよね。早速予約を取って、行ってきました。まず、水光注射とは、、名前の通り、肌に潤いを与えてみずみずしく光沢を放つような肌にするということ。専用のマシンを使って、ヒアルロン酸を細かく注入することで、肌の中にある水分バランスを整えて、肌にうるおいやハリを与えるという治療。 乾燥肌の人、くすみが気になっている人、ニキビや小じわなどでお悩みの人におすすめという事。当日、先生に自分の肌の悩みを話したところ、ヒアルロン酸に1万円追加でボトックスをプラスするとさらに毛穴の縮小に効くという事でこれもお願いしました。マシンで皮膚を吸い上げ、5本で一対になった剣山のような針を一定の深さに刺し、そこからヒアルロン酸とボトックスを入れるという、構造としてはかなりシンプルな物でした。クリームの麻酔と直前までアイスノンで肌を冷やし麻痺させていましたが、所々結構な痛みがありました。何より、肌に針が突き刺さる時プチっという感覚がありちょっと怖かったですが、あっという間に無事終了。鏡を見てみると、無数の虫さされのような赤いポツポツ😲とした盛り上がりと所々からの出血でかなり酷い状態に。。。この赤いポツポツは、ヒアルロン酸を打っている為、馴染むまで少しの間盛り上がっているそうですが、家に帰ったら引いていました。とにかく、顔に針で穴を開けているので、針で刺した赤い傷は何日かは残るみたいです。翌日、朝起きて肌を触ったら確実にいつもより水分があるプリプリっとした感触がありファンデーションのノリもいい気がしましたが、、今日会った人に何か言われるわけでもなく、、まだ赤い注射の後も残っているのでしばらく様子を見てみようと思います。友人曰く、3回目くらいから本当に肌が光るようになるよ!!との事だったので後3回はやってみようーー!それにしても、美肌になれるものならと、針で刺してみたり、レーザーで焼いてみたり、、、何か注入したり、女性って根性の塊だな。。。

      12
      1
      テーマ:
  • 11Oct
    • 女って顔じゃない

      長い間銀座で働いていてわかった事。超絶美人だからといって人気になるわけではない。これって、銀座の世界だけではなく世間でも通用する事だと思う。この仕事を始めて間もない頃、お店の女性たちの中には見惚れてしまうくらい綺麗な人がいて本当にびっくりしたものだった😵そりゃ、こんなに美しい人を喜ばせる為には、一本何十万もするワインやシャンパンを入れてしまうよな〜。と感心したものだった。と、同時に、ん?と思うようなホステスさんが居たのも事実。顔はお世辞にも綺麗は言えない地味な顔立ちだし、体型もお腹が出ておばさん体型。入り口にいるクロークのお姉さんの方がよっぽど綺麗だったくらい。。そんなレベルのホステスさんがいるのが不思議でならなかった🌀ある日、私の仲の良い美人な友人が水商売を始めたいと言う事で私がいるお店を紹介したらあっさり落とされた。別の友人も落とされた。紹介した友人本人も、自分の容姿にはかなり自信があったからかなりびっくりしていた様子だった。私としては、お店に在籍している、あのあまり綺麗じゃない人が働けて、なんで友人が落とされたんだか、全然理解出来なかった。。しばらく、働くうちにわかった事。同じお席に、その綺麗じゃないホステスさんとついた時。彼女はとにかく聞き上手だった。お客様が話す事にまっすぐに目を向けて、うんうん。それでそれで?と上手に相槌を打ちながら聞き役に徹していた。大体のホステスは、実は大して話を聞いていないと思う。だって、酔っ払ってる人が言うことなんて、下ネタか下らない自慢話、家庭か仕事の愚痴だし、中には同じ話を毎回する人だっている。でも、彼女は嫌な顔一つせず、いつも無邪気に笑っていたし、お客さんをお客さんとして割り切って我慢して話すのではなく、本当に楽しそうに接していたのだ。普通の日もあれば、酔っ払って裸足でお店を歩いて、顔に落書きしてケラケラ笑ってる日もあった(後日罰金を受けたみたいだけど)酔っ払って怒っている日もあれば、お客様の肩にしなだれかかって甘えている日もあった。こちらがドキッとしてしまうくらい失礼な事を言ってヒヤヒヤする事もあった。彼女の取り繕わない人間としてあまりにナチュラルな姿は、見ていてとても気持ちが良かったし、そんな姿にお客様は心惹かれたんだと思う。そこに容姿は関係なく、彼女の無邪気な姿に親近感を覚えた。ガールズトークでよく話題になる、タイプの人と実際付き合う人は違う。これって、外見もある程度は大事だけど結局は人間力としていかに人を惹きつけられるかだと思う。彼女よりいくらでも容姿で勝っているホステスはいた。でも彼女ほど印象に残る魅力的な女性はいなかった。好きな人と両想いになる10の法則とか読んで、男受けするようなファッションとかメイクだとか勉強しても人間としての魅力がないと意味なんてない。そんな彼女とプライベートでも仲良くなるのに時間はかからなかった。

      23
      テーマ:
  • 09Oct
    • Movie Night!!

      今日は映画デー✨始まったばかりの時に見に行ったら、一番前の一番端の席しか空いてないとの事だったので、、諦めたまま忘れていて今日になってやっと行けた。一人の歌が好きな女の子があっという間にスターになって、ドラッグに溺れて亡くなるまでのドキュメンタリーフィルム。彼女の歌声はとてつもなくパワフルでソウルフル。こんな説明では足りないくらい生まれながらにしての天才だった。アルバムが出た時は死ぬほど聴いて、真似して太いアイラインにフレッドペリーを着るくらいの衝撃だったな。いつかはライブを見に行きたいと思っていたから亡くなった時は本当に本当に悲しかった。。。Rehabがバカ売れして有名になったけど、私個人としてはBack to BlackとValerieが好きです。ローリングストーンズのブライアン・ジョーンズ、カート・コバーン、ジミヘン、ジャニスジョプリン、またエイミーもだけど、どうして天才は27歳で死んじゃうんだろうか。https://youtu.be/0_25S5BgTlg

      7
      テーマ:
  • 05Oct
    • 麻布十番 かどわき 18:00

      私のホステスデビューは、緊張の中始まったが始まってみればなんてことない日常になった。慣れない話し方や、お酒が弱く、すぐ顔が赤くなってしまうような素人の感じが気に入られ、お客様がたくさんつき、お店からもママからも気に入られていた。月12回くらいの出勤で、毎回同伴が入るようになるまで時間はかからなかった。18:00昼間の仕事が終われば、急いで会社のトイレで仕事終わりのOLに混じりメイクを直し、同伴であれば綺麗なワンピースに着替え、その日の同伴先に行く。今日は麻布十番のかどわきでの同伴だった。相手は、自社のCMを流すくらいに有名な若い子に人気の鞄の会社をしている社長。今日で同伴は3回目だった。正直私はあまり得意なお客さんではないが、同伴に誘われたんだから仕方がない。しかし、同伴に行くだけで、いつも車代と言って帰りしな10万円だとか20万もくれるから、貧乏OLからしたらかなり美味しいお食事なのだ。嫌いなどと言っている場合ではない。どれもが声をあげたくなるくらい美しく、ふんだんに使われる高級食材。最後のシメは、その場でこれもか!というくらいにトリュフを下ろしかけてくれる、トリュフご飯♡色んなお話をしながら全てペロリと美味しく頂きお店を出る。迎えに来たマイバッハに乗り込む。銀座に向かう車の中で、いつものとおり車代ね。と言ってお財布からガバッとお金を掴み出し、いくらか数えず渡される。「ありがとうございます。車代ってこれ1枚で足りるんですけどね。」「好きな服だとか、ドレスでも買いえばいいよ。」私は実際、彼からもらった車代を貯め翌月ホステスのお友達とハワイに行かせてもらった。そんな、話をしているうちに銀座に到着。お店に着く直前に、「アフター空けておいて。ちょっと見せたいものがあるから。すぐ終わるし心配しないで。」よっぽどの事がない限り、基本アフターは次の日仕事があるので、と言ってどのお客様もお断りしていたが、ここまでしてもらっているのでは断れない雰囲気がある。「わかりました。」と言ってお店に一緒に入る。まずは、同伴をしたそのお客様のお席に着くが、すでに私を呼んでいる席が何席かあった。いつも通りシャンパンを入れてもらい、別の席を回り楽しくお酒を飲みながら12時前に、同伴をしたお客様のアフターに向かった。お店の前に止まっていたマイバッハに再び乗り込む。西麻布の会員制のバーのようなところについた。夕飯であれだけの、フルコースを頂いていても夜中になればまたお腹が空くのだ。ご飯を食べながら話していると「ちょっと着いてきて。」と。そのまま、お店の外に出ると隣が駐車場になっていた。土地柄なのか外国の高級車がずらり並ぶ。車の前で、私に鍵を渡しながら彼は「はい。プレゼント🔑」!!!!!!!!!!そこには新車のベンツSLK🚗が止まっていた。私は車が好きで、以前お席で車の話で盛り上がり割とマニアックな車種や、将来乗りたい車の話なんかしていたけども、くれっていう気持ちはさらさら無く。。「とりあえず、受け取って。今日はお酒も飲んでるしこの駐車場借りてあるしいくらでも止めておいていいから。今日はタクシーで帰りなね。お疲れ。」後日私は、頂いた車を返した。タダより怖いものはないとよく言ったもんだ。それをもらったからと言って付き合う気もさらさらないし。何より、その人は若いのにカツラをかぶっていたから。

      16
      テーマ:

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。