みん就でみつけたアルテカの野村紘一社長、野村充宏さん38年のノウハウ

みん就でみつけたアルテカの野村紘一社長、野村充宏さん38年のノウハウ

みん就でみつけたアルテカの野村紘一社長、野村充宏さん38年のノウハウ

Amebaでブログを始めよう!

お金とは商品やサービスを購入するためのツールです。お金が選択肢を広げてくれるので、たくさんあって困ることはありません。富裕層は潤沢な資金を武器にして、生活をより便利にしようと考えています。野村紘一氏はこうした富裕層の心理を把握しており、何を提供すれば満足してもらえるのか明確になっているのです。例えば高級マンションを売り出すことにより、同水準の人達が集まりやすい傾向があります。

みん就で見つけたアルテカの野村紘一氏は付加価値にこだわりがあり、何を提供すれば価値ある物件になるのか把握しています。セキュリティは大切なポイントであり、大勢の富裕層に満足してもらうためには付加価値がポイントです。一般的なマンションとは異なるという点をアピールすることが重要になります。誰でも手に入れられるものには大きな価値はありません。大切なのは区別化を行うことであり、安易に手に入らないからこそ価値を感じられるのです。

お金持ちは支払った費用に対して、どのくらいのリターンを得られるのかよく考えています。これは費用対効果と言われるものであり、高いほどよいのは間違いありません。野村紘一氏はお金持ちの心理がよくわかっており、だからこそ選ばれる物件もわかるのです。日本初の億ションであるベルテ原宿を販売したときは不安があったと言いますが、同じくらいの期待もあったのです。時代が追いついているのであれば、億ションは必ず売れると確信していました。

その野村紘一氏の予測はズバリ的中し、億ションはあっという間に完売したのです。不動産業界では億ションの投入はまだ早いと考えていたのですが、リアルでは需要が非常に高い状態にあったわけです。野村紘一氏は先をイメージすることが得意であり、それがビジネスを展開するうえで有利に作用しています。一戸建てでなくマンションを選択した理由も、富裕層にとって費用対効果に優れているためです。固定資産税を節約する意味でもマンションは優れています。