ちょっと気難しいけど、可愛いコンパクト移動式2柱リフト | 自動車整備機器・リフトのお店をやっている店長日記

自動車整備機器・リフトのお店をやっている店長日記

ピットデポ店長日記。全国配送・設置します!

いつもご覧いただきましてありがとうございます。

 

 

今回は、アメリカ人のアイデアで生まれたコンパクト移動式2柱リフト

MAXJAXと、その後に生まれたKernel社のTOPMANのご紹介です。

 

このリフトは、いままでの2柱リフトの常識を覆した仕様と外観です。

 

 

 

プライベートガレージにはピッタリのサイズ。

アンカーでの固定なので、柱と柱の幅は自由自在!

 

 

 

ただ、MAXJAXを製造していたアメリカの会社は、販売を中止し

同じアメリカのBENDPAK社(ベンドパック社)に吸収合併されて

しまいました。

(部品の在庫はございますのでアフターはご安心下さい)

 

 

 

よって現在は、Kernel社(カーネル社)が製造するTOPMAN2.7t

コンパクト移動式2柱リフトが国内の主流となっています。

 

 

 

プライベートガレージ等以外でも、一般整備に十分ご使用になれます。

 

 

 

現行モデルの外観は、ブラックになりました。

 

 

 

この移動もできる2柱リフトは画期的とも言えるのですが、当然ネック

もあります。

それは、本来2柱リフトにあるはずの左右の高さを調整(同調)させる

チェーンやワイヤーが無い事です。

 

 

 

では、どのようにして左右の同調を取っているかと言うと油圧の量を

コントロールさせるバランサーです。

しかし、あくまで油圧のコントロールであり完璧ではありません。

 

 

 

よってこの仕様は、左右のアーム高を同調させている一般の2柱リフトと比べると、同調調整の頻度が多くなります。

ただ、それを踏まえてご使用になれば、床にチェーンやワイヤーを通す出っ張りもありませんし、とても使い勝手の良いリフトと言えます。

 

 

 

アンカーボルトは、脱着可能なグリップアンカーで施工します。

固定される場合は、通常とオールアンカーでOKです。

 

 

 

こんな感じにナット側が床に埋め込まれます。

 

 

 

ボルトと付けるとこんな感じとなります。

 

 

 

設置イメージです。

 

 

 

車のジャッキポイントを受けるリフトのプロテクター付受台です。

 

 

 

回転させるとご覧のように、Wスクリューでスライド上昇します。

 

 

 

コントロールボックスです。

 

 

 

コントロールボックスの背中です。この中にモーターや油圧ポンプ、油圧タンク、油圧バランサー、制御装置等が収まってます。

 

 

 

コントロールボックスも油圧カプラーを外せば動かせます。

 

 

 

カプラーから脱着する際は多少オイルが漏れます。

 

 

 

設置イメージです。

 

 

 

波及モデルで、最大上昇能力がさらに高い1,650mm、最大荷重能力が2,700kgから3,200kgになったモデルも登場しました。

 

 

 

オフセットアームを採用した低床受台

 

 

コントロールボックスです。

 

 

 

油圧シリンダーとチェーンを併用した駆動装置

 

 

 

確実に停止させる安全ロック装置

 

 

 

設置イメージです。


 

 

● 豊富な納入実績と在庫で、少しでもお客様にご満足いただけますよう努めてまいります。

 

 

 

● 北は北海道から、南は沖縄まで日本全国に運送設置及び

  サポートを行っております。

 

 

 

★ アフターサービスに欠かせない補修部品もストックしております。

 

 

 

 

  ご不明な点は、ご遠慮なくご相談ください。

 

■詳細ページ ピットデポHP (株式会社ヴィラージュトレーディング)

 

2柱リフトラインナップはこちらから

https://www.pit-depo.com/product-list/2

 

 

門型リフトラインナップはこちらから

 

 

 

 

○ 会社のご案内

https://www.pit-depo.com/page/1