ピロの屋の日常@ロサンゼルス

天使の女王の町Los Angelesでの生活記録

NEW !
テーマ:

わたくしピロ、10代の時に

売られそうになった事があったんです(笑)。

 

今日はそんな懐かしいお話し。

 

 

花 花 花 花 花 花 花 花 

 

 

あれは高3の終わりごろ。

通っていた教習所の勉強を

部屋でしていた時だった。

 

突然ママがすっげー勢いで

部屋に押し入って来て、

 

『あんた!!〇〇ってっ誰よ?!?!』

 

ってめちゃギレしてるじゃんね~・・・ひよざえもん がーん

 

〇〇なんて知らないから

そう言ったら、

 

『知らないわけないでしょ!!

知らない人がなんで

あんたの名前と電話番号知ってるのよ!!!』

 

とか、一段とママ、ブチギレ。。。

 

まぁ~ねぇ~。

ママの疑問もなんら不思議ではないけど、

知らんもんは知らん!

 

って言ったら、

それがママの怒りのストライクゾーンを

直撃したらしく、

私が持っていた教習所のプリントを引ったくり、

目の前でビリビリに破かれたのであった。。。

 

 

 

 

 

おい・・・滝汗あせる

 

 

 

 

 

話を聞いてみたらその〇〇って男、

ママがどちらの〇〇さんですか?

って聞いたら、

 

『うっせ~んだよ、クソばばー!

とっととピロを出しやがれ!!』

 

言ったんだってよ。

 

 

 

ありゃりゃ、、、

それじゃ~、ママもキレるわなっ。

 

 

 

んで、そんな事があった翌日。

中学時代の不良グループメンバーの1人から

うちに電話があった。

 

私が、

『おぉ。久しぶり。どした~?』

って言ったら、

 

『ねー!なんで夕べ

Kちゃんがピロの親に殴られてんのに

止めに来なかったのー???』

 

とか怒って言われた。

 

 

 

はいー???

 

一体何の話してんの真顔?状態な私。

 

その友人は続ける。

『AちゃんもKちゃんも

ピロの事すっごい怒ってるよー!!!

ね、Kちゃんに謝んなよー!!!』

 

 

 

 

 

 

つーか!

だから一体なんの話だっつーのむかっ

 

 

よくよく話を聞いていたら

真相はこうだった。

 

 

Kという中学時代の不良グループメンバーの1人が、

そいつの近所に住んでいた土木作業員の男、

コーイチつーのと付き合っていたんだけど、

そのコーイチの友人って男が、

偶然私が原チャリで学校へ行く時に

見かけたらしい。

その事をKとコーイチに話したら、

『あ、あの辺りでピンクの原チャリ乗ってるんなら

それきっとピロだよ』

ってなったんだと。

 

で、そこから何がどうなったのか

私が知る由もないんだけど、

Kとコーイチは、その男に私を

”やらせる為の女”

として紹介する代わりに

Kに1万、コーイチに1万、合計2万円を、

その男からもらう予定だったんだと。

 

で、そのKがその男に

私の電話番号を勝手に教え、

男がホイホイ電話をかけてきて

ママの怒りに繋がると。

 

そこからなぜKとコーイチが

夜中にうちに来ていて

ママにぶん殴られたのかとかは

ぜ~~~んぜん知らないんだけど、

翌日中学時代の悪グループの友人から

そんな電話をもらった私は、

その夜仕事から戻ったママを問い詰めたら

それは事実らしいという事が分かった。

 

 

 

ってな感じで、

私が当時の友人に

2万円で売られそうになったっつー

凄い話なんだけどね(笑)、

私はどーーーも、

この件で納得できない事があってね。

 

 

Kってさ、

友達を2万で売ろうとしたわけだよねー。

で、それが実行前に

その友達のおかんにバレて

こっぴどく怒られ、ぶっ叩かれたんだよねー。

 

これってさ、

 

 

 

 

 

 

自業自得と違う?

 

 

 

 

 

どこに自分の娘を

”やらせる為の女”として

2万で売られそうになっているのに、

 

『あら~、そうなの~』

 

なんて優しく話を聞く

バカ親がいるだろうか。

 

 

それから私の立場からも言わせてほしい。

 

私はその時2階の自分の部屋で

音楽を聴いて何かしていたんだけど、

もしもたまたま1階へ行って

その場に出くわし事情を聞いたとしても、

悪いけど、

 

 

 

 

 

 

 

Kをかばう事は

しなかっただろうね。

 

 

それと、

謝るのはKの方と違うか?

 

 

 

 

 

で、そのK、

翌日に仲間にその事をはなし、

自分では電話してこないで、

仲間にかけさせてくるって、

 

なに???

 

私はその電話をかけてきた女に言った。

 

『ねぇ。Kいるんでしょ、そこに。

ちょっとかわって。

一体なんの話してんのかわかんないから

本人から直接聞くから』

 

って何度言っても、

Kが電話に出ることはなかった。

 

で、最後は私から、

 

『あのさ~、私バイト行かなきゃいけなくて

忙しいから~、Kに伝えな。

文句あんなら自分で電話してこいって。

私はいつでもここにいるから、

電話でも家に来るでもどっちでもいいよ。

とにかく自分で話に来なって伝えとけ!』

 

 

んで電話を切った。

 

 

その後、Kから電話が来る事はなかった。

 

 

花 花 花 花 花 花 花 花 

 

 

話、ちょっとややこしかったかな(笑)?

 

Uくんと電話で話していた時に、

ふとそんな昔の話になったので、

ちょっとアップしてみました(笑)。

 

ピロ、売られ未遂事件でした(笑)。

 

 

 

ではでは皆さま、ごきげんよう。

本日もおご訪問どうもありがとう。

ぽちっとして頂けると励みになります。

 

読者登録してね

 

  ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「私ヒストリー」 の記事

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。