お暑う御座います。

今日は個人的な話ですのでつまんないから

気になる方だけど〜ぞ。

 

この猛暑となる少し前の事ですが

我が家のスーパーシニアの義母が亡くなりました。

あと2日で97歳だったのになぁ〜と

微妙な残念感を感じる大往生でした。

 

ここ数年、よく入退院を繰り返してましたが

その度に復活してたので

また大丈夫でしょうなんてお気楽に思っていたけど

こんな時に限って旦那も義姉も不在で

呼び出される嫁って😓

 

そう、ねねちゃんのお届けの帰り道

すぐ来て下さいと入居中のホームから呼ばれたんです。

 

お届け終わってて良かった〜と

どこまでもお気楽な調子でホームに向かったものの

あとどれ位で着きますか?と催促の電話がうるさい。

電話しないでくれればすぐ着くよと思いつつ

着いて久しぶり(入居前の1年5ヶ月ぶり)に会った母は

悲しい位痩せてました。

コロナで会えなかったので余計に感じるのかな。

多分入居前から少しずつ痩せてはいたから

そこはしかたがないんでしょうねぇ。

わんこも太れなくなったり、食が細くなったりしますもんね。

 

救急車に同乗して下さいと言われて

乗って行った車はホームに置き去りにして

救命救急センターのある大学病院へ搬送となりました。

テレビでよく見る救命救急センター24時のリアル版。

救急隊の方や医師に色々確認されるけど

最近の母の事全くよく分かって無いことに気づきました。

これも動物愛護センターから引き出したばかりの子を病院へ掛けた時

既往歴も日常の様子も好みも何も分からなくて辛く思うのと同じだなぁ〜って

変にしみじみ思いました。

 

そして医療をどこまで求めるか

義母である母の事を嫁である私が決めるのは

如何なものかと思う訳ですよ。

ここも保護犬猫と同じ。

会の判断を仰ぎたいと思うように

旦那や義姉判断を任せたいんですよ。

 

そんな事を後ほど実家の母に話したら

「嫁に行ってからの方がもう長いのよ。

 娘も同然でしょ、だから自分で決めて良いのよ‼️」

と言う母にそれもそうかと思ったり。

幸いARCh も預かりスタッフの気持ちを優先してくれる。

そこも同じか!なんて思ってしまって

本当に預かりスタッフと嫁は似てるなって思いました。

 

コロナ禍で辛いと思うのは入院中の面会ができない事と思ってましたが

少し落ち着いた時期だったのも幸いしたのか

救命救急センターという場所柄なのか

ベッドの横で母についてる時間をたくさん頂けました。

 

2日間、長患いも無く母は旅立ちました。

病室に母と二人の時

苦しいんだったら無理に頑張らなくて良いからね〜

至らない嫁でごめんね〜

お母さんは良いお姑さんだったよ❣️

そんな事を伝えられました。

我が家のハイシニアで旅だった子の時もそうだったなぁ。

もう頑張らなくて良いからねって

そう思えるのは幸せな最後だなぁって思います。

 

母の事で急遽こつぶとキラン迎えに来てくれて

こつぶの預かりと避妊オペの搬送もしてくれた小梅さん。

点眼頻回必須のキランをを預かってくれたあんなさん。

トライアル予定を土壇場で快く変更して下さった

イブちゃんとリディちゃんの里親さん。

皆さんの助けもあって無事母を送り

わんずも変わり無く過ごす事が出来ました。

 

うーままさんから届いてたカドラーとおやつも

ご報告が遅れてすみませんでした。

こつぶにちょうどピッタリサイズです❣️

 

ありがたく使わせて頂きます❣️

 

たくさんの方々に支えられてこれからも

今居る預かりっ子たちも頑張ってご縁を繋がなきゃね‼️

 

残りのちびっ子達もまもなく募集開始します‼️

 

 

 

 

 

里親会の参加ご希望が届き出しました。

久々ですから皆さま楽しみにして下さってるのが感じられ

大変嬉しいです😊

可愛い保護っ子達にお家ができるチャンスは

少しでも欲しいところですが

限られた時間、スペースでの開催ですので

安全に開催するためにも皆様のご協力が必須です。

 

お申し込み時に

参加人数

参加希望時間

必ずお願い致しますね🤲

 

流星くんが2時間もかけて書いてくれたブログ

ぜひ参考になさって下さいね❣️

 

 

柏ふれあいから引き出された多頭飼育のチワワ達も

ボツボツと巣立って行ってるようです。

えぇ、我が家の預かりっ子はまだですけどね😓

 

小さい子って大きい子と比べると

抱っこが楽

食費も抑えられるし

医療費もお薬代が安く済むし

ペットホテル代も小さい子の方が安いよね。

室内に居てもスペース取らないし

なんかエコな感じ⁉️

 

大きい子より飼うの楽そうじゃない❓

 

 

って思われがちだけど

ちょ〜〜っと待った‼️

小さい子ならではの大変さってあるよね。

 

 

抱っこが楽  だけど

飼い主さんが抱っこしてて落としてしまう事故あります。

小さいからね抱いてる手をすり抜けて

落ちてしまう事があるんです。

抱っこに慣れてない子、慣れてない人

どっちも危ないです。

流行りのTカッププードルで抱っこから落として

亡くなってしまった子を知ってます。

亡くなるほどじゃなくても

病院騒ぎで入院って子も居ました。

 

ご飯食べる量は少ないですから大型犬と比べれば

もちろん安く済みますよ。

でもね、小さい子は食が細い子も多いのよね。

良質なフードで効率よく食べてもらいたいじゃない。

でも選り好みしたりと手が掛かる子が多いのも事実。

1日くらい食べなくてもお腹空けば食べるよね  

なんて放置して根比べが怖くて出来ません。

食べさせる工夫も大事ですよ。

 

医療費はお薬代は大きい子に比べれば安いかな。

でも余力が無いから体調不良には待ったがききません。

少し様子見て〜なんて事は出来ません。

少しの事が大事になるのが小さい子です。

 

ホテル代も確かに小さい子の方が安いよね。

でも環境が変わってご飯が食べれないような子は

ホテル側も心配で預かってもらえない場合もありますよ。

ちょこちょこお預けの練習もしなきゃいけません。

 

室内では確かにサークルも60✖️90の普及サイズのサークルで

十分なスペースを確保できます。

でもね、室内フリーは注意しないと

ちょっとした隙間に入り込んでしまいます。

我が家はこれで迷子と勘違いして

警察に届けたり

小梅さん、あんなさんに電話したりと大騒ぎしました😓

焦って大声で呼ぶからビビって出てこないのよね。

結局、洗濯機の裏に隠れてました。

 

室内の事故ではうっかりして足元見てなくて

ドアに挟む→骨折なんて事も有りました。

犬が出ないように慌てて閉めたら足挟んでた💦

これは私の体験です。

 

実家の母はゴミ出しに出てゴミ袋で足元が見えず

犬がすり抜けて出たことに気づかず

バイクに接触事故って事も有りました。

バイクの方に何事も無く良かったし

わんこも無事では無かったけど

大怪我では無く良かったです。

 

でもドアのすり抜け迷子は

可愛い子ほど拾われて戻ってこない事も多々あります。

無事だから良いとかそういう事じゃ無いですよね。

 

知人はお子さんが椅子から降りた時にわんこの足を踏んでしまい

足首骨折で1ヶ月も入院になってしまったんです。

室内での事故も怖いですよね。

足元でわんこにつまずいてわんこも人も怪我する事も有ります。

 

小さい子ならではの事故も多いです。

2キロに満たないような小さな子は

特に注意が必要です。

 

可愛いけどね、可愛いだけじゃ無いんだよ。

 

小さなわんこをご検討されてるご家族様

どうかお家の環境に本当に合うかどうか?

今一度しっかりご家族皆様で話し合って

自分達の生活環境に見合う子か

再検討してみて下さい。

 

これからこつぶちゃんも家族募集開始します。

 

小さいけど

可愛いけど

それだけじゃ飼えない事

どうかよくお考えいただき

小さい子達をご希望下さいますよう

よろしくお願いいたします🤲

 

 

 

 

ウクライナにいる

わんこもにゃんこも

幼い子達も高齢の方々も

自国を守るために戦ってる方々も

全ての人が生き物が

笑顔でお家に帰れますように‼️

 

 

 

ブログ、書いてね❣️

って某代表に言われて

ここ数日書かなきゃ、書かなきゃ

って思ってるのになかなか書けずにいましたが

おめでとう㊗️があるので書かなきゃ‼️

 

引き取り当時よりフィラリアと戦っていたミエルさんですが

めでたく陰性になりました‼️

長かったなぁ〜

いや、短い方なのかもですけど

この間に悪性腫瘍も発見されて

緑内障にもなってと

何でミエルさんばっかりこんな目に遭うんだよ💢

と腹立たしい思いもあって

ボルバキア治療のビブラマイシン

フィラリア駆虫のモキシデック

フィラリアのせいで心臓ダメージへのシルデナフィル

このお薬達が減って

緑内障の目薬のキサラタン

角膜保護のための目薬のパピテイン

炎症を抑える目薬のステロップ

だけになっただけでも

人生が明るくなった感じがします。

 

しかもね、癌切除から半年検診でも

転移が見られませんでした。

抗がん剤も頑張ったもんね。

やっと神様がご褒美出してくれる気になったのかな?

(遅いよと言いたいところだけど)

 

相変わらずお世話になってたのに病院は苦手。

 

先生や、小梅さん、あんなさん、ずっと心配してくださった皆様

医療費を支援してくださった皆様

本当にありがとうございました❣️

 

今後も緑内障の治療は続きますが

これで里親募集の開始も考えられるようになりました。

ミエルさんを家族にとお考えくださる皆様

もう少しお待ちくださいね❣️

 

頑張ったミエルさんに素敵なご縁が有りますように❣️

 

 

 

どの子にも、人であっても動物であっても

幸せになる権利があると思います。

今、大変な思いをされてるウクライナの人々に

早く心穏やかな日常が戻りますように❗️

小さな生き物、弱い生き物達が

1匹でも助かりますように❗️