信玄、球菌に負ける

テーマ:

少し涼しいですね。

いや、かなり涼しく感じますね。

でも気温は高いんですよ。

安心せずに熱中症対策して下さいね!

 

少し涼しく感じると

わんこのお散歩行きたくなりますけど

本当は暑いんですよ。

そこ大事です!

 

もう数年前になりますが

我が家の卒業わんこが熱中症で亡くなりました。

 

その年は冷夏と言われてて

比較的涼しく感じる年でした。

 

涼しいから

わんこが喜ぶから

ついついお散歩長くしちゃったみたいです。

 

帰宅してしばらくするとわんこの様子がおかしい。

 

病院やってない

 

慌ててドクターカーで来てくれる先生を探して連絡。

 

処置していただいた後

お水も飲んだし

おしっこもしたし

一安心!

と思ってた夜中に急変。

再度先生に連絡するも

もうわんこの体力勝負で

今夜が山でしょうと言われて

明け方亡くなったそうです。

 

本当に暑い時も危ないけど

少し涼しいと感じた時も危ないんです。

 

わんこに良かれと思ってくださったことが

仇になってしまうこともあります。

 

できれば遠慮せずに

熱中症起こした時

病院やってないどうしようとなった時

すぐご連絡いただけたらなぁ〜

すぐに冷やしてとか

入院治療できる病院とか

なんらかのアドバイスもできたかも・・・

何もできなかったかもしれないけど

心配くらいしかできなかったかもしれないけど・・・

と、皆が悲しまないためにも

熱中症には気をつけて下さい。

 

 

と、ここから本題

 

信玄、マラセチアに負けて

カイカイカイカイしちゃって

シャンプーと抗生剤のケアをしていたんですよ。

元々皮膚が弱い信玄ですので

その後は足つきのお洋服で掻かないように対応して

だいぶ良くなってたんですよね。

 

んで、大丈夫なんじゃないの?

毛、生えて来てるし。

 

なんて思ってたある日

 

朝起きたらお洋服脱げてるアクシデントが・・・

結果、掻き壊してる 😭

 

NO~~~~~~~~~~~~~~

 

もうね、衝撃的すぎて・・・

またマラセチアにやられたのかと思いましたよ。

 

あまりの酷さに小梅さんに報告して病院へ。

 

今度は球菌だって。

抗生剤飲んでね!

シャンプーよろしくね!

 

・・・

少し期間が開けられるようになってたシャンプーは

またもや頻回となりました。

 

 

やっつけてやる!

絶対やっつけてやる!

 

私は抗生剤の他に

共に戦ってくれる仲間を召喚しました!

 

ふふっ、その仲間とは

次回のお楽しみ〜

 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

 

ある事情により

お家の片付けしなきゃなんなかったのよ。

ブログ書いてる時間なかったのよ。

お片づけはまだ終わんないんだけど

飽きて来ちゃったんだなぁ・・・

 

こんな時、魔法が使えたらいいと思うよね!

 

続きは明日なんだろうか・・・

拾ったのは命ですから

テーマ:

ちょっと前のことになりますけど

子猫、拾いました。

 

正確に言うと拾ったんじゃなくて

捕まえてくれたのを引き取ったと言うべきか。

 

しょうこさんと車に乗ってたら

目の前をローリングするようにコロコロ転がる物体が・・・

って、子猫じゃん!

その時のしょうこさん目線はこちらから。

 

よく轢かずに止まれたね!

と、友人が言うんですが

この日、私はチョ〜安全運転だったんですよ。

何故?

富里のスイカ農家さんからスイカを購入した後だったから。

スイカ、ゴロゴロさせちゃダメなんだ。

優しく運ばないと。

だからチョ〜安全運転だったわけですよ。

 

でね、この子猫を捕獲しようと試みるも

止めてある自転車のタイヤの陰に隠れたりと

事故った割にはすばしこい。

恐怖で子猫も必死だったんだろうね。

捕獲中に逃げ込もうとしたお宅のベランダから

そこのお母さんらしき人が

 

それ野良猫だから〜〜〜

 

と言うんですよ。

 

だから?

だからなんだと言うんですか?

だからどうすべきだと言うんですか?

 

言いたいことが分からないので

自分の言いたいことを言いました。

 

捕まえて病院へ連れて行きますから。

ここには放しませんから!

 

事故を目撃した男の子が

捕まえてくれました。

その時噛まれた男の子に

よく洗ってね!と言いながら

子猫を受け取って持ってた保冷バッグに入れて

チャックを閉めずにしょうこさんに抑えてもらって

とにかく実家(現場の近所)へ。

 

実家に置いてあったボレロ用のクレートに

ひとまず子にゃんこを入れてみると

外傷はなさそう。

 

我が家に居る子にゃんこより大きい。

 

我が家に居る子にゃんこ達も

もう少し大きくなって

付近をうろつくようになったら

この子のように事故にあっていたかもしれない。

まだまだ小さな子にゃんこが

恐怖と不安に震えながら

痛みと戦わなければいけなかったかもしれない。

 

辛すぎる・・・

 

実はこの日の早朝

事故現場のすぐそばで

猫と思われる轢死体をみかけたんです。

交通量が多くて止められる場所じゃなかったので

実家に戻ってから市役所に連絡入れて

引き取りに行ってもらったのですが

この事故にあった子にゃんこは

その子の子供だったんだろうか?

亡くなった親猫に子猫を託されたような気がしました。

 

レントゲンでお腹にご飯が入ってるのが分かりました。

子にゃんこ、ご飯もらってたんだね。

誰かご飯あげてたんだね。

ご近所にご飯あげてる人がいるんだね。

 

だったらお願いしたい

ご飯をあげるだけじゃなく

避妊去勢してください。

 

この子には兄弟がいたかもしれない。

他にいたかもしれない兄弟を思うとやるせない。

 

野良猫と言われる子達を見ると

とても切ない。

我が家の子達も捕獲できなければ

そう言われていたであろう子達。

一緒に暮らせば

とても賢く優しい子達なのに。

 

同じ命でありながら

軽んじられる存在。

 

事故にあっても

ほっとかれる存在。

 

おかしい世の中だよね。

 

以前記事にした

子猫を助けた子供のお話

こんな子供達がいっぱいの世の中になれば

いじめや虐待のない世の中になるんじゃないかな?

 

拾った子にゃんこは

びっくりするほどの美形にゃんでした。

 

ふふっ、可愛い

 

どこぞのカレンダーの子より可愛いぞ!

 

可愛いけど検査で分かってしまった先天性疾患があります。

今後経過観察していかなければなりません。

拾った子でもありますし

現在理解ある友人宅にて療養中。

その可愛いお手々で

でっかい幸せを掴むんだよ!

 

我が家に滞在中の仮名茉緒ちゃんも

絶賛里親家族募集中〜!

 

 

 

大切にしていただける方

ご連絡お待ちしています!

仔猫お問い合わせはこちらから

 

可愛い茉緒ちゃん。

早く里子に行ってくれないと手放せなくなりそうで怖いゲッソリ

 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

 

どの子も早くご縁に恵まれますように!

初めてのウエスティの預かりっ子のサラちゃん。

 

とても性格の良い子で

自分をしっかり持ってる子で

なんて可愛いんだろうと思った子です。

 

何を言っても

たくさんの目薬を見せても

何事にも動じず

受け入れてくださったパパさんとママさん

 

シニアだしうちの子になっちゃうんじゃないかな?

なんて目論んでたけど

太刀打ちできない包容力で

迎えてくださったパパさんとママさん

ママさんパパさんとの出会いはこちらから

 

そんなサラちゃんに腫瘍が見つかったと

ご連絡いただきました。

 

あに⭐︎らいつの卒オフが延期になってて

サラちゃんに会えなかったので

サザエさん誘ってサラちゃんのお宅に

遊びに行かせていただきました。

 

可愛いな

可愛いな

また会いたいな

 

ひどい状態だったサラちゃん

ずっと維持して綺麗に保ってくださいました。

腫瘍のせいで涙が出るようになってしまいましたが

それでもこれだけ綺麗に維持してくださる

ママさんの努力はすごいなと思います。

 

高齢のサラちゃんに

負担の大きいオペはできません。

しない選択、それも勇気がいることと思います。

何よりサラちゃんのことを考えて

出来るだけ穏やかな日々を過ごせるようにと

日課のように食べれるものを探してくださり

ほんと、良いご縁に恵まれたと

神様にも感謝しちゃいます。

 

残された時間はどれくらい有るのか分かりませんが

パパさんママさんが寄り添ってくださるから大丈夫!

 

病気を心配してお見舞いに行ったはずだけど

ただサラちゃんの幸せを再確認しに遊びに行った

そして幸せ気分で帰路に着いた日でした。

 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

 

 

病気も老いも

大きな愛で受け止めてくださる

そんな里親さんご家族皆さまに

感謝です。

 

ご希望の里親さんには私からのHugをプレゼント!

遠慮なく言って!

えっ、要らない?

そんなこと言うとHagに変身するよ(笑

えっ、もうそのままじゃんって!? ガーン

 

 

 

 

 

それが幸せ!

テーマ:

先日、まーちゃん(マーガレットさん)のお見合いに立ち合わせて頂きました。

 

実はね、まーちゃんは引き取り後の病院検診時に

急遽プチで預かって!と小梅さんに依頼された子なんです。

予定にないけどキャリー空いてるのがちょうど1個余ってる。

んじゃ連れ帰りますか!とキャリーに入れて

病院の受付で立ち話して

さよなら〜〜〜と帰宅する途中

 

あれ?

積み忘れた・・・

気づいてすぐ連絡すると

他の人が持ち帰ってくれたよ・・・って・・・

 

あ〜〜〜〜〜

申し訳ない!

(私の人生申し訳ない思いばっかり)

 

そんな思いを抱えたまーちゃんに素敵なお話が!

何と個人的に譲渡のお手伝いをしたきなこちゃんの里親さんご家族が

まーちゃんをご希望くださったんですよ。

 

きなこちゃんは亡くなっていますが

今もきなこちゃんを思ってくださるお気持ちが

とても伝わってきました。

家族に迎えてもらって1年ちょっと

大切にしてくださいましたのに

長生きさせてあげれなかったと

とても悔やまれていました。

こちらこそ長生きできなくて申し訳ない思いです。

 

でもね、

とってもとっても可愛がっていただけて

たくさんたくさん思っていただけて

そして失ったことをこんなに悲しんでいただけて

わんこ冥利につきると思うんです。

 

誰も知らない環境で

寂しく死んで行った子たちを知ってるから

愛してくれる人たちに見守られて

命を閉じることはどんなに幸せなことなのか

身にしみて知ってるから

 

だから最後の時に

わんこたちに寄り添っていただけたことに

心から感謝しています。

 

 

 

我が家から昨年卒業したジュリアさんですが

心臓の急激な悪化から

9日の夕方に天使になってしまいました。

ご家族さまの落胆も大きく

またまた申し訳ない思いです。

 

ですが楽しい経験をさせていただき

優しいご家族と共に過ごした日々は

ジュリアにとって掛け替えのない幸せ時間だったと思います。

 

 

暑くなったからすっきりサマーカットにして

夏を乗り切れるようにとのお気遣いいただいたり

ご飯を心臓に良いものにと検討してくださったり

本当にありがとうございました。

 

まーちゃんも最後の時までずっと一緒だよって

行ってくださるご家族とめぐり合うことができました。

 

最後の時まで一緒!

それが何よりの幸せなんだなって

つくづく思います。

 

 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

 

 

一緒に居られる時間は短いかもしれないけど

愛情凝縮してたくさんの大好きを伝えあえるききょうちゃんも

 

人生これからのメローくんも

 

まだまだ謎多き男のボレロくんも

 

他の子達も

幸せ探ししてますよ〜!

ぜひ里親会に会いにきてくださいね。

 

 

 

 

 

 

なんかね、怒涛の日々だったよ。

この2週間の間に何だか分けわかんないわぁ〜と言うくらい盛りだくさんだった。

 

何の因果かなぁ〜?

 

子にゃんにゃんのことは置いといて〜

本題のピケちゃんのことですよ。

 

本当の家族ができました!

パパさんとママさんとお姉わんの居るお家の

末っ子わんになりました。

 

ピケちゃんは慣れるまでは噛むことがあります。

頭がいいからか察しもよく警戒心も強いです。

慣れるまではかなり気を使って暮らさないといけません。

 

そんな面倒ちっくなピケちゃんにご希望を下さったご家族のパパさんは

里親会に何度も足を運んでくださり

ピケちゃんと触れ合い

ピケちゃんと遊んで

半年以上かけて里親になることに真剣に向き合ってくださいました。

 

1度他団体から保護犬を迎えようとして

トライアル失敗の経験のあることも

正直にお話しくださいました。

 

わんこのトライアルがなぜ失敗だったのか?

なぜ、またもう1回わんこを迎えたいのか?

なぜピケちゃんなのか?

などなど

色々お話をお伺いしました。

少々聞きにくい内容の事もお伺いしました。

 

ピケちゃんを託すためには

蟠りがあってはあってはいけないと思うんです。

いえ、ピケちゃんだけではなく

どの子も、信頼関係が出来上がらなくては

大切な子を託すことはできないと思うんです。

 

少々面倒な手間がかかるピケちゃんですが

そのピケちゃんを必要としていること。

ピケちゃんが良いこと。

お話を聞いて苦労はあっても

ピケちゃんがいいんだな!そう思うことができました。

 

トライアルへは気軽の出してくれる団体と

熟慮の上に出す団体と

色々な考えがあると思います。

私たちは熟慮の上に出す方です。

それは出される保護動物の負担と

迎えるご家族の負担とお気持ちを考えて。

 

このご家族!

と思えるご家族と出会えたら

お互いの幸せのために全力でサポートする。

する、じゃないな、させて頂きたい!

そんな思いでいます。

 

我が家から巣立つことは難しいかな?

そんな風に思っていたピケちゃんですが

それは私の勝手な思いで

どの子にもチャンスはあるんだな!

覚悟と努力と愛情

それさえあれば大抵の困難は乗り越えられるんだな!

と再認識できました。

 

ピケちゃんは

怒りん坊で甘えん坊で食いしん坊の

ボーくんとなりました。

 

ボーくんの幸せ、心からご家族様に感謝しています。

 

 

 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

 

 

何で噛む子でいいんですか?

もっと飼い易い子もいるのに

そう質問しました。

里親さんご家族は1頭の保護犬を看取られています。

その子が噛む子でご苦労されたんですって。

でもね、その子と本当の家族になれたと感じた時の

その気持ちが忘れられないそうです。

時間かかってもきっと家族になれる!

ボーくんにもそう感じてもらえたそうです。

多分、一言では語れない

大変な色々があって

それを乗り越えたと思える瞬間

その時の気持ちは

登山家がヒマラヤやエベレスト登山に成功した時と

同じような気持ちじゃないのかな?

なんか分かる気がする・・・

 

ヒマラヤは無理だけど

金時山や高尾山くらいの大変さのわんこも

たくさん家族を待っています!

 

ご自分のレベルや環境にあったわんこと

ぜひ暮らしてみてください。

そして登山成功の達成感?幸せ感?を

味わっていただけると嬉しいなぁ〜