わんこを迎える時、どの子にしようかな?って

どうやって決めますか?

 

好きな犬種?

 

見た目?

 

年齢?

 

性別?

 

色々と選ぶポイントはあると思います。

 

私だったら〜

お顔が可愛い子がいいかな?ニヤリ

ま、可愛いも色々ありますけどね〜

 

我が家の預かりっ子美雨ちゃんですが

ご縁があって柏市へ巣立って行きました。

 

このご縁は元々は他の子に舞い込んできたものでした。

コーディネーターは小梅さん。

里親希望さんの年齢と希望された子の年齢

ここがポイント。

希望された子は3〜4歳のおこわちゃんでした。

ご希望者様は70歳代でした。

後見人はいらっしゃるけど

ご自身で最後までしっかり看取って頂くには

ちょっとおこわちゃんは若すぎるかなぁ・・・

 

小梅さんが丁寧に事情を書き

お断りされました。

お断りって本当に難しい。

皆さんお気持ちがあっての事ですから

お返事書くのも辛いんです。

 

でも絶対卒業させるわんこにもう2度と

悲しい思いはさせたく無いのも本音です。

 

御年配者にもう少し年齢の高い子をいかがですか?

とお勧めするのも正直難しいんです。

不快に感じられる方もいらっしゃるので・・・

 

今回は、お断りしたのですが

私たちが迎えられる子を紹介してください!

そう里親希望者さんから申し出て頂けました音譜

 

嬉しいなぁ〜

シニアの子にチャンス到来ですよビックリマーク

 

で、美雨ちゃんとジョエルはどうかしら?

と小梅さんから相談が来ました。

 

はい、喜んで!謹んでお受けいたします!

 

となった訳です。

 

さて、どちらの子がいいかなぁ?

 

飼育環境

お好み

日常生活

色々お話しさせて頂きました。

 

先住シニア猫さんが居るご家庭です。

マンションで共有スペースは抱っこ移動です。

 

ジョエルは少し活発すぎるかな?

体重も少し重すぎるかな?

 

でも美雨ちゃんは

目薬が頻回で

お腹もすぐに調子を崩す・・・

 

たくさんお話しし

美雨ちゃんを選んで下さいました。

 

美雨ちゃんの方がご縁が難しそうですね・・・

とぼそっとおっしゃってました。

そこ聞き逃さなかったよ。

ご縁が難しそうだからこそ

選んでくださった部分もあると思います。

 

手がかかるであろう美雨ちゃんを選んで下さった事

そのお気持ちの重さを重々理解し

感謝して次の子へと繋げていかなければと思っています。

 

たくさんの保護犬が里親家族を探している中

こんな風に思いやるご縁が結ばれた事に

今回も感謝の気持ちでいっぱいです。

 

健康ではなくても

年齢がいってても

うちの子に!と望んでいただけた事

その優しさに応えるためにも

美雨ちゃん、長生きするんだよ〜〜!

 

 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

 

美雨ちゃん、お届け後にお腹の調子が不調となりましたが

落ち着いて元気にしています。

甘ったれさんだからパパさんママさん独り占めで

嬉しいんじゃ無いかな?

 

他の子たちも優しさ溢れるご家族のもとに

ご縁がありますように!



本日20時よりサポートファミリー募集開始致します。

我が家の預かりっ子達も沢山助けて頂きました。
シニアや病気を抱えてる子達もスタッフも
頑張る力を沢山いただけます。

まだまだ頑張れる子達に
今回も大きなお力添えをお願い致します。

小梅さんからLINEが来たんですよ。

 

「いじってごめんなさい」

はぁ?

ほとんど反省が感じられない謝罪の言葉?

なんですけど……。

と思いながらブログを確認しに行くと

リブログ読んでから下に行ってね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ〜

そう言う事か。

 

 

 

はっきり言います。

 

 

 

いや、力説しなくても

お会いした事ある人はご存知だと思いますけどね

 

 

 

 

 

 

ちなみに本人の名誉の為に・・・

カコさんの外見は・・・

 

 ・

 ・

 ・

 

こんな感じ?

 

 

 

 

 

これじゃ有りませんから〜

(えっ、当たり前だって?)

 

 

 

なんちゅ〜デマを流すんじゃいドンッ

 

 

今度、穴という穴にピーナッツ詰めて

地引き網引かせてやるムキー

 

 

 

 

こんなブログ書いてる暇があるんだったら

もっと書くべき事が有りますね。

書かなきゃ……。

 

 

 

 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

 

 

可愛いパールちゃんとイケメンおじゃるんが

それぞれ移動して新しい出会いを求めています。

 

素敵シニアの美雨ちゃんもトライアルに出発してます。

 

ご報告せねば。

 

 

先日年末最後のセンター引き取りが終了しました。

 

予定の子は支所からチワワの女の子

とても可愛い子でしかも性格も良い子。

1度支所で見かけて可愛いなぁ〜と思った子です。

人懐こくて穏やかで。

そんな可愛い子はこちらからどうぞ〜

 

そしてもう1頭は本所からプードルの男の子。

この子は我が家の新入り預かりっ子。

ただいま病院で去勢手術ですので画像はゆっくり後ほど。

 

そして〜

支所→本所→我が家→協力病院

という流れになる予定の中で

支所→本所の途中で連絡が入りました。

 

支所の収容棟に小型犬が1頭居残ってしまってて

もし可能なら無理しなくて良いんだけど

支所がお休みの間預かってもらえないかなぁ?

と支所の先生に聞かれたんだけど・・・

本当に無理しないで欲しいんだけどね。

 

って画像が届きました。

少し大きいコッカー雑?と聞くと

プードル雑らしいよとのお返事。

ふぅ〜ん1匹で残るのかぁ〜そりゃ可哀想だな・・・

もちろんお世話に来る方はいらっしゃいますが

人気のないところに1匹で残るのは可哀想。

シニアだって言うし。

娘に相談したら良いよ!って言ってくれたから

預かりますよってお返事しました。

 

そうするとその子はどこで受け渡しになるの?

 

支所→本所→支所→我が家→協力病院

 

となるんだそうな・・・

支所に戻るんかい!?

そりゃ大変だ・・・

支所と本所の間って30キロは離れてると思うんですよあせる

 

そんなこんなご苦労があって

ププちゃんも我が家でお正月休みを過ごすべく

やってきましたよ。

 

どんな子が来るのかな?

と楽しみにしておりましたら

やって来た子は少〜し難ありのシニアわんこだったのです・・・

 

到着した時からクレートの中でお騒ぎで

うるさいぞ!と怒る私にウゥ〜とお返事。

なんと生意気なビックリマークとクレートから出してみると

なんだ、でかいプードルじゃん!!

 

ってか、あれはてなマークお前見たことあるぞびっくり

あ〜〜〜〜〜知ってるぞ!!

支所でうるさく鳴いてた子じゃんガーン

 

そう、ププちゃんは

少し大きめで

少しガウガウで

少しうるさい

子だったんですよ。

 

そんな理由で引き取り先がなく

支所の職員さんも

「アーチさんにお願いするには少し大きいし

 ご縁がすぐにはないでしょうから

 引き受け枠が埋まってしまって

 今後に支障をきたしてしまうでしょうから」

そう心配してくださって

支所で里親探しを頑張って下さってます。

 

そんなププちゃん、初日はお預かりした事を

後悔するほどのうるささでした。

2日経った本日、おぉ静かになってる。

散々怒られちゃったからか?

それとも環境に慣れたからか?

ププちゃんシニアさんだけど順応性あるじゃん音譜

 

うるさく吠えるププちゃんを見てて

正直すごく考えてしまったんですよ。

我が家で預からなければ怒られることはなかったのに・・・

支所に帰れば広いスペースで吠えても怒られない生活です。

ハウスで静かにする事を教えても

それが元に戻るのならお互い辛い想いだけじゃないかな?

でも我が家で暮らせなければ一般家庭の子として暮らすのも

かなり厳しいでしょう。

 

ププちゃんの残りの時間は数年だと思います。

今回預かる事になったのは

きっと意味のある事なんじゃないかな?

と言うか意味を持たせなきゃいけないんじゃないかな?

そう思いました。

 

そう、ププちゃんの宣伝をせねば!!

支所で家族を待ってる子たちがいるって事を

たくさんの人に知ってもらわねば!

我が家にいる間だけでも

ププちゃんの事を知ってもらわねば!

どんな子もまだまだ沢山の変われる可能性を秘めてる事。

迎える人、迎える環境でわんこは変われるんです。

ププちゃんも日々進化してるんです。

 

初日触るの怖かったププちゃんですが

2日目にはシャンプーできるようになりました。

でも口輪つけなきゃできないところもあるの。

爪切りが苦手なんだよね。

それも威嚇程度で多分噛まないんじゃないかな?

と思うところまでにはなってます。

もう少し時間をかけてあげれば

多分問題なくなると思います。

 

カットはお利口にできますよ。

お耳が悪かったのでお顔まわりは触られるのを嫌がりますが

お耳にお薬を入れてもらったら痛みが和らいだのか

お顔を触るのも抵抗がなくなって来ました。

 

こんな風に少しずつ、一歩ずつ

ププちゃんと歩んでくださるご家族が

お迎えくださったら嬉しいね〜。

 

 

もう大型犬は飼えないけど

少し大きめの子がいいなぁ〜

 

若い子は自信がないけど

シニアだったら最後まで面倒見てあげられるよ!

 

そんな方はぜひ東葛飾支所まで

ご連絡ください。

年始は6日からですよ。

 

シニアわんこを迎える

そんな選択をしてくださるご家族が増えますように!

 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

 

少しずつですがセンターとの協力体制ができて

今回のようにセンターからの一時預かりが出来た事は

大きな進歩だと思います。

信頼して預けて頂けたお気持ちを裏切らないよう

決して迷子にさせてはいけない

事故を起こすような事が有ってはいけない

そう肝に命じてお預かりしています。

どの子も大切な命。

その命に対する責任の重さは皆同じなんですもの。