40万円の自己投資

テーマ:
久々に自身の中でやる気がみなぎって溢れ出そうなのを抑えるのに大変な状況になっている。人生振り返ると何度か同じ状況になったことがあるが、まだ見ぬ未来に対するものすごいワクワク感と共に、集中力が研ぎ澄まされていくのを肌で感じる。

サラリーマンとして働きながら、過去に出した成果の例でいうと、

・3ヶ月でTOEICの点数を300点アップさせた
・投資や副収入等、労働収入以外で月収100万円を突破した
・資産形成の勉強を始めて2年で、世帯収入上位8%となる準富裕層の部類に入った

などなど。

そして当初設定した50歳でセミリタイアという目標は既に射程圏内であることから、もっと大きな目標を持ちたいと思う。それは、40歳で完全リタイアだ。つまり、あと6年で一切働かなくても教育費や老後資金含めて全く困らない状況、つまり不労所得だけで趣味を謳歌する人生を目指したいと思う。

上記目標の実現に向け、熟考に熟考を重ね、ある投資の学校に、40万円の入学費用を支払って入学した。約半年間の授業で座学も実践もあり。久々の自己投資。自己投資が一番高いリターンを得られることを知っている。

徹底的にイチから勉強をし直し、高い成果を出すことにコミットし、早急にお金と時間の呪縛からの開放を実現していきたい。

自分への決意表明も兼ねて本投稿を行っておく。

インドネシアでの月の生活費をまとめてみた。

 

日本での生活のときは住宅ローン10万円、私のお小遣い3万円、残りの光熱費や食費含めた生活費は7万円で、合計20万円の支出であったことは、過去のブログの記事でも書いた通り。かなりの節約家の筋肉質な家計だとお褒めのお言葉を多く頂いた。

 

インドネシアに来て、同じ日本食の食材を購入するにしても、輸入品となるのでコストはあがるし、電気代も遥かに高いなど、日本より割高な生活費がかかるのはある程度織り込み済。

 

現在の月にかかる生活費は以下の通り。

ちなみに、単価と合計(IDR)は、インドネシアの現地通貨(ルピア)で計算していて、為替レートは、10,000IDR(ルピア)で約80円。

一番右は円換算なので、そちらをご覧頂きたい。

 

 

月の44万円もの支出になっている。

 

突っ込みどころ満載な内容になっているかもしれないが、自分の中では必要経費のみに絞り、日本と同じくらい筋肉質な家計を意識している。

 

上段は、習い事にかかる費用だが、月61,920円かかっている。スポーツでは、ゴルフ・水泳・サッカー・テニス、語学では英語やインドネシア語を自身で学習したり子供に習わせたりしている。子供には色々なことに興味をもってほしい、将来の選択肢や可能性を拡げてあげるのが親の役目だと思っているので、節約する気は全くない。

 

一方、下段は、食費や学費や通信費などで、月378,280円かかっている。ここには、専属の運転手や、掃除・洗濯・料理までしてくれるメイドの給料も含めた。日本では贅沢だが、こちらではかなり一般的。日本に比べて人件費も安いので、同僚のインドネシア人もわりと運転手やメイドを雇っている方が多い。

携帯は2台で1,000円ちょっと日本の格安SIMより更に半値くらいのお値打ちだ。人口が2億6千万人と多いので、これでも十分に携帯会社の利益は確保されるのだろう。

 

一方、子供の学費は、インターナショナルスクールに通わせていることもあり、月8万円とかなり高額だ。これで帰国子女となり英語をペラペラにマスターしてくれるのなら、安い投資だと判断している。

 

運転手+車に、138,400円もかかっているうちの、10万円はこちらで新車購入したときのローン支払いのためだ。

ローン金利が、低金利である限り、一括購入するようなもったいないことは、絶対にしない。なぜなら、お金は借りておき、その分のお金を投資に回し、ローン金利以上の利率で利益を得る限り、資産を増やすことができるからだ。これは、住宅ローンは、絶対に一括返済や繰り上げて返済せず、その分の資金を投資に回すという考え方と同じだ。とにかく繰り上げ返済をして早くローンを無くしたいと考える方が多いが、これは資産形成を考える上では明らかに間違っているので、マインドセットを変えた方がいい。

 

但し、今以上に固定費はもっともっと削減する余地があるし、削減していきたいと思っている。

 

まずは、来月4月より、早速、運転手とメイドの給料を見直す。

運転手の給料は、現状35,000円/月くらい支払っているが、正直1日のうちに1時間も使っておらず、運転手も暇を持て余している状態だ。かといって、運転手を雇わければ、どこにも外出できない国なので、雇用は必須。ということで、もっと安い運転手を雇用することにした。給料は、23,000円/月となる予定のため、12,000円/の節約になる試算だ。

 

一方、メイドの給料は、現状31,000円/支払っている。平日及び土曜の半日のみの時間で、掃除、洗濯、アイロン、洗物、日本料理までやってくれる。ただ、これも相場からするとかなり高額。もっと安いメイドで働く内容が同じ方を見つけたので、こちらも新しいメイドを4月から雇用することに決めた。給料は、新しい運転手と同じ、23,000円/月。これで、8,000円/月の節約。

 

運転手とメイドの給料で、合わせて20,000円の節約になりそうだ。

 

金融知識や投資を最大限に活用し効率的な資産形成をしつつ、子供の習い事や教育費、生活の利便性を向上し、娯楽を含め人生の質を向上させてくれるものには、今後も惜しむことなく支出(及び投資)をしていきたい。

 

※最近Twitter(別リンクに飛びます)を始めました。日々の生活を投稿してますので、ぜひフォローお願いします。

※本ブログに関するご質問やご相談は、こちらからお願いします。

------------------------

ブログランキング参加中

応援よろしくお願いします!

  にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

------------------------

■飛行機が無料で乗れるポイントサイト

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

-----------------------------------------

Twitter(別リンクに飛びます)やってます。

●Facebookもやっています。

友達申請お待ちしております。

 

今年初の資産状況をご報告。

 

気付けば去年12月以来のご報告となり、3か月以上もあいてしまった。

その間、一時的な世界経済の暴落もありながらも、資産は順調に右肩上がりに増えている。

 

 

長期投資で積み立てや海外生保などルールに基づきコツコツと投資をしている限り、損失を最小限に抑えつつ、時間と共にゆっくり着実に増えていくことは確実だ。

 

今月は、オフショア投資の3回目の支払いもあり、余剰の日本円を海外への米ドルで買付ができ、さらに理想の資産配分に近づいていく。

 

 

ITAは利益率7から8%をキープ。

NISAの投資信託も利益率6%から9%をキープ。

 

一方、リスクを少し追った投資信託(特定)は損益マイナス。

遊び心でやった株式は、あまり気にかけず放置していたら半分から4分の1まで下がっており、損益マイナス。

本来これらは短期投資用の資産として管理すべきですが、長期投資用としてカウントしており、せっかくの長期投資用の利益を食いつぶしてしまっているような見え方になってしまっているのが残念。

 

ただ、長期投資として毎月コツコツ積み立てを行っているものは、ドルコスト平均法のメリットの享受もあり、全て損益プラス運用でしていることは明白。

 

世界経済は増え続けるゆえ、世界にバランス良く分散投資している限り、世界経済の向上と共に、自身の資産も向上していく。

これこそが長期投資の肝でありメリットであり、誰でもが真似すればすぐにコピーできる再現性の極めて高い投資方法だ。

 

ただ、長期投資は資産の値動きに大きな変化がなく、退屈していまうのも事実。

 

ということで、私は上記とは全く別管理をして短期投資運用をしており、こちらでも資産を増やしているが、今のところブログでの公開する予定はない。なぜなら、再現性が高いとはとても言えないからだ。余裕資金でリスクを負って行う運用は、そのタイミングによって損をする可能性もあるし、利益を出す可能性もあり、50%50%だ。

 

ゆえに、あくまで資産形成の王道は長期投資であり、時間がかかり忍耐も必要であるが、誰でも真似することができる方法を中心にこれからもブログで公開していきたいと思う。

 

 

※本ブログに関するご質問やご相談は、こちらからお願いします。

------------------------

ブログランキング参加中

応援よろしくお願いします!

  にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

------------------------

■飛行機が無料で乗れるポイントサイト

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

-----------------------------------------

●Facebookもやっています。

友達申請お待ちしております。