近江八幡のピラティススタジオ pilates studio S

近江八幡のピラティススタジオ pilates studio S

2012年11月に滋賀県近江八幡市にピラティススタジオSをオープンしました。
ピラティスのこと、日常のことなどを書いています。
カラダって不思議、そして面白い☆ピラティスを通じて色々な方と
つながりたいと思っています。

Pilates Studio 『S』レッスンのご案内花


ピラティススタジオ『S』は女性専用スタジオです。


男性の方は、会員様の紹介があるか、直接面識のある方のみ


受け付けさせていただいております。




☆レッスン日


 毎週月曜日 9:30~21:30


 毎週火曜日 15:30~21:30


 毎週木曜日 9:30~18:00


 毎週金曜日 9:30~21:30


 毎週土曜日 9:30~21:30


 毎週日曜日 9:30~21:30




☆スケジュール


 ① 9:30~10:30


 ②11:00~12:00


 ③13:00~14:00


 ④14:30~15:30


 ⑤16:00~17:00


 ⑥17:30~18:30


 ⑦19:00~20:00


 ⑧20:30~21:30




☆料金


 入会金  5,000円




 プライベートセッション 体験  4,000円


               1回券 7,000円  


               3回券 20,400円 


               5回券 32,500円


 セミプライベート    体験(1人当たり) 2,000円 


               1回(1人当たり) 3,500円


 




スタジオへのアクセスキラキラ


 滋賀県近江八幡市桜宮町294番地 YP1ビル 2F


 JR近江八幡駅から徒歩5分




お問い合わせ、ご質問はこちらTEL 080-3104-6434


                 メール shana0701@gmail.com


                     までよろしくお願いいたします。











​こんにちは。

近江八幡市のピラティススタジオ
『Pilates Studio S』の木瀬由子です。


この3連休は台風の影響を大きく受けそうです。

お出かけをされる予定の方は、どうぞお気をつけください。



さて、皆さまいかがお過ごしでしょうか?


​小さな幸せ


今日のお昼休みのこと。

コーヒーを買いに近くのコンビニまで歩いて出かけました。


お昼くらいの時間はちょっと混んでいる道を横断してコンビニまで行くのですが、今日もボチボチの混み具合です。


ちゃんと交通ルールを守って(当たり前。ニヤニヤ)横断歩道を渡り、コンビニでコーヒーを買い、同じ道を帰ろうと横断歩道の前で車が止まってくれるのを待っていました。

すると、私に気づいた反対車線のおじさんが車を止めて待ってくれました。が、手前の車線の車はどんどん走っていきます。


「おじさん、行ってくれていいよ。」と思った時、おじさんがクラクションを鳴らし、スッと窓から腕を伸ばし反対車線の車を止めてくれたのです。

「おぉ、ドラマみたい!」と感動デレデレ


マスク越しにお礼を言い、小走りで横断歩道を渡り終えると、めっちゃワクワクしている。

こんな粋なことをする人が近江八幡にいたなんて。

顔の大きなおじさん、あなたはめちゃめちゃカッコいい人です!車を止めてくれただけでなく、幸せな気分もくれました。ありがとうございます♪



そしてそして、この幸せは連鎖したみたいで、パン好きの私にお客様がパンをプレゼントしてくださいました。

日野にある『タイヨウブレッズ』というパン屋さん。

滋賀のパン屋さんは結構チェックしていたつもりですが、ノーマークのお店でした。


見るからに美味しそうな食パン。

明日の朝が楽しみです🍞



今日は、小さな幸せに出会った一日でした。

皆さんは、最近どんな小さな幸せに出会いましたか?




HPはコチラから➡︎ピラティススタジオ【エス】


ご予約&お問い合わせは

☎︎080-3104-6434

✉︎shana0701@gmail.com


LINEからもお問い合わせいただけます。

友だち追加

​こんにちは。
近江八幡市のピラティススタジオ
『Pilates  Studio  S』の木瀬由子です。


「台風はどこにいったの?」と思うくらい良い天気です。


皆さま、いかがお過ごしでしょうか?



ピラティスで心にも変化が…


「ピラティスって精神もラクになるんですか?!」

なんて感想をくださったのは、いつも面白い感想をくださるK様。


今回もこちらが「おぉっ!」となるような感想をいただき、ニヤリとしました。ちゅー



身体の動きって、その人の性格やその時の心の状態を表すように思っていて。


たとえば、頑張り屋さんの人はどんな動きでもチカラいっぱい動く。のんびり屋さんの人の動きはメリハリに欠けていたり。

それ以外にも、その日の身体がお疲れモードにあるのか、やる気に満ち溢れているのかでも動きは変わりますが、それでも性格の影響って大きいのかな?って思います。



で、K様の場合。

ウォーミングアップとしてゆるーく背骨を動かしたくて選んだエクササイズを「ふんっ!」って感じで頑張ってマシンを動かそうとされます。

思わず「ちょっと交代しましょうか?」と、私の動きを見ていただきました。(見本を見せるというより「こんな感じで動いてみませんか?」という意味を込めて。)


そのあと、同じエクササイズをもう一度してもらうと、先ほどの‘頑張ってます感’満載の動きに変化が現れました。マシンのコントロールがスムーズになり、身体の緊張も緩くなってきました。4、5回繰り返して動いていただいたら別人ってくらいの動きに。


そんな感覚のまま違うエクササイズをしてもらった後の感想が「ピラティスって精神もラクになるんですか?!」だったんですね。プラス、「めっちゃ眠くなるんですけど。」って。ニヒヒ



そこで、心と体のつながりの話をすると、「私、いつも警戒して生活しているかも…」という話になって。

そりゃ、筋肉も緊張するし交感神経もバッチバチの状態で動けば、力を抜くってことが難しくなるし、常に全力で動こうとなるのかも…って思います。


私が思うスムーズな身体の動きは、その動きに必要なだけの力を発揮できるか…だと思っていて。

たとえば、50%の力が必要な動きであれば、50%の力を発揮できるのが上手く身体をコントロールできることだと思うのです。それを50%の力で十分な動きに対して75%の力を発揮しちゃうと、疲労も早いし、力みが入って上手く身体をコントロールできなくなる。(そしてマシンも)


だけど、普段の生活でどれくらい身体に力が入っているかって感じる機会って少ないと思うのです。人から「チカラ入っているよ!」と言われて気づく…みたいな。



​マシンピラティスをオススメする理由


そんな人におすすめしたいのが、マシンピラティス。


マシンピラティスは、身体をコントロールすると同時にマシンをコントロールする力が必要です。

マシンの軌道、マシンから受ける負荷、その負荷に対してどれくらいの力を発揮するか…なんてことを身体で感じ取りながら動くので、最初は難しく感じることもあります。


ただ、このマシンから受ける負荷に対してどれくらいの力を発揮するかという作業が、常に全力で動こうっていう人にはいいトレーニングになると思っています。


マシンについているスプリングやロープから受ける負荷に対して、同じくらいの抵抗をかけると上手くマシンを動かせるエクササイズ、負荷以上のパワーを発揮するとマシンが動くエクササイズなど、エクササイズによって力の発揮の仕方を自動で変えるチカラがトレーニングをすることで身につきます。


そんな感覚がマシンピラティスで自然と鍛えられれば、普段の生活でも「これくらいに力で動けばいいよね。」って力のコントロール能力がアップするんじゃないかと思うのです。

すると、常に交感神経バッチバチで全力で動いていた身体も適切な力の発揮で動くことができるので、筋肉の過緊張も避けることができるし、身体の緊張がほどけると心も穏やかになれるのでは…って思います。



そんなワケで、常に頑張っている人&身体を上手くコントロールしたいと思っている人、心穏やかに過ごしたい人にマシンピラティスをオススメしたいなぁって思っています。



HPはコチラから➡︎ピラティススタジオ【エス】


ご予約&お問い合わせは

☎︎080−3104−6434

✉︎shana0701@gmail.com


LINEからもお問い合わせいただけます。

友だち追加

​こんにちは。
近江八幡市のピラティススタジオ
『Pilates Studio S』の木瀬由子です。


次回のご予約を29日にいただいたお客様に「肉の日ですね♡」と言うと、「どれだけ肉好きなん?笑」と返されました。

定期的に『肉会』を開催するくらい肉が好きです。ちゅー(どうでもいい情報。笑)



さて、皆さまいかがお過ごしでしょうか?



​人の体は左右非対称である


この言葉に出会ったのは『PRI®︎』の講習を受けたときでした。


今までいた世界(エアロビクスやトレーニング)では、“身体は左右対称に鍛えるもの”が当たり前の世界でした。エアロビクスの動きを例にすると、「右足から動くステップを3回したのなら、左足から動くステップも3回する」というふうに教わり、実践してきました。


ピラティスの場合は、怪我などの障害を考慮してプログラミングすることもあり、がっつり左右対称とはいきませんが、身体を左右非対称のものと捉えることはなかったように思います。



なので、『Postural Restoration Institute®︎(PRI)』の基本コンセプト“人体は左右対称ではない。”を聞いたとき、「えっ!!ポーン」となりました。


身体の様々な器官、そして神経系など右側と左側は同じではないということ。

そして、これらの器官は様々な場所に位置し、個々に責任があり、機能があり、需要がある…と。

この左右非対称のシステムは素晴らしいものであり、人体はこれらのシステムの不均衡を統合することによってバランスが保たれている。

なんてことがテキストに書かれています。


身体を左右対称に動かすことが良しと思っている時間が長かった分、この文を読んだときの衝撃は凄まじく、スゴイものに出会った予感がしました。

そこからPRI®︎の難しいけど面白い、の沼にハマっていくのですが…。



神経系などの難しいことはさておき、体幹を例えにすると、肝臓は右側に、心臓は左側に位置することによってバランスが取られています。


また、横隔膜は左側に比べ右側が高い位置にあり、サイズも大きい。

さらに、右の横隔膜の下には肝臓があり、肝臓によって構造的に支持される横隔膜は呼吸筋として望ましい位置にいることができます。(横隔膜はドーム状でいる=呼吸筋としての働きを求められています。)

右に比べ、サイズの小さい左の横隔膜が呼吸時にいいポジションにいない場合、身体が捻れることも考えられます。


そして、利き手、利き足の問題も身体の左右非対称に影響を与えます。


そんなことを前提として身体をみると、身体におこっている代償動作や動きのクセなんかの発端がどこにあるのか…なんて予測を立てやすかったりします。


そして、ロンが私たちに伝えてくれた『左右非対称のシステムは素晴らしいものであり』という言葉。

この言葉を知ると、代償動作ですら愛おしく思える。デレデレ


なぜなら、代償動作も体を環境やある状態に適応させるためにとった戦略の結果だと言えると思うからで、左右非対称だからこそ起こりうる動作であったりするわけです。

もちろん、だったら「仕方ないか…とか、ダメじゃないか。」となるわけではなく、「じゃあ、そのハマってしまったパターンから抜け出して、反対の世界にも行けるといいね。」というのが、PRIのコンセプトだと思っています。


なんか愛を感じる❤️


身体を“左右非対称のものである”と捉えると、見える世界が変わったように思います。

そして、ちょっとだけ思考が柔軟になった気がします。(気がするだけで何も変わっていなかったら凹みます。笑)


​最近買ったお気に入りのソックス。

左右非対称の文字に愛を感じる。



HPはコチラから➡︎ピラティススタジオ【エス】


ご予約&お問い合わせは

☎︎080−3104−6434

✉︎shana0701@gmail.com


LINEからもお問い合わせいただけます。

友だち追加