エイジングケア化粧品研究開発者 大川明伸

化粧品研究開発29年目の化学者です。


わたしが化粧品技術でお届けしたいのは
化粧品というモノではなく“自信と勇気”。



美容のこと、化粧品のこと、身のまわりの
身近なことを化学者目線でお伝えしています。




美容、健康、化粧品、化学物質の情報が飛び交う中、少しでも「情報の相対化」にお役立て
いただければ幸いです。



●化粧品がいらない肌に導くエイジングケア専用化粧品


株式会社ピギーバックス公式ホームページ



★あなたのサロンのお客様がより満足され、あなたのビジネスも一気に加速する最大の武器!オリジナルブランド化粧品の開発をいたします!


オリジナル化粧品制作のご依頼、ご質問はこちら

★売れる化粧品の開発のためには不可欠!化粧品開発のご依頼の前にぜひ受けていただきたいセッションです!


あなただけのオリジナル化粧品発掘セッション

★売り込まなくても化粧品が販売できる!?

あなたにぴったりの7つの販売方法診断


女性起業家を応援するレンタルスペース

 ピギーバックス ソーシャルルームへのアクセス
ソーシャルルームのお申し込みはこちらから




1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

先入観を取り除くこともエイジングケア

化粧品がいらない肌に導く化学者

大川明伸です。

 

 

 

年齢を重ねるにともない

わたしたちはたくさんの経験をします。

 

 

 

心の底から楽しかったこと。

 

 

努力が報われたこと。

 

 

辛い経験をして

未だに克服できていないことなど。

 

 

 

しかし

そのすべての経験があったからこそ

現在の自分が存在しています。

 

 

 

 

過去の経験で

“自分”がつくられているといっても

過言ではありません。

 

 

 

 

これまでの経験は

なかったことにはできません。

 

 

 

 

うれしかった経験も辛かった経験も

どのように感じ
これから先にどのように活かすのか。

 

 

 

そのことが個性をつくりあげ、、、

 

 

そして

自分の魅力にしていくことが

“経験を活かす”ということになります。


 

 

 

今、辛いことであっても

わたしたちは成長とともに

少しずつ辛さによる心の傷は

癒されるようにできています。

 

 

 

心の奥に深く残った辛い経験であっても

乗り越えられる力が備わっています。

 

 

 

そして

乗り越えられたときに

他の人にその経験を話せる日がきます。

 

 

 

 

楽しい経験にも、辛い経験にも

ほとんど他人が関わっているもの。

 

 

 

 

昔、他人に教わったことが

そのまま自分の常識に

なってしまっていることさえあります。

 

 

 

これは

よく耳にすることだと思いますが、、、

 

 

 

他人を変えることはできませんが

自分を変えることはできます。

 

 

 

それは年齢に関係なく

いつからでも自分の意思でできること。

 

 

 

そして

自分に変化を促すきっかけに

化粧品は大きな力を発揮します。

 

 

 

 

なぜなら

化粧品をご使用しはじめることは

自分に変化を促すきっかけとして

すぐに行動できることだからです。

 

 

 

髪型や髪の色を

変えてみるのもいいですよね。


 

大切なことは

過去の出来事を自分がどのように

受け止めて向き合えるか。

 

 

 

未来への糧にできるかどうかということです。

 

 

 

誰かと別れたときには

次にもっと素敵な人と出会うための出来事。

 

 

 

あのときに

ビジネスで失敗したのは

もっと大きなやりがいのある

ビジネスを成功させるための出来事。

 


 

もし

糧にしながら肌に化粧品を塗布していますと

肌は必ずあなたに応えてくれます。

 

 

 

なぜなら肌は紛れもなく

あなたの一部だからです。

 

 

 

実際にどのような気持ちで

化粧品をご使用されるかで同じ化粧品でも

肌への効果が変わってくることは

化学的な研究結果でも明確になっています。

 

 

 

人生は些細なきっかけと

勇気をだして一歩踏みだした行動によって

どんどん変化をしていきます。

 

 

 

 

過去の経験を引きずりながら

先入観をつくりあげてしまうのは

もったいないこと。


 

 

わたしは

化粧品がいらない肌に導くための

化粧品開発をしています。

 

 

 

化粧品で美肌を保ち続ける肌ではなく

肌本来の代謝力の向上を目的とする化粧品。

 

 

 

“化粧品は必要な量を必要なときだけ使用する”

 

 

 

わたしの場合は美肌を保つためには

化粧品は絶対に必要だと、、、

 

 

 

たくさんの化粧品を

開発し続けていたときの先入観を

取り除きました。

 

 

 

そうしますと

わたしの化粧品開発に興味をもって

いただける方が少しずつ増え、、、

 

 

 

13年でたくさんの方の肌が

きれいになっていくことを

確認させていただくことができました。

 

 

 

 

たくさんの喜びのコメントも

いただくことができました。

 

 

 

 

あなたの美肌を保つためには

化粧品に依存することではありません。

 

 

 

 

外面美容や内面美容と同時に

精神美容の部分も大きく関わっています。

 

 

 

 

過去の経験と向き合い

上手に先入観や思い込みを引き算して

付き合っていくことは大切なこと。

 

 


決して

簡単なことではないと思いますが、、、

 

 

 

年齢を重ねることで

たくさんの経験をしてきたからこそできる

エイジングケアですね

 

 

 

 

塗り直しがいらない!
日中紫外線からあなたのお肌を守り続ける
新時代の日焼け止め化粧品
SPF50+ PA++++(紫外線吸収剤不使用)
ピギーバックスUVプロテクトクリーム
商品詳細は、こちらから

 

★サロンのお客様がより満足され
あなたのビジネスも一気に加速する!
売り込まずに売れていく
オリジナルブランド化粧品開発

オリジナル化粧品制作のご依頼、ご質問はこちら

★売リ込まずに売れる化粧品の開発には不可欠!
オリジナルブランド化粧品開発の前には
ぜひ受けていただきたいセッションです!

あなただけのオリジナルブランド化粧品発掘セッション

★売り込まずに化粧品が売れる方法とは!?
あなたにぴったりの7つの化粧品販売方法診断
 

 

年齢を重ねることが楽しくなる

化粧品がいらない肌に導く
エイジングケア専用化粧品の詳細はこちら!

ピギーバックス公式サイト  

 

★セミナー・教室・撮影会などにご活用いただける夢があふれる大阪のZOOM専用レンタルスペース!
「ピギーバックスソーシャルルーム」 に関してのお問い合わせはこちら から!

 

●最新のエイジングケア情報や化粧品化学を

わかりやすく解説!
毛穴もお肌もひきしめるメールマガジンに登録する(無料)  


●商品、サービスなど、お電話のお問い合わせは

フリーダイヤル:0120-855-988  

 

美容にヒートショックプロテインを活用してみる

化粧品のいらない肌に導く化学者

大川明伸(はるのぶ)です。

 

 

“ヒートショックプロテイン”

 

 

このタンパク質のことを

お聞きになられたことがあるでしょうか。

 

 

ヒートショックプロテイン(HSP)は

傷んだ細胞を修復する働きを持つ

タンパク質のこと。

 

 

 

暑さ、寒さなど

肌に直接刺激を受ける物理的ストレス。

 

 

からだに侵入しようとする細菌など。

 

 

さらには

プレッシャーを感じたりする

精神的ストレスなど。

 

 

わたしたちのからだは

常にストレスによりダメージを受けています。

 

 

免疫細胞の働きを強化したり、、、

 

 

乳酸の発生を遅らせて

疲れにくくしたり、、、

 

 

タンパク質で構成されている

わたしたちのからだ。

 

HSPは

そのダメージから守ってくれている

強い味方でもあります。

 

 

 

HSPはからだの細胞内で

熱によって増えるタンパク質で

“自己回復タンパク”ともいわれています。

 

 

 

この美容、健康のために活躍してくれる

HPSをからだに増やす方法ですが、、、

 

 

 

HSPは

体温を38度くらいまで上げて

保温することによって

最もつくられるようです。

 

 

 

つまり

湯船に浸かることが有効になります。

 

 

 

浴槽のお湯の温度は

40~42度くらいがベスト。

 

 

 

これ以上

温度を上げすぎるのは

からだに適していないとされています。

 

 


湯船に10分ほどつかっていると

自然に体温は1℃ほど上昇。

 

 

 

そして

さらに10分ほど入浴するくらいが

ほどよいとされています。

 

 

 

からだのなかで増加したHSPは

1週間くらいは効果が継続します。

 

 

 

実際に

42℃のお湯に浸かった後のマウスは

37℃のお湯に浸かった後のマウスより

紫外線防御力が高くなった

研究結果もあるくらいです。

 

 

 

そのことから

HSPによるにシミ、シワを防ぐ研究も

現在いくつかの研究機関で進められています。

 

 

 

しなっとなった野菜が

50度のお湯にしばらく浸けていると

シャキッとよみがえってくるのも

非常に似た現象ですね。

 

 

 

わたしたちのからだにとって

頼もしい存在であるHSP。

 

 

 

暑い夏の疲れた肌やからだのために

入浴はシャワーで終わらせるのではなく、、、

 

 

 

なるべくしっかり湯船に浸かって

心身に英気を養ってあげたいですね。

 

 

 

 

塗り直しがいらない!
日中紫外線からあなたのお肌を守り続ける
新時代の日焼け止め化粧品
SPF50+  PA++++(紫外線吸収剤不使用)
ピギーバックス UVプロテクトクリーム
商品詳細は、こちらから

 

★サロンのお客様がより満足され
あなたのビジネスも一気に加速する!
売り込まずに売れていく
オリジナルブランド化粧品開発

オリジナル化粧品制作のご依頼、ご質問はこちら

★売リ込まずに売れる化粧品の開発には不可欠!
オリジナルブランド化粧品開発の前には
ぜひ受けていただきたいセッションです!

あなただけのオリジナルブランド化粧品発掘セッション

★売り込まずに化粧品が売れる方法とは!?
あなたにぴったりの7つの化粧品販売方法診断
 

 

年齢を重ねることが楽しくなる

化粧品がいらない肌に導く
エイジングケア専用化粧品の詳細はこちら!

ピギーバックス公式サイト  

 

★セミナー・教室・撮影会などにご活用いただける夢があふれる大阪のZOOM専用レンタルスペース!
「ピギーバックス ソーシャルルーム」 に関してのお問い合わせはこちら から!

 

●最新のエイジングケア情報や化粧品化学を

 わかりやすく解説!
毛穴もお肌もひきしめるメールマガジンに登録する(無料)  


●商品、サービスなど、お電話のお問い合わせは

 フリーダイヤル:0120-855-988  

“肌に優しい”は化粧品の構成成分より使い方

化粧品がいらない肌に導く化学者

大川明伸(はるのぶ)です。

 

 

“クレイパックやクレイ洗顔は肌に優しいですよね?”


先日、このようなご質問をいただきました。


クレイは、泥のこと。


採取される場所によって
ミネラルなど性質が異なります。



汚れを吸着することで
古くから美容に活用されています。



あまりお肌を擦らずに効率よく

汚れを取り除くことから
確かに敏感肌に適しているといえます、



ただ

クレイが高配合されたものや
ご使用の頻度によって

肌が乾燥しやすくなるので
その点は注意が必要です。



また

石鹸も肌に優しいと思われがちです。



わたしも
ボディソープと比較をすれば
石鹸のほうが肌に適していると
考えているひとりです。





なぜなら
石鹸は弱アルカリ性において
洗浄力を発揮します。


そして
石鹸は非常に単純な化学構造をした
“アルカリ塩”といわれるものです。



仮に
洗浄後にすすぎが十分ではなく
肌に石鹸が残ったとしましても、、、


弱酸性の肌機能によって

石鹸は中和されます。



そのため、石鹸の界面活性効果…



つまり洗浄効果もなくなり
肌に対しては無害化します。




一方
ボディソープは“ソープ”という名称ですが
合成界面活性剤を配合しているものが
市販品には多くみられます。



わたしは化学者ですので
原料としての合成界面活性剤が
悪いようにいうつもりはありません。



ただ
合成界面活性剤は石鹸とは異なり
界面活性剤としての効果が

薄まりにくいために、、、



肌に洗い残しがあった場合は
肌のバリア機能を低下させる

可能性は否めないわけです。



クリームや美容液に配合されている界面活性剤は
非イオン界面活性剤といわれるもの。



よく界面活性剤といいいますと
すべてをひとくくりにされがちですが、、、



基礎化粧品のように
肌に塗布する化粧品に配合する界面活性剤。


洗浄するための界面活性剤。


殺菌などに使用される界面活性剤。


これらは、異なる種類の界面活性剤です。



肌に塗布する化粧品に使用されている
非イオン界面活性剤はお肌に悪い影響がないように
開発された界面活性剤です。



非イオン界面活性剤は刺激が少ないうえ
分子量も大きいので肌に浸透もしません。




しかし
一般的に洗浄剤に配合されている
陽イオン界面活性剤(カチオン界面活性剤)
陰イオン界面活性剤(アニオン界面活性剤)
などには少し注意が必要です。



決して

毒性があるというわけではないのですが、、、



肌への刺激性は
これらの界面活性剤の性質上
少し注意が必要になります。



しっかり“すすぐ”というスキンケアを

意識したいですね。


こういったことを考慮しますと
天然の油脂でつくられた石鹸のほうが
肌の洗浄には適していると考えております。




それから
“弱酸性”を謳っている

洗顔やボディソープなども多く存在します。



これに関しましては
肌と同じ弱酸性ということで
安全性をイメージさせておりますが、、、



pH値というのは
ものの性質のひとつを
数値にあらわしただけのこと。




本来は
これだけで肌にとって安全かどうかは
ほとんど関係がない話です。



肌に界面活性剤が残ることが
肌にとってよくないとすれば、、、



当然
肌上で無害になる純石鹸ほうが
洗浄剤には適しているということになります。



…とはいえ
石鹸であっても、クレイが配合されていても
洗浄という行為は肌に負担がかかること。



“肌に優しい”とは

化粧品形状やの配合成分の選択より、、、

 

 


その化粧品の特徴を知った上で
“使い方”のほうが大きく影響すると

わたしは考えています。 



ご自身の肌にあった洗浄料を

赤ちゃんを洗ってあげるようなイメージで

優しくなでるように洗うようにしてくださいね。
 

 

 

 

塗り直しがいらない!
日中紫外線からあなたのお肌を守り続ける
新時代の日焼け止め化粧品
SPF50+  PA++++(紫外線吸収剤不使用)
ピギーバックス UVプロテクトクリーム
商品詳細は、こちらから

 

★サロンのお客様がより満足され
あなたのビジネスも一気に加速する!
売り込まずに売れていく
オリジナルブランド化粧品開発

オリジナル化粧品制作のご依頼、ご質問はこちら

★売リ込まずに売れる化粧品の開発には不可欠!
オリジナルブランド化粧品開発の前には
ぜひ受けていただきたいセッションです!

あなただけのオリジナルブランド化粧品発掘セッション

★売り込まずに化粧品が売れる方法とは!?
あなたにぴったりの7つの化粧品販売方法診断
 

 

年齢を重ねることが楽しくなる

化粧品がいらない肌に導く
エイジングケア専用化粧品の詳細はこちら!

ピギーバックス公式サイト  

 

★セミナー・教室・撮影会などにご活用いただける夢があふれる大阪のZOOM専用レンタルスペース!
「ピギーバックス ソーシャルルーム」 に関してのお問い合わせはこちら から!

 

●最新のエイジングケア情報や化粧品化学を

 わかりやすく解説!
毛穴もお肌もひきしめるメールマガジンに登録する(無料)  


●商品、サービスなど、お電話のお問い合わせは

 フリーダイヤル:0120-855-988  

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>