KhonKaen徒然日記

KhonKaen徒然日記

少々早めのリタイヤを決断。タイ人女房とのイサーンの日常をお伝え出来ればと思います。


テーマ:

 

サワディクラップ!!

 

本日もKAZのブログにお越し下さいまして有難う御座います!!

 

車中泊による九州一周の旅もいよいよラスト、14日目と15日目です!!

 

この15日間で福岡の博多そして宮崎県の高千穂と二泊は布団の上に寝ましたがそれ以外は全て車中泊。

 

それで住み心地と云いますか寝心地はどうなのか?と言えば・・・全然マイペンライ!!

今回使った車は昨年の中部⇒北陸⇒山陰への車中泊旅行に続きまして弟が仕事で使っているハイエースのダークプライム、標準ボディを借用。

 

 

普通のバンに較べますと少しだけ豪華仕様の車ですが基本は貨物車(笑)

 

まあ~1トンの荷物を積んで走れる商用車ですから多少乗り心地が悪いですが一日中運転していてもお尻が痛くなるような事も無いですし真四角な車で見切りは良いし視線も高くて運転がとても楽!!

この車、最後部の荷物置き場にはベットキットが備えられていましてこれがダブルベット以上の広さがありますから本当に毎晩快適な眠りにつくことが出来ました。

まあ~不満は・・・特に有りませんが敢えて言えばノーマルボディですので天井高がちょっと低い。

車の中で着替える時には横に寝転がって着替えなければなりませんので・・・それだけがちょっと不便かな~って云うだけ。

 

荷物は全てそのベットの下に収納出来ますので車内は広々!!

それとオプション?なのか車内に100ボルトのコンセントが2箇所付いていましてスマホやデジカメの充電もバッチリ!!

 

この車で3ヶ月間車中泊で過ごせと言われても全然平気なほど良い車でした。

確かにキャンピングカーならもっと快適なのかも知れませんが・・・・KAZの旅はのんびりとキャンプや車中泊を楽しむ旅ではなくて彼方此方をガツガツ見て廻り夜になったら適当なところで温泉に入って寝れればOK。
そんな旅ですのでBBQコンロもタープやらオーニングも不要、車を停めたら買ってきた居酒屋惣菜で一杯吞んで・・・・爆睡
そんな訳でキャンピングカーのような仰々しい装備は不要、今回のような車で充分です。

 

実は・・・まだまだ先の話しですが来年は北海道への車中泊旅を計画中(笑)

 

10年ほど前に女房と息子と3人で2週間ちょっと掛けてバイクで一周したのですが・・・
あの旅はKAZの人生の中で一番最高の旅だったと言っても過言では無いほど良い旅でした。

 

その旅の再現・・・・いや~今から楽しみです!!

 

さてそれでは最終章です。

 

この日の予定は・・・・

 

こんな感じでした。

 

 

「道の駅うきは」で迎えました朝、昨夜はかなりの土砂降りでしたがいつの間にか雨は上がったようです。

 

 

 

車中泊組みは・・・・・3~4台でしたかね。
 

この日、まず向かいましたのは・・・・・

 

 

う~ん・・・・単なる湖ですね(爆笑)

 

実は此処は「夜明ダム」と云うダムで堰き止められましたダム湖。

 

昨年の一時期ダムの決壊により湖底を観る事が出来た時期が有りましてそこに見えたのが・・・・

 

筑後軌道」と云う明治時代から昭和初期に運行してました軽便鉄道の遺構(驚)

 

既にダムの補修も終わり水が満たされて見えなくなっているのは知っていたのですが一目だけでもと思い来てみた次第です(汗)

 

次の目的に向かいますが・・・・

 

 

 

此方は県道52号線から国道231号線沿いにあります東峰村。

 

昨年の7月5日におきました九州北部豪雨の被害に遭われた場所だそうですが・・・・災害発生からこの時点で10ヶ月程度の日数が経過していましたが未だ凄い状況でした(驚)

 

家も道路も橋も・・・・全て流されてしまっていて・・・・

道路は仮設道路、家の周囲は自衛隊の方々はボランティアの方々により土砂がどけられて居ましたがそれ以外はそのままですのでどれだけの量の土砂に埋もれてしまったのか一目瞭然。

 

自然の力は凄いものだと改めて実感しました。

 

と言う事で到着したのは・・・・

 

 

 

JR九州、日田彦山線の「採銅所駅」です。

 

 

大正4年4月1日開所ですから103年経過の歴史有る駅舎です。

 

 

 

 

何か絵になる風景ですよね!

 

 

採銅所の名前はこの地区の地名ですが名前の通り銅をはじめ金や鉛も採掘していたと。

 

奈良時代頃から大陸からの渡来人の技術により採掘、精錬が行なわれていたらしいですが何と奈良の大仏の製造にも此方から採掘、精製した銅が使われていると言う事ですから凄い歴史ですよね。

 

 

引込み線らしき線路が残っていますが・・・何でしょうね??

 

 

上下併せて一日15本(滝汗)

 

ググってみますと1日あたり500人弱の方々が利用されているようですから意外と多いんですよね。

 

路線の収支の目安となる旅客輸送密度は城野⇔田川後藤寺駅間で2595人みたいですので何とか黒字なんですかね?

 

と言う事で・・・・取りあえず予定表にあります予定地は全てクリア!!
 

帰路に向かいます。

 

 

関門橋を・・・

 

 

 

ビュビュ~と通過!!

 

んっ・・・・ちょっと待てよ~・・・そう言えば・・・・

 

此処から横浜の自宅までをGマップでググりますと約1000キロ、12時間ですから実際には14~15時間の距離。

時刻は午前10時を少し過ぎた頃ですので到着は深夜1時過ぎ・・・・と云うよりもどうせ途中のサービスエリアで車中泊してから帰るようですから・・・急いで帰っても仕方が無い。

 

ちょっと寄り道してみるか~!(爆笑)

 

昨年、山陰方面に来た際に見に来たかったのですが同行していた義兄&嫁の観光ビザの関係上、日数が足りずに断念した経緯がある処。

 

まあ~ふと思い付いたと云う訳ではなくて・・・・元々「どうしようかな~?」とは思っていたのですがどうせ此処まで来たのだから・・・と言う事で回り道を決定!!

 

 

山陰自動車道を降りましてこんな道の駅で小休止。

何故か駐車場に入れないほどの大混雑でした(驚)

 

そして・・・・

 

 

更に車を進めまして此方でちょっと遅めの昼食!!

 

荒磯」さんと云う店です。

 

日本海に面した日本料理屋さんで美味しそうな雰囲気が出ていますが・・・・

 

 

 

レストランと云うより料亭と云った雰囲気(汗)

 

 

しかも店の中央には巨大な生簀が・・・・(驚)

 

思わず「カード使えるかな?」と心配になりました(爆笑)

 

 

 

メニューを見せて頂きましたらそんな心配は不要の良心的な価格で安心!!

 

 

女房殿も大満足のようで何よりでした!(笑)

 

そして・・・・予定には入れてなかった目的地に到着!!

 

此方です!!

 

 

日本海に突き出すような形の橋!!

 

 

 

凄い景色、まさに絶景ですよね~!!

 

此方の橋の名前は・・・・

 

 

角島大橋」です。

 

自動車のCM等で見た事がある方も多いかと思います。
 

KAZは以前バイク乗りだった頃にバイカー用のロードマップ「ツーリングマップル」の表紙で見て以来いつかは行ってみたいと思っていたんですよね~(笑)

 

バイクではなくて車、しかも車中泊で来たのは想定外でしたが(笑)「やっぱり自分の目で見れて良かった~!!」と思えました!!

 

 

角島側からの画像です。

 

しかし・・・橋上では駐停車禁止なのですが途中に非常用に路側帯で広くなっている部分が有りそこに車を停めて写真を撮っている馬鹿が沢山!!(怒)
更に車が往来しているのに車線の真ん中で自撮りしている馬鹿!!

 

まったく日本人も随分とモラルが低くなったものだと・・・・年寄りの独り言です(笑)

 

これで思い残す事も無くなりましたの(爆)いよいよ横浜への帰路に着きます!!

 

 

さすが現総理の選挙区!!

橋もそうですが県内の道路は何処も立派です!!(笑)

 

此方の県では画像のようにガードレールが黄色なんですよね(驚)

 

山口県の特産品である夏みかんの色に塗られているそうですが・・・・目立っていて良いですよね!!

 

途中・・・・

 

 

 

道の駅蛍街道西ノ市」にて・・・・

 

 

この旅、最後の温泉!!(笑)

 

そして高速道路(中国自動車道)に乗る前に給油とコンビニにて車中泊用のビール&お酒を購入!!

 

これを忘れますと眠れない夜を過ごす事になりますので重要事項です!!(爆)

 

中国自動車道 美祢インターから中国自動車道に進入、山口ジャンクションから山陰自動車へ。

 

そして・・・・

 

 

岡山県倉敷市手前にあります「道口パーキングエリア」にてこの日の行動は終了!!

 

時刻は午後9時半でした。

 

 

 

 

夕食です!!(笑)

 

翌日は・・・・・

 

もう~朝から高速道路をぶっ飛ばして・・・・の元気は無く(笑)ゆっくりと90キロ平均で一路横浜に向けて爆走!!

 

途中・・・・

 

 

伊勢湾自動車道 刈谷サービスエリアにてランチ!!

 

実は・・・・

 

 

KAZ達夫婦は人生初の「いきなりステーキ」でした(汗)

 

ステーキの立ち食い・・・・何とも日本人らしい発想ですよね。

 

 

この日は(いつも?)結構混み合っていまして20分ほど並んでやっとオーダー。

 

 

立ち食いとはいえ量とか焼き加減とか選べるんですね(驚)

 

 

 

う~ん・・・味の方は・・・・

やはり混み合っている事も有りますし何だか急かされているような気がして味わって食べる事が出来なくて・・・

 

やはりステーキはキチンと椅子に座って静かな環境で食べたいものですね(笑)

 

此方で最後のお土産を仕入れまして・・・・

 

午後4時頃に無事に横浜の自宅に到着しました!!

 

 

出発前の走行距離は・・・・

 

 

26204キロでしたのでこの15日間で4180キロを走破!!

 

まあ~横浜と九州の往復で約2000キロですから九州だけでは2200キロ程度。

一日の走行距離は150~160キロ程度ですから相当にノンビリとした旅でしたよね。

 

美味しいモノも沢山食べましたし連日の温泉も最高でした。

 

そして・・・・今回の旅の目的でした「自分の前世探し」と「慰霊」

 

この二つの目標も完全にクリア出来まして本当に満足の出来る旅になりました(嬉)

 

お越しの皆様には長い間お付合い下さいまして有難う御座いました。

 

日本旅行記①及び②・・・・全て完了です!!

 

 


テーマ:

 

サワディクラップ!!

 

本日もKAZのブログにお越し下さいまして有難う御座います。

 

前回の記事の通り先週火曜日に皮膚癌の摘出手術を受けましたウェスティのアキ。

 

 

 

 

手術後に他の部位への転移が無いかを確認する為にリンパ節の組織検査を行いましたがその結果が一昨日の火曜日に出ました。
 

結果は・・・・「転移は無し!!」

 

いや~嬉しかったですね!!

 

早期発見でしたので恐らく大丈夫との話しを聞いてはいましたがその話しをしてくれた医師も半信半疑だったようで自分の事のように喜んでくれました。

 

そして・・・・念には念を入れてと再検査を行った結果が昨日夕方に出まして此方の結果も「癌細胞は見つからず」(嬉)

 

日本では判りませんがタイの場合は癌を発見出来るのが遅めで切除手術を行った後にも抗癌剤治療を行なうのが普通。

我家のアキも手術前には手術が成功しても一定期間は抗癌剤治療を続ける可能性が高いので覚悟しておいて下さいとの説明は受けていたのですが、何とそれもやる必要が無いとの事。

 

 

 

 

あとは明日、金曜日に手術跡の抜糸を残すだけとなりました。

 

 

 

 

 

此方が「コンケン大学附属動物病院

 

我家から車で15分ほど、本当に頼りになる病院ですわ~!!

 

さて車中泊日記の続きです!!

 

この日の予定は・・・・・

 

 

 

 

こんな感じでした。

 

 

 

 

「道の駅やまくに」で迎えました朝は・・・・ちょっと怪しい空模様(涙)

 

此方の「道の駅やまくに」ですが・・・・

 

 

 

 

車中泊組みは我々だけで貸切でした(汗)

 

 

 

 

木造風の建物はそれほど大きくは有りませんがとても清潔で小奇麗!!

よく管理が行き届いていました。

 

 

 

 

此方は休憩室??テーブルや椅子も木で出来ていて良い感じ!!

実は此処・・・深夜に近くの若者達が数名集ってきまして数時間お喋りしていたんですよ。

コンビニで買ってきたカップラーメンを啜り、ジュースを飲んだりしていまして・・・そのままゴミを放置して帰るのかと想像していたのですが・・・・


朝起きて見た所、見事にその想像は裏切られていまして綺麗に片付けてありました(驚)
 

若者達を変な色眼鏡で想像してしまい申し訳なかったですわ~(汗)

 

道の駅の前には・・・・

 

 

 

 

24時間営業のコンビニ。

 

横浜辺りではコンビニと言えば7-11なのですが昨年の北陸&山陰と同様此方の九州方面でもコンビニと言えば此方の青の看板が多いように感じました。

 

更に言えば・・・コンビニの店員さんと言えば若いお兄さんとか女子高生って言うイメージですが・・・・
九州方面では大体がオジサン(笑)
定年後の再就職なのでしょうが・・・・皆さん馴れない手つきで頑張って居られました!!(笑)

 


 

 

此方は前の晩の温泉で「九州で一番美味しい唐揚げ」と言われた唐揚げ屋さん。

 

閉店間際に何とか買えましたが・・・・確かに美味しかったですよ!!

 

コンビニで簡単な朝食を済ませまして・・・・出発です。


この日は珍しく高速道を使いましてワープなのですが・・・・あいにく途中から雨が降ってきました。

 

この日の最初の目的地は・・・・此方!!

 

 

 

 

太刀洗平和記念館」です。

 

東洋一の規模を誇った旧帝国陸軍大刀洗飛行場跡に建設されました平和記念館です。

 

開場当初は陸軍の飛行場として中国大陸への攻撃の為の中継基地として大きな戦果をあげる功績を残しましたが大隊の別の基地への移動により飛行学校として使用されるようになったと言う飛行場。

 

西日本最大の飛行学校として多くのパイロットや飛行機整備士を育てた飛行場で鹿児島県の知覧飛行場は此方の分校になるそうです。


それで・・・・特攻に飛び立つ若者は日本中の基地から一度この太刀洗に立ち寄った後に最前線の知覧や万世へと飛び立ち・・・・特攻に行ったと。

 

 

 

 

「第五航空教育隊・西部第百部隊・空五七三部隊」と記された正門跡。

 

 

 

 

最大事には六千人の生徒が在籍していたと・・・

 

館内には・・・・

 

 

 

 

 

 

世界に一機だけ残る三二式の零式艦上戦闘機が。

此方はマーシャル群島のタロア島で発見された機体だそうです。

 

此方以外にも博多湾より引き揚げられた九七式戦闘機(やはり世界で一機だけの現存機)等々の展示がありますが残念ですがこの零戦以外は全て写真撮影が禁止でした(涙)

数多くの少年兵や特攻隊員の資料も展示されていますが・・・・心に残るのは上映されていました短編映画。

 

「頓田の森の悲劇」と言われる事件です。
終戦も近い昭和20年3月27日、修了式が行なわれました立石国民学校の生徒が空襲警報で逃げ惑い最後に森の中なら安全と頓田の森に逃げ込んだその時、B29から投下された爆弾が炸裂31名の子供の命が失われたと言う事です。


涙が止まりませんでした・・・・

また此方の記念館では当時この近くで日本軍戦闘機の体当たりを受けて墜落したB29の乗組員11名の遺影も展示されて居ます。

「敵にも味方にも帰りを待つ家族がいた。ここに並ぶ全員が戦争の犠牲者なんです」との言葉には重みが有りますよね。

 

次に向かいましたのは・・・・再び高速道路を使いまして大ワープ!!

 

此方です!!

 

 

 

 

豊後森機関庫公園」です。

 

 

 

 

蒸気機関車が大活躍していた時代、九大本線(福岡県久留米駅⇔大分県大分駅)の途中での水と石炭の補給と峠超えの為の機関車の交換等々の為にあった機関庫。


現在は鉄道公園となっていますがKAZが行きました4月には公園がリフォーム中でした。
 

まずは・・・・

 

 

 

 

此方の元倉庫風の建物は・・・・

 

 

 

 

豊後森機関庫ミュージアム」です。

 

中に入りますと・・・・

 

 

 

 

鉄ちゃんなら大喜びしそうな貴重な写真、資料が展示。

まだ出来たばかりなのでしょうか?とても綺麗な施設でした。

 

 

 

 

此方は・・・・コスプレ??

 

この豊後森機関庫は何かのアニメのPVのモチーフに使用されたらしくてその後コスプレーヤーやイタ車好きの世界では聖地扱いされているとか・・・(驚)

 

この頃には結構な雨が量の降っていたのですが・・・・

 

見学に向かいます!!

 

 

 

 

 

廃墟好きな方には余りにも有名な扇形機関庫。

 

 

 

 

そして転車台です。

もっと近寄ってみたかったのですが・・・・・残念ながら進入禁止(涙)

 

 

 

 

この機関庫は空襲されましてその弾痕の跡も有るそうですがこの距離では・・・・(涙)

 

 

 

 

そして「キュウロク」と呼ばれます「9600型」の蒸気機関車。

 

実は此処でこの旅で唯一腹のたつような出来事が有りました!!(怒)

 

まずは・・・・

 

 

 

 

キュウロクの写真を撮ったり・・・・

 

 

 

 

鉄路の写真を撮ったりとウロウロしていたのですが・・・

再びキュウロクのところへ戻りますと・・・・・

 

 

 

 

何処から現れたのかコスプレヤーが・・・・・

 

拡大しますと・・・・

 

 

 

 

こんな感じ。


恐らくこの町の観光協会?とかの方々かと思いますがおばちゃんとかオカマ?とか・・・・
 

9名のコスプレーヤーがカメラマンを従えまして写真撮影を始めたんです。

KAZはコスプレには興味有りませんし・・・・ましてや若い女性なら兎も角・・・(爆)

 

それで雨の中を待つこと十数分・・・・

この人達さっさと写真撮影が終わったら引き揚げれば良いのにこの機関車の前から動かないんですよね。

 

それでKAZも痺れを切らして近くに寄って機関車の写真を撮ろうとしたら・・・・

 

「撮るんじゃねえ!!」と怒鳴られました!!

いや、こんな小汚いコスプレーヤーを撮りたい訳ではなくて機関車の写真なんですけれど・・・・


それで「お前ら早くどいてくれよ!!」と怒鳴りそうになりましたが・・・・女房の手前じっと我慢。

 

女房が居なければ殴りかかっていたかも知れません(汗)

 

後日呑み会で友人にその話しをしましたら・・・・

「その連中よくお前にそんな言葉を吐いたものだな?」

 

「んっ・・・どういう意味??」

 

「いやだってその格好のお前によくそんな事言えたものだと・・・・」

 

「こんな優しい顔をしているのに何言ってるの!?」と一発殴っておきました(爆笑)

 

後日タイに戻った後に怒りと苦情の手紙を送付しましたが未だに腹の虫が収まりませんわ~(怒)

 

 

 

 

此方は・・・・

 

 

 

 

現役のJR九州、九大本線の「豊後森駅

 

木造駅舎で良い雰囲気です!!

 

 

 

 

綺麗にリフォームされていました。

 

 

 

 

上下線合わせて一日20本!!(滝汗)

 

 

 

 

上下線が跨線橋で結ばれているんですね。

 

めったに来ないのでそのまま渡れるようにしても良いような気もしますが・・・(笑)

 

 

 

 

先日の「昭和ロマン蔵」に保存して頂きたい駅名表示です(笑)

 

と言う事で次の目的地に向かいます・・・・が・・・・

 

その途中で昼食です!!


その目的地に向かう道中の彼方此方に看板が有りまして・・・・当然女房殿の目にも入る訳でして・・・

 

 

 

 

こんな看板なんです!!(爆笑)

 

 

 

 

 

怒涛の如く押し寄せて来まして・・・・降参です!!(滝汗)

 

 

 

 

町田バーネット牧場」さんです。

 

晴れていれば素晴らしい景色と動物が見れるようですが外は嵐の様相!!

 

 

 

 

 

 

 

豊後牛」確かに美味しかった~!!

 

 

 

 

女房も満足したようで何よりでした!!

 

それで次に向かいますが相変わらず天候は最悪!!

 

 

 

 

目的地到着「九重夢大吊橋」です。

 

しかし残念ながら横殴りの雨で傘ではびしょ濡れ、カッパを着てまで見ても景色も見えないだろうし・・・

と言う事で車中から見学(涙)

 

 

 

 

 

写真だと雨の凄さが判りませんよね~(汗)

 

 

 

 

地域再生事業の超優良モデルとしても有名な大吊橋。

紅葉の時期に訪れてみたいものですね。

 

と言う事で次の目的地に向かって移動です。

 

途中・・・・

 

 

 

 

此方も紅葉で有名な「九酔渓

 

 

 

 

紅葉の時期には大混雑なのでしょうね~

 

 

 

 

此方は全国でも珍しい茅葺屋根の駅舎・・・・

 

 

 

 

JR九州、九大本線の「豊後中村駅

 

 

 

 

この附近は温泉も有名なんですよ!!

 

そして道中に有った・・・・

 

 

 

 

道路脇に立ちます看板は・・・・

 

 

 

 

「町田駅」です。


豊後森駅の隣、恵良から別れて阿蘇の小国町まで「豊後森駅⇔小国駅」間を運行してました国鉄宮原線の廃駅です。

 

宮原線全てが廃線になって34年が経過・・・・線路跡は道路になりその道路の拡幅によりホームも削られて道路に飲み込まれていますが・・・・

 

 

 

 

駅にあがる階段は綺麗に残っていました。

 

この宮原線の廃線跡には数多くのアーチ橋がありますが戦争当時の鉄不足から何と鉄筋の代わりに竹を使った「竹筋コンクリート造」の橋も有るそう・・・(驚)

 

見てみたい誘惑に駆られますが・・・・女房の冷たい視線も有りますし・・・却下(爆)

 

次の目的地に急ぎます!!(笑)

 

次の目的地は・・・・

 

 

 

 

此方「天領日田豆田町」です。

 

天領日田」とはその名の通り幕府直轄地として当時の九州の経済の中心地として栄えた町です。

 

特に豆田町は当時の商家や土蔵が残り九州の小京都として有名な町だそうです。

 

 

 

 

 

 

雨が降っていなければもっと散策したい処ですが・・・・

まあ~この雨の中の街も絵になるかも知れませんね(笑)

 

 

 

 

 

 

 

全て現役で使われている建物ですから凄いです!!

 

 

 

 

此方は「天領日田資料館

 

 

 

 

館内は撮影禁止でしたがまあ~それ以前にKAZ的には興味をひくようなモノが無くて・・・・(滝汗)

 

 

 

 

そう言えばこの日、大分自動車道でワープ中に数多くの旧車と出会ったのですがこんなイベントが開催されていたんですね(驚)

 

いや~大雨の中でエンコしている旧車も居ましたが・・・・大変だったでしょうね(汗)

 

と言う事でこの日の観光は此処までです!!

 

まずは・・・

 

 

 

 

温泉です!!

 

 

 

 

夜明薬湯温泉」です。

 

 

 

 

「二人なら貸切風呂の方が安いよ」と言われて貸切風呂に・・・・

 

「今日最初のお湯だからそのまま入って大丈夫だよ」との事。

 

観光客が来るような贅沢な感じは有りませんがお湯はぬるぬるの如何にも温泉と云うお湯が完全掛け流しと云う贅沢振り(笑)


此処まで毎晩温泉で感動を忘れがちですがやっぱり温泉、最高ですよね!!

 

身体が芯まで温まるので上着を忘れて帰ってしまう客が居るそうですが確かにそんな感じのお湯でした。

 

温泉の後は・・・・

 

 

 

 

此方で買出し!!

 

そしてこの晩は・・・・

 

 

 

 

道の駅うきは」にて車中泊でした。

 

相変わらずの大雨でして・・・・

焦っていたのか食事の画像を撮り忘れ(汗)

 

このような大雨の時には・・・・「俺達って何でわざわざ車の中で寝てるんだろう」と少々ネガティブな気持ちにもなりますが・・・・

 

一杯吞めば一気に気分転換出来るのがO型の良い処ですかね(爆)

 

と言う事でこの日の行動結果は・・・・

 

 

 

 

こんな感じ!!
 

あと少し続きます!!

 

 

 


テーマ:

 

サワディクラップ!!

 

本日もKAZのブログにお越し下さいまして有難う御座います。

 

さて我家のオテンバ娘、ウェスティの「アキ」ですが先日癌切除の手術を受けて来ました。

5月21日から始めました抗癌剤治療、一時は薬が合わずに危篤状態になった事も有りました。

 

 

治療を始める前のアキです。

 

 

此方が皮膚癌、米粒の半分ほどの大きさでした。

 

 

 

抗癌剤治療の一回目、朝一番に病院に行きまして結構状態のチェックと血液検査。

血液検査の結果が良ければ抗癌剤を投与しますが点滴で薄めて入れますので一時間以上掛かります。

投与が終わりましても容態が急変しないか確認してからの帰宅ですので・・・・一日掛かりでした。

 

 

2回ほど抗癌剤治療を行ないましたら脱毛が激しいので丸坊主にカット。

 

 

 

本人も大分要領が判ってきたようで点滴中はじっと静かにしていられるようになって来ました。

 

 

もともと出産時に羊水が肺に入ってしまい死んでしまうかもしれないと言われたアキ、その時の後遺症でちょっとした事で鼻炎が酷いのですが更に抗癌剤治療の影響で白血球数が減少、直ぐに鼻がぐずぐず言い出してしまい吸引療法も数度・・・・

 

 

 

そして抗癌剤治療を受けること10回、検査の結果大分癌が小さくなったと言う事で切除術を受けてきました。

 

 

コンケン大学附属動物病院」・・・・

タイでは屈指の大学附属の動物病院です。
大きく分けて三つの病棟が有りまして①外来患者及び内科専門、②外科的治療専門、そして③大型動物専門。

①及び②にはそれぞれ内科医、外科医、整形外科医、脳外科医、産婦人科医、人工授精専門医、眼科医、歯科医、レントゲン&超音波専門医、薬剤師が居ます。

あっ・・・それと猫専門の医師や爬虫類専門の医師も居ますわ~(汗)

③には何と象のレントゲンやCTが撮れると云う超~大型の機械も完備(驚)

此方の待合室と言うか診察を待つ場所は広いグランド!!(爆)
日によっては牛や馬が走り回っています(笑)

そうそう、更に救命救急もありまして動物専門の救急車も備えているんですよ!!

 

アキの場合には抗癌剤治療は①の内科医、そしてこの日は②の外科医の医師より手術を受けてきました。
因みに此方の大学病院では動物の安全の為に麻酔も注射によるものではなく人間と同様に吸入による麻酔を使っています。

 

結果は・・・

 

 

手術は無事に終了!!
リンパ節の組織検査待ちではありますが恐らくは全て取り切って転移も無いだろうとの事。
人間ならこれだけの大手術を受けたら歩けるまでに一週間程度掛かるのでしょうが流石ワンコ!!
当日こそ不自由にしていましたが翌日からはオテンバ振りが完全復活!!凄い生命力ですよね。

 

5月半ばから2ヵ月半、アキの事だけではなく他のワンコの件もあり、ほぼ一日おきで通院してましたのでまあ~忙しいのなんの・・・
医師や看護士さんからも「今日は誰を連れて来た?」と聞かれるほど有名人になってしまいましたわ~(汗)

まあ~それでも全員が健康で居てくれればそれが一番ですよね!!
因みに・・・・抗癌剤治療及び切除術に掛かった費用は・・・・検査費用も含めて概ね5万円程度。
日本に較べれば安いですかね??
公立大学の附属病院と言う事で町の動物病院より安いのですが・・・・やはり混んでますし診察も大学生に見学させながらですので時間が掛かる場合もあります。
コンケン人によっては公立病院は人間も動物も「YABU」と云う人も居ますが・・・・どうなんでしょうね?(笑)

 

さて、表題の件です。

 

豊後高田の「「昭和の町」を後にしまして次に向かいましたのは・・・・

 

 

まずは昼食!!(笑)

 

この画像で想像が付きますとおり・・・・

 

 

ファミレスです!!(汗)

 

先日の・・・

 

 

此方が残っていますので利用させて戴きました!!

 

 

 

 

日本のファミレスって本当に安くて美味しいですよね!!

 

お腹がイッパイになった処で次に向かいましたのは・・・

 

 

 

羅漢寺」です。

 

羅漢寺と言えば・・・・・

 

 

此方の日本三大五百羅漢の一つ無漏窟の「五百羅漢」が有名(画像はWikiから拝借)

羅漢とは仏道修行を極めた最高の地位にある修行者の事だそうです。

 

まずは・・・・

 

 

歩いてでも登れるのですが・・・・修行僧ですないので文明の利器を使わせて頂きます(笑)

 

 

最初は「歩いて行くか?」と聞いたのですが・・・・いやいや使って正解でした!!

 

 

リフトで到着しますと直ぐに徒歩で上がってくる参道が有りますが・・・・

登山靴が必要かも知れません(汗)

 

 

彼方此方に大小様々な凹んだ部分や洞窟状の部分が有りまして羅漢像が安置されています。

 

残念ながらこの先は・・・・

 

 

撮影禁止!!(涙)

実際には結構撮ってる方々が居りましたが・・・・あれはきっと日本語が堪能な某大陸人なのでしょう(爆笑)
 

 

此方はネットから拝借してきた画像。

しゃもじのようなモノが写っていますが此方は奉納したしゃもじ。

しゃもじでご飯をすくう・・・・から「救う」⇒「救って」となったのかな~??

明治時代に奉納したものとか(驚)タイ人が奉納したもの(文面はラマ9世国王の健康と長寿を願う・・・でした)も有りました。

 

 

此方もお借りして来ました画像で「山門」

キリシタン大名による迫害で焼き討ちに遭ったそうですがこの山門の龍の目から光を発して兵を追い払ったとか・・・・

先日は天草の崎津集落では迫害されたキリスト教徒の話しを伺ってきたばかりなのですが・・・・
場所により正反対の宗教迫害が有ったのですね。

 

写真撮影禁止ですので画像が有りませんでしたが・・・

頭の中のハードディスクには沢山の画像をしっかりと記録させて戴きました(笑)

 

と言う事で・・・・

 

 

下山・・・・下り方向だとその凄さが判りますよね。

これを徒歩で登るのは・・・・確かに修業と言えるかも(汗)

 

 

車に乗り込みまして少し離れた処から撮影。

 

 

 

いや~こんな処によく開山したものかと・・・

昔のお坊さんは凄いですよね。

 

次に向かいましたのは・・・・

 

 

 

川の水面のちょっと上方に道路が有るのが判りますでしょうか??

 

 

ズームしますとよく判りますよね!!

 

その昔、此方の道路を人力で切り開いたと聞けば・・・・もう判った方が居られると思います。

 

 

青の洞門」です。

 

 

此方がその洞門を切り開きました「禅海和尚」

 

 

仏道修行の為に諸国を廻っていた際、当時の崖道(青野渡)から通行人や牛馬が川に落ちて命を落とす姿をみて此処に洞門を掘り勧進したと言う事ですね。30年の歳月を掛け342メートルを手ノミと槌だけで掘りきったと。

「強い一念があれば何事も叶う」と言う事でKAZ達の年代は小学校の道徳の時間に勉強した記憶があります。

 

 

 

 

山の中腹に何となく横に伸びる線(木が生えたりしてます)が見えますが此方が当時の「青野渡」

鎖の手摺がついた難道だったようです。

確かにこんな処にある道じゃあ・・・・足を滑らせたらあの世行きですよね(滝汗)

 

それで手作業により掘り抜かれたトンネル、今では大部分が拡幅されたりして手作業で掘った部分はあまり残っていないようですが・・・

 

 

一部が残っていました。

 

 

下はコンクリートで平になっていますが壁や天井は当時のまま。

凸凹は・・・・トンカチとノミでカチ~ン!カチ~ン!と少しずつ削った跡です(驚)

 

 

此方は車が通れるように広げられた洞門。

 

 

 

所々に当時のままの部分と思われる洞門が有りました。

何か「廃道」っぽくて(いや完全に廃道なのですが・・・)ワクワクしてしまうのは病気でしょうか?(汗)

 

それでは・・・・

 

 

車で通過してみましょう!!

一部狭い部分が有りますので片側交互通行になっていました。

 

 

 

 

左側に当時の明り取り用の穴(と言っても結構大きいです)が有るのですが上手く撮影出来ませんでしたね(汗)

 

青の洞門を抜けますと・・・・

 

 

耶馬溪橋」が見えてきます。

日本百名橋」の一つで石造りの橋としては日本最長!!

しかも・・・・

 

 

 

 

現役で生活道路として使用中!!(驚)

8連のアーチ橋は力強さと優しさが融合、見事なバランスですよね!!

 

耶馬溪橋の見学も終了、国道212号線「日田往還」を日田方面に向かいますと・・・・

 

 

またまた歴史が有りそうな橋が見えて来ましてちょっと寄り道(笑)

 

 

やはり石造りの重厚なアーチ橋でした。

 

 

耶馬溪三大名橋の一つ「馬溪橋」でした。

大正11年に着工した橋だそうですがこの説明文中に「潜水夫」の文字が・・・・
実はブログ友でゴルフの大先輩「H氏」の現役時代の職業が潜水夫さん。
KAZの幼馴染の父親の仕事も同じと、それほど多くの方が従事している職業ではないと思うのですが何故か周囲にその珍しい職業の方が居るので妙にこの言葉が引っ掛かるんですよね(笑)
しかし大正時代に既に潜水夫と云う職業が確立していたとは驚きましたわ~

 

と言う事で更に日田方面に進みましてこの夜の宿泊予定地・・・・

 

 

道の駅やまくに」に到着。

 

 

木造っぽい感じの外観、素朴な感じが良い雰囲気です。

 

この建物の左側に「なかま温泉」と云う日帰り湯が有りまして此処がもう~最高!!

いかにも地元の方って云う感じのお年寄り達で賑わっていましたが皆さんとても話し好きで親切。
お湯も良い感じのぬるぬる感でいかにも温泉!!って云う感じ。

今回の旅の中でベスト3に入る良い温泉でした!!

 

国道を挟んだ反対側に鳥の唐揚げ専門の店が有りましてそこの唐揚げは九州で一番美味しいとの情報を温泉で仕入れまして早速購入!!(笑)

 

この晩は・・・・

 

 

サラダ、豆腐、唐揚げ・・・とやはり居酒屋メニューでした(爆笑)

 

この日の行動結果は・・・・

 

 

こんな感じ!!

 

翌日は天候がちょっと心配なのですが・・・・

 

と言う事で続きます!!

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス