この投稿をInstagramで見る

こんにちは🌲 ピックアップサイクルのfu-maです🌞 今回は、本来破砕されてボイラーの燃料チップになる運命だった梱包材をディスプレイ棚へアップサイクルしました♻️ 変身前は、物流で重宝されるパレットのように、フォークリフトなどの重機で扱われ、荷物を運ぶための箱です。 こちらの梱包材はワンウェイで使用され、人が素手で運ぶものではないため、作りは丁寧ではなく、釘がたくさん出ていたり、木のささくれがたくさんあるため、棚に向いているものではありませんでした。 燃料となるサーマルリサイクルも素晴らしいですが、箱の形を生かせば長く使える棚になりそうだったので、つい手間をかけてみました。 飛び出た釘を抜いて、扉を付けたいところをくりぬいて、キャスターを付けて、蓋になるトレーを設置して… 取っ手はリユース品をとっておいたものなので、同じものは2つとなく、全部バラバラです😹 側面には、以前リユース品のレコードを熱して曲げたり、ジャケットで箱を作ったりした時に余った歌詞カードを貼り付けています(今思うと、とてももったいなくてひどいことをレコードにしてしまいました…) このディスプレイ棚にリユース素材やアップサイクル品を並べて皆さんに手にとってもらえるようにしたいと考えています🍀 今日は5月30日「ごみゼロの日」なんですね。 少し見方を変えれば長く使えてごみが減る、という行為がもっと増えることを祈ります☺️ #アップサイクル #upcycle #リユース #reuse #廃材 #ディスプレイ棚 #diy #レコード #サスティナブル #sdgs #リサイクル

pickupcycle(@pickupcycle)がシェアした投稿 -