生き物を探す人

お越しいただきありがとうございます。アウトドアメーカー生物部(非公認)の活動記録 各地で出会った生き物の話、北海道時代の探検、アウトドア活動のお話も載せています

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018-07-14 01:55:01

魚津水族館

テーマ:生物部・室内活動

火曜日から本日まで北海道に行っておりました。運転、打ち合わせの連続で大変でしたが、一応抱えている案件に進展が見られた気がします。北海道は広いですね。

 

さてさて、6月の遠征時には、魚津水族館にも行きました。

 

実はこの魚津水族館、日本で最も歴史の古い水族館です。アルプスから富山湾にいたる過程をテーマに、そこに生息する生物を展示しています。ウオラー仲間に案内していただきました。

 

 

 

入って最初に出迎えてくれるのは北アルプスの渓流魚や淡水魚。

 

ヒキガエル水槽もダイナミック。エーハイムで循環。いい水槽です。

田んぼ水槽では稲も育てており、イモリも自由に動き回っています。この水槽は一見の価値あり。 あえて写真は載せますまい。

海のエリアでは富山湾に生息する多種多様な生物を展示。富山湾はドン深なので深海の生物も見られます。ビクニンが水槽内で産卵していましたが、POPも何もないのでほぼ皆さん気づかないかと思います。

 

リュウグウノツカイも標本と模型が展示。

面白水槽も。

日本で最初のアクリルトンネルなどもあり、またマツカサウオの発光が発見されたのもこの水族館だそう。

ウオラー仲間が両爬好きのため、オーソドックスな爬虫類種も展示。

ハクバの現状や生息地での差なども伺いました。

面白いのは水族館だけでなく、併設された売店も。日本の水族館の売店で一番好きかもしれません。古き良きショップ。

 

ここで明かしますが、実はこの水族館限定でホタルイカの販売なども行なわれていました。これを知っていたら相当な生き物フィギュアマニアでしょう。

http://www.uozu-aquarium.jp/cms/view.php?c=161

 

三連休ですが、色々やらなければならないことがたまっています。とりあえず明日は扶養家族と久々に水遊びでもしようかと思います。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス