ナポリのテラスから…

ナポリのテラスから…

南イタリアに住んで20年。彼らの珍妙なライフスタイルに、未だに驚き続ける日々を綴っています。。

$ナポリのテラスから…

■■南イタリアの総合情報サイト// Piazza Italia はこちらをクリック■■

◆企業、工場のテクニカルビジット通訳、雑誌、ガイドブック向けコーディネートはもちろん
南イタリアの個人旅行のご相談までサイトよりお問い合わせください◆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ナポリのテラスから…-italiazuki
■■イタリア好き通信にて、カンパニア州の情報を担当しています■■
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
$ナポリのテラスから…
■■イタリア旅行情報サイトならコレ! イタリア旅行前に要チェックのサイト■■

テーマ:


◆アグロポリ駅まえの地図です◆

Ciaooooo
皆さまご無沙汰しております。
お元気ですか?いや~、怒涛。こんなに働いているのに?いつだって貧乏のPiazzaです。

さて、もう古すぎる話で恐縮ですが、時はGWあけの頃ですかね?
チレントのカルメラの所へお邪魔してきました。
以前からお料理教室を行って来た、カステッラバーテが素敵なのですが、ちと遠いという事で、
今回より駅から自力でたどり着ける、旧市街地のB&Bとセットになった料理レッスンのプランをご案内してきました。



◆ボルゴアンティーコは意外にもなかなか立派でした◆

まずは、アグロポリ。
誰も知らないそんな町と思うじゃないですか? イタリアのごく普通のかなり小規模な町です。
でも、村ではありません。町。。
なので、電車も普通に止まりますし、駅はホームが4番線まであるし(笑)
アグロポリの駅から、旧市街地までは、徒歩20分弱。スーツケースを持っての移動は厳しいので駅からはタクシーなどを利用してください。


◆旧市街地の教会では、ミサの最中でした◆

いや~、あれだけアグポリに行っておきながら、今までスルーばかりで、一度も旧市街地に来たことのなかったPiazzaですが、
結構可愛く、素敵な事に驚きました。。お散歩には最適です。ラブラブ


◆見ていると、結構あきません◆


◆人気のない寂しい感じですが、天気悪かったので…◆

今年の五月は氷河期でしたから、寒かったんですよね、ずっと。天気も悪くて。
ですけど、なかなかきれいに手入れの行き届いたボルゴ、今頃は、多くのツーリストが来ているに違いありません。ラブ


◆観光港Porto Tiristicoを見下ろす丘◆

旧市街地は結構高い台にあるんですよ。今回はお客様の数も多く、契約B&Bが満室の運びになりましたので、
私は港のそばにあるBBにとまりました。そこから徒歩で階段を、上ってきましたよ。途中の景色はこんな感じで素晴らしく。。
お天気よければもっとよかったんですけどね、本当に先月マンモスも凍る、氷河期だったので…滝汗


◆新市街地方面から旧市街を臨む◆

この先の階段をのぼれば、旧市街です。
ほんと町中にあるので、とても楽しいんです。。

私のツボはやはり…


◆手編みの駕籠屋さんです◆

見るとついつい買わずにはいられなくなり、日本の実家にはもう売るほどあるのですが、
かごなんぞ、世界中どこにでもあると思うのですが、この辺りはやはりオリーブの樹とか、栗の木素材のものが多いので、
ついつい買っちまうんです。
でも、今回は事なきをえました。チレント地方の特産品などのお土産を売るお店なども新市街地にありました。
では、お料理レッスン編につづく…
続きはかく時間があるのであろうか??

ハート チレント料理レッスンのお問い合わせはWEBから↓ハート




 

 

 


テーマ:

 


◆2016年のベニス開催時◆

 


Ciaooooo
ブログのご無沙汰もはだはだしいのですが、生きていますよ~(^▽^)/
皆さまお元気ですか?
寒い、寒いと言っていた今年の初夏、やっといきなりの三十度越え予報が出ています。
そう、ダウンからいきなり水着的な温度変化に体調もすこぶる悪いです。

さてさて、イタリアの島々を回って、そのあとすぐ内陸部でこもりやっとナポリでほぼ平常に戻りました!
そして、こんなのもスワ、見られるのではないか?とわくわくしています。

La Ferrari Cavalcade farà base a Capri!
世界20の国から、希少フェッラーリのオーナーやコレクターが集まる夢の祭典!
6/18~6/21、カンパニア州にバカンスに来る方は、

豪快な爆音のフェラーリが公道を走る風景が見られるかもしれません!


という事で、世界中のフェラーリが集結するこのイベントは今年はカンパニア州で、そのベース基地がカプリとなります(^▽^)/
そしてソレントに渡りツアーを開始します。
べネベント、サレルノ、アベリーノなど6月20日の14:30~ナポリのプレビシート広場です!

La Ferrari Cavalcade farà base a Capri. にほんの少し関係させて頂けることに感謝いたします(^▽^)/
 

Siamo entusiasti di accogliere, dal 18 al 21 giugno, la Ferrari Cavalcade.

Oltre 100 Ferrari da tutto il mondo in Campania, un modo per accostare il brand Ferrari alle bellezze della Campania.

Saranno coinvolte Benevento, Caserta, Avellino, Salerno con la Costiera Amalfitana e Napoli. 

 

ハート ワイナリ見学のお問い合わせもこちらから↓ハート




 

 

 


テーマ:


◆ワイン一族のプレセーペ◆

Ciaooo
ひー今日はやっと温かい。お天気もいい!でも昨日まで本当に氷河期?と思えるぐらい寒くて、
カシミアのセーターにヒートテック、薄手のコートで、信じられない装いでした。
さて、先日はお客様のご要望で、できるだけ多くの、あまり知られていないワイナリで試飲をという事で、
4軒ほど小さめのワイナリを回りました。


カンパーニア州は赤ならTaurasi、白ならGreco di TufoとFiano di avellinoがDOCG(イタリア人はドックジーとか言ってますが)
ですのでその辺りを中心に試飲します。他にもファランギーナなどが代表的ですが、他にもぶどうはラクリマ、カタラネスカ、パラグレッロなどなどいろいろあります。


◆甕で熟成させるワインもあります◆

最近はワインの作り方も色々ですね。
最新テクノロジーから、自然派まで本当に色々出てきています。
Piazzaワインの事はまーるで詳しくないので、素人だし、飲めるほうでもありません。
ただ流石に4軒も回ると、仕事だから…とブレーキかけないと、めちゃいい気分になってきます。酔っ払い
この日は寒かったので、なおさら、赤ワインの柔らかくデリケートな温かみが、心地よくて。
しかも作り手さん4件のうち、2件は暖炉で試飲のお部屋を温めてくれていたので、
まじ、気持ちよくて寝ちゃいそーでした。。

 

 


◆比較的整備された大き目なところも入れてみました◆

同じタウラージで、それぞれ至近距離にありながらも、味は全く違ってきますね。
うん、ワインてすごいや!と感じる一日でした。
また、今年のようにコントロールのしようがない気温や気象を相手に、毎年コンスタントに良いものを作り続けるのって、

本当に、本当に大変な作業なんですよね。


◆哲学派な作り手Luigiさん◆

午後もたけなわ、寒い小雨の一日は、Luigiさんのワイナリで温まらせてもらいました。
自然派BIOワインですが、BIOという言葉が嫌いな彼。
最近はBIOという言葉は完全にブランドになってしまっている。何でもBIOってつければいいと思っているし、
それに踊らされる世間の流れを皮肉交じりで熱く語って頂きましたが、めちゃ面白いおじさんでした。
遅刻していったので、かなり怒っていましたが、お酒効果もあって、楽しく解散。
 


◆アリアニコのモストコットと、ジャム◆

チーズや自家製サラミ、生ハムなどなどあって、おなかもいっぱいになったころ、
大切なモストコットと、ジャムをいただきました。
モストコットは発酵してないブドウの果汁で、それをコトコト、コトコト煮込んで濃縮させるものです。
甘くておいし。。
コンフォチュールはチーズに乗せて頂きましたよ。

カンパーニア州のワイナリは勝手に行ってもいない事がほとんどなので、
全て事前予約になりますが、ルートして効率よく四軒回ったつもりですが、まさかの2時間オーバー。
いや~、ついつい調子よすぎて時間があっという間に経ってしまいました。。

 

詳しくはWEBで!
 

ハート ワイナリ見学のお問い合わせもこちらから↓ハート