🌆🌆🌆🌆🌆🌆🌆🌆🌆🌆🌆🌆🌆🌆

 

 

 

 

 

 

🌆 final 路地裏の魔改造出桁造り物件と錆王  

 

 

 

 

 

新しい大通りに上書きされてしまった鎌倉街道であるが、かつては市電通りだったという経緯から、通町一丁目の電停があったとおぼしき場所には、出桁造りの商家が残されていた

 

そこから通町三丁目あたりまでは、雁木状片側アーケード商店街になっていたようで、そこかしこにその名残を見てとることができる

 

 

市電が井土ヶ谷から保土ヶ谷方面に分岐していた環状1号線の起点あたりで、商店街という雰囲気が希薄になってしまったので、出桁造り商家があった交差点あたりまで戻ることにした

 

 

 

 

 

 

 

 

環状1号線の起点あたりも商店街っぽい体裁にはなっていたが、市電が廃止されてしまったせいなのか、賑わっているとは言いかねる雰囲気が漂う

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近くの路地裏も微妙に商店街になっていた。弘明寺駅からは軽く1キロ以上離れたこの場所に、門前町でもないのに商店街が成立する合理的な理由はなく、やはり市電の電停があったから……

 

という理由がもっとも納得がいきやすく、僕の推理は、さほど的はずれではあるまい

 

 

 

 

 

 

(写真は再掲載)

 

 

こちらが出桁造り商家の斜め向かいにあった看板建築だ

 

写真の奥にしばらくゆくと弘明寺のアーケード商店街がある。この写真の右側に曲がると、すぐに、こんな建物が目に入ってくる

 

 

 

 

 

 

 

 

どこにでもありそうなモルタル外壁の建物だが、左側のやけに奥が深い2階の屋根庇に注目

 

このどこにでもありそうなクリーム色の建物、よく観察すると……

 

 

 

 

 

 

 

 

あまりにも徹底的に改装されているので、まったく古く見えないが、驚いたことに出桁造りである

 

廃業したあと住宅仕様に改装してしまう出桁造り商家は、下町でもよく見かけるが、ここまで徹底的に魔改造された物件は、これと大田区の池上道で見た物件だけだ

 

 

この魔改造物件のすぐ先に

 

 

 

 

 

 

 

 

田中長徳からパクって「錆王」と名付けたこんな錆びのカタマりのような建物がある

 

前回の弘明寺散策では、この建物の並びにある戦後型看板建築を撮影したあと、大岡川沿いから弘明寺のアーケード商店街に戻り散策を終えたが、今回は古く建物を探して路地裏をうろうろしてみた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さっそくこんな廃業した平屋の商家を発見。ここでも無住になったあともアロエは枯れずに、傍若無人に繁茂していた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後も路地裏から路地裏へと徘徊したが、ところどころに古そうな建物が残っているだけで、ほとんどの建物は、平成以降といった雰囲気の新しいものばかりであった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回の散策で見つけた渋いバイク屋の無事を確認しつつ、つぎの路地に入ると、またしても錆王を見つけたが、この物件から5分も歩くと弘明寺のアーケード商店街に戻ってしまった

 

 

これで弘明寺界隈の古民家は、ほぼコンプリートしてしまったものと考えられるから、京急の弘明寺駅まで戻って散策を終えることにした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

駅前に残るアジアンテイストの雑居ビルの無事を確認したあと、京急で横浜駅に出て、夕食を食べて帰宅した

 

 

《地味な鎌倉街道をゆく》おしまい

 

短い記事をはさんで、次は北千住の散策の予定であるが、その散策には意外な落とし穴があるなどとは、このときの僕は思ってもみなかったのである

 

 

 

 

 

 

 

†PIAS†

 

 

 

 

 

 

 

 

🌆🌆🌆🌆🌆🌆🌆🌆🌆🌆🌆🌆🌆🌆