ピアノ教室そね 「ひとりごと」

ピアノ教室そね 「ひとりごと」

ようこそ 「ピアノ教室そね」へ

先月、1月9日

母が亡くなりました!

94歳、老衰で静かに息を引き取り

生前の顔より、ずっとずっと穏やかな死に顔だったことに

驚いています。

 

16歳の少女の頃から、今まで94歳まで苦しみの人生だったこと、

これでやっと楽になったと私は、心の底から安堵しているのです。

 

そして、私が、母の魂を後世に伝えて行きたいと思うのです。

 

大東亜戦争の浜松空襲で、母は16歳の時、学徒動員で爆弾が母の左足を貫通し、

当時の手当が粗末なものゆえに、後遺症が長年の苦しみを抱えた人生を送っていました。

 

アメリカの国の爆弾が母の人生の自由を奪ったことを

母はアメリカの国を恨んではいなかったのです。

母が生前言っていたこと

アメリカの国を恨んでいないけど、戦後の復興で日本が高度経済発展の時代の為、

戦争被害者を思いやることない人びとに悲しいと言っていました。

 

私は、この精神こそ日本人として誇れるもので、

やられたらやり返すのではなく自分に置かれた状況を受け入れて

受容と相手を許す心を持つことができた人生だったのでしょう。

 

肉体の苦しみから解放されて、軽やかに魂が解き放たれ

自由に飛び回っているような気がするのです。

 

お母さん❣️

良かったね❣️