皆さま、こんにちは音譜

先週から、
対面レッスンを再開しました

教室のピアノを
久しぶりに弾けて嬉しいと、
生徒さんの楽しそうな音で、
私も心が弾み、
とても楽しい時間になりました照れ


対面レッスンとオンラインのメリハリで、
一気に音楽への興味が
広がった生徒さんもいました。



オンライン講座で取り上げていた、
クラシック音楽の作曲家
国に興味を持って、
たくさん質問してくれたり、

調のお話しで、

ハ長調〜からスタートして、
シャープ1つのト長調(♯)〜

〜(中略)〜

シャープ5つのロ長調(♯♯♯♯♯)

「5度(5音)ずつ上げていくと、シャープが一つずつ、

♯ファ・♯ド・♯ソ・♯レ・♯ラ〜の順番で増えていくよ」と

講座で学んでいた音階を、
実際に弾いて見せてくれたり、

充実の「対面レッスン再開」でした照れ





NEWさて、ご案内です本

教室、発表会、プロフィール写真を撮っていただいている、

岡野昭一さんのオーロラの写真が、
本日、2月25日発売の
週刊新潮(2021年9号)掲載されます。

(表紙の絵、ほのぼのしますドキドキ)


心あたたまる写真です。
文章も本人が書かれています。

書店に置かれている1週間の間に
多くの方に観ていただけると嬉しいです。
(教室でご覧いただけます)




ある大人の生徒さんは、
いつも教室に入られてから、

窓辺に飾ってある、
岡野さんのオーロラのポストカードを見て、感想を話してくださってから、
ピアノへ向かいます。

それは一つの儀式みたいに、ポストカードに触れてからピアノを弾かれるので、
弾く前の心の準備体操なのかもしれません。

ポストカードの写真


先日の対面レッスン日も、
ポストカードのオーロラを見ながら、
ピアノに向かいました。
「色んなところに旅行に行ったけど、
次はオーロラ観てみたいです」と。


今日はその生徒さんに、
週刊新潮掲載の嬉しいご案内ができるので、楽しみです。

ところが、
掲載のことをお話ししても、
「あ、そうですか」
という、ちょっと薄めの反応。


あ、そうか。
オーロラの写真が好きと言うよりも、
窓辺このポストカードが好きなのですね。

なるほど〜。
とレッスンに入りました。


お帰り前には、いつもの流れで、
これまで感動したオーケストラやピアノコンサートのお互いの感想で盛り上がり、
レッスンを締めくくりました。


教室は、2階にあり、
生徒さんが階段を降りてお帰りになるのを見送り、ドアの鍵を閉めようとしたら、、

今度は勢いよく、階段を上る音がタッタッタと聞こえてきて、
忘れ物かな(でも、忘れ物はさっき確認してお帰りになったよね)??と思っていたら、

「週刊新潮!!週刊新潮ですよね!!
2月25日ですよね!!」
確認する為に、
戻ってきてくれました。

私も釣られて大きい声で、

「はい、週刊新潮の方(?)です。
木曜日発売です」

とお答えしました!
めちゃめちゃ楽しみにしていたのですね。
今日観てくださると嬉しいな爆笑



対面レッスンが始まり、
いろんな再開、
とっても楽しいです照れ!!