占星術師/スピキャリ編集長 
水澤純 (jun) です。

 

★右脳占星術講座、次回開催日決定しました!

4月13日(金)10:00~14:00 @Zoom
途中、お昼休憩をはさみます。

料金改定前のラスト講座です。
お見逃しなく!

右脳占星術講座

 

 

今回は、メールレターからの一部転載です。

 

失われた月のリズム・・・

 

占星術の世界では 
太陽は男性性、月は女性性 を表します。 
 

占星術をやっていない人であっても
月のサイクルが、

私たちの女性性と深く結びついていることは、なんとなく想像がつくのではないでしょうか。

 

なぜか悲しい気持ちになって涙が出る日は、新月や満月だったり......。

 

生理のサイクルも、月のサイクルです。

出産の日も「新月」「満月」の日が多いことが、統計的にわかっています。


とくに女性の身体は、月の影響が大きいのです。 


普段意識していなくても、そう言われると

なんとなく、感覚的にわかる方もいらっしゃると思います。 


また、健康や美容、ヒーリングやセラピー、カウンセリングなどのお仕事をされている方も、知識と経験からご存知だと思うんです。 


だから、 

女性が月のリズムに沿って暮らすこと。 

これは、とても自然なことですし、大切なことなんですね。 


* 


実は、古来から、

日本人は、月のリズムに沿って暮らしてきました。


ですが・・現在、この月のリズムが 

失われつつあるって知っていましたか?



* 

  
ずっとずっと昔から、

そして、暦という制度が日本に渡って来きてからも 
 

日本人は月の満ち欠けとともに生きていました。 


月のリズムを取り入れた暦を使って生活していたのですね。

 

ですが、明治時代になって突然、

政府の都合により

月のリズムを取り入れた暦は、廃止されてしまいました。



なぜ、暦を、無理矢理変えたのか? 


これには、背景があります。 


ひとつめの理由は、明治政府の財政危機。 

このタイミングで、暦を切り替えることで、支払いを減らすことができた(旧暦では、13カ月だったものが、太陽暦を採用すれば12カ月になるため)という理由があったと言われています。 


そして、ふたつめは・・

少しだけ歴史の話になります。
きっと、明治になってすぐに、月の暦が廃止された理由がわかると思います。 



歴史を見るとわかるように、明治政府は当初から、軍事国家をつくる方向へ進んでいました。 

具体的には、 

 ・幕藩体制を解体して、中央集権化 
 ・富国強兵政策により、徴兵令が発令 
 ・近代産業の強化 
 ・大日本帝国憲法発布 

など、具体的な準備が着々進みました。 


そして実際に、日本は明治〜大正〜昭和時代の長きにわたる 
戦争の時代に突入していったのです。 


このことと、暦(カレンダー)は、一見関係ないように見えるかもしれません。 


ですが、よく考えてみてほしいんです。 


私たち女性は、戦争を望んだでしょうか? 


日々の暮らし、穏やかな気持ち。 
母性や家族愛。 

これらは、女性が強く抱き、願う価値観。 


これって、月の領域なのです。 

女性性を大切に扱う社会であれば、誰も戦争など望まないのです。 




明治5年。 

真っ先に、といっていいほど、早い段階で 

月のリズムを取り入れた暦(太陰太陽暦)が廃止され、別の暦(グレゴリオ暦)に変えられました。


この意味を、 よかったら考えてみてほしいのです。 


国民から女性性を奪い、月のリズムで暮らす穏やかな生活を奪った理由を。 


明治政府が突然、強引に変更した暦。 

わたしたちは、 
過去に、政府によって切り替えられてしまったカレンダーを 

今も、使い続けています。 


月のリズムと引き離されてしまった暦を。

 

 

線線線《WEBメディア》線線線
女性の新しい働き方を創造するスピリチュアルメディア
スピキャリ
(編集長 : jun mizusawa)

 

 

線線線《公式メールレター》線線線

週に1度お届けしています。プロジェクト裏話も。

 

線線線《オフィシャルHP》線線線

 

占星術用語の解説があります。

占星術に興味のある方は、ぜひ遊びにきてください。

 

 

 

線線線《提供中のメニュー》線線線

 

ホロスコープを感じてみませんか?

満足度No.1 右脳占星術講座

 

個人セッションで、じっくり使命と向き合ってみませんか?

1年で50名以上の方がセッションを受けています。毎月人数限定です。