仮性包茎の治し方

仮性包茎の治し方

仮性包茎とは、平常時は亀頭が包皮に覆われ内包されている状態ですが、勃起時になると包皮が自然に剥ける、または手で剥く事ができ、亀頭を露出させる事ができる場合を言います。

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
仮性包茎は、陰茎が萎縮している時には、亀頭が包皮に覆われていますが、陰茎が勃起した時に自然に包皮が剥ける、または手で包皮を剥く事ができ、亀頭の露出が可能な状態を言います。

仮性包茎であっても問題なくセックスする事はできますが、いつも亀頭が包皮に覆われている事から、刺激に対してとても敏感なため、早漏の傾向があると言われています。

また、亀頭が露出していない事で、通気性が悪く雑菌が繁殖しやすいため、陰部の悪臭が生じやすくなったり、亀頭包皮炎や性病などの感染症にかかりやすくなると言われています。

仮性包茎は、亀頭が包皮の内側に内包、圧迫されているため、亀頭や陰茎の発育が妨げられるという意見もありますが、包皮の剥き癖がつき、陰茎の萎縮時においても亀頭が露出したまま保てる場合には、亀頭や陰茎の発育が促されると言われています。

そのため、男性器の健康や衛生的な面においても、包皮は剥き癖をつけ、包茎を治す事が大切だと言えます。

男性の陰茎を締め付けない、伸縮自在の立体型の上向き収納パンツ

テーマ:
仮性包茎は、陰茎が萎縮している場合にも、手で包皮を剥く事はできます。

陰茎の表面の皮膚(包皮)は、他の部位に比べると非常に薄くなっています。

そのため、亀頭が包皮に覆われている状態から、常に包皮を剥いた状態に保つ事で、自然に包皮の剥き癖がつきやすくなります。

そして、亀頭の発育が促される事で、カリ(亀頭の傘)が大きくなりやすいため、自然に包皮を剥いた状態のまま保てるようになる場合があります。
(陰茎や亀頭の発育には個人差があります。)

包皮を剥いた状態のまま維持するには、シリコンテープや絆創膏による包皮のテーピング、シリコンリングによる包皮の固定などの方法があります。
(包皮はとても薄いため、皮膚のかぶれや炎症には十分注意しましょう。)

そのようにして、包皮を剥きはじめてから間もないうちは、トランクスなどの下着は亀頭が擦れる事にも過敏になるため、フィット性の高い下着を身に着ける事が有効です。

また、毎日の入浴時においても、毎回包皮を剥いて亀頭を洗うようにする事で、剥き癖がつきやすくなります。

男性の陰茎を締め付けない、伸縮自在の立体型の上向き収納パンツ

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス