東銀座・赤坂・東新宿 パーフェクトゴルフアカデミー小暮博則のブログ
2003年1月、HIRO GOLF SCHOOLを小手指GGにてスタートさせる。
        個人レッスン、スクール、ジュニア育成に取り組む。

2009年9月、HPS株式会社を設立。
       
2011年4月、アトランタにて、マスターズトーナメント視察。
    

2012年3月、、スタック&ティルトⓇ マイク・ベネット&アンディー・プラマーから直接指導を受ける。プライベートレッスンを受けて日本人初のネットワークインストラクターになる。

2012年4月、PFGA赤坂ゴルフスタジオオープン。
     同時に、PFGA所沢と名称変更(HIRO GOLF SCHOOLから)

2012年6月、PFGAジュニア育成応援基金の為のメルマガ発刊!!
      ゴルフ業界初、社会循環サイクルでの基金をスタート。

2013年7月、慈恵会医大ゴルフ部コーチ就任

      SanDiskゴルフチャリティー開催

2014年5月、『小暮博則のゴルフのヒント・連載中』日刊スポーツコム、マンスリーコラム

     7月、『一生ブレないスイング理論』著書

     9月、『左重心スイングで行こう』アブリリリース

     11月、『月刊誌ワッグル短期連載スタート』
     
     12月、『チョイス誌掲載・ゴルフ問題集50選』
 2015年2月、『著名人対談・HP連載予定』

      4月、『書斎のゴルフ・記事掲載予定』
      5月、ゴルフ報知「小暮博則のパーフェクトゴルフ」コラム連載スタート
      6月、エプソン社、M-Tracer導入
      7月、『日刊ゲンダイ・記事掲載連載』
      9月、「90を打たないゴルフ」著書
     12月、「2ヶ月16回 +20ヤード飛距離アップコース導入!

 2016年9月、『小暮式1分間ゴルフ』コラムサイトオープン

 2017年6月1日、【DVD左重心スウィングで芯に当たる!】(日本文芸社)
       
       どうぞよろしくお願い致します。
       http://1mingolf.pfga.co.jp/koguremethodletter/
 2018年2月、【世界一やさしいゴルフの上達法】(窓社)

       <無料メルマガご登録受付中>
       読むだけで上達のヒントが掴めるコグレメソッドレター登録
       どうぞよろしくお願い致します。
       http://1mingolf.pfga.co.jp/koguremethodletter/
 2018年5月、 月刊誌ワッグル連載開始
 2018年9月、 月刊誌ゴルフレッスンコミック連載開始
2018年11月、慈恵会医大ゴルフ部コーチ退任
 2019年2月、 月刊誌ゴルフトゥデイ連載スタート
    6月、 清水建設コーチ就任
    7月、 オンラインゴルフレッスンスタート(クラブデサント会員特典も同時リリース)
    


     


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

久邇CCジュニアレッスン会、次回は



ジュニア動画です。(音声付き)

 

最近、話題に多いのはスコア改竄やボールうごかす、卵を生むような内容です。

 

試合に参加する以前に、実力をつけることが大切で

 

試合にでれば、うまくなるということではなくて、

 

普段からゲームに集中していくことを課していきます。

 

ピンを狙うことも、

逆境を諦めないことも

 

次回は11月3日富士桜CCにて。

information@pfga.co.jp

試合前と試合後

 

ジュニアの試合報告を昨日受けました。

 

練習ラウンドでは、グリーン面の状態を入念に調べて、

 

ショートホールでは、ピンの位置に応じて使用クラブや、球筋を想定し、

 

ロングホールでは、セカンドで2オンをねらう場合と、3打目で狙う場合を調べていいきます。

 

リハーサルを行い、緊張した場面でも、体がスムーズに動けるように、幾度となく集中した時間を過ごします。

 

ショートゲームの練習に時間を割き、

ティーショットのフェアーウェイキープを心がけていきます。

 

それでも、試合の1打目は緊張し、

カットライン近くになると、

ミスから、焦り、冷静な判断ができいないことがあって、

 

結果が出せない時もあるでしょう。

 

また、調子が上がらない状態で、試合に突入し、

満足のいかない状態で、戦いを終えることもあるでしょう。

 

試合後、これらを見返して

次の状態に備えるわけですが、

 

ここで、最高の結果が出たジュニアと、何が違ったのか?

 

を見ていくことも大切です。

 

同じコースを、60台でラウンドするとは?

 

・飛距離なのか

・ショートゲームなのか?

・パッティングなのか?

・集中力、体力なのか?

・感情のコントロール

・プレーリズム

・ゴルフに対する真摯な取り組み

・本当にゴルフで成功したいと強く願って日々過ごしているか?

・将来の展望をもって、1日を過ごしているか

など、細かい内容で、少しずつ違うと、全体で大きな違いとなって参ります。

 

毎回、○○ちゃんは上位だね

でれば優勝!

みたいなジュニアがいたら、

そのジュニアのパッティンググリーンでの姿勢を見てください。

 




必ず、ロングパットも、ショートパットも入念に練習していると思います。

ゴルフの結果を出すため、コミットしている状況がわかります。

 

同じ年齢なのに、どうしてここまで差が出るのか?

 

 

 

試合後の取り組みも大変に重要です。

 

まず、行わなければならないのは、

“心のケア”です。

 

たくさん打つと、プライドや自信が壊れしまうから

 

暫く、1人にして欲しい。ボールを打ちたくない状態もあるでしょう。

 

でも、練習しないと実力は変わらない訳で

ここを乗り越えていきます。

 

不思議なもので、

最初は絶望からの立ち上がりに時間がかかった状態も

回数を重ねるごとに、短くなって、

毎回毎日練習できるようになります。

 

その後、試合が日常になるころ、良い結果もだせるようになる

これが第一段階

 

慣れてきて、試合に集中できない状態が第二段階、

 

これを乗り越えていくと、第三弾段階となります。

 

ゴルフが楽しかった時期を忘れることなく、

辛さも、またゴルフの楽しさで、自分が過ごした貴重な時間の一部

 

本日も皆さんの上達を応援しています。

おはようございます



 

鬼滅の刃、LiSAさんが、三つのバイトを掛け持ったとの話を聞き、

 

自分も、3つの負荷をかけたら

名を成し、功を遂げることができると

一瞬思いましたが、

 

本当はそうではなくて。

 

主語が大切で、主語が誰かが重要で、

 

3つのバイトや、負荷は関係ありませんね😊

 

どうでも良い話からスタートしましたが、

ジュニアレッスンは、真剣勝負です。

 

なぜなら、成長が早く、試合も近いからです。

 

昨日は、17時陽が落ちるまで、パター練習!!!

 

凄すぎるぜ、グリーン上でのファイト。

 

相手よりも先に決めること、

これができないと、勝つことはできません。

 

入れたら、入れ返す。

 

平気な顔で、難しいラインを決める。

VISIOにて、トレーニングも行って、

パーフェクトラインも!

 

ガンガン、頑張っていきましょう。

 

久邇CC、新しく生まれ変わったグリーンは、

上から止まらない状態もあるので、

 

益々、ショートゲームスキルが問われます。

最高の状態をありがとうございます。

 

次回もどうぞよろしくお願いいたします。

 

本日、小暮は新武蔵へ⛳️

秋のゴルフシーズン、たくさんプレーを楽しんでいきたいとおもいます。

満員御礼‼️

 

 

 

 

お陰様で、10月末の久邇CCレッスン会、8名様満員となりました!

ありがとうございます。

新しいグリーンは、10フィートを超える

だからこそ、パッティングスキルが重要です。

東の1番、上からは本当に速いので注意です😊

VISIO

 

 

https://worldclearmarket.com/530/

 

 

 

 

なぜ、昔ほどパッティングが難しくなったかというと、

グリーン面の細かいアンジレーションが増えたからです。

 

スネークラインと言われる、フックしてスライスが多くなり、

ゴルファーを悩ましています。

 

このような難しいコースで練習していると、

「パッティングが上手くなる」と思う方がいて、

 

実は違います。

癖のないグリーンで、

しっかりと打てる、基本ができている人の方が、イメージが良く

 

これの状態を持って、スネークラインに対して、回転の良いボールをストロークしていきます。

 

つまり、普段から練習するは、

VISIOトレーニング

 

どうぞ、この機会に

 

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>