千代田区日比谷ゴルフレッスン PFGA1軸スイング小暮博則のブログ
2003年1月、HIRO GOLF SCHOOLを小手指GGにてスタートさせる。
        個人レッスン、スクール、ジュニア育成に取り組む。

2009年9月、HPS株式会社を設立。
       
2011年4月、アトランタにて、マスターズトーナメント視察。
    

2012年3月、、スタック&ティルトⓇ マイク・ベネット&アンディー・プラマーから直接指導を受ける。プライベートレッスンを受けて日本人初のネットワークインストラクターになる。

2012年4月、PFGA赤坂ゴルフスタジオオープン。
     同時に、PFGA所沢と名称変更(HIRO GOLF SCHOOLから)

2012年6月、PFGAジュニア育成応援基金の為のメルマガ発刊!!
      ゴルフ業界初、社会循環サイクルでの基金をスタート。

2013年7月、慈恵会医大ゴルフ部コーチ就任

      SanDiskゴルフチャリティー開催

2014年5月、『小暮博則のゴルフのヒント・連載中』日刊スポーツコム、マンスリーコラム

     7月、『一生ブレないスイング理論』著書

     9月、『左重心スイングで行こう』アブリリリース

     11月、『月刊誌ワッグル短期連載スタート』
     
     12月、『チョイス誌掲載・ゴルフ問題集50選』
 2015年2月、『著名人対談・HP連載予定』

      4月、『書斎のゴルフ・記事掲載予定』
      5月、ゴルフ報知「小暮博則のパーフェクトゴルフ」コラム連載スタート
      6月、エプソン社、M-Tracer導入
      7月、『日刊ゲンダイ・記事掲載連載』
      9月、「90を打たないゴルフ」著書
     12月、「2ヶ月16回 +20ヤード飛距離アップコース導入!

 2016年9月、『小暮式1分間ゴルフ』コラムサイトオープン

 2017年6月1日、【DVD左重心スウィングで芯に当たる!】(日本文芸社)
       
       どうぞよろしくお願い致します。
       http://1mingolf.pfga.co.jp/koguremethodletter/
 2018年2月、【世界一やさしいゴルフの上達法】(窓社)

       <無料メルマガご登録受付中>
       読むだけで上達のヒントが掴めるコグレメソッドレター登録
       どうぞよろしくお願い致します。
       http://1mingolf.pfga.co.jp/koguremethodletter/
 2018年5月、 月刊誌ワッグル連載開始
 2018年9月、 月刊誌ゴルフレッスンコミック連載開始
2018年11月、慈恵会医大ゴルフ部コーチ退任
 2019年2月、 月刊誌ゴルフトゥデイ連載スタート
    6月、 清水建設コーチ就任
    7月、 オンラインゴルフレッスンスタート(クラブデサント会員特典も同時リリース)
    


     


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

アプローチ練習が苦手な方は!

<大叩きを避けられるアプローチの話>

ゴルファーの皆さん、こんにちは。
普段、みんなさんが一番練習しているクラブや、
一番好きなクラブ、
一番スコアに直結してくるクラブを

もし、質問した場合、
その答えは、きっと、次の3本のクラブだと予想できます。

ドライバー、ウエッジ、パターです。

この様に答える貴殿なら、かならず、「ショートゲームに重要性」を理解されていると思われます。
なぜなら、ゴルフ経験者で、中上級者でなければ、
アプローチのミス打数>ドライバーショットのOB打数にならないからです。

今回、私がお伝えしたいのは、アプローチの技術的な話ではありません。
(技術的な話は、「小暮式1分間ゴルフ」「小暮オンラインゴルフレッスン」をご覧ください)
アプローチ技術よりも、手前にある
アプローチの考え方、なぜアプローチが重要なのかを

これからゴルフを始める方や、もっと上手くなりたい方にお伝えしたいと思います。

事例1)アプローチで差が出るケース

〇アプローチの得意な方(スタート5ホール、スコア-1)
〇アプローチの不得意な方(スタート5ホール、スコア+1)
スタートして、5ホール消化した場合、アプローチの得意な方は、チップインもあり、
アンダーパーでラウンドすることも起きます。
他方、アプローチの不得意な方は、アプローチミスからオーバーパーになることがあります。
アプローチの恐怖心は、スコアを崩す破壊力と、得意な方とのスコアの差が2倍以上膨らむ。

事例2)アプローチのミスは、次のティーショットに影響する

〇アプローチの得意な方(アプローチ成功、パーセーブ成功、次のティーショット成功)
〇アプローチの不得意な方(アプローチミス、パーセーブ失敗、次のティーショットミス)
ティーショットが苦手な方の多くは、スコアをこれ以上打ちたくない気持ちが全面に出すぎて、肩や腕に力みがある為、テンポよくスムーズなスイングができない場合があります。

ゴルフスコアを崩す悪循環は、アプローチミスから始まるので注意してください。

事例3)グリーンとグリーン周辺の難易度が向上していて、対応力が求められている

〇アプローチの得意な方(3オン、2パットで切り抜けられる)
〇アプローチの不得意な方(ダフリ、トップ、シャンク、難易度の高いホールで大爆発)優秀なシェイパーがデザインしたグリーン周辺は、芝が短く刈り込まれていて、ボールをクリーンにヒットできない場合は、大きなミスとなる傾向が強まっています。
グリーン上も、コンパクションとスピードが、一般営業のコースでも、トーナメントコース並に整備される状況となり、アプローチの不得意な方を震え上がらせています。

事例4)クラブとボールが飛ぶようになり、グリーン周辺から打つ機会が増えてしまった

〇アプローチの得意な方(距離の打ち分け、コントロールショットができる)
〇アプローチの不得意な方(どこからでも、フルショット。コントロールができない)

100ヤード前後のクラブは、フルショットで対応できるため、スピン量が多く、ボールを止めることも比較的簡単に行うことができます。クラブとボールが進化し、よりグリーン周辺に近くなった場合、50ヤード前後の中途半端な距離を打たされる回数が増加している状況下では、アプローチの得意不得意の差が如実に現れることに。

 

 



本日は、小手指におります!

秩父今宮神社!


先日、秩父へ。

今年2回目となりました。

おみくじはなんと!

真、

これを大切に頑張ってまいります。

さらに動きが活発に!




コース整備がすすみ、

来年以降、ジュニアの受け入れが進むコース関係者の方より
ご連絡をいただきました。

ジュニアはお金にならない、
ジュニア料金は設定されていない等
沢山のコースがあるなか

本当に感謝です。

一人のスターが
100人のジュニアの支援を
100人のジュニアから1人のスターが生まれれば、確実に良い流れになる。

ジュニアの環境整備が進むこと、
少子高齢化だからこそ、
ゴルフ界は立ち止まってはなりません。

2025年には、

対策をこうじたコースだけが
生き残れます。

企業コンペ、メンバー向け競技の充実、会員権の取得意味、ジュニア育成、スター選抜、
社会貢献。

ゴルファーを増やすために、
できることを真剣に考えていきたいとおもいます。  

そうそう、11/30には
デサントイベントが
マンシングウェアクラブハウス銀座にて開催いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。


期待できるジュニアがこの中に!


私、保体へいきます😊

分かりやすい!
ゴルフ頑張る姿勢。

愛菜ー、
任せろー、
ガンガンいこう。

ジュニアゴルフトレーニングは雨でもできる!#ジュニアゴルフレッスン #ジュニアゴルフ #ゴ...

藤原先生によるジュニアゴルフトレーニングは、本当にキツイものがあります。

でも、この、キツさが、自分の飛距離につながることを

みんな、理解しています。


腸腰筋を鍛える
骨盤周辺を鍛える
肩の可動域を高める


全ては、結果を出すために。


説明を行っても、
スルーしてしまう場合があります。


注意力や、話を聞く際の態度が大切です。

たとえば、顎を突出し、頭は斜めに曲げ、目線は横目使いの状態で
「私は先生の話をちゃんと聞いています」とは、行きません。


つまり、どういいう事かといいますと、
 

心、ここに非ず。


説明が心に届かなければ、
パフォーマンスを上げることは出来ません。

その一番の原因は、
コーチが面白くないからです。

ジュニアのみんな、
ごめんよ、

つまらないゴルフトレッスンばかりで、

本当は友達や仲間どうしで、
会話を楽しみ、じゃれ合っていたい
気持ちはよくわかるが、


それでは、親からもらった時間や費用を
結果で報いることは出来ないから。

今の頑張りが無ければ、先の結果を期待してはいけないし、
今の集中力が無ければ、現状を良くすることはできない。

 

22日には、富士ゴルフコースへ!
ジュニアの皆さん、
頑張っていきましょう。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>