シニア犬 最期まで幸せでいてほしいから

ブログの説明を入力します。


テーマ:

留守がちな飼い主さん(一人暮らし、共働きなど)の場合
 友人からタイトルについてのヒントをもらったので(笑)、今回からしばらく「こんな飼い主さん」とか、「こんな犬」など具体的な例を挙げて、飼育方法等のアドバイスをまとめてみたいと思います。第一回目の今日は留守がちな飼い主さんで週末を除き日中8時間を超えて留守番を強いられる状況の犬の生活についてです。
 これまでに書いてきたように犬は社会性が高い動物種ですから、たった一人ぼっちの留守番はかなり苦手です。ですから、一人ぼっちにならないで済むという意味で、相性の良い犬や猫などのパートナーを同時に飼育してやることは望ましいと言えます。マンションなどの制限により2頭の飼育が難しいなら、留守中に30分程度、犬と触れ合ってくれるような友人やドッグシッターをお願いすることをおすすめします。犬は日中、留守番をしている間はほぼ寝ていますが、一人でさびしかったぶん、エネルギーがたっぷり蓄積していることを念頭に置き、帰宅後はその発散をさせねばなりません。パートナーを飼育したり、誰かに訪問してもらうことが無理なら、留守中にコングなどに食べ物を詰め込んでゆっくりと食べさせる、犬が喜ぶビデオをかけておく、一人遊び専用の安全なおもちゃを与えるなど、ただ寝ているのではなく楽しくそして忙しい時間を用意してやることも心掛けてください。
 危機管理に対する備えは不可欠です。最も注意しなくてはならないのは生命に直結する温度管理対策(特に暑さ対策)と水対策です。最近、落雷や大雨などのせいで以前よりも一時的な停電が生じるように思います。留守中の犬の様子をモニターできる装置を設置する、直射日光が入らないようにカーテンは閉めておく、停電復帰後に遠隔操作でエアコンを作動させられる装置をつける、たっぷりの水を置いて出かけるなどが必要ですね。

 大地震の時、火災が生じた時、飼い主が何らかの理由で帰宅できないなど緊急時の管理について必ず考えておく必要があります。とにかく、隣人、お散歩で出会う犬友達、職場の同僚、家族などに「犬」の存在をしっかり伝えておくこと、また良い関係を築いておくことが第一歩です。やはり緊急時の対応として近所の方に鍵を預けておく、またはセキュリティー会社と契約しておくことが必要なのかもしれません。
 急遽、家を空けねばならなくなった時のために犬を預けることができる場所を複数個所確保しておくことも大切ですね。一か所だけでは、満杯で無理です!ということになる可能性がありますから。また、それこそ縁起でもないのですが飼い主が突然亡くなったときのことを考えて、犬のその後を委ねることができるような相手を探しておき、そこでのお泊り経験をさせておくこと、迷惑を少しでも減らすために犬貯金をしっかりしておくなども必要でしょうね。
 ああ、なんだか、切なくなってきました。でも犬を飼う、命を預かるってこんな風にたくさんの責務を負うことなんですよね。自覚しつつワンズライフを楽しまなくては!と思う次第です。次回は乳幼児がいるご家庭での犬飼育のアドバイスをまとめます。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:


 夏休みを楽しんでいたため仕事が山積みで(笑)、記事のアップが遅くなってしまいました。ごめんなさい。皆さんには夏休みがありましたか?私は東京在住の友人が犬連れで我が家に遊びに来てくれたので、約一週間をかけて道南・道東、そして近郊を回り、楽しい時をすごしました。犬と一緒の旅は、人間だけの旅なら絶対に行かないだろう各地にあるとても素敵な広い公園をゆっくり散歩したり、地元のやさしい人との出会いがあったりと良い点がたくさんあります。そして何より、一緒に旅する愛すべきワンズたちの楽しそうな顔や振る舞いが私たち飼い主に癒しを運んでくれますよね!
 さて、犬のコミュニケーション能力の最後、聴覚についてまとめてみたいと思います。人が聞き取ることのできる音域、可聴域は20~20,000 Hz と言われています。これに対して犬は40~65,000Hz です。つまり高音域が人間よりも広く聞こえるということです。猫もそうですが、ネズミのような獲物が出す高音域の音を聞くことができるようになっているわけです。遠くからの呼び寄せなどの訓練に使用する犬笛はたいていの場合30,000㎐程度です。人間に鳴っていることを知らせるために低い音域の音が同時に少音量で出る仕組みを持つものもありますが、実際に犬が聴いているのは人間には聞こえない高音域の音なので高音量であっても他人には迷惑をかけないで済むわけです。
 犬には私たちよりもいろいろな音が聞こえているわけです。きっと、煩いだろうなあと想像するところですがそこはうまくできていて、私たちもそうであるように普段聞きなれた音はほとんどを聞き流していますし、何かに集中しているときには他の音をシャットアウト、つまり意識しないで他の音をスルーしています。よく、夢中になっている犬に「おいで」の命令をしても匂いかぎを続けたり、遊び続けたりすることがありますが、これは人間の命令を無視しているというよりも本当に命令が耳に入ってこない状態にあると考えるほうが正しいのです。もちろん、よく訓練が入った、いつも飼い主の命令を待っているような忠犬は飼い主とともにいる限り、このような行動はしません。まあ、私は以前に書いたようにいつも私に注目し、命令を待つような犬を欲しいとは思っていませんし、そのように犬を訓練もしていませんから、犬が夢中になっていて私の声が聞こえてないなあと思えば、自ら近づいてちょいちょいとつついて教えてやりますし、そばに行けない状況なら、しばし待ってやることにしています。だからでしょうか?我が家の犬たちを評して多くの人が「自由だ!」といいます。まっ、私もよく「自由だ!」といわれますから、そういうことなのでしょう。どういうことなのかって?・・・はっきりはわかりませんが、褒め言葉ではない・・・でしょう(涙)。
 次に犬が私たち人間の話しかけをどのように聞いているかを考えてみましょう。基本的に犬は母音を聞き取るのは得意で子音の違いを聞き分けるのは苦手なようです。もっといえば、イントネーションで言葉を理解しているという表現が正しいかもしれません。もちろん、表情やしぐさなどが見える場所ではそれらも同時に読み取りながら言葉の意味を理解しようとします。だから「おりこうさん」と同じイントネーションでにっこり笑いながら「おきのうはん」といっても犬は嬉しそうにするはずです。やってみてください!
 さて、5回にわたって書いてきたコミュニケーションのまとめです。犬は、他の動物と比較すると人間と共通したコミュニケーション手段を持っており、これが私たち人間との関係を豊かにし、絆を強固にしているといえるのでしたね。でも、一方では視覚・嗅覚・聴覚は人間とは違うので、見え方も、におい方も、聞こえ方も違うわけですね。この点を考えれば、犬とのコミュニケーションを考えるときには、擬人化したとらえ方をあまりしないようにしたものだなあと思います。では!

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

 犬の視覚とコミュニケーション
 犬はとても鼻が良い代わりに目はあまりよくないといわれますね。でも、もちろん、犬同志が表情や姿勢、動きなどでコミュニケーションをとっていることを考えれば、視覚をしっかりと利用しているのはまちがいありません。すでに「犬のコミュニケーション能力その1」で、犬は人とコミュニケーションをとるのに視線を多用するし、人の視線の意味も理解していることも書きました。視覚によるコミュニケーションの特徴は刻一刻と変化すること、また相手との距離があまり離れていないこと(短距離または中距離)が条件となります。今日は犬の視覚についてまとめることによって、犬とのコミュニケーションを考える一助としたいと思います。
 はじめにいわゆる視力ですが、人でいう視力測定の平均0.2程度と言われています。まあ、細かい文字などは読まなくっても良いのですから、その辺が未発達なのは頷けますよね。その代り、静止しているものをみる視力に比較して、捕食行動に欠かせない動体視力、すなわち動いいているものを見つけたり、その距離を測ったりという能力は明らかに人間を上回ります。アフガンハウンド、イタリアングレーハウンド、サルーキーなどのサイトハウンドグループに含まれる犬種では特にこの動体視力が勝れた犬種たちとして知られています。一つの理由として、犬が正面を向いているときに見ることのできる範囲(視野)の広さがあげられます。人では平均すると120度くらいなのですが、サイトハウンドでは270度も見えるのです。すごくないですか?自分の真横までで180度ですから、これを超えてさらに90度も見えるのです。ちなみにサイトハウンドからほど遠いパグでさえ220度の視野を持っています。面白いことに、両目で見える範囲は80度くらいしかないんですよ。ですから、残りの部分はそれぞれ左目だけ、右目だけで見ていることになります。私たちも「ちらっ」とした動きを視野の片隅に感じることがありますよね?この範囲がとても広いわけです。犬は視野が広い。これは覚えておかなくてはいけません。つまり、犬が私たちに背を向けているから・・・と思っても実はしっかり視野の中に入っている場合が多いということです。風下で(つまり匂いが無くて)、犬には見えていないだろうと思って、おやつを取り出しこっそり食べようとしても、十分にも見えてしまっているわけです(笑)。

 次に色覚です。色は光の三原色と言われる青・緑・赤の三色の組み合わせによって作られるのはご存知の通りです。犬は赤色を認識する錐体が発達していません。緑の芝生の上で赤いボールを使った持ってこい遊びを考えてみましょう。私たちにとっては緑の中の赤は目立つわけですが、犬にとってはボールの赤が芝生の緑色に同化してしまうために見つけづらいことになります。犬にとって芝生との色の違いが分かりやすいのは黄色や鮮やかな青色ということになります。これも、犬とのコミュニケーションとしての「遊び」の際に覚えておきたい情報ですよね。
 私の住んでいるところは朝晩、10度台の気温となり、日中も25度には到達しない毎日ですが皆さんのところはいかがでしょうか?残暑が厳しいところもあるでしょうね。どうぞ、ワンズともども、お大事に!
 

 

いいね!した人  |  コメント(0)