ノルマンディー地方

Mont Saint Michel(モン・サン=ミシェル)

 

こんにちは!木蓮です。

ブログをお休みの間、ノルマンディー地方に住む友人宅で撮影を行ってきました。

もちろん、3月に発行する『WEB雑誌』のためだったのですが、その際にどうしても撮りたかったのが、『朝焼けのモン・サン=ミシェル』でした。

 

 

 

 

さて、そのお話の前に!!

以前に新刊『フランスの小さな村を旅してみよう』にて、アンケートを募集させていただいたのですが、それを元に「かもめの本棚」さんにて、新連載『行ってみたいフランスの小さな村』を書きはじめました。

 

今回は第5位に輝いた『ジェルブロワ』のお話。

 

 

 

 

この村のお話は、さすがに書き過ぎているので(笑)、いつもとは全然違う「旅話」にしてみました。

私がどんなスタイルで旅をしているのかわかると思いますので、よかったら読んでみてくださいね!

 

それでは、いよいよ本題に戻って。

 

フランスは移動制限があるため、夕方18時には家に戻っていなくてはいけないので、夕陽も撮りたかったのですが、そこは断念。

しかし、日の出がまだまだ遅いフランスでは、朝焼けなら撮れる!!と思い立ち、友人と一緒に「いざ!モン・サン=ミシェルへ!!」

 

 

 

 

モン・サン(後省略)の駐車場に辿り着く前は、ちょうどヤドリギ街道(勝手に命名)となっていて、朝焼けとともにコントラストが美しい!

そして、見てのとおりなんと雪が積もっていたのです。

こんな光景は滅多に見ることができないのでますますワクワク。

 

そんな気持ちが伝わったのか、駐車場に到着すると、「先に写真撮っておいで!」と友人が言ってくれ、1人ですたこら歩き始めました。

 

本来なら、送迎バスに乗るか、優雅に馬車……といきたいところですが、今回は様々な角度から写真を撮りたくて、約30分ほどかかる道をひたすら歩きました。

 

ご覧のとおり、誰もいません。

 

 

 

 

「あっ!またヤドリギ!」

 

 

 

 

木々の隙間から見えてきたのは……!!!

 

 

 

 

ピンクに染まった神々しいモン・サン=ミシェルのお姿。

今までこの色の姿を見たことがなかったので、とにかく興奮しました。

 

 

 

 

手前には雪が少し積もり、空は何ともいえない美しいピンク。

振り返ると逆側はオレンジ色の空が広がります。

 

 

 

 

なんて綺麗なんだろう!

もはや、天体ショーを見ている気分となりました。

 

 

 

 

私の持っているカメラとレンズと腕ではこれが限界ですが、美しい姿を見ることができて本当に感動の1日となりました。

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

皆さんも少し旅をした気分になってくださったなら嬉しいです。

 

ではでは、また少しずつブログを書きたいと思います。

家に帰ると……。

我が家には新しいニワトリが増えていたのですが、その話も書かせてくださいね。

 

みなさんのアンケート結果をうけての新連載。

楽しみにしていてくださいね!