仙台発 幸せ学美(まなび)カウンセラー工藤眞紀子のブログ

テーマ:

丁寧に、敬語を使ったつもりが

 

丁寧語でも敬語でもなく

 

「あなた、私に敬意を表してよね」という

 

意味だったとしたら?

 

え~~~~~~~!!!

 

でしょ。

 

でも、よくそういう言葉遣いを耳にしますよ。

 

 

たとえば。

 

お店に、車で行って駐車券に判をもらいたい。

 

「あのお、駐車券に判はどこでもらえばいいんですか?」

 

「はい、あそこのカウンタで頂いてください

 

「頂く」は、「差し上げる」と一対なんです。

 


 

左の方が「差し上げる」姿勢

 

つまり、右の方が左の方に何かをあげた場合

 

左の方は「頂く」姿勢になります。

 

お店に行って「いただいてください」と

 

そのお店の従業員が言ったとすると

 

お客様に、左の姿勢を強要したことになるのです。

 

そうですね。もうお分かりですね。

 

「あちらで、差し上げております」

が、正しいですね。

 

同じ様に

「お昼頂きました?」

「どうぞ、お茶を頂いてください」

 

なんてのも、ありますね。

 

丁寧に言ってるつもりなんですが基本が違います。

 

 

あらら?なんて事のないようにちょっと気を付けてみましょうね。



このほかにも

 

「コーヒーになります」

 

「こちらでよろしかったでしょうか」

 

「一万円から頂きます」

 

「デザートはお食事の後で結構ですか」

 

コーヒーは、はじめからコーヒーで、紅茶が変わったわけではないでしょ。
 

どうして過去形で聞くの?今、ここでしょう。

 

一万円からではなく、「一万円、お預かりいたします」

 

「結構」も、あなたが言ってはいけません。

 

「お食事のあとで、よろしいでしょうか」

 

そう、大したことではないんですよ。

 

でも、そこにあなたの「品格」が出ます。「教養」といってもいいでしょう。

 

せっかく、丁寧におもてなしをしようとしていらっしゃるなら

 

どうぞ、日本語を、正しく使いましょうね。

 

あなたの笑顔にふさわしい、気品が漂いますよ。

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス