一日遅れの更新です。

端午節句の沖縄本島は時折雲の合間から青空が覗くものの、

雲の多い一日でした。太陽は出ずとも湿度が高く前日よりは蒸し暑く

海から上がった後も快適でした♪この日のゲストはSさん&Mさんご夫妻の

2日目。今日はついにMさんの300本の記念ダイブ!果たして無事300本を

迎えられるのか…楽しみ♪楽しみ♪

 

この日は久し振りに朝そばをいただきました!

島の弁当屋さんが提供する沖縄そばは1杯100円で紅ショウガや

天かすが入れ放題(お店によりトッピングは異なります)!

朝食にはピッタリなんですよね♪

 

港に到着したらボートに鯉のぼりがカブト

風は強めだったので元気よく泳いでましたグッ

 

この日も地形方面からダイビングスタート!

まずは超敏感だったアオウミガメ

お二人に教えようとした瞬間泳ぐ体制に入っちゃいました💦

そんなにただならぬ空気出てたのかなぁ。

 

狙っていたロウニンアジは比較的浅いところで1匹だけ。

ダイバーなんて素知らぬ顔で悠々と泳いでました。

 

シルエットもカッコいい!!!

 

貴重な太陽…一瞬だったなぁ。

 

2本目は乗り合いショップさんのリクエストでドリームホールへ。

何故かマーベラスのお客様は皆様穴に入りたがらないのですが、

この日は久し振りに突入!

 

ここでMさん300本達成クラッカーおめでとうございま~す合格

 

マーベラスからはケーキを贈らせていただきました。

「280」と書かれたクッキーは永遠の28歳のMさんを

称えたものです(笑)

 

今シーズンのラストダイブは砂地でまったり締めくくり♪

ウミヒルモの合間でフサフサと不思議な動きをしているのは

触手を上に向けているサカサクラゲ

Sさんが見つけてくれました。

このサカサクラゲ、相手に触れることなく刺すという

凄技の持ち主。小さいからと侮るなかれですね。

 

肉厚で大きかったアマミウシノシタ

触れても全く動ずることなく堂々としたものでしたね!

 

ヒラツノモエビ属の一種でいいのかな?

ほとんど動かず海藻にくっついているので一瞬エビとは

分かりませんでしたね。ある意味すごい擬態です。

 

糸くずのようだったホソウミヤッコの幼魚

(撮影:Sさん)

ほんと細っこくて小さかったぁ。

 

最終日の端午節句に梅雨入りしてしまいましたが、微妙ながらも

天気が大きく崩れることなく無事潜っていただくことができました。

昨年4年振りにダイバーに復帰したMさんも300本ダイバーになり、

ますますお二人のダイビングライフも楽しくなりそうですね♪

次回は6月末ですが今度はアグレッシブダイブができるよう、

しっかり骨活してお待ちしております。

 

4日にアップした写真の子はパスしてくれたガイドのSっちーにより

ヒレボシミノカサゴの幼魚と判明しました♪はぁ、可愛いハート

(撮影:Sさん)