先日15日の一斉遠隔ヒーリングにご参加の皆様、ありがとうございました。



私自身、夜の瞑想は20:30から始めたのですが、あまりにも壮大なヴィジョンが来たことと体感がすさまじかったのでそれをそのまま皆さまにシェアしていいものかと試行錯誤。



一斉遠隔ヒーリングでの様々な体感やヴィジョンなどは、ご参加の方それぞれにあるかと思いますので、この記事では一斉遠隔ヒーリングに入る前の 私個人宛に受け取ったメッセージをシェアします。
(ちなみに一斉遠隔ヒーリングでは、また違うものをヴィジョンとして受け取っています。)




キラキラキラキラキラキラ

 

4つのクリスタルボウルとキャンドルを用意。
ライトランゲージアートを飾り
クリスタルグリッドを作りました。


上からの指示とおりに

ギベオン隕石のボルテックス
クリスタルのピラミッド
エメラルド
アトランティスサイト
カーネリアン
ヘマタイト
ルビーレコードキーパーに
スターブラリーなどなどを配置していき
瞑想に入りました。







「ワタシ」は ある重要な儀式を執り行うために
台座の上に座っていました。

その「ワタシ」は、
今ここ3次元の「私」ではなく
どこか別次元の「ワタシ」。


(もう 儀式は始まっている)


私は そう感じて その様子をみました。



すると次の瞬間に「私」は「ワタシ」と入れ替わり、私が儀式を行うことになってしまいました。


(あらら。。   まぁ、いいか。)



今年の三月から何度か観ている
この儀式のヴィジョン。


とりあえず観察します。




儀式が始まると
右腕に一筋の痛みが走りました。





上から声がします。

(クリスタルボウルを奏でなさい)




その指示とおりにプラクティショナーボウルを手に持ち奏で始めました。他のボウルも奏でると不思議な和音に空間が包まれていきます。



マレットを持つ右腕には脈打つ感覚。



それはナイフで斬られたようなライン状の痛みで
ここしばらく観てきたヴィジョンをリアルに体験させられているかのよう。




(ボウルの上に腕をかざしなさい)



指示の声のとおりにプラクティショナーボウルの上に腕をかざすと
エネルギーの一滴一滴
まだ音の響いているボウルに注ぎ込まれていきます。

プラクティショナーボウルは
それを受け止める。

まるで聖杯。



私のエネルギーとプラクティショナーボウルの響きが融合されていきます。



そして、その融合したエネルギーが
一粒一粒の光に変容していき
ボウルにとどまりました。


ほっとしたところで場面が切り替わり、、、



キラキラキラキラキラキラ



私はスフィンクスの目の前に立っていました。

スフィンクスの上半身が
特撮モノの基地のように持ち上がり
地下に続く道が現れます。


真っ暗な道。


そこを進んでいくと
遠くに微かな光がみえています。



私は自分の子どもを連れて
その暗闇を進んでいました。



すると後ろから何かが迫る気配。


私たちは急ぎ足になります。


(早く 光のあるところまで行かなきゃ)と
焦る気持ちで光を一直線に目指したら、、

子どもがそれに捕まり闇に引きずり込まれていきましたガーン


!!!!


私は急いで来た道を引き返し
子どもの手を取り、その存在と子どもの間に身を滑らせ、子どもを光の方へ一気に送ります。


すると、その存在は
アヌビスでした。







私の側に立つアヌビスは 穏やかな口調で


恐怖は あなたが創り出したイリュージョンに過ぎない。
あなたの行く道を暗くするのも明るくするのも
あなたの創り出したイリュージョン。

行く道程は ここに在ることに変わりはない。

恐怖で歩むのか希望で歩むのかで 
その見える景色は全く違うものになる。



徐々に
視界は黄金色の光を放ちました。

美しい道と景色が目の前にあり、
その先には一点の更に眩い光。



進む道は ないわけじゃなくて
どんな状況でも用意されている。

懐疑的に進むのか信頼して進むのかで
見え方が変わってくる。






上からの声の真偽を
上にたずねていた。

(これは ホントのこと?それともウソ?)


答えはこのページにあった。笑



キラキラキラキラキラキラ


次回の一斉遠隔ヒーリングは
5/29の21:30〜
来週 詳細をアップします。


セッションメニューは