コ〇ナ離婚??ヤタチャンネル~幸せなパートナーシップへの道~①の続きです。

 

空飛ぶ心理カウンセラーヤタパイセンのyoutubeチャンネル

 

ヤタチャンネル

幸せなパートナーシップへの道

 

ニュースキャスターのような2人

(夫婦ではありません)

 

 

<ご相談:ハリネズミさんより>

「コロナ対策による在宅勤務で夫婦の時間が増えたためか、わが社で離婚が増えていると聞きました。それまでの状況はわかりませんが、夫婦で過ごす時間が増えた時のコミュニケーションの方法やお互いが過ごしやすい環境づくりについてアドバイスをいただけたらと思います。」

 

 

というご相談について、今度はヤタパイセンからの回答です。(あけちゃんからの回答はコチラ⇒

いや~さすが売れっ子カウンセラー、ヤタパイセン。さらっと解説する割に、すっごい核心に触れることをお話してくれましたよ。

 

今回のコロナがもたらした出来事やマインド(心の現象)は、震災があった時と通ずるものがあるというヤタパイセン。

離婚だったり、結婚だったり、出産だったり。確かに多かったと聞きますよね。

 

熱のこもったフリップ登場!

フリップをフィリップと言うヤタパイセン

 

今回の出来事によって気付くこと。

今まで当たり前だったことは、実は当たり前じゃなかったこと。
命というのは無限でなく有限である。

自分の幸せに向き合わざるをえなくなった。

 

フリップにも書いてあるように、こういう時って、ずっと無視し続けてきた問題が浮き彫りになったりもするものですよね。

浮き彫りになるってことは、それだけ自分にとって重要で大切なことだから。

 

ヤタパイセンはこう言います。

 

「その結果、自分の人生を生きるということをマジマジと考えるようになる」

 

 

ヤタパイセンは言ってませんけど、自分の人生を生きることについてマジマジと考えた結果、離婚という選択をする人もいると思います。

それがもしかしたら『震災離婚』だったり『コロナ離婚』だったりするのかもしれませんね。

 

 

色々な選択がある中で「夫婦としてどう生きるか」について改めて考え始めた時に、さっきの話が出てきます。

 

夫婦生活の中での当たり前に気付く。

 

当たり前の反対は

有難い

 

ひょーっ!しびれる~!

 

そうですよね~浮き彫りになることって、問題だけじゃないもの。

本当はとってもありがたいこと。

数え切れないほどあるはずですよね。

 

ここでちょっと話がぶっ飛びますが、「武田鉄矢の三枚おろし」で武田さんがこんな話をしていました。

(岸見一郎著「アドラー心理学入門」より。ちょっとセンシティブな内容になります。)

 

 

 

ある小学校の焼却炉で事故が起こり、亡くなった子の亡きがらは誰だか分らないような状態でした。

そして各学年の先生は、全家庭に1件ずつ電話をして「お子さんは家に帰っていますか?」と確認をすることになります。

すると電話口のお母さん達はワーと叫び「待ってください、今探しますから」と必死で探す様子が聴こえるのだそうです。

そして「先生ーっ!ありがとうございますっいましたっ!うちの子普通に部屋でマンガと読んでいましたっ」と泣きながら折り返しの電話がかかってくるのだそうです。

「泣きながらお母さんが語る時に、いかに普通が有難いかを親たちは知るのである。そんな親御さんたちの声に普通の偉大さを知ります」

 

 

ちなみに紹介されている「アドラー心理学入門」にはこんなことも書かれているそうです。

 

「勉強を黙ってして口答えしない従順な子を理想とする親は、自分の子をその理想の100点から毎日減点しながら暮らすことになる」

 

これは親子関係に限らずですよね。

当たり前がどんなに有難いことなのか。
何か起こってからそれに気付く私たちって、愚か者なんでしょうかね~。自戒を込めて。
 
そんなわけで、ヤタチャンネルに戻ります。
 
当たり前の有難さに気付いたら、まずはそれを受け取りましょうというヤタパイセン。
 
具体的には、してもらって嬉しかったことを100個200個書く。
そして最終的に、『感謝の手紙』を書く。
感謝の言葉は、愛されている理由や自分の価値そのものなんですって♡
 
感謝するってことは、まずはそれを受け取らないとできませんね。
 
感謝する=自分の価値に気付く
 
なんて素晴らしい相乗効果なんでしょうね!
自分も相手も幸せにする「ありがとう」のパワーを改めて感じました*
 
その上でどうコミュニケーションをとっていくかは、こちらをご参照ください↓
 
 
 
男女は何もかも違うので、コミュニケーションをうまくとることってなかなか難しいとは思いますが、そのへんはスキルが必要とのこと。
ヤタパイセンも言ってますが、男性より女性の方が大人なので、残念ですがそのへんは女子頑張りましょう!笑
何にせよ「ありがとう」の気持ちで接してくれる人に対して嫌な気持ちになる人はいないですからね^^
 
 
それにしても、こうしてまとめてみると、あけちゃんの話もヤタパイセンの話も共通する部分が多くて興味深いです*
 
2020年は隠れたものが表面化してくるというあけちゃん。
それはもしかしたら、今までの当たり前が当たり前ではなくなるのかもしれない。
当たり前は有難いというヤタパイセン。
→当たり前過ぎて見えていなかったのは有難さなのかも。
 
2020年は女性性の年だというあけちゃん。
女性性は受け入れる・受容する。
当たり前=感謝というヤタパイセン。
→感謝しよう。愛を受け取ろう。
 
 
今はこんなザワザワして不安いっぱいな毎日かもしれないけれど、もしかすると2020年に表面化してくるモノは、感謝の気持ちなのかもしれませんね♪
 
ヤタパイセン、あけちゃん、サポーターのヤタパイセンの奥様、素敵な動画配信を、ありがとう♡
 
ヤタパイセンがつけているのは
後輩カウンセラーから貰った
てづくり飛行機ブローチ
 
 
空飛ぶカウンセラーヤタパイセン(椙山眞伍)
パートナーシップ(恋愛・夫婦)専門カウンセラー/セミナー講師
https://watashijiku-life.com

数秘術カウンセラーあけちゃん(戸田朱美)
https://akemi83.hatenablog.com