毎月の携帯電話が高いとお悩みのみなさん、こんにちは爆  笑

 

ペンギンモバイルの代理店

ペンギンカナコです。

 

 

来月から毎月のスマホ料金を下げませんか?

 

この携帯電話・スマホなどのモバイル機器を利用している限り、

毎月のように支払っている携帯料金。

 

ご自身がどれくらい毎月の携帯電話料金・スマホ料金を支払っているのか?把握していますか?

 

「思ったより安い」と感じる人もいれば、

「なんか高いような気がする」と感じている人もいるかもしれません。

 

 

また、「携帯料金の平均ってどれくらいなんだろう」と考えている人もいます。

 

 

 

NTTドコモの平均基本利用料金
5GB以内:6,632円
大容量プラン:8,000~12,000円


auのの平均基本利用料金
5GB以内:6,490円
大容量プラン:7,000~11,340円


ソフトバンクのの平均基本利用料金
5GB以内:6,700円
大容量プラン:8,600~9,700円

調査した所、以上のような平均基本利用料金が算出されました。

 

こうしてスマホの料金をチェックしてみると

 

3キャリアとも通信容量が少ない場合は4,500~6,000円で通信量が多く定額制プランを契約した場合は9,500~12,000円になることがわかります。

 

それでは、NTTドコモ回線を使っている、

 

ペンギンモバイルの格安SIMに差し替えたら、みなさんの料金はどうなるでしょうか。

 

5GB以内であれば、NTTドコモ

 

 

NTTドコモの平均基本利用料金
5GB以内:6,632円

ペンギンモバイル6GBプラン:1,600円にできます。

 

ナント!毎月おおよそ4700円の基本料を下げることができます!

年間にすると56,400円です。

 

大容量プラン:8,000~12,000円

ペンギンモバイル36GBプラン:4,860円にできます。



auのの平均基本利用料金
5GB以内:6,490円

ペンギンモバイル6GBプラン:1,600円にできます。

 

毎月おおよそ4800円の基本料を下げることができます!

年間にすると58,680円です。

 

大容量プラン:7,000~11,340円

ペンギンモバイル36GBプラン:4,860円にできます。



ソフトバンクのの平均基本利用料金
5GB以内:6,700円

ペンギンモバイル6GBプラン:1,600円にできます。

 

毎月おおよそ5,100円の基本料を下げることができます!

年間にすると61,200円です。

 

大容量プラン:8,600~9,700円

ペンギンモバイル36GBプラン:4,860円にできます。

 

 

同じ通信量データなのに、毎月支払う基本料金が本当に違います。

 

多くの人は、キャリアから格安SIMに変えると、「もうキャリアには戻れない」と言います。その理由は、「普通に使える」し「安い」からです。

 

あなたも来月からペンギンモバイルの格安SIMにして、毎月の基本料金を安くしませんか?

 

ペンギンモバイルの料金をcheck!

https://www.penguin-mobile.com/sim-plan

 

 

毎月の携帯電話が高いとお悩みのみなさん、こんにちは爆  笑

 

ペンギンモバイルの代理店

ペンギンカナコです。

 

 

来月から毎月のスマホ料金を下げませんか?

 

この携帯電話・スマホなどのモバイル機器を利用している限り、

毎月のように支払っている携帯料金。

 

ご自身がどれくらい毎月の携帯電話料金・スマホ料金を支払っているのか?把握していますか?

 

「思ったより安い」と感じる人もいれば、

「なんか高いような気がする」と感じている人もいるかもしれません。

 

 

また、「携帯料金の平均ってどれくらいなんだろう」と考えている人もいます。

 

 

 

NTTドコモの平均基本利用料金
5GB以内:6,632円
大容量プラン:8,000~12,000円


auのの平均基本利用料金
5GB以内:6,490円
大容量プラン:7,000~11,340円


ソフトバンクのの平均基本利用料金
5GB以内:6,700円
大容量プラン:8,600~9,700円

調査した所、以上のような平均基本利用料金が算出されました。

 

こうしてスマホの料金をチェックしてみると

 

3キャリアとも通信容量が少ない場合は4,500~6,000円で通信量が多く定額制プランを契約した場合は9,500~12,000円になることがわかります。

 

それでは、NTTドコモ回線を使っている、

 

ペンギンモバイルの格安SIMに差し替えたら、みなさんの料金はどうなるでしょうか。

 

5GB以内であれば、NTTドコモ

 

 

NTTドコモの平均基本利用料金
5GB以内:6,632円

ペンギンモバイル6GBプラン:1,600円にできます。

 

ナント!毎月おおよそ4700円の基本料を下げることができます!

年間にすると56,400円です。

 

大容量プラン:8,000~12,000円

ペンギンモバイル36GBプラン:4,860円にできます。



auのの平均基本利用料金
5GB以内:6,490円

ペンギンモバイル6GBプラン:1,600円にできます。

 

毎月おおよそ4800円の基本料を下げることができます!

年間にすると58,680円です。

 

大容量プラン:7,000~11,340円

ペンギンモバイル36GBプラン:4,860円にできます。



ソフトバンクのの平均基本利用料金
5GB以内:6,700円

ペンギンモバイル6GBプラン:1,600円にできます。

 

毎月おおよそ5,100円の基本料を下げることができます!

年間にすると61,200円です。

 

大容量プラン:8,600~9,700円

ペンギンモバイル36GBプラン:4,860円にできます。

 

 

同じ通信量データなのに、毎月支払う基本料金が本当に違います。

 

多くの人は、キャリアから格安SIMに変えると、「もうキャリアには戻れない」と言います。その理由は、「普通に使える」し「安い」からです。

 

あなたも来月からペンギンモバイルの格安SIMにして、毎月の基本料金を安くしませんか?

 

ペンギンモバイルの料金をcheck!

https://www.penguin-mobile.com/sim-plan

 

 

毎月の携帯電話が高いとお悩みのみなさん、こんにちは爆  笑

 

ペンギンモバイルの代理店

ペンギンカナコです。

 

 

格安SIMにしない方がいい人とは?

 

この疑問について、ペンギンモバイル代理店のペンギンカナコよりお答えいたします。

 

 

 

普段から通話の多い人は、格安SIMに乗り換えない方が良い場合もある

 

通話をする機会が多い人は、

 

格安SIMに乗り換えない方がいい場合もあります。

格安SIMは、通話料金が30秒につき20円発生します。

 

つまり1分40円です。

 

もしも10分通話すれば400円、

 

1時間なら2400円もの通話料金になってしまいます。

そこで!

一般社団法人日本自由化事業協会のペンギンモバイルでは、

 

15分以内なら通話が何度でもかけ放題になる

オプションを提供していますが、

 

15分以上長電話を何度もするならキャリアでスマホを契約しておいた方が安上がりになる可能性があります。

まずはご自身やご家族の方が、今どのくらい通話をしているのか?

 

1回の通話時間や通話頻度を調べてみましょう。

 

回数が多かったとして、1回につき1秒~14分59秒までの通話なら、

 

一般社団法人日本自由化事業協会のペンギンモバイルの格安SIMに乗り換えても、

 

オプション(1250円税別)を駆使して料金を抑える事ができます。

ペンギンモバイルには、30分かけ放題もあります。

 

但し、代理店むけオプションとなるため、詳細はお問い合わせ下さい。

 

 

 

 

学生や会社員の人は、格安SIMに乗り換えるとストレスが溜まるかも

 

格安SIMの多くは、ドコモ回線のペンギンモバイルも同様ですが、

 

12時台や17~21時頃に速度が低下します。

 

これは昼休みや帰宅時間でスマホを使う人が多いためです。

 

つまりこれは、学生や会社員のような、

 

これらの混雑しやすい時間帯に外出先でスマホを使う人にとって、

 

格安SIMへの乗り換えが危険であることの証です。

 

通信速度が低下してしまうため、ストレスになりますよね。

 

だから自分が使う時間帯に限って速度が遅く使いづらかったら、

 

いくら安いといってもストレスが溜まるばかりで満足度が低いです。

 

とはいっても、

 

日々改善されている気がします。

 

また、今後の通信業界における回線については、

 

変化が伴ってくることでしょう。

 

格安SIM、大手キャリア共に時間帯や混雑状況、

 

場所によって速度が変わるためはっきりとはいえませんが、

 

大体の目安としては以下のようになります。

  • 大手キャリアの通信速度・・・10~30Mbpsくらい

  • 格安sim通信速度・・・0.2~5Mbpsくらい

 
*大手キャリアでも、もっと遅い場合もあります。逆に格安SIMでもMVNOと時間帯・場所によっては10Mbpsを超える速度になる場合もあります。

格安SIMの速度は、

 

大手キャリアと比較して大体5分の1程度くらいになる事が多いです。

 

ただし、数値上の速度が5分の1となっても、

 

今まで使っていた、

 

例えばインターネットでサイト・ページを開くのに

 

5倍の時間がかかるわけではありません。

データ通信量の目安ですが、1GBでできることはこうなります。

・WEB閲覧は、2,000~3,400ページ表示
・メールは、文字のみ:約20万通、ファイル添付の場合は、1,000~2,000通
・LINEは、メッセージは約50万回、スタンプは約20万回、通話は約33時間
・動画の視聴は、標準画質で約55分視聴、HD画質で約7分視聴
・音楽のダウンロードは、約250曲のダウンロード
・ゲームアプリは、ゲームで遊ぶ分にはデータ消費量はそれほど大きくありません。初回のダウンロードや定期的なアップデート時はデータ通信量を多く消費します。

​いかがでしょうか?

 

まずは、ペンギンモバイルのホームページをみて下さいね。

 

https://www.penguin-mobile.com

 

きっと、お役に立てるはずです。