鉄腕DASHで気が付いた!日常の危険

先日の鉄腕DASH
TOKIOの番組ですが今回は木村拓哉さんが
ゲストでしたね。
 
香取市の方々もさぞ驚かれたでしょう!!
 
番組は地元の方々の生産者を訪問して廃棄する食べ物だけ使って0円で食事を作るという
0円食堂の企画です
斬新なアイデアで毎日の献立に加えたい料理もあり
私もとても楽しく拝見しました。
 
ただ・・・危機管理の専門家として一つだけ気がついてしまったことが・・・

道の駅における個人情報

 


番組の企画でまずは道の駅で売られている
野菜をはじめとする食品を確認、生産者のお宅や養鶏場、生産工場などを訪ね
まだ食べれる廃棄物がないか、いただけないか交渉するところから始まります
 
テレビを観ていて気づいたこと
それは道の駅で販売の商品を見ると
『生産者の住所や名前、顔写真などで身元がすべてがわかること』
 
もちろん生産者側は
どんな人がどこで作っているかを表示して
 
購入者に安心感を与える目的がある
 
その制度を利用して、住所を見て
ご近所へ本人のお宅か聞き取り
番組でそのお宅を訪ねるのですが
私だっていきなりキムタクやTOKIOや自宅に来たら驚くけど嬉しい
 
おそらく、たいていの人はそうじゃないでしょうか?
もう、ぜひぜひウエルカムな人が多いだろう企画ではあります。
 

ただ・・・・ちょっと待って!

それがもしTV企画じゃなかったら

犯罪者が住所や名前を見て盗みのために下見に来たらどうなるのでしょう??

もちろんウエルカムどころか絶対に近づいてほしくないですよね?
 

犯罪者の目線から考えてみる

私は防犯の講演会で
『ちょっとここで犯罪者側の目線で考えてみましょう!』
と例を挙げたりしますが
 
この生産者表記
犯罪者目線でここで見てみると
 
非常にありがたい 空き巣などに入りやすい格好の情報  でもあるんです
 
 
(謝罪*全国の鉄腕DASHファン、またジャニーズファンの方々、職業柄、歪んだまなこで番組を観た私を許して下さいm(_ _)m)
 
犯罪者目線で考えてみると
 

農産物を狙う

全国での農産物の盗難も年間1億円近いと言われていますので
○○を育てている
とわかると次回の収穫直前に狙われるいうリスクもあります。
 
自宅を狙う
さらにお米やりんご、とうもろこしなど
収穫時期のわかりやすい野菜を育てている農家さんの場合
 
収穫時期は家族が総出で留守にしている可能性が高い家の住所が書いてある野菜
ということになります。
 


またお婆さんなどがいくつもの種類の野菜を出している場合
 
⇒趣味の延長(生きがい)で年中畑に行く ⇒おそらく息子や娘夫婦など同居でも家族は日中仕事に出ている
家は人は多く住んでいても留守の時間が多い と考えやすくなります。
 
プロの泥棒は下見をしますので
いずれにせよ個人情報が丸見えで生活のパターンが想定しやすく下見に行くにも目をつけやすいのです。
 

ここにお金を隠していませんか?

プロの泥棒の聞き取り本などを読むと
農村のお家は特に仏壇・神棚などに現金をしまっている可能性が高いと話しています。
一般の家庭を含めてもマットレスの下、冷蔵庫の上、小箱の下、米びつ
出入口通過点の棚やいつも買い物で使う袋 
ほんの一例ですが上か下、奥にあるのも特徴だそうです。
 
 
もし、思い当たる場合は早急に場所を考え直すことも必要ですね。
 

生活を変えないで防犯強化する

色々手厳しいことを書きましたが
 
私も道の駅のお野菜や生産者の方の顔が見えるのを買うのはとても好きです。
それに鉄腕DASHも大好きな番組なので否定しているわけでは決してありません。
これからも楽しみに拝見します。
 
ただ職業柄見えてしまったものがあるだけ・・・
 
そこで 提案できる対策方法としては
 
道の駅の住所表記に関しては生産者個人の意向で変更可能であれば
あまり細かい集落部分までは表記する必要がないのでは?
と思うことと
リスク自覚をして留守中の防犯管理をしっかりするしかない
ということです。
 
防犯カメラの設置(かならず防犯カメラ設置中ステッカーも貼ってください)や
音の鳴る砂利
センサーライト
施錠強化やガラスには割れない防止フィルムを張る
など、強化しているだけで下見をしてあきらめる犯罪者もいます。
なにもめんどくさいお家に入る必要はないのですから・・・
 
これだけでもかなり安全対策は変わってくるかと思います。
 
あまり過敏になりすぎて、せっかくの地域特産品が出回らなくなるのも残念なので
神経質にして欲しいと願っているわけではありません。
ただ、安全な日常を送るためには知っておいてもよい知識ではないかと思います。
 
御家族や知り合いで道の駅に出品している人がいたら、提案してあげてみてはいかがでしょうか?
*参考 防犯泥棒大百科・ 大泥棒/清水賢二



 
防犯設備士

危機管理評論家
防犯・護身術師 おりえ


プロに習う
防犯·護身術セミナー
防犯研修
 





 
防犯·護身術セミナーでは
声の出し方
 逃げるための立ち方 
パニック回避のための心理
犯罪を回避するための防犯知識
など
実際に出来ること
役立つ事を座学と実技で行ないます



 
防犯セミナー
防犯研修
防犯講演会
 
口コミだけで企業様からも
次々お声掛けいただいています。
 
 
詳しくはHP →こちら☆をご覧下さい
大阪グランドフロントにある
パナソニックくらしの大学
にて『いざという時に役立つ女性のための護身術講座』
を行いました


グランドフロントの
パナソニックショールームは
くらしに合わせた提案のブースがいくつもあり
めちゃくちゃ素敵でしたよー虹
✨✨

オシャレなカフェスペースなどもあり、友達とのお茶タイムにも良さそうな雰囲気なので梅田のグランドフロントに行ったらぜひ覗いて見てくださいウインク





さてさて
そんな素敵な場所ではありましたが


大阪府は残念ながら
日本の犯罪の11パーセントを占める
犯罪率No.1地域

凶悪犯罪
路上犯罪
強制わいせつ

など 様々な犯罪件数で
ランキング1位
日本の中では治安が悪いと言わざるを得ません。

=被害に遭ってしまう可能性が高い
被害者になりやすい

となるわけですよね

そんな地域でこそ

自分の身は自分で守る!
知識と技の護身術

の対策は必要です。


90分の講座の中では

前半 座学

基本の防犯知識
ひったくり対策
パニック回避方法
の他に

大阪府警がHPに掲載している
女性の防犯対策

〇声かけ
〇スマートフォン
〇マンション

などについても
犯罪の手口やいかに注意すればよいかなど掘り下げて話させていただきました。

実技は

女性護身術

声だしや(叫び方)
犯罪者との距離

護身術エクササイズ
としても
自宅で練習出来るようにお伝えしましたよ!


1度では覚えきれないと思うので
いつか護身術エクササイズの本とDVDを出せたらなーと思っております!


講座終了後は友人と会食
お水の専門家の他映像企画だったり様々なプロの彼女と近況や情報交換しながら
大阪の治安の現状などについても教えてもらいました。






私の防犯セミナーでは
護身術はできるだけ
簡単なものをお伝えしていますが

回数を重ねるとコツが掴めてきます!

また大阪にて開催できたらと思っています。


プロが教える
防犯知識と技の
 
防犯セミナー
防犯研修
防犯講演会
 
口コミだけで企業様からも
次々お声掛けいただいています。
 
 
詳しくはHP →こちら☆をご覧下さい

SNSで空き巣?最近の犯罪事情

 

宇都宮市の会社役員が年末年始の旅行から帰宅すると

3300万円の空き巣被害に遭ったことがニュースになっていますね。

 

年末年始に3300万円の空き巣被害

 

被害者の方はご家族で旅行に出かけている間に

ガラス窓を打ち破り侵入したようです。

 



近年の犯罪者の下調べはSNS!?

以前の犯罪は「現地での下調べ」でしたが

最近さらに追加されたの犯罪者の準備の一つに

「SNSで相手の行動をチェックする」があります。

 

 

今回の被害者の方がそうであったかはわかりませんが長期休暇の時期はやはり空き巣被害が増えてしまいます。


さて、皆さんは年末年始の行動

帰省先や旅行先からのSNS投稿はありませんでしたか??

 

私もInstagram・Twitter・Facebook等SNSを活用していますし、イベントの案内もしますので他人事ではありません。

 



自宅の場所が知られている場合

(知られてなくても犯罪者はあの手この手で調べます)

海外旅行や外食など「リアルタイム」投稿は犯罪者に

「今自宅にはおりません」とお伝えしているのと一緒です。

 

波打ち際で遊ぶ女子
 

また逆にストーカーや性犯罪などの場合

「今、ここに来れば会えますよ」

「普段からここにいれば会える確率がありますよ」

と投稿していることになります

 


でもそんなことを気にしすぎていたらSNSを楽しめないのも事実・・・

なかなか悩ましい問題ですね。


SNS空き巣の被害対策

 ではSNSで近況をアップしたいけど
被害に巻き込まれないための対策を見てみましょう。
〇郵便受けに家族のフルネームを書かない
*郵便受けの名前からSNSを見つける場合もあります
〇日頃の投稿から自宅がバレないようにする
〇自宅の防犯対策を強化する
管理会社などを入れる
ガラス打ち破り防止フィルム(防犯フィルム)・防犯カメラ・センサー・ライトなどの対策など⋆CPマーク商品の導入
〇貴重品は貸金庫等に預ける
〇持ち運び不可な金庫などを強化する
 
余談で理不尽な話ですが、空き巣で盗むものがなかった場合八つ当たりで家の中のものを壊す、汚すなども時にはあるようです。

侵入されないのが一番ですが小銭など入った貯金箱やお財布など多少は手に取れる場所に置いておくのも2次被害の対策かもしれませんね。

CPマーク)警察庁による侵入犯に対する調査をもとに建物に対する侵入に5分以上かかると大多数が諦めて他の家を狙うとの結果に基き、様々な侵入攻撃に対して5分間以上防御することができるか実際に試験しクリアしたものだけに使用が許されるた防犯建物部品です。

 

SNSストーカー被害対策



 空き巣だけではなくSNSでのストーカーなども怖いですね。


〇やはりリアルタイム投稿を避ける

〇よく行く場所、通っているお店の投稿は避ける

〇自宅周辺や最寄り駅のわかる内容にしない(背景などに気をつける)

〇ストーカーの恐れのある場合は友人にも自分を露出しないように伝えておく

〇子供や孫の写真UPはコピーなどで利用されるリスクは知っておく事

(FBなどでは簡単に人の投稿写真をコピーできます)

自分の内容は自己責任ですが可愛い子供や孫を見せたいためにアップする時は大切な家族が巻き込まれない対策も必要です。

*小児性愛者などは対象者の家族のSNS投稿をチェックし行動内容を逆算することも忘れないでください!

お孫さんなどの投稿をアップするときはご両親の了承を得ることも大切です。

 

すぐにできる簡単な防犯対策はハッシュタグ!?

 
なんと犯罪者が相手を見つける時にハッシュタグも重要なポイントになるようです。


 #ハワイ楽しい #温泉なう #旅行中 #年末年始帰省など
#実家帰省中 
リアルタイムで検索するとわかりやすい#をつけないことも今すぐできる簡単な方法の一つです。
 
SNSでチェックされないためには特に行動と投稿のタイムラグを発生させることが大切
#なう
#ハワイ行ってきました
#楽しかった #旅行の思い出
など過去に起こった内容の方が安全になります。
 
また、リアルタイムの場合や場所特定は限られた信頼できる友人などのみに限定公開するといった対策もあります。
 
とはいえリアルタイムで投稿できるのもSNSの醍醐味
今を伝えるからこそ楽しいものもありますので難しい問題ではありますが、、、
 
自分と周りを考えながらSNSを楽しむ

時代とともに変化するSNS活用法。楽しむためのものが犯罪に巻き込まれては大変です。
自分や家族の状況を考えながら楽しく上手に活用したいですね!
 


南国ドリンクを飲みながら原稿を執筆するC級ライター