私が公式アンバサダーを務めさせていただいている日経クロスウーマン【日経DUAL.ARIA.doors】ですが、DUALが今朝の新聞広告に掲載されています。


WEBメディアなので最近の話題や知りたいことなど『タイムリーな情報』満載です。
そしてただ記事を投げかけるだけではないのがクロスウーマンの3誌


メディア記事はもちろん、私達公式アンバサダーは専門性の高い分野のメンバーが多いので、記事に沿った率直な感想や専門家目線の意見なども掲載。

さらに読んでる側とアンバサダーや編集部のWEB上での意見交換や交流。

コロナが落ち着けば直接お会いできるイベントなどなど、一方的に配信されているニュースだけではなく、時に同じ目線、時に違う角度から、そして自分も参加しながら読み交流できるのが
日経クロスウーマンの楽しみ方です。


今回紹介されている日経DUALは働きながら子育て世代のパパママが読みやすい媒体になっています。


doorsは2.30代、仕事の人間関係やオシャレ、結婚出産妊娠、これからの仕事への考え方やスキルアップ、コーデや料理、ストレッチ、イベントや旅行なども。

日経ARIAは40〜50代の仕事への取り組み、自分自身の楽しみ方、大人の美容、更年期や性、夫婦、老後に向けた考え方など大人世代ならではの目線記事が多いですが、案外『今後のために』と2.30代の購読者も多いようです。

比較的その世代に合わせた疑問や悩み、知りたい事などの内容が満載ですが、ぜひぜひ気になる記事は世代を越えて読んで欲しいですね!

会員限定記事など特典もたくさんあります。もちろん無料記事もすぐに読めますので、まずはぜひぜひ覗いてみて下さいね😊



私が持っていると実際役立つと思っている防災グッズです。ただの袋なのにスイッチ付きのシャワーになっています。

 https://creators.yahoo.co.jp/orie/0300079969

備蓄におすすめ災害時にあると便利なポータブルシャワーバック。停電でも断水でも電池がなくても大丈夫
停電でも断水でも使えるシャワー
このバック式シャワーが優れもの
水さえあればすぐにシャワー
断水時でも停電時でも使えるってすごい
付属のアームでぶら下げ可能、
表は熱吸収しやすい黒、裏は透明
ペットボトルも注ぎやすくなっています
電気も電池も使わずシャワーは便利
いざという時はかなり役立ちそう
停電でも断水でも電池がなくても使える
水圧だけで使えるシャワーバック
災害時には絶対便利
場所も取らずで備蓄におすすめ
今回は備蓄品として断水や停電の時に便利なポータブルシャワーバックです。
地震や台風などの災害時は断水や停電の可能性があります。
このシャワーバックは、袋にシャワーヘッドと、オンオフのストッパーがついたものですが、ぶら下げた水圧で水が出るようになっています。
中に水さえ入れれば電池なども使用せずにシャワ―として使えるのはとても便利です。
ポータブルシャワーバックの便利な工夫
〇断水や外でも使えるようにペットボトルでも水が入れやすい
〇棒や木などにも縛れるようなフックがついているのでぶら下げる場所を選ばず便利
〇表面は黒色になっており、水を入れて日に当てておくと中の水の温度が上がりやすい
私は東日本大震災の時に断水が1か月以上続いた地域に住んでいました。
簡単にお風呂に入れないのがとてもストレスで、髪も洗面器で洗うなど大変苦労した経験があります。
災害の程度にもよりますが、断水はある程度落ち着いてくると自衛隊などからの給水やペットボトルの水が手に入ります。しかし断水か停電が続く限りシャワーは出ませんよね。
もちろんシャワーバックは外だけではなく室内のふろ場内でも使えますので、断水や停電時の実際の便利さは想像以上だと思います。
価格も2000円前後で購入できるお店もありますので備蓄におすすめな防災グッズです。
防災グッズは様々ありますが、備蓄に何が必要かと考えた時に本当に使える、あってよかったと思える便利なものを選びたいですよね。
最後にYHAOOショッピングURLからご覧いただけます。売れている店舗順に並べていますので参考にしてみて下さい。


【防災動画の注意点 必ずお読みください】
動画にて紹介する防災グッズや防災対策は提案やアドバイスであり、すべてにおいて有効であるということや健康、安全性などの効果を保障しているものではありません。
ご使用ご利用の際は説明書をよくお読みになり、すべて自己責任にてお願いいたします。



台風12号は大雨台風です。水害対策用品の1分動画を作りました。
200gのバック式袋が水に浸すと5分で15キロの土のうになります。
台風被害、浸水被害を防ぐために事前に準備してください。





https://creators.yahoo.co.jp/orie/0300079393



【自分の命が最優先です】
もちろん水害対策、浸水対策は大切ですが大雨や台風通過前後や警報時には命を守ることが最優先です。
事前準備はしっかりと行い、避難所や自宅など安全な場所で過ごしてください。
台風通過中や暴風雨の際は決して外に出て確認をしたり窓を開けたりしないで下さい。
また河川付近は雨が止んだ後も水量が増える可能性がありますのでしばらくは近づかないようにしてください。
命が一番大切です。

また、災害中の備えだけではなく台風通過後のシャベル、スコップ、カッパ。マスク、ゴミ袋なども手に入りづらくなるので早めに備えておくと便利です。

商品説明
発売元DCMホールディングス株式会社
水で膨らむ土のう袋
土・砂不要ですぐに使える


防犯・防災・護身術などのお役立ち情報をUPしていきます。
よかったらフォローお願いします。