京都の鍼師★岡田晃明(おかだてるあき)のBlog

京都の桂で鍼灸院をしている岡田晃明(おかだてるあき)です。
仕事の事、身の回りの事、健康の事等色々感じたことを
書いていきたいと思います。

北京堂鍼灸は特注の鍼を熟練の技術で使用する事により、普通の鍼では届かない深部の筋肉に対して効果的に治療を行い患者様の早期の完治を目指しております。
腰痛や肩こり、ぎっくり腰、坐骨神経痛、頭痛、等痛みにお悩みの方はご相談ください。あなたの心と体の緊張をほぐす、お手伝いをさせていただきます。

テーマ:

4日目、今日が最終日。

昼過ぎの飛行機に乗らなければならないので、早目に宿を出る。

 

スーツケースを引きながら、地下鉄の駅を目指して歩いていると

2日目の夜に行った『心心餃子館』の女将さんが店の前にいた。

 

『今日、帰るよ』とばかりに手を振ると、我々の事を覚えてくれているようで、

笑顔で『走吧!』(行ってらっしゃい!)と答えてくれた。

というのはリスニング力不足で、帰ってから中国語の先生に尋ねてみると

おそらく『走了!』(行ってらっしゃい!)か『走吗』(行くの?)ではないか、と。

『走吧!』では(早く行け!)や(行こう!)という意味になるとのこと。

 

女将さんに別れを告げて駅までの道中で朝食をとる。

日本より朝から開けている店が多い。

肌寒いので饅頭と具沢山のスープといった温かいものが美味しい。

外で蒸し器がモクモクと湯気をたてているとつい店に入ってしまう。

 

朝食をとって今日は新しい鍼道具屋を発掘しようということになった。

昨日は東直門一帯を巡り

病院特に中医の病院が集まるエリアには

鍼を扱う店があるのではと思い地図で目星をつけたのが光熙門。

 

そして北京中医薬大学もある。

師匠も留学時代はこの門をくぐって通ったのだろうか。

ちなみに北京堂という屋号、由来は何かと患者さんに聞かれることがある。

 

それはこうだ。

師匠の留学生時代にクラスメイトに代々医師の家系の女性がいた。

代々医師の家系なら家には医学書が沢山ある、一緒になればそれをタダで読めると考えた師匠は

「私と結婚して下さい。そして日本で一緒に治療院をやりましょう。

あなたの生まれ故郷の『北京』を屋号にしますから」と口説いた。

しかしそんな邪な思いは叶わず、相手の親から

「日本にやる為に娘を大学に行かせているのではない」と断られ破断となるが、

『北京堂』の名前だけが残り現在に至る、である。おそらくだけど(笑)

 

話は横道に逸れたがろくに下調べせずに行ったのが、裏目に出て大した収穫は無し。

来年以降の課題が一つできた。

 

帰りは中国国際航空の子会社深セン航空。

改めて、写真を見返すと空が青い。黄色がかっていない。

例年と較べて空気がマシだった。

 

昨年など、マスクをせずにいると2日目位から

アレルギー症状が出て花粉症の様に喉が痒くなり鼻詰まりがした。

北京の空気の独特な匂い、揚げ物を揚げているような油臭さもあまり感じなかった。

また今年は親切な人が多かったように思う。

簡単な会話なら以前よりできるようになってきたからそう感じるのだろうか。

または市場経済となりサービス向上の流れの結果なのだろうか。

ということでまた来年行きます。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

北京堂鍼灸の特長     

鍼療時間・治療方法・鍼療代

プロフィール         

患者様の声

交通アクセス         

お問い合わせ

北京堂 ホームページ      


頭痛・肩こり・腰痛・坐骨神経痛・捻挫までも

京都市西京区桂野里町32-12 北京堂鍼灸京都

☎:075-202-4098

鍼療時間 9:00~22:00 

(19時以降の治療は19時までにご予約下さい)

月・木曜日定休 (土日祝は鍼療しています)

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

3日目は早朝からホテルを出発。

万里の長城へ向かう。

 

今までもツアーのチラシで目にしていたが、一日仕事だと思いあまり気にしていなかった。

万里の長城も何箇所かあって一番アクセスが便利な八達嶺長城は北京市内から高速バスで約一時間。

横山先生によると昼には帰ってこれるとのこと。

 

現地に着くと朝早くにも関わらず、ツアーのバスが既に何台か到着している。

女坂と呼ばれるなだらかな道を歩く。

沢山の人で渋滞している所も。

所々、紅葉が見られた。

 

朝から良い運動だった。

売店の蒸し器の湯気が寒空の中歩いた我らの食欲を刺激する。

 

そして予定通り昼にはホテルに戻り、東直門の鍼を店に取りに行く。

 

隣にあった本屋さんが店を畳んでいた。

たまに割引きしている本も置いていたのだが・・・残念。

 

この周辺には鍼道具屋があるので、新しい店を発掘する為にブラブラ歩く。

こじんまりとした店が多く、他に客がいないので拙い中国語でも余裕を持って話せる。

 

何件が巡っていると、日本語を話せる店員がいてしばし歓談。

空港以外で日本語を聞いたのは今回ではこれが初めてだ。

宛も無いが知らない店を見つけるのが楽しく感じた。

 

夕食は北新橋の羊の焼肉屋に行くことに。

東直門から鬼街と言われる飲食店街を通る。

夜遅くまでやっているので、遅い便で到着した人でもここなら食事が取れる。

どこの店もネオンがとても綺麗。

 

 

北新橋の角から少し北に上がった所に店があった。

朝から歩きっぱなしなので食が進む。

ジンギスカンよりは肉が薄くパクチーが入っていた。

 

レバーとキノコの炒め物

焼餅(シャオビン)ゴマがふられた小さめのパン。

羊肉と一緒に食べるのが定番らしい。

甘めのドレッシングと豆が特徴的なサラダ。

 

翌日は最終日。

早目に宿に戻った。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

北京堂鍼灸の特長     

鍼療時間・治療方法・鍼療代

プロフィール         

患者様の声

交通アクセス         

お問い合わせ

北京堂 ホームページ      


頭痛・肩こり・腰痛・坐骨神経痛・捻挫までも

京都市西京区桂野里町32-12 北京堂鍼灸京都

☎:075-202-4098

鍼療時間 9:00~22:00 

(19時以降の治療は19時までにご予約下さい)

月・木曜日定休 (土日祝は鍼療しています)

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2日目は本屋巡り。

朝から出発してまずは西単に向かう。

今日は割りとゆったりとしたスケジュールではあるが、一軒目の開店時間に合わせて出発。

街の風景。

屋台から香ばしい香りがする。

小麦粉をクレープの様に薄く焼いた上に肉や野菜を載せて巻いていた。

 

大きな交差点で時折見かける立体花壇。

『一帯一路』の看板がかかっていた。

 

西単駅前にある新華書店の図書大厦。

店の前に積み上げられた本の大きなオブジェが目印。

この店自体が大きくて本以外に何でも売っている。

日本(関西だけ!?)で人気、アネロのバッグ売り場があった。

 

新華書店を巡った後は、横山先生がお土産にジャスミン茶を買うということで張一元へ。

私も購入した。

 

そして王府井へ。

丁度、ランチタイムだったので王府井小吃街へ。

日本の中華街の様に食べ歩きもできるし中でも食べられる。

 

朝から歩きっぱなしなので食欲旺盛だった。

お店に入って食べてみたかった炸醤麺(ジャージャー麺)。

小皿の具を面に載せてから、箸でかき混ぜて食べた。

 

 

そして爆肚(バオドゥ)はホルモンを茹でたもので、ゴマダレをつけて食べる。

予想通りの味。特別美味しくも不味くもない。

しかし、一度食べてみたかったのでそれが叶い嬉しい。

 

そしてこれが飲めたら北京っ子の証、豆汁(ドウジー)。

緑豆を発酵させてあるので、酸っぱくて臭みがある。

噂通り中々の飲みごたえ(笑)

 

ランチを終えて王府井書店。

ここも先程の店と同じ位大きい。

しかし、レジの店員さんがやや売ってやる感があり無愛想だった。

その後は東単北大街通りの本屋を2,3件巡る。

新華書店で在庫検索をしてもらうと王府井書店にある事が判明、王府井に戻る。

そんなに広くないエリアなのだがグルグルと歩き回って心地よい疲れ。

 

夕食は宿の近く、心心餃子館。

焼餅。中国で餅は小麦粉をこねたりして調理したもの。

正月に食べる日本の餅は中国語で『年糕』と言うらしい。

 

水餃、茹でたてホクホク、プリプリして食欲をそそる。

本当なのだろうか!?

餃子の茹で汁(餃子湯)を一緒に飲むと消化に良いと言われているので飲んでみた。

勿論、味が無く美味しいものではない。

蕎麦湯と同じ感覚。

あとからネットで調べると餃子についてくる酢醤油を入れるらしい。

このお店の女将さんもフランクな接客だった。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

北京堂鍼灸の特長     

鍼療時間・治療方法・鍼療代

プロフィール         

患者様の声

交通アクセス         

お問い合わせ

北京堂 ホームページ      


頭痛・肩こり・腰痛・坐骨神経痛・捻挫までも

京都市西京区桂野里町32-12 北京堂鍼灸京都

☎:075-202-4098

鍼療時間 9:00~22:00 

(19時以降の治療は19時までにご予約下さい)

月・木曜日定休 (土日祝は鍼療しています)

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ここでは私が北京へ行ってきた話は中断して本を紹介します。

今年も北京へ行ってきた④で登場した『「食」の中国語』と、

『北京で「満福」』(共に勝又あや子 著 東洋書店)の二冊。

中国、特に北京で食事をするのに慣れてない人にオススメします。

 

最初の二回は師匠の浅野先生と一緒だったので先生の好きな蘭州拉麺や

砂锅豆腐、または日本で食べて美味しかった羊肉串を食べていた。

しかし、次第に他の料理にも興味が湧いてくる。

 

 

何を頼もうかとメニューを見るのだが上の通り漢字の羅列。

『肉』や『白菜』は読めるが、ちんぷんかんぷん。

どんな料理がでてくるかわからない。

写真が付いている場合もあるが、このメニューの様に無い事もよくある。

わかったとしても、色々困惑させられる事が多い。

 

特に昨年は一人旅だったのだが、締めに頼んだ水餃子が山盛りで持って来られたのには面食らった。

餃子は焼き餃子もあるが水餃子がメインで中の具が色々と選べる。

また頼み方は基本的に『両』という単位で頼む。

1両は50gにあたる。

しかもこれは餃子に中の餡を含まない使われている小麦粉の重さだ。

1両で餃子5,6個分が目安らしい。

また店によって1両からとか2両からでないと注文できないようだ。

皮と皮が合わさった部分は耳たぶ位の厚さなので腹がすぐに膨れる。

 

餃子といえば王将な私からするとこのような事もこの二冊から教わるまで全く知らなかった。

 

『北京で「満福」』では北京の食文化の解説は勿論、

巻末にはお店で注文する時の中国語講座やオススメ店や料理名の日本語訳が付録としてついている。

『「食」の中国語』の方は店で注文する時や食材を買う時のの中国語講座と、

中国料理のレシピ。こちらも巻末にオススメ店が掲載されている。

 

中国、特に北京に行っても何を頼んで良いかわからない人はぜひどうぞ。

地元の美味しい料理が盛り沢山紹介されてます。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

北京堂鍼灸の特長     

鍼療時間・治療方法・鍼療代

プロフィール         

患者様の声

交通アクセス         

お問い合わせ

北京堂 ホームページ      


頭痛・肩こり・腰痛・坐骨神経痛・捻挫までも

京都市西京区桂野里町32-12 北京堂鍼灸京都

☎:075-202-4098

鍼療時間 9:00~22:00 

(19時以降の治療は19時までにご予約下さい)

月・木曜日定休 (土日祝は鍼療しています)

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ホテルでチェックインを済ませてしばし休憩。

初日はスケジュールがタイトなのでベッドでゴロンと横になると本当に気持ちがいい。

仮眠を取るとどこで夕食をとるのか決めなければならない事に気がづいた。

横山先生としばし話し合う。

本日の夕食は持参した『「食」の中国語』の巻末に掲載されていた圆鑫餐馆に決定。

先生が希望した羊肉の店は後日行く事にした。

 

ホテルから公交车で2つ目位の停留所で降りて、すっかり日が落ちた西堂子胡同を歩く。

2010年に出版された本だから、今も営業いるのかなと考えていると

すぐに圆鑫餐馆はここから70m先と書かれた看板を発見。

しかしそれらしき場所が見当たらず来た道を引き返す。

先程、すれ違いざまに声をかけられたお兄さんに道を尋ねる。

他店の客引きでは無いようだ。

ここを入れと教えてくれた。

 

説明の通り、近所の人でなければおそらく入らないだろう店の敷地内と思しき細い通りを入る。

そうしたら二手に分かれていたので表示に従い右に。

薄暗いながら灯りがついているからいいようなものの、ちょっとした迷路だった。

 

人の声と雰囲気で敷地内の細い道を進み店に到着。

心細い路地を進んだ先には明るい店内で庶民的ではあるものの

一目で人気店だとわかるような活気があった。

メニューをゆっくり見渡し注文する。

今回は二人で食事ということで、頼める品数が増えて嬉しい。

 

何品か頼んだのだが下の写真は干鍋菜花。

日本語に訳すとカリフラワーのピリ辛炒めといった所だろうか。

旅館ででてくる小鍋のように小さなコンロに載せられていていた。

味付けはしっかりとして淡白なカリフラワーによくあう。

 

ここの女将さんがフランクな人でよく話しかけてくれた。

「酒は要るか?」

「ライスは要るか?」

「あなた達が頼んでいるものは辛いものばかりだけど大丈夫か?」

「どこから来たのか?」

「私の言っている事わかる?」

 

「いや、わからない」と返すと

注文で使っていた紙とペンを持ってきてニコニコ顔で先ほど言ったであろう言葉を書いてくれた。

今までこちらから「请写在这儿」(ここに書いて)と紙とペンを取り出す事はあれど、

中国人の方からは初めての経験で非常に嬉しく感じた。

筆談であればそこそこコミュニケーションが取れる。

 

腹も心も満たされ会計を済ませる。

帰り道も敷地内の迷路で迷いかかっていると、お店の人にこっち曲がると出られるよと見送られる。

帰り際に店の看板をパチリ!

隠れた名店の雰囲気が滲み出ています(笑)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

北京堂鍼灸の特長     

鍼療時間・治療方法・鍼療代

プロフィール         

患者様の声

交通アクセス         

お問い合わせ

北京堂 ホームページ      


頭痛・肩こり・腰痛・坐骨神経痛・捻挫までも

京都市西京区桂野里町32-12 北京堂鍼灸京都

☎:075-202-4098

鍼療時間 9:00~22:00 

(19時以降の治療は19時までにご予約下さい)

月・木曜日定休 (土日祝は鍼療しています)

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

両替を済ませ、建設銀行の東向かいの

来福士中心というショッピングモールでブレークタイム。

確か40元位だったと思う。日本円なら600円以上する。

このショッピングモール自体がオシャレでZARA等のブランドが入っているが結構いい値段だ。

最終日も他の店だが喫茶店に入ってコーヒーを飲んだ。

もう少し安かったものの、日本で飲むのと変わらない値段だった。

北京の平均所得から考えると店でコーヒーを飲むのは贅沢品では無いだろうかと感じる。
もう少しリーズナブルにお茶できるような店が知りたい。

コンビニでも飲み物は勿論売っているが、荷物を抱えて移動しているとやはり腰を降ろしたくなるのだ。

 

一息入れた後、目的の鍼屋に向う。
この鍼が欲しいと言っても店頭に無い場合があるので先に伝えておく。

それでは準備しておくから明後日(后天)に来てくれとの事。

 

これで一日目の用事は全て済んだ。

あとは予約しているホテルでチェックインをしてスーツケースを手放し、ベッドで一回ゴロンとなりたい。

 

東直門内大街から106路のバス(公交车)に乗り、東四北大街で降りて東四十五条胡同に入る。

活気溢れる大街から胡同に入ると昭和にタイムスリップしたように感じる。

古い建物が残っていたり、埃をかぶった電気自転車が停まっていたり、

地元の人が歩いているだけで何か絵になるというか、素敵な景色に見えるのだ。

しかし、日本と違ってゴミがそこら中に散乱しているのも珍しくない。

大通りだと比較的少ないと思うが、一本入った胡同ではよくある光景。

それを差し引いても胡同歩きは楽しいし本当に飽きない。

そうこうしていると東四速8酒店に着いた。

4000円台で泊まれるビジネスホテル。

寝に帰るだけだからロケーションを考慮すると悪くない値段だと思う。
水回りが新しく替えられていたのが良かったな。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

北京堂鍼灸の特長     

鍼療時間・治療方法・鍼療代

プロフィール         

患者様の声

交通アクセス         

お問い合わせ

北京堂 ホームページ      


頭痛・肩こり・腰痛・坐骨神経痛・捻挫までも

京都市西京区桂野里町32-12 北京堂鍼灸京都

☎:075-202-4098

鍼療時間 9:00~22:00 

(19時以降の治療は19時までにご予約下さい)

月・木曜日定休 (土日祝は鍼療しています)

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

一卡通(イーカートン)を購入したら空港線で東直門へ。

今年は定宿としていた大万酒店の予約が取れなかった為に、

東直門の中国建設銀行で両替することに。

 

この銀行を利用するのは初めてで、最初はどこから入って良いのかわからなかった。

北側の入り口はATM。

行員が応対する窓口はなさそうだったので入らず。次に入ったのは東側の入り口。

紅いカーペットが敷いてそうで正面玄関なのだろう、立派な入り口だった。

そして二人いたガードマンの片方に「両替をしたい」と伝えても「ダメだ」みたいな言い方。

そして「あっちだ」と出口の外を指を刺している。

 

結論から言うとこの東口ではなく、ここを出て右にぐるっと回ると南側に入り口があり

そこから入ると行員がいるカウンターがあった。

そんな事は露知らずに加えて、听力(リスニング力)も足らずで

「両替をしたい」を連呼していると、「こいつには何を言ってもダメだ」とばかりに二人共呆れ顔。

こんな事があって物事を覚えたりするのだ、と自分に言い聞かせつつも

無事両替ができたときはホッとして軽く疲れを感じた。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

北京堂鍼灸の特長     

鍼療時間・治療方法・鍼療代

プロフィール         

患者様の声

交通アクセス         

お問い合わせ

北京堂 ホームページ      


頭痛・肩こり・腰痛・坐骨神経痛・捻挫までも

京都市西京区桂野里町32-12 北京堂鍼灸京都

☎:075-202-4098

鍼療時間 9:00~22:00 

(19時以降の治療は19時までにご予約下さい)

月・木曜日定休 (土日祝は鍼療しています)

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先月、北京へ行ってきた。

その時の事を備忘録として断片的に書いていきます。

 

北京へは今回で4回目。

最初の2回は師匠に連れていってもらい鍼屋と本屋の場所、

そして北京を歩く基本的なルールを教えてもらった。

 

次に去年。3回目は単独行だった。

冬はPM2.5、春は黄砂の為に空気が悪いし夏は暑い。

行くのはいつも秋だ。

3回目はあらかじめ一人で行くつもりをしていたので、半年前から中国語会話教室に通い始めた。

丁度、昨年の4月頃からかな。

NHKのラジオ講座で独学していたが、やはりネイティブの先生に発音をチェックしてもらわないとダメだ。

週一のレッスンでも、目的だった鍼や本の買い物ができ自信になった。

 

そして4回目となる今回は埼玉の横山先生と一緒に行ってきた。

昨年から一緒に連れて行って欲しい、というリクエストを頂いていたが、

一人でも不安なのにガイドする自信が無かったのである。

 

一日目、北京に到着してまずやることは一卡通(イーカートン)を購入すること。

これは地下鉄(地鉄)やバス(公交車)で使えるICカードである。

現金の場合、バスに乗車する際には小銭を用意しておかなければならないのが面倒くさい。

日本のバスのように両替機が無いのだ。

しかもバスはイーカートン払いだと割引がきく。

ぜひとも今回はこれを手に入れてから回りたかった。

 

ネットで下調べをしても売っている場所等情報が錯綜していたが、

空港から地下鉄の駅へ連絡している空港線のホームへ降りるエスカレーターに

乗る前に売り場があり買えて良かった。

120元を払い20元がデポジットとなり、窓口で返却すれば20元が戻ってくるが

おそらく来年も使うので持って返ってきた。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

北京堂鍼灸の特長     

鍼療時間・治療方法・鍼療代

プロフィール         

患者様の声

交通アクセス         

お問い合わせ

北京堂 ホームページ      


頭痛・肩こり・腰痛・坐骨神経痛・捻挫までも

京都市西京区桂野里町32-12 北京堂鍼灸京都

☎:075-202-4098

鍼療時間 9:00~22:00 

(19時以降の治療は19時までにご予約下さい)

月・木曜日定休 (土日祝は鍼療しています)

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

9月23日(土・祝)24日(日)は通常通り鍼療しています。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

北京堂鍼灸の特長     

鍼療時間・治療方法・鍼療代

プロフィール         

患者様の声

交通アクセス         

お問い合わせ

北京堂 ホームページ      


頭痛・肩こり・腰痛・坐骨神経痛・捻挫までも

京都市西京区桂野里町32-12 北京堂鍼灸京都

☎:075-202-4098

鍼療時間 9:00~22:00 

(19時以降の治療は19時までにご予約下さい)

月・木曜日定休 (土日祝は鍼療しています)

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

(画像はネットからお借りしています)

 

台風18号が列島縦断か!?ということで台風ネタを。

台風が近づくと体の調子が悪くなるなるという経験はありませんか。

頭が重だるい、首肩、背中がこる、古傷が疼く・・・等。

 

このような事を何度も経験していると、

天気が下り坂だと予測できる人も珍しくないようです。

 

台風に限らず気圧が下がると血行が悪くなります。

これはどういう事かと言うと、、、

 

①気圧が下がる

②しかし血圧はいつも通りなので、相対的に血管が拡張する

③血管が拡張すると血流が良くなり、体調が良くなると思いきや、そうではなく

④元々、筋肉の緊張があると、圧迫される血管がある。(勿論、圧迫を受けていない血管もある)

⑤圧迫されている血管には血が流れ辛い、受けていない血管によく流れる

⑥例えば、1:2で流れていた血流が、血管が拡張することで1:4や5となる

 

要するに、圧迫を受けている血管が部分的であるため、いつもより差が大きくなり悪化につながります。

上で気圧が下がると血行が悪くなると書きましたが、

良い所と悪い所の差が普段より開く、と表現する方が正確ですね。

 

このような症状の出方は鍼で筋肉を緩めるのが一番良いです。

しっかり効いてくれます。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

北京堂鍼灸の特長     

鍼療時間・治療方法・鍼療代

プロフィール         

患者様の声

交通アクセス         

お問い合わせ

北京堂 ホームページ      


頭痛・肩こり・腰痛・坐骨神経痛・捻挫までも

京都市西京区桂野里町32-12 北京堂鍼灸京都

☎:075-202-4098

鍼療時間 9:00~22:00 

(19時以降の治療は19時までにご予約下さい)

月・木曜日定休 (土日祝は鍼療しています)

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。