少し前になりますが、今年の4月5日
オバマ大統領がチェコのプラハで
核兵器廃絶のためのスピーチを行いました。


8月6日(広島)、9日(長崎)と原爆記念日が続き
明日は64年目の終戦記念日を迎える今日、
敢えてこのスピーチをご紹介したいと思います。


4ヶ月前のスピーチですし、
最近ニュースの中で触れられることも多かったので


既に映像を観たり、
トランスクリプトを読んだ方は多いと思いますが、

ぜひこの機会に改めて観てみてください。


トリ印 トリ印 トリ印


Speechの全映像
http://news.bbc.co.uk/2/hi/americas/7984353.stm


Speechの全文トランスクリプト


Thank you so much. Thank you for this wonderful welcome. Thank you to the people of Prague. Thank you to the people of the Czech Republic. Today, I'm proud to stand here with you in the middle of this great city, in the center of Europe. And, to paraphrase one of my predecessors, I am also proud to be the man who brought Michelle Obama to Prague.



To Mr. President, Mr. Prime Minister, to all the dignitaries who are here, thank you for your extraordinary hospitality. And to the people of the Czech Republic, thank you for your friendship to the United States.


I've learned over many years to appreciate the good company and the good humor of the Czech people in my hometown of Chicago. Behind me is a statue of a hero of the Czech people -- Tomas Masaryk. In 1918, after America had pledged its support for Czech independence, Masaryk spoke to a crowd in Chicago that was estimated to be over 100,000. I don't think I can match his record -- (laughter) -- but I am honored to follow his footsteps from Chicago to Prague.


・・・


続きはこちらから
http://www.huffingtonpost.com/2009/04/05/obama-prague-speech-on-nu_n_183219.html


トリ印 トリ印 トリ印


注目の一節:


Some argue that the spread of these weapons cannot be stopped, cannot be checked -- that we are destined to live in a world where more nations and more people possess the ultimate tools of destruction. Such fatalism is a deadly adversary, for if we believe that the spread of nuclear weapons is inevitable, then in some way we are admitting to ourselves that the use of nuclear weapons is inevitable.


Just as we stood for freedom in the 20th century, we must stand together for the right of people everywhere to live free from fear in the 21st century. (Applause.) And as nuclear power -- as a nuclear power, as the only nuclear power to have used a nuclear weapon, the United States has a moral responsibility to act. We cannot succeed in this endeavor alone, but we can lead it, we can start it.


So today, I state clearly and with conviction America's commitment to seek the peace and security of a world without nuclear weapons. (Applause.) I'm not naive. This goal will not be reached quickly -- perhaps not in my lifetime. It will take patience and persistence. But now we, too, must ignore the voices who tell us that the world cannot change. We have to insist, "Yes, we can."


日本語訳:


「このような兵器(核兵器)の拡散は止めることも出来ないし
 チェックすることも出来ない。
 したがって、我々は多くの国家と人が
 最終兵器を所持する世界で暮らす運命にある」


と主張する人もいます。


しかし、そのような運命論は
我々の危険な敵です。


なぜならば、
核兵器の拡散が不可避であると信じてしまったら
核兵器の使用も不可避であると認めることになるからです。


まさに我々が20世紀、自由のために立ちあがったように、
我々は21世紀、世界中の人の
恐怖から解放されて生きる権利を守るために
共に立ちあがらなければなりません。


そして
核兵器所持国として、
また核兵器を使ったことのある唯一の国家として、

アメリカはそのような行動を起こす
道義的責任があると考えます。


我々だけではこの挑戦を成功させることは出来ませんが、
我々がリーダーシップをとること、
我々が最初の一歩を踏み出すことは出来るのです。


だから今日、私は、
はっきりと、確信を持って、


アメリカが、
核兵器のない平和な世界を追求していくことを
宣言します。


私はナイーブではありません。


このゴール(核兵器のない世界)は
短期間では -- おそらく私が生きている間にも --
実現されることはないでしょう。


実現には、忍耐と粘り強さが求められます。


しかし今、世界は変えられないという人達の声を
私たちは無視しなければなりません。


"Yes, we can"(私たちは世界を変えることができるのだ)と
主張しなければなりません。


(事務局・山田訳)


peacemark peacemark peacemark


Obama大統領も
「自分が生きている間には実現しないかもしれない」という
”核なき世界”。


このスピーチの中で掲げられた
新しい世界サミットや協定を通して、


また、何より世界中の国が協力することによって
一日も早く実現するといいですね。


Yes, we can.


事務局・山田スマイルくん