ペガサス世田谷経堂教室のブログ 不登校を経験した先生が、子どもの自発性の育成に取組む塾

ペガサス世田谷経堂教室のブログ 不登校を経験した先生が、子どもの自発性の育成に取組む塾

10代の時に、勉強が楽しくなくなって不登校になった経験から、何のために勉強するのか、と向き合う場が必要なのではと考えました。
子供たちの「学力」はもちろん、「自ら考え、自発的に行動する力」を育てる塾の様子を書いています。

先週くらいから、中学生に口すっぱく言っていることがあります。

 

「テストまで、1ヶ月だよ」

都立高校受験の週が、中1と中2の期末テストの時期です。

 

まだ1ヶ月あるじゃん。あれ、テストいつだっけ?

というゆっくりペースな人もいれば、

ヤバ、もう1ヶ月しかない。

と慌て始める子もいたり、

塾で予習している分は、学校のワークも自分で進めてます。

という子もいます。

 

どの子にも言えるんですが、やっぱり学校から範囲が知らされる2週間前から準備をしても、間に合わないんですよね。

数ヶ月分の授業内容の復習がたった2週間で終わるのであれば、誰も苦労しません。

 

今回テスト範囲は年末の分から入ってくるため、今から準備でも少し遅いくらい汗なのですが、まずはテスト後に提出になる学校のワークが終わらなければ話になりません。

この学校のワークを2週間前から始めると、

分からないことを分かるようにする、本来の勉強

ができません。

量が多すぎて、「きちんと」やろうとするととてもじゃないけれど終わらないのです。

だから、

範囲をとりあえず終わらせる

という、テストで一番結果が出ない方法でやっつけになってしまいます。

 

この時期に子供たちとやることは、

・大変そうな教科から、「いつまでに、何をやる」かを一緒に決めて、少しずつ取り組み始めること。

・特に復習が必要な穴を、確認テストをして見つけること。

を行っています。

 

必要な部分に必要な時間が使えるように、一人ひとり自分の棚卸しをして、テスト勉強を進めていきます。

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
学習塾ペガサス世田谷経堂教室
5教科個別指導 小学4年生~中学3年生
無料体験学習(最大4回)を開催中です。お気軽にお電話ください。
場所:東京都世田谷区経堂2-19-5(経堂駅から徒歩約5分)
TEL:03-3429-1573(平日15時~22時)
Facebook(塾の日々の様子を掲載しています):https://www.facebook.com/pegasus.setagayakyodo/

HP:https://pegasuskyodo.com/

「で、どうします?」

 

期末テスト1ヶ月前になりました。

「あの子、クラスの中で頭いいよね」思い浮かべるような成績上位を取る子が、「そろそろ計画的に始めなきゃな」と思い始める時期です。

 

この時期かはらじめないと、間に合わないな。

と、先のことをイメージして、逆算し、今、始めようと行動できるといいんですが、みんながみんなそうではないものです。

大人の方が生きてきた時間が長い分、経験値がたくさんあるので、子供の様子を見てヤキモキすることもあると思います。

 

心配のあまりつい、

「勉強しなさい」

と言うけれど、相変わらず家でぼんやりしていると、

「この子、大丈夫かしら」から始まり、

テストで振るわないと「ほら、だからやれって言ったのに、やっぱりダメじゃない」となり、

「もう、落ちるところまで落ちて、自分で気づけばいい」のように、子供に投げやりの気持ちを抱いてイライラしてしまうこともあると思います。

 

 

「勉強しなさい」と強制しなくても、自宅で少しでも子供が勉強する方法があるとすれば……。

 

 

その言葉が怪我、冒頭の「で、どうします?」です。

 

先のことが見えないのは、ある程度経験の差でしかなくて、子供の方が圧倒的に経験値が少ないのはある意味仕方ないものです。

 

いつまでに、何を、どれくらいしないといけないのか。

 

学校の勉強においてだと、1年間の学習計画は決まっているので、割り出すのは実はとても簡単なんです。

日常生活の方が結構大変で、ご飯作る作業一つとっても、イレギュラーが入ってなかなか思うようにうまく進まないことが多い。

 

中学のテストなんて、学校によって多少違いはあれど、授業のペースをもとにでもいいから割り出して範囲は予測しやすいです。

先々を見れずに、今、楽かどうかでサボってしまいがちなのは、何も子供だけではないと思います。

 

見通せないのであれば、代わりに伝えてあげるのも一つの手、だと思うのです。

 

テスト1ヶ月前。

範囲も大体、予測がつく。

テストに合わせた提出物もあるでしょう。

 

今から、どうする?

 

と冷静に、本人に聞いてみると、「じゃあ、次の授業までにここまでやってこようかな」となります。

誰だって、テスト前に苦しみたくないものです。

 

本人に、期限と量を決めさせる。

できなくても怒らずに、理由を聞いてみる。

 

あくまで冷静に、それを繰り返していくと、「勉強しなさい」と言わなくても、少しずつ自分で取り組むようになってきます。

 

昨日テストが終わって、今日、もうテストが返ってきた、という人がチラホラいます。

やっとテストが終わって、ほっとしたのも束の間。

点数っていう数字になって返されたものを見ると、良くも悪くも現実と向き合わされます。

 

テストを見せてくれた子が、なんだか微妙な顔をしていました。

英語が得意なのは知っていたんですが、そんな微妙な顔をされると

「え…まさか…?」

と問題用紙をめくる私の手も震えそうになります。

 

えい!

とめくった私、思わず「おお!」と呟いていました。

平均点よりも20点以上、上だったから。

いいんじゃない?

そう思ったのだけど、その子の顔と点数を見比べて、なんだろうこの違和感は? と思って、どんな反応を返せばいいか分からなくなりました。

平均点よりも20点上だと、クラスでも確実に上位に入っているでしょう。

なのに、どうして浮かない顔をしているのか。

 

 

「どうしたの?」

と聞くと、

「前よりも伸びていないから」

と返ってきました。

なるほど、デキる子の悩みだなぁ。

極端な話、0点だったら残り100点あげることができるけれど、95点だったら、残りあと5点しか上がらない。

上がる点数よりも、下がる点数の方が圧倒的に多いから、伸び悩むと感じてしまうのかもしれない。

 

テストの点数は、学校の理解度を図るためのもので、将来の進路を決める時の目安になるもの。

「なんのために」

「どういう目的地を目指すために」

が曖昧だと、どれくらい取らないといけないかが明確にできないです。

もちろん、100点取れればそれに越したことはないけれど、100点取らないと進学できないかといえば、決してそうではないのです。

 

たくさん点数を取った方がいい。

1点でも高い方がいい。

学校においては、確かにそう。

将来選べる進路の幅も広がるし、できることが多いほど、今後勉強する内容においても苦労しなくなります。

 

一方で、自分がすべき必要な努力と結果を把握し、自分を認めるべきところは認めることも必要じゃないかな、と思うのです。

100点取らないと、100点じゃないと満足できなくて、それ以外だとなんとなくモヤモヤしてしまう。

95点取った部分を自分で認められないと、少し不自由じゃないかな、うまく言えないですがそんなことを考えました。

 

目の前のテストのことばかり気になりがちけれど、もう少し先の未来をイメージして、今、どれくらいの努力があるといいのかを考える必要があるなぁと思いました。

幸いこのテスト明けに、中学生は個別でカウンセリングを予定しているので、先の未来のことを考えたり、今の自分の棚卸しをしてもらおうと思います。